2006/07/06

今どきフロッピーディスクとは(下田)

カテゴリ:ひとりごと
ふと気づくと、
仕事用のパソコンからフロッピーディスクドライブが
消えていました。

いまや、データのやり取りにフロッピーディスクを使うことは
ありませんからね。
メールに添付すれば瞬時に送れますし、
そもそも、フロッピーディスクには収まりきらない
大きなデータが多くなりました。
そういうときは、USBメモリを使ったり、CD-Rに焼いたり。

それで、新しいパソコンに切り替えるとき、
機種選定をしている人から
「フロッピーディスクドライブなんて要りませんよね?」
と問われて、気軽に「うん」と答え、
不自由なくやっておりました。

が、

1年に1回、フロッピーディスクを使う行事がありました!

厚生年金保険と健康保険の算定基礎届です。
4月~6月の給与をもとに、今後1年間の社会保険料を
決定するための届出です。

もともとは、紙で提出していたものですが、
数年前から、データを登録したフロッピーディスクで
届けることができるようになりました。
このためのソフトウェアも、社会保険庁から提供されています。
(でも、わかりにくくて、私はキライです)

私のパソコンでは、ソフトは使えるけれど、
最後の、フロッピーディスクへの書き出しができません。
仕方なく、社内のほかのパソコンを使い、
データの削除に気を使いました。

社会保険庁さま
そろそろ、インターネットでの届出にも対応してください。
よろしくお願いいたします。





TWITTER

最終更新日  2006/07/07 10:53:21 AM