031795 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

One of my favorite things is ...

2019.07.17
XML
カテゴリ:Tips_Office
 クラウドドライブといっても、雲の上にサーバーがあるわけではなく、地上の施設にサーバーがあるはずなのに、なぜか雲のイメージで描かれることが多いのが「クラウドドライブ」(オンラインストレージ)です。


 
 パソコンだけでなく、スマホやタブレットなどからも利用できるオンラインストレージサービスは、複数端末利用者にとって、とても便利な存在です。

 例えば、すぐ隣に置いてある自分の2台のパソコンの間で、数行のテキストをコピー・ペーストすることはできそうでできませんが、ネットに接続していれば、メモ帳のファイルをオンラインストレージ上に保存することによって簡単にできます。もちろん、OneNoteを使えばもっと簡単にできますが。

 Windows10のパソコン同士であれば、2019 年 5 月の
Windows10の更新で、クラウドベースのクリップボードを使用して、PC 間で画像やテキストをコピーして貼り付けることができるようになりました。
 [スタート]  ボタンを選択し、[設定]  > [システム]  > [クリップボード]  の順に選択した後、トグル ボタンを使用して、[クリップボードの履歴] と [デバイス間で同期する] の両方を有効にします。Win  + V ショートカットを使用してクリップボードに簡単にアクセスすることもできます。

 ストレージ容量の小さいノートパソコン1台だけの利用でも、自宅と外出先の両方で自由に利用できるオンラインストレージはやはり便利です。

 マイクロソフトのサブスクリプションサービスのOffice 365では、Word、Excel、Power Point、AccessといったOfficeアプリ(デスクトップアプリ)の最新版を利用できたり、Office Online(Webブラウザーで使えるOffice)を利用できたりしますが、OneDriveというオンラインストレージの1TB(1000GB)の容量を利用することもできます。
 
 なお、Office 365ユーザーでない場合は、OneDriveを無料で5GBまで利用できます。

 
 1TBのOneDriveは、Office アプリのおまけのようにも見えますが、実はOneDriveとOffice アプリは両輪のような関係だと思います。

 OneDriveがあることによって、Office アプリで作成したファイルにいろいろな場所で、そしていろいろな端末からアクセスすることが可能になります。

 特に、
Officeアプリがインストールされていないパソコンでも、Webブラウザーで使えるOffice Onlineを使って、WordやExcel、PowerPointなどのファイルの新規作成、既存ファイルの編集ができますが、この場合はOneDriveとセットで使用することが前提だと思います。

 あたかも、ソニーのnasneに録画したテレビ番組を、いろいろな場所で、いろいろな端末から視聴できるのと同じ便利さです。このアクセスのしやすさ、利用のしやすさがnasneの価値になっています。

 それと同じで、
いろいろな場所で、いろいろな端末からファイルにアクセスできることが、Office アプリの価値を高めます。
 
 パソコン、スマホ、タブレットなどは、ネット接続での利用が前提の時代なので、OneDriveというオンラインストレージを活用することで、パソコン、スマホ、タブレットの便利さも向上します。
 
 OneDriveには、Office アプリのファイルだけでなく、スマホの写真や動画ファイル、音楽ファイル、PDFファイルなど、様々な種類のファイルを保存することができるので、仕事だけでなく、趣味にも役立てることができます。

 スマホのストレージの容量不足も解消できます。1TBの
OneDriveの活用を前提とすれば、スマホ購入の際も、ストレージの少ないモデルを購入しても困りません。

 スマホ、タブレット用のOneDriveアプリをインストールして、Microsoftアカウントでサインインするだけで利用できます。
 Office 365ユーザーであれば、1TBの容量のOneDriveを利用することができるので、活用したいものです。


 Office 365 for Businessのプランであれば、無料の5GBのOneDriveと1TBのOneDrive for Businessの二つを利用することができます。

 Office 365 for Businessのプランに加入する時には、Businessプラン用のアカウントを作ることになります。OneDrive for Businessは、Businessプラン用のアカウントが対応することになります。

 例えば、iPhoneのOneDriveアプリには、複数のアカウントを登録できるので、Office 365 for Business用のMicrosoftアカウントと、普段使っているMicrosoftアカウントの二つをアプリに登録することによって、無料の5GBのOneDriveと1TBのOneDrive for Businessの二つをアプリの中で切り替えて利用できます。

 なお、Office365 soloのプランでは、無料の5GBのOneDriveを1TBまで拡張して利用することになるので、利用できるOneDriveは一つです。
 
​ 米国のOffice365 Homeのプランは、1契約で1TBのOneDriveを6個(計6TB)利用できるという、日本では信じがたいサービスです。


☆関連記事

▼うらやましい、米国Microsoftの「Office 365 Home」。日本でも販売してほしい。








Last updated  2019.08.01 09:14:45
コメント(0) | コメントを書く

PR

Recent Posts

◆i-dioのハイレゾ級放送のアーティスト特集番組『「The Right Stuff」supported by e-onkyo music』:今月の特集は「ユーミン」です
◆Netflixの新作、スーパーヒーロー・ドラマ「Raising Dion(レイジング・ディオン)」を観ました:もちろん、Windows Sonic for Headphonesをオンにして観ました
◆Netflix (NFLX)の第3四半期決算発表で、NFLXの株価上昇:1株利益が予想を上回る:「ストレンジャー・シングス」効果?で有料会員数の増加数は前年同期を上回る
◆「リチウムイオンバッテリー」の「汎用交換型」の規格を制定してほしいと思います
◆SONYの「360 Reality Audio」って何?:「耳の形状でパーソナライズできる」ということなので「HRTF」を利用したバーチャルサラウンドのようです
◆Antutuベンチマークスコアで見た「iPhone11」や「iPad」のCPU、UX、3Dの性能です:「iPhone11」のコスパは高そう
◆低価格で、高輝度、高解像度の小型液晶プロジェクターがほしい:低価格帯の液晶プロジェクターに注目
◆残念。Netflix配信の「ガールズ&パンツァー」の音声は2chステレオでした
◆2019年のノーベル物理学賞の発表は、「ビッグバン★セオリー」のテーマソングの引用から始まったそうです
◆【Newモデル】アマゾンの「Fire HD 10 」タブレットは「Dolby Atmos Audio」対応:「Dolby Atmos Audio」の仕様がよくわかりません

Category

Archives

Calendar

Comments

Rakuten Card

Rakuten Ranking

Free Space


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.