292666 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【ログイン】

piano street

PR

Freepage List

Keyword Search

▼キーワード検索

Rakuten Profile


tea*roseさん

キャッチフレーズは未入力です。

フォローする

Favorite Blog

横浜・赤レンガパー… New! カンちゃん0760さん

世の儚さ・4 New! Hirokochanさん

ブログ小説(22)… New! 神風スズキさん

density New! Maryam F Dさん

お土産 New! 灰色ウサギ0646さん

Comments

tea*rose@ みえこさん 本当にストレッチは大切ですよね。全身の…
みえこ55@ Re:発表会は通過点。(07/24) 暴れん坊なのにクラッシック好きというギ…
tea*rose@ 灰色ウサギさん コメントいただいていたんですね!!残念…
灰色ウサギ0646@ Re:発表会は通過点。(07/24) あれ、前の記事コメントしたのに反映され…
tea*rose@ みえこさん 音楽に、子どもたちが導かれて成長する様…
2017年07月24日
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
発表会の感想もすごいのですが、結局、いつもと同じように、どの子も、「次に弾く曲!!」と大騒ぎで、それが、親御さんたちにも伝染して行っているのが、微笑ましいです。

今回の発表会で、なかなかエンジンがかからずに、リハーサルでもレッスンしながら、なんとか弾き終えた子のおうちでは、ママも一緒になって、発表会後も、一生懸命曲を選んでいました。(笑)

この美人さんのママが、発表会当日、かわいい赤ウサギを連れて、緊張感で一杯になって、とてつもなく美人さんなのに、いつも以上に美人さんだったのも、いまだに記憶に焼き付いています。

一番下の赤ウサギのお守りを私に任せて、娘と一緒にステージに上がっているような緊張感だったのかもしれませんね。(笑)彼女が、娘と一緒に楽譜をめくっている姿は、発表会後の素敵な光景でした。

暴れん坊の双子兄弟は、もう完全にクラシックの虜で、クラシック以外に興味はない!という様子です。(笑)自分の弾いた作曲家にしか興味が無い、という感じのクラシックの虜なのですが。(笑)

「またバッハが弾きたい!」と、彼が言うようになるなんてね。今回のバッハが気に入ったんでしょうけれど。…でも、違う曲を弾いて聞かせると、すぐさまそっちにお熱になっちゃいます。(笑)こうやって、クラシックへの興味を広げていくんだなぁと思うと、おもしろくなります。ピアノ教室に、自分の弾いている曲の作曲者の伝記を持って来たりして、子どもの熱意って、本気だと、やっぱりすごいです。

双子兄弟の妹は、自分に興味を向けたくて、兄たちのレッスンを邪魔するために、あの手この手です。(笑)野太い声で、海は広いな大きいなぁぁぁーーー!!とがなり立てたり、お尻フリフリダンスをしたり、テントウムシの歌を弾き語ったり、そりのおもちゃに乗っかって、「ちぇんちぇ!ちぇんちぇ!」と呼んだりするので、大忙しです。

2歳半の自己顕示欲…。これにはやっぱりかないません。(笑)発表会中も、兄の演奏を妨げるように、客席で、あはは、あはは、と笑いながら走り回っていて、それを止めることなんて、誰にもできない勢いでした。(笑)…さすが、あの兄弟の妹。(笑)120年ぶりにこの家系に生まれたという女の子!!(笑)

…兄たちをうまい具合に従えているそのかわいい顔と、女ならではの狡猾な様子が、おもしろくてたまりません。(笑)2歳半で、すごい貫録です。(笑)浅い付き合いではないので、彼女が全身を私に預けてくるさまも、すでにどこからどこまでがその子で、どこからが私かわからないほどのぴったりぶりですし、顔も、ちょっと怖いくらいに似ているときがあって、

「この顔に似ている現在に関しては、満足してやってもいい。」と、その点だけは、真上からサンタに威張り散らしています。(笑)そのくらいに双子の妹の顔はかわいい。そして、態度がでかく、たくましく、怖いものが無さそうな感じです。(笑)

家族がマッサージしても便秘気味なのに、私がマッサージすると、いつでもモリモリウンチが出ちゃうところも、かわいい・・・。(笑)そのウンチのヒット率は100%と言うことなので、ますますかわいい。(笑)それだけ、心が通じているってことみたいじゃないですか。(笑)

ただ、重くなったし、毎度、ウンチコースにアレンジを加えるのが大変。(笑)同じやり方に素直に従うようなお嬢様じゃないんでね!(笑)ピアノを教えるより、クタクタになるほど大変です。

しかし、生徒たちが楽しそうにピアノを弾いている姿は今まで以上ですし、この頃、適度なスパルタの挟み込み方にも、ある程度のルールが見えてきたので、ここぞという時に、ほんのかすかなスパルタに切り替えると、子どもたちが、目を一層輝かせてついてきます。

子どもの向上心は、甘くみちゃいけないと痛感します。ご褒美が、シールや飴玉から、自分の成長に切り替わるときの、一瞬の判断ミスで、何のために生きているのかわからなくなることって、多いと思うんです。

人は、成長したい生き物だからこそ、苦しいこともあるけれど、成長できるんだから。

思えば、この10年は、そこがわからない人たちへのブレーキ役としてだけ、使い潰されてきた感があるので、ご機嫌がめちゃくちゃに悪かったんだと思います。(笑)ブレーキも摩耗するんだ、ということは、ブレーキを持っていない人にはわからない、と、わかっている側だけが摩耗するサイクルには、本当に堪忍袋の緒も切れ切ったらしく、わかんねえ奴は、知らねえ!と、心底思うようになりました。

こっちも歳なんだよ!という45歳ならではの開き直りです。(笑)
これがもしかしたら、一番おもしろいところかもしれません。(笑)

笑顔でいいことを言いながら、内心で、まだわかんないの?あんた嫌い!って思うの、もう、演技じゃないかもしれませんよ!!(笑)開き直った女って、ホントに怖い。(笑)

子どもたちは敏感なので、とっくに、「先生を怒らせたらヤバイ。」と、顔色を窺うようになってもいるので、そこも結構スムーズです。

発表会の写真を飾ってみたら、なんとなく、ドレスの子どもたちが、プリズムの様な虹色に一瞬見えました。錯覚?と思うようなかすかな感覚でしたけれど。

この俺様に限って、錯覚なんて安っぽいことをするもんか!と、サンタがすさまじい勢いで、虹色ビームを当て続けているので、はいはいわかったわかった、サンタ様すごいすごい、と、こっちもいつも通りのやっつけ仕事みたいに、そのすべてをあしらっています。(笑)

そうじゃなくちゃ、虹色ビームがすごすぎて、こっちもめんどくさくなるんだよ、というだけの毎日です。(笑)

息抜きは今でも、大人の生徒の次男のお散歩ですが、こちらもかなり重くなってきて、抱っこねんねでお昼寝をしたいから、踏切のところから動くな、という、彼の命令に従うのも大変になってきました。(笑)

どこの殿様がここまで威張ってんだか知らないけれど。(笑)結局かわいいので、抱っこひもの調整をしたり、なんなら新しい抱っこ紐でもミシンで作ってやろうかとか、兵児帯やさらしで代用するパターンにしてやろうかとか、悪巧みをしています。(笑)

この子も来年は幼稚園に行っちゃうので、暑くて重い夏も、最後の夏だと思うと、もうちょっとだけ、抱っこしておきたい気がして。(笑)

小さな男の子が、眠りに落ちていく瞬間の、あのかわいい様子だけは、何回見ても見飽きることがありません。

だっこ紐よりずっと小さかったころも、だっこ紐からあふれるようになった今も、同じ顔をして眠るので。(笑)

結局、私を夢中にさせる音楽は、こっちの音楽になってしまいましたけれど。

瞬きの回数、まつ毛がそっと閉じられる様、時折聞こえる鳥の鳴き声、暑い空気、カンカンカンカンと鳴る踏切の音。

なぜかこの子を抱いているところに吹く風は、暑い夏でも、涼しくて、サンタも憎たらしいそぶりを見せながら、いい風を吹かせてくれているんだなと思います。(笑)

このかわいい口からこぼれる声が、その片言が、どれほどの印を載せているかだけは、私の生涯忘れえない記憶になることもわかっちゃいるけれど。

スッといつも通りのキャラになった私は、そこのところは、サンタ以上の憎まれ口で、相変わらず脳内罵詈雑言ですが。

どうしても、そういうオチになっちゃうのは、その些細なことがあまりに尊いから、というだけのことなのは、サンタもよくわかっているらしく、私の愚痴に延々と付き合ってくれています。(笑)

ついでにホントに、全部忘れていく脳みそなので、忘れずに残ったものだけで生きているんですが、その忘れてはいけないものを再構築するやり方は、やっぱり神様っていて、そいつってすごすぎる!っていうことなんですよね。

そこだけは、本当に本当にすごいことを、案外私はよくわかっている方にいるからこんなことになっているんだな、と、いい解釈もできるようになってきました。(笑)






Last updated  2017年07月24日 06時16分11秒
コメント(4) | コメントを書く

Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.