071784 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

紅茶サイト Tea for Life別館

PR

カテゴリ

お気に入りブログ

コメント新着

腰痛アドバイザー@ 腰が痛いのは、辛いですね。 腰が痛いのは辛いものです。 私も14…
Yana.87@ Re:実は…(08/09) ALICE@BLUEWOODさん ふむふむ~なるほど…
ALICE@BLUEWOOD@ 実は… Yana.87さん お返事ありがとうございます…
Yana.87@ Re:銀座もいろいろ(08/09) ALICE@BLUEWOODさんはミルクがお好みなの…
Yana.87@ Re:ニアウォーター?(07/21) おおお!そういえば「ニアウォーター」な…

フリーページ

バックナンバー

October , 2019
September , 2019
August , 2019
July , 2019
June , 2019

全8件 (8件中 1-8件目)

1

カテゴリ未分類

June 13, 2009
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
お気に入りのマグカップ、100均で買った味も素っ気も無いものなんですが、
妙に大きくて、チャイとかたっぷり入るので愛用しています。

付き合い10年くらいになるでしょうか。
コストパフォーマンス的には抜群ですね。
まぁ、味も素っ気もないんだけど・・・

そんなマグカップも、長年使用してきたせいか
茶渋がすごいことになってしまいまして
さわるとザラザラしてるのがわかるんです。

これはもしや、茶渋ではなく、傷?雫
茶渋を落とそうとゴシゴシ磨いてたら知らない間に細かい傷が付いて、そこに茶渋が付着しちゃったパターン!?

・・・って思ってたんですが。

ダメもとで「茶渋が落ちる」という噂のエコたわしでこすってみたところ
き、綺麗に落ちた~!!
傷じゃなくて茶渋だったか(笑)

まさかこんなに綺麗になるとは思わなかったので使用前の写真とか撮ってなかったです><惜しい。
ついでに言うなら、まさかこんなに頑固な茶渋がつくとも思いませんでしたが(ノ∀`)

これはもしや、
ヤカンについた油ヨゴレっぽいものも、落ちる!?
と思ったのですが、
こちらは落ちずw
向き不向きがあるようです。

コンロの焦げとか、シンクの水垢とか、茶渋にはかなり良いようですね。
前はヒヨコちゃんを編んだのですが、可愛いうえに愛着がわいて使えなかったので
今度はもう少し簡単で、そんなに大好きじゃないもので作ってみようと思いますw


前編んだのはこちら

初めてでもちゃんと編めましたスマイル

次は生き物じゃないのにしようと思いマス雫

ティーカップとか


モチーフとか

でもこのくりが可愛いw







最終更新日  June 13, 2009 07:39:05 AM
コメント(0) | コメントを書く
June 3, 2009
カテゴリ:カテゴリ未分類
フォション ルカフェ ティーオレ飲みました。
チルドカップで青いパッケージは珍しい気がしますが、綺麗ですね~。
で、味のほうですが

美味しかったですスマイル

過去のフォション製品の中で一番好きかも。
なんと言っても濃い紅茶

生クリームを使って濃厚にしても、肝心の紅茶が弱かったら「こりゃただの牛乳じゃん」ってなっちゃう事がありますが、こちらの製品は生クリーム使用かつ紅茶の味もしっかり。
これはΣd(ゝ∀・)イイッ!!

隠し味のジャスミンは、言われなければわからないというか、私の拙い味覚と嗅覚では「入ってますか?」と疑問符がついちゃう程度。

しかし今年は、スタバのラベンダーティーラテといい、紅茶花伝の桜ミルクティーといい、
花とミルクのコラボが盛んで楽しい限りです。


お家に帰ってからは森永午後の紅茶クッキー
はいもちろん3種とも買ってきました。
まずはストレートティークッキーから

2枚パック×7袋の14個入りです。
クッキーの香りをかいでみると・・・おおおお!午後ティーの香りがする!
ここまではっきりと香りが残っているとは、驚きです。

味は普通のクッキー。
ディンブラの茶葉入りですが、全く気にならずに食せます。
クッキーの香りを存分に楽しみたいなら・・・・・・お供はいっそ水?w


お次はレモンティークッキー
こちらは1枚入り10袋です。
レモンティークリームを普通のクッキーでサンドしたものになっており、
クリームといえどレモンなので酸味があるかな?と思いましたがそれほどでもなく
きっちり「レモンティー味」のクリーム。
なんという再現力。紅茶商品もやればできるじゃないか!!
個人的には3種類の中で一番好きでした。

最後はミルクティーパイ
こちらは、四角く焼いたパイの上にミルクティーチョコをコーティングしてあります。
2枚×6袋の14個入り。
両面チョココーティングだと「ルマンド」っぽいのに、惜しいw
凍らせると美味しそう^^

期間限定とは・・・惜しい!
にほんブログ村 グルメブログ お茶・紅茶へ







最終更新日  June 3, 2009 09:00:22 PM
コメント(0) | コメントを書く
March 29, 2009
カテゴリ:カテゴリ未分類
先日のおはぎで余ったあんこがあったので、調子に乗ってどら焼きも作ってみました。
んがっ!!
どら焼きって、むむむむむずかしいんですね

ホットケーキミックス使うから、材料的には楽なんですが
円形に焼くのが難しい(´・ω・`;)ポリポリ
しかも同じサイズで2枚とか。不器用な私には無理だわ・・・

そして薄めなのでシワシワになっちゃう事も・・・うう。
というわけで、綺麗などら焼きの画像でお楽しみください(笑)



最近は色々などら焼きがあるんですねぇ・・・
って事は。と探してみるとはい!



ありましたね、ミルクティーどら焼き!


ま、まぁ、我が家のも写真にはできませんが、味と香りは良かったです。
生地にはこちらを入れてみました


ハチミツ~。
写真のはくまさんボトル入りだそうです。かわいい(*^^*)

もちろん相棒はアッサムミルクティー。
そしてBGMはcobaです。

我ながらなんちゅー組み合わせ(笑)

でも美味しいですよw
にほんブログ村 グルメブログ お茶・紅茶へ







最終更新日  March 29, 2009 09:24:15 PM
コメント(0) | コメントを書く
March 13, 2009
カテゴリ:カテゴリ未分類
 キリンビバレッジ株式会社は、カロリーオフの微糖タイプチルド紅茶「キリン 午後の紅茶 微糖ストレートティー」「キリン 午後の紅茶 微糖レモンティー」を3月24日(火)から全国(※)で新発売します。キリンビバレッジ ニュースリリース

全国のあとの※は(沖縄を除く)です。とほり。
また、ストレートティーは中部より西では3月31日の発売になるそうです。


さて!紅茶飲料の大御所「午後の紅茶」もついにカロリーオフに乗り出したようです。
カロリーオフの紅茶といえば、今は亡き

アサヒのティオ!

を思い出しますね。
発売されていたのはもう10年も昔だとか・・・おおおおう、そんなに昔になりますか。

缶飲料を集めたサイトで確認してみると、ティオには低カロリー甘味料のエリスリトールが使われていたようです。
記憶の中では、後味がほんのり甘かったようなイメージ。


午後の紅茶微糖は果たしてどんな味になるのか・・・
「微」糖ってことは少しお砂糖が入ってるって事ですよね(多分)
うーん・・・気になる。

待て!発売日w
にほんブログ村 グルメブログ お茶・紅茶へ






最終更新日  March 14, 2009 12:44:56 AM
コメント(0) | コメントを書く
March 11, 2009
カテゴリ:カテゴリ未分類
以前、ブルックボンドハウスさんの紅茶教室で
「利き紅茶」をやるクラスに参加いたしました。


乾燥した茶葉の状態でも、ダージリン1stやアッサムなんかはかなり特徴があってわかりやすく、
抽出するとウバやキームン、ダージリンははっきりと特徴が感じられたのですが


困ったのがニルギリ。

ニルギリといえば、フルーツ系のバリエーションを作るときに重宝される紅茶です。
何とも合う紅茶で、特徴を表現しようとすると迷う・・・
なかなか八方美人なところがある紅茶です。
飲む人が飲めばわかるんだろうけれど、
私は見事にわからなかったです(´△⊂)

その時の先生からのアドバイスによると、
★1ヶ月くらいニルギリを続けて飲む
★その後違う紅茶を少し飲む
★またニルギリに戻る

そうすると、戻った時に「この味だ!」と思い出せるとかなんとか。
で、アドバイス通り1ヶ月ニルギリ生活を頑張りました。



ニルギリニルギリ・・・



ディンブラヽ(・∀・)ノ



ニルギリ^^


それから時が流れて今年、
シルバーポットさんの福袋に入っていたアップルティーを飲んでいます。
香りは、甘い蜜を含んだリンゴのイメージ。
凝った香りもいいけれど、定番のアップル。とても落ち着きます。




やっぱりアップルにはセイロン系の紅茶が合いますね。

・・・・・・と、言いたかったのですが。
ええ、ニルギリでした。


ごめんなさい、出直してきます。

こ、今度こそは・・・
にほんブログ村 グルメブログ お茶・紅茶へ






最終更新日  March 11, 2009 10:30:39 PM
コメント(0) | コメントを書く
February 12, 2009
カテゴリ:カテゴリ未分類
 紅茶はすばらしい
 その効用は神秘的と思われるほど深く、遠い中国から伝わってきた。
 しかし、それも人間が飲むからすばらしいと見えるのだ。
                (「紅茶レジェンド」より抜粋)



紅茶レジェンド 磯淵猛


タイトル通り、紅茶にまつわる伝説、エピソードを紹介した本です。
これを読むときは是非となりに紅茶を。

1杯目は正山小種、無理そうだったらアールグレイをご用意。
レジェンドは中国から始まり、紅茶がようやく英国に到達した頃のお茶について。
俗に「正露丸の香り」といわれる正山小種にまつわるエピソード、
そこからトワイニングの歴史についてを書いています。

アールグレイをはじめて作ったのは、トワイニング説とジャクソン説があるのですが、この本ではトワイニング説を支持しているようです。

2杯目はアッサム茶を。
アッサム茶を発見したC.A.ブルースの跡を追いながら、アッサム茶が紅茶として認められるようになるまでのいきさつを書いています。
それまで中国のお茶しか知らなかった人々が、いかにして熱帯のアッサム茶と向き合い、闘い、数多の時間を費やしてきたか。
この1杯にたどり着くまでの歴史や人々を感じながら楽しめます。

そして3杯目はセイロンティーを。
セイロンティーの生みの親といわれるジェームズ・テーラー、育ての親といわれるトーマス・リプトンのお話。

全体的にロマンチックだなぁと思ったのですが、ジェームズ・テーラーのエピソードにはロマンを通り越して号泣しました・゚・(ノД`)ヽ
今の紅茶が出来上がったのは、決して簡単な事だったのではなく、
不遇や逆境に抗いながら、必死で一歩一歩を踏みしめてきた先人と、
今もどこかで紅茶を摘んでくれている人たちのおかげなんだなと。


いや、もっと1杯の紅茶を大事にしないとダメですね。
うまく表現できないのですが、形骸化された紅茶のステータスばかり気にしているよりも、もっと大切なものがその中にあるんじゃないかなぁと。

そう思うのです。


テーラーに感謝しつつ。
にほんブログ村 グルメブログ お茶・紅茶へ






最終更新日  February 12, 2009 09:38:46 PM
コメント(0) | コメントを書く
February 6, 2009
カテゴリ:カテゴリ未分類
昨日、相模原に行く用事があったので、帰り道に小田急線に乗り換えて
久々に行ってきました。

紅茶専門店「青い空」
青い空0902

ここのお店は本当ーーーーーーーーーーーーに大好きです!
おそらく喫茶店を始めた当時からそのままなのだと思われる、昭和を感じる内装。
純朴そうなマスターが丁寧に淹れてくれる紅茶。

これがまた不思議で、
しっかりしてるのに渋くない!

紅茶研修会などでは、「紅茶は爽快な渋みがあります」と教えられます。
この「渋み」という言い方も微妙だなと私は思っているのですが、渋柿みたいな嫌なものではなく(だから「爽快」という表現にしたんだろうけれど)
うまく表現できないのですが、味の低音というか、全体を引き締めてくれるベース音みたいなものだと思ってます。

濃く淹れようとすると嫌な渋みになりがちで、かといって渋みを抑えようとすると薄くなる。
自分で紅茶を淹れている時も、日によって加減がずれて「ああ今日は失敗した」とか思うところなのですが、

「青い空」さんは、いつ行ってもこの加減が絶妙!
紅茶の持つ渋みの部分が非常にまろやかで、主張すべきところは主張し、抑えるべきところは抑えているような感じがします。
神保町TAKANOさんも美味しいけれど、そことはまた違った味わい。

まだ行ったことが無いという紅茶ファンの方は是非!!
おススメできるお店です。


いつかこのくらい美味しい紅茶を淹れられるように・・・
にほんブログ村 グルメブログ お茶・紅茶へ







最終更新日  February 6, 2009 11:08:14 PM
コメント(0) | コメントを書く
January 8, 2009
カテゴリ:カテゴリ未分類
午後ティースペシャルの新製品は、アップル+カモミール!
「リンゴの香り」といわれるカモミールに、さらにリンゴ!
いったいどうなるのでしょうか・・・


「カモミールを加えることで、リンゴ果汁だけでは表現できなかった豊かな香りをお楽しみいただけます」(同社)。
らしいので、とても楽しみにしています^^






最終更新日  January 8, 2009 09:15:50 PM
コメント(0) | コメントを書く

全8件 (8件中 1-8件目)

1


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.