258283 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

Green

PR

プロフィール


teaju

お気に入りブログ

2020 ever_free05さん

*蒼と翠の無限弾* 葉月蒼斗さん
プニ(o´∀`)σ)´Д`;)フ… 砂々♪さん
ぶん回し姫の旅日記(… フェザー★さん
カニンガムの小ネタ… カニンガム3724さん

カテゴリ

カレンダー

2007年02月28日
XML
テーマ:REDSTONE(3529)
カテゴリ:Red Stone
3月1日22時30分より、フィールド「エルン山脈の戦闘」にて
ギルド「特攻隊」と「OverAffection」による検証戦を行うことになったので報告します。

検証する内容は複数ありますので、予め以下の6グループに分かれて検証を行う必要があります。

グループ1
検証内容「ギルド戦での、死んだ振り、兎変身、スキップジャンプに関する検証

グループ2
検証内容「Gvにおける複合属性ダメージのダメージ計算についての検証

グループ3
検証内容「魅了

グループ4
検証内容「武器破壊・鎧破壊の分類

グループ5
検証内容「即死の分類

グループ6
検証内容「ロックバウンディングの移動不能の分類


以下に各検証の手順を記します。


グループ1担当
ギルド戦での、死んだ振り、兎変身、スキップジャンプに関する検証
検証者:
ロマンスの女神、インベントリが空いている人(OverAffection)
物理アーチャー(特攻隊)

目的:
スキル「死んだ振り」「兎変身」はターゲット状態解除という特質を持っているが、人為的に狙われるギルド戦ではターゲット状態解除能力がどのように働くのかを確かめる。

方法:
1.物理アーチャーがプリンセスを「左下オートスキル」で攻撃する。(スキルは何でも良いが「射掛ける」だと死亡の危険性が少ない)
この時、攻撃者は右クリックを押し続けてはいけない。
2.攻撃が継続されていることを確認し、プリンセスは「死んだ振り」をする。
3.アーチャーの攻撃が継続されるかどうかを確認する。
4.再びアーチャーがプリンセスを「左下オートスキル」で攻撃するが、今回は右クリックを押し続ける。(近接攻撃職で同様にすると、逃げる相手を追いかける事になる)
5.攻撃が継続されていることを確認し、プリンセスは「死んだ振り」をする。
6.アーチャーの攻撃が継続されるかどうかを確認する。
7.アーチャーが右クリックから指を離さない状態でプリンセスは「死んだ振り」を解除し、攻撃を受けるかどうか確認する。

8.同様の操作をスキル「兎変身」「スキップジャンプ」「武器変身」で行う。

ps.事前にjinnaさんに連絡しておいたスキル「インターバルシューター」「ビットグライダー」「スナイプ」の必要はなくなりました。
理由は本検証の検証結果に添えて書きます。



グループ2担当
Gvにおける複合属性ダメージのダメージ計算についての検証
検証者:
jinna(特攻隊)
☆魔王☆(OverAffection)

目的:
Gvにおける属性ダメージの合計が
「各属性についてルートされ、それらが合計される」
「全属性の和で合計され、それがルートされる」
のどちらの説が正しいかを確認する。

方法:
1.両者共に事前に「火」「水」「光」の元素抵抗力を確認しておく。
この時スキルによる元素抵抗力上昇に注意する。
2.両者共に知識、スキルLv、表記攻撃力を確認しておく。刺青は無しか、強化。
スキルは「ファイアーアンドアイス」「チリングタッチ」「ファイアーエンチャント」「ブレッシング」
3.OA側がjinnaさんのファイアーアンドアイスを複数回(15回程度)受け、その都度ダメージを記録する。

4.OA側のWIZがjinnaさんにチリングタッチを使い、ダメージを記録する。
5.ファイアーエンチャントを掛けた後チリングタッチを使い、ダメージを記録する。
6.更にブレッシングを掛けた後チリングタッチを使い、ダメージを記録する。



グループ3担当
魅了
検証者:
未定
(攻撃者は一人、被験者も一人だが、被験者に支援スキルが使える同ギルドメンバーが必要)

目的:
前回の検証ギル戦では魅了の効果が上手く検証できなかったので、ここでケリをつける。

方法:
1.攻撃者は[U]紅い筋を装備し、被験者に攻撃する。
2.被験者は状態系異常抵抗(状態異常抵抗とも言う)を外した状態で攻撃を受ける。
3.被験者が魅了状態になったら、攻撃者は被験者に支援スキルを使えるか、被験者と同一のギルドメンバーは被験者に攻撃が行えるか、等を確認する。

補足:
[U]紅い筋は私が持っていますので事前に貸します。



グループ4担当
武器破壊の分類
検証者:
罪瑠憐(攻撃者)(OverAffection)
未定(被験者)(特攻隊)

目的:
武器破壊・鎧破壊という異常の分類を行う

方法:
1.被験者はすべての異常系抵抗力を最低にした状態になる。
2.罪瑠憐はブラッドウィスカーと、武器破壊攻撃OPが付いたアイテムを装備する。
3.罪瑠憐が被験者に攻撃し、武器破壊・鎧破壊攻撃が発生するか確認する。
(発生しなかった場合ここで中断)

4.発生を確認した場合、以下の検証を続ける。
5.被験者は状態系異常抵抗(状態異常抵抗とも言う)のみを100%近くまで上げた状態で罪瑠憐の攻撃を受け、破壊効果が発生するかを確認する。
6.同様に低下系異常抵抗あるいは呪い系異常抵抗のみを100%近くまで上げた状態で攻撃を受け、破壊効果が発生するかを確認する。

補足:
抵抗力上昇が難しい場合は、ビショップのスキルで代用可能。
ブレッシング→状態系異常抵抗上昇
プロテクティングエビル→低下系異常抵抗上昇
武器破壊OP付きアイテムは私が持っていますので、事前に貸します。



グループ5担当
即死の分類
検証者:
クロムハーツorたまよ♪(攻撃者)(OverAffection)
chipp_zanuff(被験者)(特攻隊)

目的:
即死効果の分類を行う

方法:
1.被験者はすべての異常系抵抗力を最低にした状態になる。
2.攻撃者は即死を発生させるスキル(または攻撃)を行い、即死が発生することを確認する。
モータルクラウド・ネクロキャビティありのフルアタック・エルフ暗殺者の暗殺
3.被験者は状態系異常抵抗のみを100%近くまで上げた状態で再び攻撃を受け、即死効果が発生するかを確認する。
4.同様に低下系異常抵抗あるいは呪い系異常抵抗のみを100%近くまで上げた状態で攻撃を受け、即死効果が発生するかを確認する。

補足:
抵抗力上昇が難しい場合は、ビショップのスキルで代用可能。
ブレッシング→状態系異常抵抗上昇
プロテクティングエビル→低下系異常抵抗上昇
ネクロキャビティは私が持っていますので、事前に貸します。



グループ6担当
ロックバウンディングの移動不能の分類
検証者:
ナポレオン2世(攻撃者)(OverAffection)
暇なウィザード(被験者・浮遊があればWIZでなくても可)(特攻隊)

目的:
ロックバウンディングのみ移動不能を引き起こすスキルとして挙動がおかしいので確認する。

方法:
1.被験者はすべての異常系抵抗力を最低にした状態になる。
2.攻撃者はロックバウンディングを行い、移動不能状態が発生することを確認する。
3.被験者は状態系異常抵抗のみを100%近くまで上げた状態で再び攻撃を受け、移動不能効果が発生するかを確認する。
4.同様に低下系異常抵抗あるいは呪い系異常抵抗のみを100%近くまで上げた状態で攻撃を受け、移動不能効果が発生するかを確認する。
5.被験者は浮遊状態になり、1~4までの操作を再び行う。

補足:
抵抗力上昇が難しい場合は、ビショップのスキルで代用可能。
ブレッシング→状態系異常抵抗上昇
プロテクティングエビル→低下系異常抵抗上昇
浮遊OP付きアイテムは…持っていませんorz



検証中、ブレッシング等の支援スキルが必要になる可能性が考えられるので、両ギルドの検証に参加してくださるビショップさんたちには、中央で待機していただけると支援スキルが行き渡りやすくなると思います。

2007022800
それぞれの検証は、マップに示した所で行ってください。

左上から右下の道を空けてありますが、これはタイマン勝負をする人たちのためです。

OA側は、検証戦開始までに誰が何を担当するか等を決めておこうと思いますので、
特攻隊側でも担当を予め決めておいて欲しいと思います。

尚、検証戦の前後は合同で集会をしたいと思います。
検証戦開始30分前までには
2007022801
赤い点で示したところに集まってください。

ここで誰が何の検証を担当するか、誰と誰がタイマンするか等を話し合いたいと思います。

尚この日は、9時40分からphyriaでギル戦があるので事前確認に少し遅れるかもしれません…orz






最終更新日  2007年02月28日 13時25分21秒
コメント(3) | コメントを書く
[Red Stone] カテゴリの最新記事

フリーページ

コメント新着

通りすがり@ Re:赤石とリアル(03/15) ドラツイ戦士のブログから来ました^^
FAT_DRAGON@ Re:長さ(07/11) はじめまして。突然のコメントご容赦くだ…
てち@ ちょっと疑問が どもさんの疑問に続いて ちょっとわから…
ども@ こんちは まだ復帰してるのですか~・・・? ちょ…
修太郎@ 滝で鉄砲水なのだ グラフィック・カードを刺し直すと直る事…

ニューストピックス

キーワードサーチ

▼キーワード検索


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.