1155007 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

One of my favorite things is ...

2020.07.15
XML
カテゴリ:データ分析
​​​PCR検査の結果で、陽性になった人で「連絡がとれない人」がいるということが話題になったりしています。

確かに、「連絡がとれない」というのは、現状の仕組みに問題があるということになりますが、メディアは騒ぎすぎです。​


PCR検査では、「感度」が70%くらいの場合、100人の感染者を検査した場合、30人くらいの偽陰性者が出る可能性があるようです。

まだまだ、研究が不十分で、真相はわかっていないようですが、PCR検査の「感度」はあまり高くないのではないか、と言われています。

ウイルス量が少ないタイミングで検査したり、検体の採取が不十分だったり、検査にはエラーがつきものです。

​もちろん、無症状者を検査した場合には、真の陰性者が多く、偽陰性者は少ないのでしょうが、「陰性だと判定された、実は陽性の人」が少なからず存在する可能性があることと比べると、「連絡がとれない陽性だと判定された人」の方がまだ危険性は低いようにも思います。

「陰性だと判定された、実は陽性の無症状の人」が、安心して動き回ったりすると、危険なのかもしれません。

でも、「
真の陰性者」であれば安心して動き回ってもいいわけではありません。

真の陰性者であっても、PCR検査を受けた直後、あるいは翌日などに感染することも十分あり得るので、PCR検査に過大な期待や信頼を抱いてはいけないようです。

PCR検査で陰性であっても、検査後に「安心」を得ることはできません。陰性者もマスク、ソーシャルディスタンスなどを続ける必要があります。

そもそも、PCR検査を受けていない感染者が市中にどれくらい多くいるのかもわからないのですから、「連絡がとれない陽性だと判定された人」が、仮に100人や200人いたとしても、何の問題もないのではないでしょうか。まだ検査を受けていない感染者の数の方が圧倒的に多いはずです。

まずは、必要な人が、手軽に定期的にPCR検査を受けられるような態勢の整備が望まれるのではないでしょうか。


↓日本疫学会のサイトの図です。








----------------------------------------------------------------------------------
​​​​​​

↑楽天市場店で購入すればよかったと思います:アマゾン・プライム・ビデオはHD 1080Pで視聴できます:有機ELなので、黒がきれいです:ヘッドホンでのドルビーアトモスに対応しています。

​​
-------------------------------------------------------------------------

↓楽天市場以外の有名ストアの利用でも楽天ポイントが貯まります。
Rebatesお友達紹介キャンペーン

-------------------------------------------------------------​
​​



--------------------------------------------------------------------------​​​​

↓実効再生産数を計算できるWebアプリがあります。


​↓倍加時間についてです。

--------------------------------------------------------------------------​​​



↓ECDCデータ版ダッシュボードはこちらからアクセスできます。

-------------------------------------------------------------------------​
​【ダッシュボード「COVID-19 Transition Graphs」を試作】​​
こちらは、ジョンズ・ホプキンス大学のデータを利用したダッシュボードです。

中国本土以外の地域への感染が拡大しているため、国別、地域別の感染者数の推移を簡単に確認できるダッシュボードを試作しています。​

随時、ページを追加しています。グラフのデータは、右上部分の操作でダウンロードすることができます。

アメリカの「地域別の変数」を前処理して、「州別」での推移をグラフ化できるようにしました。

また、州コードのフィールドを作成してコロプレス地図も作成しています。

楽天ブログでは「iframe」タグが使えないので、Bloggerのページから利用できるようにしています。

無料で利用できる、グーグルの「データポータル」のダッシュボードです。データさえあれば、簡単に作成できます。「国」別、「地域」別に日ごとの感染者数の推移を見ることができます。

↓ダッシュボードの試作です。下記リンクのページから利用できます。
​​

ジョンズ・ホプキンス大学の「JHU CSSE」の「Covid19 Daily Reports」のデータを利用しています。
 
EdgeブラウザやIEブラウザなど、Chromeブラウザ以外での利用の場合はうまく表示されないことがあるようです。

上記のダッシュボードのデータの出所のサイトです。マップがメインのダッシュボードです


-----------------------------------------------------------------------------------------

↓WHOのサイトでも、感染者数、地域などの「Situation Report」が日々更新されています。関心がある場合は、一日に一度見るといいのではないかと思います。







↓日本のインフルエンザの「定点当たり報告数」をグラフ化できるダッシュボードを試作。都道府県別にグラフ化可能です。



​--------------------------------------------------------------------------

★おすすめの記事 ​​







​​◆How Windows Sonic looks like.​​:Windows Sonic for Headphonesの音声と2chステレオ音声の比較:7.1.2chテストトーンの比較で明らかになった違い:一目で違いがわかりました




----------------------------------------------------------------------------------------------------------





​​
​​






Last updated  2020.08.01 08:15:35
コメント(0) | コメントを書く


PR

Recent Posts

◆【新型コロナ】累計死亡者数が100万人を超えました:日本の死亡者数は1500人超
◆【データポータル】国勢調査の人口統計を塗り分け地図にしてみました:一部の市町村が地図に表示されませんでしたが、なんとか対処できました
◆【データポータル】地図機能が進化中です:「都道府県名+市区町村名」の変数があれば市区町村別塗り分け地図ができます
◆【マイナンバーカード】なんと、名古屋市は住民票などのコンビニ交付に非対応:住民票などのコンビニ交付に対応していない自治体の方が多いという現実
◆【データポータル】最新のデータをスコアカードに表示させるためのR言語によるデータ前処理
◆【新型コロナ】英国で感染確認者数の増加が続いています:9月になって急増:1日あたりで過去最高に:実効再生産数は1.28
◆【新型コロナ】ダッシュボードに情報一覧性の高いページを追加しました:グーグルのデータポータルを利用しています
◆【新型コロナ】アビガンが臨床試験で主要評価項目を達成:10月中に承認申請:やっと承認されるのでしょうか?
◆【新型コロナ】英国で感染確認者数が増加中です:第1波の時と同じような水準になってきています:月単位で比較できるグラフを作ってみました
◆【新型コロナ】かなりデータが重たくなってきました:感染確認者数、死亡者数のダッシュボード:インドで感染拡大が大変なことになってきているようです

Free Space

Category

Archives

Comments

ベイズ統計(事前確率→事後確率)を学んでください@ Re:◆【新型コロナ】九州大の小田垣名誉教授が提言:「検査数拡大と隔離」で早期収束の可能性(05/08) 参考URL https://qiita.com/oki_mebarun/i…
Tetsuo Kimura@ Re:◆ECDC ダッシュボード 疾病診断確認と死亡のタイムラグ たいへん有意義な統計グラフィックスをご…

Keyword Search

▼キーワード検索

Rakuten Card


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.