480435 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

札幌発!テクニカルライター&Webライターの部屋

PR

プロフィール


テクニカルライター

フリーページ

カテゴリ

バックナンバー

2020/05
2020/04
2020/03
2020/02
2020/01
2019/12

日記/記事の投稿

お気に入りブログ

今日から学校 New! にわとりのあたまさん

【自分の営業の歴史… LD菊池さん

ずっと不思議に思っ… くりりん630さん

私一人では出来ない… 卞 東運さん

PLA+NETSク… ayumyuさん
天使の導き 安寿ーあんじゅさん
新川てるえの家族の… 新川てるえさん
おもしろき ことも… kenkenppaさん
プリプレス・センター… プリプリ人さん
駐妻の光と影  pumpkin2005さん
2010/04/11
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
こんにちは。テクニカルライター&WEBライターの滝田です。


「ホームページを自分たちで更新しようと思っても、なかなか手が回らなくて、、、」

社外でこういった声をよく耳にします。


そしてその度に、わたくし滝田は心のなかで

(表情にも表れているかもしれませんが)にんまりとしていますウィンク


なぜなら、WEBサクセス&メディアリュウムは、

社内で簡単に更新できる仕組みを使って

ホームページを構築することが得意!だからです。


なので、思わず「そういうの得意ですー」と口走っていますぽっ


=====

「仕組み」を作ろうとしたときに、大切なことは何でしょうか。

ふと考えると、次のような点が見えてきます。


■現状を把握する(分析する力)

現在どのような問題を抱えているから、新たな「仕組み」が必要とされているのか。

ここを見間違えると、先には進めません。

なので、WEBサクセス&メディアリュウムの制作は、

お客様に記入いただいたヒアリングシートの分析から始まります。


■目的を理解する(理解する力)

その「仕組み」を作ることで、達成したいこととは何なのか。

あらゆる企業活動の目的は、利益を生むことだと思うので、

売上を前年対比○○%伸ばしたい、

自社で更新することで外部への委託費を削減したい、

もしくは社員の負担を減らして効率よく仕事を進めたい、など

一歩突っ込んで考えてみるとよいのかもしれません。


■最適な「仕組み」を選ぶ(コーディネートする力)

どのような「仕組み」を採用すれば、最大限の効果が得られ、

目標を達成できるのか考えて、提案できます。

どれだけコストをかけられるか、

更新のためにどのような体制を取れるのかなど、

制作に付随する多くの条件があると思いますが、

そのなかで最適なものを生み出せる。

条件のなかで工夫できる。これが強いところだと思います。


御社にとって最適な「仕組み」作り、私たちにお任せください!







最終更新日  2010/04/12 01:38:14 AM



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.