256078 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

Green

PR

プロフィール


teaju

お気に入りブログ

ネタ剣士ですよっと ever_free05さん
*蒼と翠の無限弾* 葉月蒼斗さん
プニ(o´∀`)σ)´Д`;)フ… 砂々♪さん
ぶん回し姫の旅日記(… フェザー★さん
カニンガムの小ネタ… カニンガム3724さん

カテゴリ

カレンダー

2006年11月28日
XML
テーマ:REDSTONE(3525)
カテゴリ:Red Stone
angёlsさんのブログで花投げの検証(?)が行われていましたが、色々お困りの様でしたので、助け舟も兼ねて「魔法ダメージ」の求め方について書いてみます。
(コメントの方でRELIさんが既に式を書いていますが、改めて…ですw)

様々な方の検証により、魔法ダメージの計算式は今のところ次のようにして表せます。

基本ダメージ*知識補正*その他補正

基本ダメージ
公式サイトのスキル情報や、攻略サイトにのっている「基本ダメージ」です。
一般にスキルLv依存で大きくなっていきます。

知識補正
術者の知識に依存して大きくなる数値です。
具体的には
1+(知識ボーナス)*知識/200
となり、更に知識ボーナスは
1+INT(LOG(知識/75;底=2)/0.4032100843167)
で求められます。
(知識を75で割り、2を底とする対数を取った後、更に0.4032100843167で割った値を整数化して1を足したものです)
知識が100 132 174 230 304 402 531 702 928 1227 1623(1577?)と増えるにつれて知識ボーナスが1.02 1.04 1.06 …と増えて行きます。

その他補正
具体的には弱化・強化装備の有無、錬金術称号の有無、対象の元素抵抗力による補正です。
対象の元素抵抗力REとした場合
(1-RE/100)の値がその他補正としてかけられます。
弱化装備がある場合、「対象の元素抵抗力を下げる」訳ですから、(1-RE/100)の代わりに
(1-(RE-DE)/100)が掛けられます。(DE=弱化装備の数値)

強化装備がある場合、上記の補正とは別に
(1+ST/100)
の値を掛ける事になります。(ST=強化装備の数値)
錬金術がある場合は、STの部分が+2の補正を受けます。

例えば元素抵抗力が30%の対象に対して、強化40%の装備で錬金術アリの場合
(1-30/100)*(1+(40+2)/100)
が「その他補正」となります。

angёlsさんの記事の「番外検証」の部分の3行目の127.2という数値は、「その他の補正」を
(1-(-55)/100)*(1+(94+2)/100)
とするべきところを
(1-(-55)/100+94/100)*(1+(2)/100)
としてしまったからだと思われます。

angёlsさんの記事のコメントの、RELIさんの式とは
強化装備の補正と錬金術補正が同じ「強化」として見なされるか否かが異なります。
(私は同じ「強化」として見なしています。このほうが更に実測値に近い結果が得られます)


そこで私の考えを元にした「魔法ダメージ計算機」と言うのを作ってみました。
2006112800
この計算機は、任意の魔法攻撃のダメージを求めることが出来ます。

まず「スキル情報」ですが、これはスキルの「基本ダメージ」のスキルLvがゼロの場合の数値と、
スキルLvを1上げた時の成長率を入力します。
例えばウィザードの「メテオシャワー」の場合
2006112801
スキルLv1の状態でダメージが45~105で、Lvを1上げると最大最低共に10ずつ上がっています。
つまりスキルLv0の場合はダメージが35~95という事になります。
これらの値を入れていくわけです。

「スキル情報」の下の欄は説明の必要は無いと思いますが、術者の状態を入力します。

右側の欄は全て計算結果が表示されます。

「知識ボナス」は知識ボーナスの事で、先ほど書いた計算式の結果が表示されます。

「基礎最大」「基礎最低」は、スキルLvに応じた基礎ダメージが表示されます。
ここの値と公式サイトの数値を比べれば「スキル情報」が正しく設定されているかの確認が出来ます。

「最大」「最低」は総合計算結果です。
対象抵抗をゼロにすればスキル説明欄と同じ数値になります。
(強化装備がある場合は確認していませんが)錬金術がある場合でも小数点二桁まで全く誤差無しに値を出します。
(ちょっと自慢ですが、色々計算機よりも正確ですw)

「√最大」「√最小」は上記総合結果の√を取った値です。
ギル戦でのダメージを求める時に使えます。

「平均」は「√最大」「√最小」の和を2で割った値です。


確認していない事ですが、
「基礎最大」「基礎最低」共に二桁の場合、対象の抵抗によっては表示と異なるダメージが与えられる可能性があります。
これはボトル投げダメージを求める際に採用した「対象抵抗依存の基礎ダメージ段階補正」が、魔法ダメージにも適用されている可能性があるからです。
基礎ダメージが三桁以上の場合は、段階補正の最小単位が1以下になるので気にしないで良いです。

私の計算機の計算結果と、実際の表示ダメージに違いがある場合は遠慮なく教えて欲しいです。
その時のステータス・スキル・スキルLv・錬金術の有無・強化弱化装備・対象モンスター等の情報まで詳しく教えていただけると更に正確な計算機に近づきます。






最終更新日  2006年11月28日 21時29分00秒
コメント(4) | コメントを書く
[Red Stone] カテゴリの最新記事

フリーページ

コメント新着

通りすがり@ Re:赤石とリアル(03/15) ドラツイ戦士のブログから来ました^^
FAT_DRAGON@ Re:長さ(07/11) はじめまして。突然のコメントご容赦くだ…
てち@ ちょっと疑問が どもさんの疑問に続いて ちょっとわから…
ども@ こんちは まだ復帰してるのですか~・・・? ちょ…
修太郎@ 滝で鉄砲水なのだ グラフィック・カードを刺し直すと直る事…

ニューストピックス

キーワードサーチ

▼キーワード検索


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.