3215673 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

カントリーの自宅SHOP「テディベアテラス」のゆみちゃんの日記  <毎日、一歩、一歩。>

全246件 (246件中 231-240件目)

< 1 ... 19 20 21 22 23 24 25 >

おしらせ

2005年08月25日
XML
カテゴリ:おしらせ
 なんか、台風が来てるみたいですね。
 でも今日のイーネ・イーネはご予約があります。。。

 というわけで、今から出勤。

 ちょっとお店が空きすぎててお仕事がなかった今週前半でしたので、
 ゆみちゃんの接客魂がうずうずです。
 台風も何のその。

 やっぱりいろんな方にお会いして、お話してることで
 いつもリフレッシュされてるんですね。
 今日はどんなお客様がいらしてくださるのかな、って楽しみです。

 ではいってきます。。。
  あ、5日ぶりにお化粧するよ。。。


    皆様、台風にお気をつけくださいませ。
    被害が無いことを祈ります。。。


   そうそう、帰ってきたら、日記に書きたいことがあります。
   あと、プロフィールページ更新しました♪






2005-08-24 18:37:31
人気blogランキングへ






最終更新日  2005年08月26日 04時23分36秒
コメント(2) | コメントを書く


2005年08月19日
カテゴリ:おしらせ
 夜中にこんばんは。ゆみです。(あたりまえ)

 昨日はイーネ・イーネに泊まったので、日記の更新が出来ず、
 9999番、・10000番は出たかな?
 と気になっていました。

 実は、木曜の夜中は、素敵なお客様がいらして、ゆみちゃんもマスターも上機嫌で
 朝までお話してしまったので、パソコン開けることもなく。。。

 今朝からゆみは、新宿のトールペイントセミナーに出かけたので、
 このページを確認できたのは、金曜夕方6時半くらい。
 
 ログインは出来なかったのですが、カウントを見たら、9995だったと思う。。。

 そして、ゆみが所属する別のサイトをチェック。
 日曜日からシカゴに行くという、ネットでお話してる方が、
 旅立つ前にイーネ・イーネに来て下さるとおっしゃっていたので、
 「お忙しいでしょうから、帰ってきてから、おみやげ話を持ってご来店ください。」
 と、書き込みました。


  金曜日のお店は、そこはかとなく混み・・・ゆみにもお客様。
 いつもゆみが着ている、「レストローズ」という洋服屋さんのお姉さん。
 私は、ここの服のデザインも好きだけど、この仲のいいお姉さんに会いたくて、
 ここの服を買ってるんだよ、と、マスターにもよく話してる。。。
 そんな彼女が、妹さんと、その彼と、一緒にまた来てくれました。

 定番の、タコブロと豚角、を、「やっぱりオイシーイ、最高!」と喜んでくれました。
  あ、タコとブロッコリーのプロバンス風、と、豚の角煮白ワイン仕込み、です。

  奥の個室でゆったりとしていただけてる間、フロアは満席。
 常連の熟年カップルもお断りしなければいけないくらいの、金曜日の喧騒。

  一段落して、今お店で一番の常連さんの彼と、ちょっと深刻に語り合ってたゆみさん。
  あ、もう時間だ、と思って支度してると、男性の若者お一人でご来店。

 おしぼりを出すか出さないか位のタイミングで、「あ、ゆみさんですか?」って・・・
 えっと思う間もなく、「GATTOです。」って。
 「あー、きてくれたんですねー!!」と、思わず大声を出してしまいました。
 ほんとにシカゴに行く前に来てくださったのでした。
 GATTOさんは、27歳の好青年でした。
  
 そしたらそのGATTOさん、いきなり・・・
 「あ、ゆみさん、僕9998番だったんです。」と自己申告。
 見て下さっていたんですね。
 「えーそうだったんですか?じゃあもう10000番は越してるんですね・・・」
 とゆみが言うと、「じゃあ見てみましょう。」と、ノートパソコン。
 そこで二人で覗いて見ると・・・
 もうカウントは10006番でした。

 「ワア、どなただろう。」とワクワクしたけれど、それは帰ってからのお楽しみ、ということで、
 わざわざ来てくださった9998番の彼にも、スパークリングワインボトルをお出ししました。
 だってお一人で、エビとホタテのアボカドクリーム
            豚の角煮白ワイン仕込み
            ドライトマトのガーリックご飯、を、お召し上がりいただいたから。

 ゆみが家に帰ってきたら、「今ムール貝食べてます。美味しいです。」と書き込みが・・・
 実はゆみは、GATTOさんを置いて、お先に失礼したのですが、
 その後もまだ注文してくださったのですね。

 日曜から海外、というあわただしい時に、わざわざご来店いただいて、
 ありがとうございました。
 思いがけず9998番もわかって、嬉しかったです。


   皆様も、もしイーネ・イーネに来て下さったら、「ゆみちゃんですか?」と
   おっしゃってくださいね。
   もちろん初対面の方に限りますが。。。
   ハウスワインをグラス一杯プレゼントいたします。。。


  さてさて、では・・・9999番、10000番はどなたに?

 今回は・・・9999番の方がわかりました。

  アクアさんという、いつも日記を読んでくださる方でした。(よかった!)

   おめでとうございます!!
  
  9999番の記念に、スパークリングワインを差し上げます!!(一方的ですが)

   東京都の方のようなので、出来ればお店にすぐにでも、
   いらしてくださいませ。

   アクアさんはゆみの日記を、おすすめ新着、にしてくださってるので、
   そのお礼もさせてほしいなあと思います。


   10000番の方・・・またわからないのですよ。残念。
   今からでも、自己申告は受け付けます。。。

   どなたか、10000番です、って名乗りをあげてくれたらいいのに、と思います。。。

    でも、ついに10000番かあ。。。

   本当に多くの方々が、ゆみのつたない日記のページを読んでくださったということですよね。
    嬉しいです♪

   これからも私は、ここで書くことによって、いろいろ考えたいし、
   自分の心を吐き出すことで、自分が一歩一歩成長していく、ということを
   大事にしていきたいと思う。

   そして、ゆみちゃんは悩んでいるんだけど、いつも前向きで、
   だからここを読むと元気になる。。。
   と嬉しいことをおっしゃって下さる方たちと一緒に、
   一生懸命このページを作っていきたい。。。そう思います。

      大人なはずなのに、まだまだもがいてる、そんなゆみをこれからも、
      どうか見守ってくださいませ。

            よろしくお願いします。

  
             10000番突破、2005.8.19真夜中。
   






最終更新日  2005年08月20日 11時23分16秒
コメント(2) | コメントを書く
2005年08月18日
カテゴリ:おしらせ
 今18日夜7時半。これから恵比寿に行きます。。。

電話の向こうから、お店の喧騒と、早口になったマスターの声。。。
お盆明けでがらがら・・・と思ったお店は忙しくなってきたようです。

  ゆみさんは、明日は新宿で、朝も早くから夕方まで、ぎっちりトールペイント講習の日。

  その後、金曜日だからお仕事なので、帰るのは、もう日付が20日になってからですね。

  お店でログインできたらさせていただきます。


    9999・10000番♪

          楽しみにしています。。。    ゆみ

          あ、たまには、コメントを、入れてくださると嬉しいです。。。






最終更新日  2005年08月18日 19時32分35秒
コメント(2) | コメントを書く
2005年08月17日
カテゴリ:おしらせ
 
  いよいよです♪♪
  
  9999アクセス・10000アクセス!!!

  150以上の日記を書きました。まだ150日はたっていないけど。

  長いのも、短いのも・・・いえいえほとんどが長いヤツ。。。

    どれもゆみの足あとです。。。

  あんまり素直に書きすぎて、身内や友人には心配をかけてますが。。。

  書きたいことがなくならないゆみ。。。

   
   長いとお叱りを受けながらも、詩のようだからスラスラ読める、
   なんて、お褒めの言葉をいただくと、調子に乗るゆみ。

   でも、なるべく短いのを心がけるからね。

    最近始まった「ゆみのつぶやき」は・・・
     勝手な呟きではありません。ちゃんと一つのことを追うから。
     いつか、そのカテゴリだけを、抜き出してみれば、
     ストーリー性を持ってると思う。
     でも、その展開はゆみにもまだわからない。ワクワクドキドキ。。。
     進行形だから、本文でそれを、明らかにするつもりはない。
     もう一つのゆみの大切な物語だから。。。
    

   さて、キリ番プレゼントはビッグに・・・!!

     9999番と、10000番の方、両方に、

     現在イーネ・イーネでフェアになっている、「スパークリングワインのミニボトル♪」
      を、差し上げようと思います♪


   是非是非・・・ご自分のカウントをご確認ください。

   自己申告でお願いいたします。。。

      楽しみです。
                      ☆ ゆみ ☆ 8月18日深夜3時。






最終更新日  2005年08月18日 02時59分39秒
コメント(2) | コメントを書く
2005年07月27日
カテゴリ:おしらせ
 おはようございます。
ゆみの「占いより自分を信じて。。。」っていう二つの日記に、
ご反響ありがとうございました。

 もう大丈夫、と強がるより、いろいろあるだろうけど、
 もう歩き出してるよ、と伝えたいです。。。


マスターから緊急連絡。
占いのご予約が出来る時間、が空いたから、ゆみちゃん誰かいませんか?

お店のマスターの日記でも、告知していたので、ちょっとコピーしました。
皆さんもいかがですか


29日(金)
「よく当たり、元気の出る占い師」の愛果先生が常連のお客様のご予約でいらっしゃいます。
もし、あなたの将来を占ってみたいな、と、思われる方は、
17時半から19時半までの間、占いをしていただけます。
料金は20分3000円(超過10分毎1000円)
お店からは、ソフトドリンクまたはハウスワイン1杯サービスいたします。

ご希望の方は、弊店HPにあるお電話か、メールでご予約くださいませ。
完全予約制になっております。


 とのことです。
 
 まずは訂正。日記は全て「愛華先生」になっていましたが、実際は、
 「愛果先生」でした。
 ここに訂正してお詫び申し上げます。


  日記の中では、説明不足だったけれど。。。
 この占い、他人とのことばかり、じゃありません。
 まずは自分を知るってこと。
 それが大事。

 ゆみは自分の性格をなんか言い当てられてた気がしますよ。

  「愛を与えたい人なのよね。」とか何とか。。。

  簡単に言うと、「人に尽くして尽くしぬくタイプね。優しいのよね。
  ただ、相手もそうとは限らないってことよ。
  あなたがしてあげるみたいには、人はしてくれないってこと、
  覚えておくといいわ。」
 
 なんて、まあいろいろ厳しいことを言われていたのです。。。

  それでも自分を知るってことは、成長の第一歩だと思う。
  
 誰かに何かをはっきり言い切ってもらえることも、だんだん大人になると、なくなってくるでしょう。
 はっきり言ってもらって、すっきり解決するのも一つの方法。

 それを、どう理解するも、あとは自己責任ですから。

 勇気の一歩を出してみる価値はありますよね。

   ご予約、お待ちしてます。

   愛果先生が混んでたら、ゆみちゃんとお話していません?
   ゆみなら、いつでも無料だワン。。。。






最終更新日  2005年07月27日 08時01分36秒
コメント(0) | コメントを書く
2005年07月22日
カテゴリ:おしらせ
 朝起きると携帯が緑に点滅していて、
   「おはよう」のメッセージ。
    今日も朝から暑いね。
    今電車の中だよ。
    いってきまーす。
   がんばってその時間に起きて「いってらしゃい。」と入れると
   「お願いだから寝てて。無理すると体壊すよ。」と怒られた。。。
   一日一回元気でいることが確認できたらそれでいいからと。
   
    そんな束の間の幸せ。今は光らない携帯。。。



おはようございます。。。
夜中から朝方に、日記を書いてることについて、ゆみと会う、あるいは関わる
ほとんどの人が心配をします。
睡眠時間が二時間無い?・・・死んじゃうよ、そんなの!って。。。
ゆみは結構もともとがそんな感じ。。。まだ一応生きてるよ。
「ゆみちゃん、歳は急にとるんだよ。」
「もうすぐガクッと来るんだよ。」と諸先輩方。

わかりました。。。
今日一日がんばったら、
明日はのんびりしてみます。
久々何も予定の無い週末は、嬉しくて。。。淋しくて。。。


昨日のゆみちゃんは、予告どおり、お約束どおり、ランチDEデート!してまいりました。
マークシティの「御蔵」。
マークシティは、時々一人でふらふらと、アフタヌーンティーを見て、ティールームに
いるときがあります。
4Fは「みみう」には行ったことあるんですけど、
その奥に御蔵が隠れてることを知らなくて、行ったり来たり。
「予約した○ですけど」と言うと、お座敷にもうお二人が。。。
大先輩をお待たせしてごめんなさい。

大先輩を前に、ゆみといつも可愛い先輩が、並びます。
なんと、同じ6月10日生まれの先輩なんです。ふたご座もペガサスも一緒。
二人の違いは、血液型かな。ゆみの「愛すべき先輩」(byマスター)です。

籠に入った前菜をお姉さんが説明してくれます。ゆみ、お客さんなんだ、とちょっと感激。
あーやっぱりお料理の説明は嬉しいものだわ、などと仕事根性が抜けないゆみちゃん。

ふと気がつくと、ゆみばっかり喋ってる。
優しいお二人が、それで?ゆみちゃん、と言う目をして、ご自分たちの話題はなさらないから、
必然的にゆみがしゃべる。。。

「いいんだよ。今日はゆみちゃんの話を聞く会なんだから。」と大先輩。
「え?そうなの?」
「今日は、”二人でゆみちゃんを励ましましょうの会”をしましょうって、この人が。。。」
「えー?そうなんですかあ。。。」

 知らなかった。
私は、「ねえ今度ね、先輩とランチをしようってお話しがあるんだけど、
よかったら、ゆみちゃんも来ない?
三人のほうがきっと楽しいし。」とお誘いを受けた。(はず)
 だから、ゆみの予定を優先してくれたんだ。
 だから、ゆみがいいほうのお店を聞いてくれたんだ。
 あーそれで予約までしてくれてたんだ。
   ちょっとじんわり。。。(泣)

そういうのが気配りって言うんだろうな。
人に負担をかけないさりげない心遣い。見習いたいものです。
 なのに遅れて登場なんて、申し訳ないゆみちゃん。
 実は、お二人に食べていただこうと、お菓子を焼いていたのでした。
 あ、それより、早く。。。でしたね。
 お手紙つけてる場合じゃなかった。

「だからね。ゆみちゃんの話を聞くよ。」と大先輩。
なんか不思議ですね。
出会いはもう二昔(!)も前なんだ。
女子大に入って、初めての選択は、サークル決めでした。
たいていの学生は、TかKかWの大学を見に行く。(ゆみもつき合わされた。)
でもゆみたちの高校から行った仲間は、KENTスポーツクラブに入るのだともう秋から決まっていた。(らしい。)
それがなんだかわからなかったのだけど、その子たちが言うには、
「ゆみちゃん。すっごく親切で可愛い先輩がいるの。絶対一緒に入ろうね。」
「あ、うん。。。」

「可愛いってさあ、それってK大の男の先輩じゃないの?」と思ったら、
「違うの。よその女子大の先輩。最高可愛いからゆみちゃんも絶対気に入る。」って。。。
なんと私たちはその不純な(?)動機で、訳もわからずいつの間にかK大のサークルに入ることになった。
  それが今の「愛すべき先輩」なのです。

ゆみちゃんほど筆まめな人は見たことが無い、とみんな言うけど、
以来ずうっと年賀状を送り続けて、ここまで来た。
二年半前、ゆみが進出することになった恵比寿に、彼女が住んでいたのです。。。
「近くに、大学時代の先輩が住んでるんだ。」とゆみはマスターに言ってました。
それから半年位してからだったのかな。
犬を抱っこして、先輩がイーネ・イーネに遊びに来ました。。。

ユーミ・ユーミのときは、すごく心配して、初日が開く前に来てくれてた。
そして「オーナーゆみさん、やり遂げました。皆さん拍手を。。。」とヨンさまが言ってくれた最終日にも、その笑顔がありました。
本当はお手伝いしてくださるつもりだったんですよね。
必要ないと言ったら、お客さんとして、「大先輩」と来てくれました。

あ、いつも呼び出されて、申し訳ないです。大先輩。。。
ゆみが初めてビアホールに連れてってもらったのは、この大先輩に、だったんでした。
当然ジュースでしょ、と思ったら、目の前に顔が入りそうなでっかいジョッキ。
「あ、飲めなかったら飲んであげるからね。」って。。。
不思議でした。あんなに大量の水分がどんどんおなかに流し込まれていくのは。
2センチくらいでゆみはギブアップでしたっけ。

当時誰でも憧れる会社に内定が決まったと、三年生の先輩たちにノウハウを伝授していました。
ゆみは、その、ノウハウを熱心に聞き入っている三年生のほうに憧れていて、
隣に座れてただ嬉しかった。
大先輩が陽気にお話しする間、「はい、ゆみちゃんたちはこれ。」と、
ポテトをあてがわれていたっけ。

不思議です。。。
その人が今、ゆみちゃんの話を聞く会、って言って、目の前に座ってる。。。
人生なんてこの先どんな時間が流れるのかわからないものなんですね。


と言うわけでとにかく話す。。。話せないことはいっぱいあるけど。。。
 ゆみちゃんは、話してて良いよって言われたら、話し続けられる人なんだ。
 その逆のほうが辛いかも、っていうくらいですから。
なので2時間はあっという間。

会社に戻らなくっちゃ。って。。。えっそうなんだ。
そうですよね。平日ですもの。
わざわざお越しいただきありがとうございました。

「ゆみちゃんは癒し系」と言っていただきましたが、
いえいえ、「大先輩」と「愛すべき先輩」が、癒し系なのです。
すっかり心癒されました。。。

本当にありがとうございました。。。嬉しかったです。ほんとに。。。

通り過ぎてきたことですけど、思い返して、
今ここにいることは間違いではないんだと認識しました。
だから、また次の思いがあったんだし。。。ね。


夜中帰ったら、先輩からメール。
「ゆみちゃんはすごく幸せなのだから、あえて悲劇のヒロインになろうとすること無いと思うよ。」
 うーん、そうなんですよね。
 そうなんだけど。。。人の想いって不思議ですね。
 でもゆみの教訓にします。。。

大先輩の含みある(?)大人のコメントは、ゆみはまだまだ考えていくね。
たぶん、まだまだ道に迷ってく途中だから。
この未熟者を見守っていてください。。。


  今ゆみは、想いの「交差点」にいると思うんです。


「私たちの知ってる無邪気な女の子のゆみちゃんと、日記に書かれる内面が
余りにも違い過ぎてびっくりする。」と言うお二人。

  そうかなあ。
 ゆみにはわからない。
 ずっとこんなゆみと付き合ってるんです。。。

 まだまだがんばらないといけない。
 だからこれからもどうかよろしくお願いいたします。。。

 ありがとうございました。。。
 嬉しかったです。。。(*^_^*)



  






最終更新日  2005年07月22日 10時15分51秒
コメント(2) | コメントを書く
2005年07月20日
カテゴリ:おしらせ
  夕べ1時40分ごろ、7777番♪の方がいらっしゃいました。

  それから私はまた長い日記を書いて、3時過ぎに投稿したのですけど、
  たぶん眠くてクリックし損ねたのか、消えてなくなってしまいました。

  きっと、あまりにも思いのたけを書きすぎたから、どこかで誰かがセーブしたのかもしれません。

  泣いたけど、それは誰かに傷つけられたわけじゃなく、
  自分の中で区切りかなと思ったら、泣けてきただけ。。。
  ご心配かけましたが、誰のせいでもない、ゆみの中のひとつの夜が過ぎただけ。


    7777番が、素敵な方でした♪

  私がいつも日記を見せていただいてる、尊敬すべき女将さん。
  いつかゆみも、イーネ・イーネの女将さんになって、いい味出したいなと思いますが、
  なかなか遠い道のりです。。。。


   今もう、出かけてしまうので、帰ってきたらまた日記書きます。

   今日、髪の毛切るんだ。

  
   たくさんの人が、支えてくれてます。
   メールありがとうございます。

   少しずつ大人になっていきます。
   引き続き見守っていていただけたら、こんなに嬉しいことはないです。

     今週水・木・金はイーネ・イーネでお会いできます。。。
     では、いってきます。
      皆様もよい一日でありますように。。。






最終更新日  2005年07月20日 12時43分18秒
コメント(2) | コメントを書く
2005年07月11日
カテゴリ:おしらせ
 そばにいても、人と人とが、心を通わせるのは難しい。
 人間は、100人いれば100通りの考え方があって、違って当然だと人は言う。
 同じ人間がいたら、そのほうが気持ち悪い、と言う人がいる。

 人と人とが親しくなるとき、私は相手の中に、どこか共通項を探す。
 自分の中でそれが見つかると安心して向かえる気がするのだ。

   出逢いにおいて、強烈にそれを感じたことがかつてあった。

   自分が感じたのと同じ思いを、相手が同時に感じていた。

   それが何なのか疑問に思っているときに、相手から明確な答えが出されてきた。


   「 人間が、自分を形成しようとしていく段階で、得られた母校の校風は、
     私たちの中に、深く息づいているのです。
     人が人と知り合っていくときに感じる不安や恐れが、全く感じられず、
     まるで自分を知っていくかのように、お互いを知り得たのは、
     私とあなたは、土の奥底、根っこが繋がっているからなのです。
     共通の根っこを持っているからなのです。。。 」


   人が聞いたら、狐につままれたように思うか、後から聞けば、ただの口説き文句である
   と思うだろう。

   でも私は、それを言っている人と同じことを同時に考えて、先に言葉にしてくれた人に、
   違和感は全く感じなかった。

   運命だ、出逢いだと、私と相手は、共に高揚し、道をどんどん開いていった。

   その後に、強い絆ゆえの葛藤や、しがらみや、わがままや、憎しみや、
   究極の喜怒哀楽をすべて経験していくことになった今も。。。
   いや、今だからこそ、
   余計、運命という言葉を使わないと、片付けられない状況になっている。。。

   なぜそこまでぶつかり合うのか、なぜそこまで関わりあうのか、
   なぜ懲りないのか・・・
   誰にも理解されない嵐の中、「根っこが繋がっているから」と言う答え以上には
   正解は無かったと思う。

   未だ時に生じる迷いを、何がかき消しているのかは、もはやお互いもわからない。。。

   ただ今は、お互いの嵐を巻き起こす意味も失って、「凪」の状態を保とうとしている。
   
   なにかを発することを止めたお互いは、凪の中にいる。。。

   嵐の予感は今はないが、嵐がまた訪れるであろうことは、覚悟しているお互いだと思う。


   根っこが繋がっているのだと、言い合って手を取り合った自分たちを、
   汚したくない想いが共通なのかもしれない。

   選び取った道が、間違いだと思いたくなくて、茨の中をも進んでいくのは
   母校で培ったプライドなのかもしれない。。。


  。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。



     そんな中、イギリスからメールが届く。

     ああ、イギリスだったんだ、と改めて思う。

 「ゆみさん、こちらはテロのあった場所から、車で10分離れていたので、
  何事も無く無事です。ご心配なく。。。」

     ご心配なく、と言われて、急にに身が凍る。
     車で10分。
     それは、充分徒歩圏内ではないだろうか。
     もしも・・・

     そんな危険と隣り合わせの中、使命を果たしている、「恩師」を想う。。。

    
  「ご無事で何よりです・・・」とメールを返す。


     人は、いつもそんな命の危険にさらされているというのか。。。

     だとしたら、私が悩んで迷っていることはなんとちっぽけなことなんだろう。

     進もうとも、立ち止まろうとも、私たちは生かされている。

     それが一瞬にして消えてしまう運命になるかなんて、誰も予想しない。

     このままずっと道が続くと信じてるからこその、今の葛藤なのだから。


     「先生無事でよかった。。。」声に出していってみる私の目に飛び込んできたのは、

      「7月6日の読売新聞に載りました。」の一文。

      早速、新聞の中、記事を探す。

     あ、これだ。。。

       懐かしい笑顔が、大きな写真で載っていた。。。

     富澤、の文字は、かなり大きい。

       「読売教育賞、最優秀賞」   !!!

   ☆第54回読売教育賞の受賞者が決まり、23区からは、国語教育部門で
    東京学芸大附属大泉中学校前教諭で、文部省海外子女教育指導員(欧州統括)の
    富澤敏彦さん(59)が、最優秀賞に選ばれた。「書写教育に貢献」。


      そうか、富澤先生は、とうとうやり遂げられたたんだ。

      その功績は、今輝かしい栄誉を得られたんだ。

      熱血という言葉が当てはまるくらい熱心に書道や漢字を指導してくれた先生、
      その課題の多さに私たちは泣いた。

      「あの頃は、多くの課題をやらせすぎましたね。」
      二十年を経て先生は穏やかに笑っていらっしゃいました。


。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。


  そう、二年前の二月だった。


  中学の富澤先生が、イギリスへ帰国子女教育のために行かれるから、
  お別れの会がしたいとおっしゃってるらしい、
  と連絡が入った。

  付属中に赴任して、初めての教え子である私たちに会ってから出発したいと。

  そういうときにはなぜかゆみちゃん。いつもゆみちゃん。何でもゆみちゃん。
  と決まっていた。
  でも私は喜んで引き受けた。。。。先生は、中2、中3の担任で私は国語大好き少女したから。


     思えば私の一生は、ここで何もかも決まったんです。富澤先生。

     ここが、今の私の、喜び、幸せ、悩み、葛藤、涙、やりがい、希望・・・
     すべての始まりだったのです。


   先生は、ご自宅の高田馬場よりも新宿寄りでやりたいとおっしゃったと聞きました。
   私は、適当なお店を知りませんでした。
   そこで、頼りになりそうな、同級生のO君にお店探しを任せました。

   「あのさ、中学のHPにさ、俺たちの先輩って人がさ、
    恵比寿に店出したって広告出してんのよ。
    ワインカフェだって言ってるから、良さそうじゃん。」と電話が来ました。

   「あたし、恵比寿なんて、ガーデンプレイスしか行ったことないから任せる。。。。」

   数日後、「あのさあ、店に電話したらさ、オーナーの白井先輩って人が、親切に、
    相談乗ってくれたから、決めたよ。
    でさ、俺、明日から韓国出張だから、あとお前頼むわ。
    HPよく見てさ、あと全部決めといて。大丈夫、白井先輩優しそうだから。。。」

    そうです。O君、あなたも私の運命を決めた一人。。。

   イギリスに向かわれる、富澤先生と、
   韓国に行っちゃったO君が・・・
 
   今の私を、いーねさんとこのゆみちゃんを導いてくださった(?)わけです。

     その日、忘れもしない2003年1月31日・・・ゆみはメールをいたしました。

    「ワインカフェ「イーネ・イーネ」オーナー白井さま。

    31期卒業生の○○裕実と申します。。。このたびは。。。」


    そこであまりにも親切すぎたマスターと、あまりにも頑張り屋だったゆみちゃんの、
    物語は幕を開けてしまっていたのです。


     2003年2月15日 
     この日、43人をぎっしり詰め込んでイーネ・イーネで
     「恩師、富澤先生をイギリスに送る会」が行われ、
     乾杯にさえジュースしか飲めなかったゆみちゃんが、幹事をさせていただき。。。

     2003年3月15日
     この日、ゆみちゃんは、イーネ・イーネのトータルコーディネータ-として契約、
     という紙切れにはんこを押し、
     その日の夜にはもう、貸切パーティーのマダムになってワインをついでいたのでした。。。


     それから、私が一途にこの道を歩む間に、
     富澤先生は、使命以上の大功績を果たし、日々輝いて、
     このたびの受賞を迎えられたのでしょう。

     この二年半、たゆむこと無い努力を続けていらっしゃったこと、
     教え子として、また、あの日、送り出させていただいたものとして、
     誇りに思います。


    遅くなりましたが、改めて、「教育賞ご受賞おめでとうございます。」

    心よりお祝い申し上げます。


   私のほうは、迷い道ばかりで、まだまだ功績が出せていませんが、
   あの日、信じた道を進むことが、今の使命だと思っています。

   私の功績をたたえる小さなエピソードは、たぶんお客様が下さるのでしょう。
   それをここで、少しずつ発表できたらいいと思っております。


     この日記をお祝いの心として、贈らせていただきます。

     ますます輝く、私たちの誇りでいてください。






最終更新日  2005年07月12日 04時58分54秒
コメント(0) | コメントを書く
2005年07月06日
カテゴリ:おしらせ
ゆみちゃんの日記。
開設してから、100日が過ぎました。
いつの間にか。。。ですよね。

毎日、一歩一歩。(100) ( yumiyumi39 さん) 2005年03月29日
どんな小さな一歩でもいい。踏み出すことを怖がらないでいたいね。
勇気を出して、毎日一歩一歩進めますように。

自分でテーマを決めて、投稿し始めた日記。
「毎日一歩一歩の日記」も、とうとう100個!!(*^^)v

ゆみの足あと、100歩出来た?

一歩も歩けない日もあったと思う。
でも立ち止まる日も、じりじり下がる日も、後ろ向きに歩いたことは無かったよ。
・・・ちょっとは進んで来れたはず。

いろんな人の導きで、ゆみは進んで来れたんだと思う。
支えてくださった皆様に、心からの感謝です。

まだまだ一人じゃ無理なんだと思う。
どうか見守っていてください。
どうか離れては行かないでください。

ずっと頑張るから。。。


アクセスも、もうすぐ7000です♪

日記を更新した日は、今でも100を超えますが、
おさぼりした昨日は40以下でした。

やっぱり毎日書かなくちゃね。

日々の思いを綴ることで、ゆみは少しずつ成長できるのでしょう。
そして思いを綴っていくこの場所で、新しい出逢いもありました。
ありがとうございます。

これからもよろしくお願いします。

想いを伝えたい。。。今も、これからも、ずっと・・・


 7000番の方は是非教えてくださいね。
7777番の方もね。
 あと、7月7日の77番の方は、こちらでわかりましたら、お知らせします。

  ささやかなプレゼント、差し上げます。

 ゆみ








最終更新日  2005年07月07日 04時09分03秒
コメント(0) | コメントを書く
2005年06月14日
カテゴリ:おしらせ
夕べね、お店の常連さんのご夫婦がね、予告どおり(?)
「ゆみちゃん、お誕生日おめでとう!」って、花束を持って
来てくださいました。
お誕生日はもう終わったと思ってたから、すごく嬉しかったな。

オレンジ系のソフトな感じの花束は、白桃色のバラと、
私の好きなガーベラと、白いトルコ桔梗などで、
とてもゆみちゃん好みなブーケでした。

お店の人として、お客様からプレゼントをいただけるようになった
今年、なんだか照れます。
でも皆様、私が喜ぶものをよーくご存知で、嬉しい♪
これも日ごろ、ゆみちゃん色を全面に出し切って、素顔でお店に居るからかな、と思ったり。。。

こうやって、ご常連の方の暖かいお心遣いに励まされ、マスターとゆみちゃんは頑張ってこれたんだと思う。今までも、これからもずっと。。。

リースリングフェアのワイン全アイテムと、スペシャルコースをご注文くださり、
フェア第一号のお客様となってくださいました。ありがとうございます!


 さてさて、そうして5555番はいかに。。。
夕べ、帰ってきて、ドキドキにパソコンつけたら、なんと5552番!

あー間に合った。これは劇的な瞬間に会えるわ、と思っていたのですが、
何せもう1時半過ぎ、カウント全然上がりません。
他の方々の日記をあちこち読ませていただきながら・・・
あ、うっかり自分のページ開いちゃった。5553番、自分でとってしまいました。1時50分。

それからね、ずっと待っていたのですよ。寝ないで。
そしたらね、3時過ぎにやっとお一人。5554番。
この方は、私がいつも読ませていただいてる方だったので、ああ惜しかったなあ、と思いつつ。。。
ゆみちゃん不覚にも寝てしまいました。

朝、あ、と思ってみたら、もう6時20分、カウントは5559番でした。
それで、どなたが。。。。?
と思ってたどってみたら・・・ああ、またお名前のわからない方だったのです。

  どこかにご記入はないのかな。と思ったんだけど・・・残念です。
  お心当たりの方はいませんか?


でもでも、無事に5560番を過ぎ、皆様には本当にいつも感謝しております。
今まで書いた日記、開設80日で、90件を超えました。

もしもみんな読んでくださった方がいらっしゃったら、本当にありがとうございます。
書き込みや、メールも、いつもとても嬉しく読ませていただいています。
これからも私はきっと、自分と葛藤しつつ、でも日記だけはずっと続けていく所存です。

   こんなゆみですが、どうかよろしくお願いいたします。






最終更新日  2005年06月14日 12時12分30秒
コメント(0) | コメントを書く

全246件 (246件中 231-240件目)

< 1 ... 19 20 21 22 23 24 25 >

PR

X

© Rakuten Group, Inc.