071748 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

紅茶サイト Tea for Life別館

PR

カテゴリ

お気に入りブログ

コメント新着

腰痛アドバイザー@ 腰が痛いのは、辛いですね。 腰が痛いのは辛いものです。 私も14…
Yana.87@ Re:実は…(08/09) ALICE@BLUEWOODさん ふむふむ~なるほど…
ALICE@BLUEWOOD@ 実は… Yana.87さん お返事ありがとうございます…
Yana.87@ Re:銀座もいろいろ(08/09) ALICE@BLUEWOODさんはミルクがお好みなの…
Yana.87@ Re:ニアウォーター?(07/21) おおお!そういえば「ニアウォーター」な…

フリーページ

バックナンバー

October , 2019
September , 2019
August , 2019
July , 2019
June , 2019

全13件 (13件中 1-10件目)

1 2 >

本棚・ゲーム

August 13, 2009
XML
カテゴリ:本棚・ゲーム
あああっ!!出たのか!!
                 
【重版予約】 獣の奏者 (3(探求編))  【重版予約】 獣の奏者 (4(完結編))



上橋菜穂子といえば「精霊の守り人」シリーズが有名ですが、個人的にはこっちのほうが好み。
上橋さんの作品は、主人公がストーリーを振り回していないので好きです。
世界があって、獣が居て、人の思惑があって、そして物語がある。その中にしっかりと立っている主人公。
リランも愛玩ではなくて、ともすればエリンを襲いかねない獣として描写されているのが、自然らしくていいですね。

「王獣編」のラストは、結構「その後どうなるの!?」という終わり方をしていて
だからこそ自分で色々と想像できるという事もあるんですが
エリンとイアルのその後が気になって気になって気になって・・・。
どうにかなるのかどうにもならないのか、どっちかにしてくれと(笑)

幸せになってくれてるといいんですけどねぇ・・・。
でもエリンは王獣一筋で、続編にイアルが全く出てこないとかいうパターンもあるんじゃないかと予想してみる。

アニメのあの淡白な図柄でイアルがどうなるのか心配でしたが、予想以上のイケメンに仕上がっててなんとなく安心w
(ちなみに予想→

原作は本当にいい世界観です。良作。おすすめです。

          







最終更新日  August 13, 2009 11:54:49 PM
コメント(0) | コメントを書く
July 30, 2009
カテゴリ:本棚・ゲーム
久々に興味をそそられる本を読みました。

すすんでダマされる人たち

サブタイトルは「ネットに潜むカウンターナレッジの危険な罠
カウンターナレッジとは、ナレッジ(知識)に反する「反知識」
でまかせの事を指すようです。

なんかもっと、わざと騙されて騙し返すクロサギのような展開を想像してたのですが、これはこれで非常に面白かったです^^
でもサブタイトルの「ネットに潜む」はちょっとつけすぎかなという感じでしょうか。でまかせはテレビでも言えるし、その際の影響力はネットの比ではないですからね。
代表的なのが「あ○あ○大辞典」の納豆騒動でしょうか。

それにしても、特に代替医療が気になったのですが、
巷にあふれる「デトックス」や「ホメオパシー」、鍼灸までをも軒並み否定している徹底ぶりが凄いです。

まぁ日本でも、大企業のシャンプーを使ったら病気になるとかいう主張の代替医療がありますよね。あれは私でもさすがに変だと思いますが、
で、何故彼らは人体の仕組みを無視するような嘘情報を宣伝するのか?というと、
ひいては自分のところの商品を買わせて儲けるため。
健康でありたいという人の願望を手玉に取った憎むべき商売です。
このあいだ厚生労働省に注意されてましたね。

健康商品でなくても、他社の製品は悪質だという事実がないにも関わらず言いふらしたり、だから自社の製品を買えという宣伝をしたりすると
どうも商取引法違反になるようですね。
上で出した会社さんは業務停止命令だそうです。


まぁ、納得して買う分にはいいですが、設けたいがために転がされたとおもうとちょっとしゃくに感じてしまいますよね^^;
情報は鵜呑みにせず、自分なりに吟味する必要があるんだなぁと再確認いたしました。
気をつけねば~。






最終更新日  July 30, 2009 07:11:34 AM
コメント(0) | コメントを書く
June 5, 2009
カテゴリ:本棚・ゲーム
04年版は持っていたのですが、もう5年も経ってしまったかぁ。
月日が経つのはちょっと早すぎ
というわけで買い替えてみました。


地球の歩き方(A 03(2009~2010年)


思えば04年版は、海外のサッカーがもてはやされていた時期で、
ハリー・ポッターもまだそんなに話題になってなかったし、
WedgewoodもWhittardも無事だったもんなぁ・・・(遠い目)
そしてカティ・サークも。

そんなわけで、04年版は本を開くとサッカーチームの紹介だったのですが、
09年版は
「お得にロンドンを旅行する方法」

うーん、世界不況。
お土産もまずスーパーに行きましょう!みたいな紹介が!
サッカーファンじゃない私には、テムズ川クルーズの紹介などもある09年版のほうがありがたいです。
買ってよかったー。

本を注文してからこっちに気づきました!


地球の歩き方DS イギリス

DS版
Amazonのレビューを見ると、地図が小さいとの評判。
でも、電卓や距離を測れるメジャーがあるらしいのは惹かれますね。
あとなんといってもコンパクトだし。

これ、iPhoneかGoogle携帯のアプリでで出て、Google Mapと連携できたら最強だと思うのですが、そうはならないかな~。
でも日本からケータイを持っていって海外でデータ通信をすると相当な料金を取られるらしいので・・・まぁ、儚い夢ですね。






最終更新日  June 5, 2009 08:54:41 PM
コメント(0) | コメントを書く
May 29, 2009
カテゴリ:本棚・ゲーム
楽天ブックスで注文して、無事に発売日に届きました~
逆転検事!きらきら

逆転検事【7月上旬お届け分】


クリアするまでどっぷりプレイします

ちょっとプレイしてみた感想ですが、
む、むむむむずかしくないですかね雫
なんとなく、逆転裁判シリーズの1話ってチュートリアル的な、簡単な話が多かったような気がしたのですが、
1話からかなり頭使います。
バシバシ間違えてます。
これは最終話とかちゃんとクリアできるかな私。

い、いや、決して私の頭の回転が悪くなったのでは・・・ない・・・と思いたい。

でもその分やり応えがあります!
視覚や聴覚に頼る謎解きが多かった4と比べると、本当に純粋に推理だけという感じです。
DSの魅力を存分に使っていたのは4のほうですけどね^^
とりあえず途中なので、「今のところは」をつけておきます。

あまり早くクリアするのも勿体無いけれど
早く続きがやりたい~






最終更新日  May 29, 2009 12:21:46 PM
コメント(0) | コメントを書く
May 26, 2009
カテゴリ:本棚・ゲーム
紅茶と水の物語を読みました。

紅茶と水の物語

ブルックボンドで講師をされていた方の著書のようです。

序盤は一般的な紅茶の性質などの説明から始まって、
中盤くらいで水の話が出てきます。

紅茶は、軟水で淹れると味と香りが強調され、硬水で淹れると香りと渋みが抑えられ、ミルクティー向きの重厚な味わいになるといわれています。
実際どの程度差が出るのか、カバーの写真にて解説してくれています。

市販のミネラルウォーターの硬度一覧とかは役に立ちそうですね。

そして、長らく疑問だったキームンについての謎が解けました!

トワイニングさんのCMでもおなじみですが、このキームン、
「蘭の香り」と評されたという話をよく聞きますよね。
でも、飲んでみると・・・うん?蘭かな??とちょっと疑問に思うことが。

まぁあまり蘭の香りをしっかり覚えてるわけでもないし、
きっと飲んでる紅茶が安物なのかもしれないわ~

・・・と思っていたのですが

キームンを作っているところのお水が、かなりの超軟水らしく
超軟水で淹れたらどうだろう?という実験がされています。


結果は・・・
おおおー!超軟水で飲んでみたい!と思わせるものでしたが、
超軟水ってどのくらいなのかなぁ・・・
バナジウムウォーターがかなり低めなんですが、バナジウムが入ってても大丈夫かしら?ww

ちなみに、東京の水道水は60~70程度だそうです。
同じ軟水でも、少しの差が大きな違いになるのですね~。

紅茶とお水について、ブルックボンドさんの講座はこちら↓↓
6月 レギュラーコース 1日集中コース

レギュラーコース 6月 全4回コース

レギュラーコース 6月 特別2回コース


にほんブログ村 グルメブログ お茶・紅茶へ







最終更新日  May 26, 2009 09:09:19 PM
コメント(2) | コメントを書く
April 22, 2009
カテゴリ:本棚・ゲーム

ぼくと1ルピ-の神様


映画「スラムドッグ$ミリオネア」の原作
私が映画情報をチェックしないせいで、もう結構前に公開されたのかと思ってましたが、なんと公開中のようですね。

ストーリは、
学校にも通ったことのない、インドの孤児の青年が
クイズ番組で至上最高額の賞金を勝ち取った。
彼は何故クイズに答える事ができたのか?

渦中の主人公、ラム・ムハンマド・トーマスの過去を振り返りながら、1問ずつその奇跡の謎を解いていくというものです。


主人公ラムの過去はまさに波乱万丈。
親に捨てられ、育ての親には死なれ、孤児になり、労働力になり、詐欺に遭いそうになり、強盗に遭い・・・

それでも、物語はいわゆる「ひどい大人に傷つけられる可哀想な子供」という構図ではなく、
ラムは、非常に素直な視点で歪んだ大人たちを見、傷ついた大人たちに触れ、
悲しい子供をそっと労わりながら、とても強かに生きてゆきます。

正義を気取るわけでもなく、ただひたすらに過酷な環境で「生きぬく」こと。
清廉潔白とは言えないけれど、進んで他人に迷惑をかける生き方はしないこと。たとえ傷つけられても、その心を持つこと。
それは10億ルピーの価値に値するものだと、この本は教えてくれる気がします。

世の中がひどければ悪いことをしていいと思っている人はこの本を読むべき。


ラストは、因果応報、めでたしめでたし。が好きな日本人には
とても受け入れられやすいと思います。
主人公は絶対に清廉潔白じゃないと嫌!という人は残念別の本を・・・でしょうか。

一度読み始めたら、続きが気になっちゃう本でした。






最終更新日  April 22, 2009 06:17:59 PM
コメント(0) | コメントを書く
April 10, 2009
カテゴリ:本棚・ゲーム
業界や製品の栄枯盛衰画まとめられたものって、大好きだったりします。
今では当たり前になった技術がいかにして生み出されたかを知っては感動に打ち震え、
世代交代が起こっては一喜一憂し、
鮮やかに移り変わる「時代」がなんとなく見えてる気がして楽しいことこの上ないです。

この業界やってほしいなぁ~・・・と前々から思っていたのが
なんと言ってもゲーム業界。
探してみたら、ありましたありました。



タイトルが面白そうだなぁ~と思っていましたが、サブタイトルの方が正確です。

「チーム久夛良木」対任天堂の総力戦15年史

ソニーでもSCEIでもなく、「チーム久夛良木」の視点で語られる、対任天堂の歴史。

昔は任天堂とソニーが協力しあう間柄で、協力体制の一環として、スーパーファミコンに外付けのCD-ROMを搭載するという案があったが、(チーム久夛良木が言うには)任天堂に一方的に反故にされた。
以来、チーム久夛良木は任天堂から離れ、プレイステーションの開発へと進んでいく。

必ず、任天堂に勝つ。
その一心で開発されたプレイステーションがゲームの世代をひとつ変えたことは言わずもがな。


でも面白いのはPS2発売までですかね。

そこから後のPSX、PS3が消化不良な感じで終わっているので、
読み物としての大団円がイマイチ・・・
もう~ここで巻き返しに成功した任天堂を出せばいいのに!!!
と、やきもきするのは私だけではないはず。


それにしても、PS3の値段には私も驚きましたが、この本を読むとその理由がわかります。
あと、マイクロソフトが何故ゲーム機に?という理由も・・・ふむむ。そういうわけか。

正直な感想としては、技術屋ソニーが夢を追いすぎた結果、ユーザーより先に進みすぎたのね~という感じでしょうか。
個人的には、面白いゲームだったら2Dでも全然いいし。
PS1で充分なんですよね、画像的には。
むしろ綺麗なCGを作るために予算とか手間隙をかけているなら、要らないからその分ストーリーとか作りこんで欲しいと思うくらい。


まぁ、いずれWii&DSも世代交代をするときが来るのでしょう。
その時ライバルになるのがどの機種なのか、ゲームはどのように進化するのか、楽しみにしています。


似たようなものではこれも気になる。
いずれ読みます。

ケータイビジネスまで変える驚異のアップル流ものづくり 林 信行

「美学vs.実利」の中にも、「何故iPodをソニーが作れなかったのか」というくだりが出てくるので、気になっております。



あとちょっとずれるけどこちらも








最終更新日  April 10, 2009 07:38:39 AM
コメント(0) | コメントを書く
March 31, 2009
カテゴリ:本棚・ゲーム


とにかくキッチンは収納に困ります。
特に鍋。
前から、魔法瓶的な鍋がとても欲しいと思ってたのですが・・・

こちらですね。
自動的に煮込んでくれるという噂のシャトルシェフきらきら


でも置き場所がぁぁぁ・・・


と、思っていたところにお悩み解決バイブルです。

収納だけではなく、他にもこんな裏技的なものをご紹介してました。
●アルミホイル・サランラップの活用法
 アルミホイルでアイロンがけとか・・・初めて見ましたww

●食品保存のための冷凍庫活用法
 冷凍していいものと悪いもの、その方法を解説。

●電子レンジであの食材がよみがえる
 我が家のノリをぱりぱりにしてください!

●新鮮な野菜・魚の見分け方

断片的には聞いて知っている事もありましたが、他にもこんな事があるのか~。と、
目からうろこが落ちることもしばし。
特に、ケーキを綺麗にラップする方法は驚きでした。

自分ひとりだったらいつまで経ってもこの方法は思いつかないわ(笑)


しかし、残念なのは期待してた収納。
とくに鍋などの大物の部分。
これはやっぱり「鍋選びから」が大事みたいです。とほり・・・涙ぽろり


それでも、しばらく使いそうに無いものはキッチンから遠ざけるという方法も掲載されていたので、我が家のキッチンもだいぶ救われた感があります。

一人暮らし初心者とか、これから新しい家に移るとか、
そういう方は読んでおいて損は無いかも!
新生活のお供に、いいですよ~^^









最終更新日  March 31, 2009 07:40:29 AM
コメント(0) | コメントを書く
March 7, 2009
カテゴリ:本棚・ゲーム
少し前に発売になってたみたいで、見逃してました><
今日ようやく購入。


Pluto(7)

今回はついにエプシロンがプルートゥと対決!!

懲役を拒否した非戦闘ロボット。
でも実は一番強いんだみたいな設定。たまりませんね。
くぁーーー!!エプシロンかっこよすぎる!


アニメのエプシロンが女性だったから、漫画のエプシロンもしばらく女性だと思ってました^^;
それにしてもここ最近のPLUTOには泣かされっぱなしです・゚・(ノД`)ヽ
やっぱり泣けるといえばこれ。
1巻の「ノース2号」は鉄板ですね。

PLUTO(1)


そして6巻のラスト・・・これも号泣でした。

PLUTO(6)

次の巻で最終回らしいですが、
アニメ化とかにならないですかねぇ。
期待しております!






最終更新日  March 8, 2009 12:00:30 AM
コメント(0) | コメントを書く
February 11, 2009
カテゴリ:本棚・ゲーム
最近、演劇調の話が続いていてちょっと遠ざかっていましたが、
久々に恩田節炸裂!という感じがしました。


恩田陸 きのうの世界



東京から遠く離れたM町で、殺人事件が発生する。
その殺人事件と、町そのものが抱える秘密を多くの人の視点から見て、結論に近づいていくという作風です。
一人の行動が思いがけない人に波及するのは、パズル的で面白いですねぇ~

が、しかーし!!
ラストはそれかい!!そこに落ちるかいっ!!
とちょっとやきもき。
いやでもここに来るからこそ恩田陸なのかもしれない。
この終盤のファンタジーらしさがなんとも言えず恩田陸っぽいです。

多分、謎解きが書きたいんじゃなくて、
あくまでも「風が吹けば桶屋が儲かる」的な話なんだなぁと。

結局謎のまま残っている事もいくつかあるし、
主人公だと思っていた人が思わぬ展開になったりするし、
納得できない方も多々いらっしゃるようですが
恩田好きなら普通に楽しめると思います。


それにしてもこの本、どことなく「Q&A」を思い出してしまいます。
Q&Aは怖かったけど面白かった・・・。



自分の想像力で楽しめる本ですね。
うおおお自分こえーw






最終更新日  February 11, 2009 02:01:14 PM
コメント(0) | コメントを書く

全13件 (13件中 1-10件目)

1 2 >


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.