480897 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

札幌発!テクニカルライター&Webライターの部屋

PR

プロフィール


テクニカルライター

フリーページ

カテゴリ

バックナンバー

2020/06
2020/05
2020/04
2020/03
2020/02
2020/01

日記/記事の投稿

お気に入りブログ

朝型 New! にわとりのあたまさん

【自分の営業の歴史… LD菊池さん

ずっと不思議に思っ… くりりん630さん

私一人では出来ない… 卞 東運さん

PLA+NETSク… ayumyuさん
天使の導き 安寿ーあんじゅさん
新川てるえの家族の… 新川てるえさん
おもしろき ことも… kenkenppaさん
プリプレス・センター… プリプリ人さん
駐妻の光と影  pumpkin2005さん
2010/03/26
XML
カテゴリ:文書作成
こんにちは、Webプロデューサー&マーケターの蝦名です。

さて、この冬、コンペで

5戦5勝

した私たちの一番の強みは何だったか。


それは、広い意味でのライティング力だと

私は思っています。

言い換えれば、

マーケットを意識して、費用対効果の高いコンテンツを

いかにすれば作り上げることができるか、という提案を

わかりやすく伝えるスキルです。


書類(企画書)審査の時点で、すでに圧勝だったと

おっしゃる企業様もありました。


このライティング力は、

プレゼンだけでなく、実際のコンテンツ作りでも

必ずお役に立ちます。


原稿をご用意いただいて、それを流し込むだけなら、

3万円で売っているデザインテンプレートを購入して

作ればそれでOKなのだと思うのです。



でも、そんな武勇伝に

いつまでもあぐらをかいていてはいけません。

強みであるライティング力も、絶えず磨き続け、アピールせねばなりません。


そこで、私が今読んでいるのが

山田ズーニー氏の『伝わる・揺さぶる!文章を書く』です。


伝わる・揺さぶる!文章を書く


この中で、本日印象に残った一文をご紹介します。


「自分の書くもので人に歓びを与えられるかどうか?」


先日の滝田のエントリーとも関係すると思います。


つまるところ、読み手に

「目的」どおりの歓びを与える

ような文章を生み出していければ、

そのコンテンツは成功なのだと思います。


それと大切なのが、自分磨き星


自分が生み出すものには、必ず自分の内面が投影されます。

文章だけじゃなく、絵画でも、音楽でも。たぶん。

ではまたスマイル






最終更新日  2010/03/26 08:40:30 PM
[文書作成] カテゴリの最新記事



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.