000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

カントリーの自宅SHOP「テディベアテラス」のゆみちゃんの日記  <毎日、一歩、一歩。>

全113件 (113件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 12 >

ゆみの一歩一歩<自分に向き合う>

2020年06月10日
XML
6月10日。お誕生日を迎えました。
今年も無事、一つ大人になれたことを、ありがたいことと思います。

この状況においては、毎年のように、誰かと一緒にお祝いする、ということもできず
寂しいお誕生日かと思いましたが…思いがけず例年より多いのではないかと
思われる人数の方に、お祝いのメッセージをいただき、感謝しております。

FBに載せた、お礼の画像です。FBやLINEがあることで、当たり前のように
メッセージが届くのは、本当に嬉しいことでした。




あらためまして、ありがとうございました。

今年、家族以外と会えていない状況の中で迎えた誕生日は、
例年の、「誕生日祝い」が次々と思いだされ、いったい毎年、何回
誕生日を祝ってもらってるんだろうと思いました。
誕生日にかこつけて、というお食事会ではありますが、それでも、
ゆみちゃんが誕生日だからと、時間を割いてくれること、
「乾杯!」「おめでとう!」と祝ってもらうことを、
あっちの友達、こっちの友達、この会、あの集まり、この人あの人、と
何回もやっていて、6月はほとんどそんなことをやって過ごしていました。
美味しいレストランの予約をしてもらったり、歌舞伎に連れてってもらったり、
ディズニーのホテルにお泊りして2つのパークを楽しんだり。。。

本当にありがたいことでしたが、そういうのが当たり前のように思っていて
もちろん、相手の時もそれなりにお祝いさせていただいてました。

そういう日常が、今どれも、密になるからダメだった今年は・・・
いろんなことをじっくり考える時間をもらいました。

大事なことと、大事じゃないこと。
元に戻るのを待っていても、もうずっと戻らないこともいろいろあると思います。
新しい考え方の中で、自分はどうするのか、を問われる時なんだと思います。

突っ走ってきた中で、今回もらったゆったりせざるを得ない時間は、
とても貴重なものだったと思います。これはあくまでゆみ個人の場合です。

状況は予定してたのとは違っていますが、その中でどうするかを
これからまた一歩一歩、探りながら慎重に堅実に歩こうと思っています。

同じ状況の中で、できなかったことを中心に考えるか、
出来てること、ありがたいこと、を感謝しながら、前を向くかで
これから起こることが変わってくると思います。

6月10日。
普通は「時の記念日」と言われていますが、ゆみが中学の時に先生に言われたのは
「6月10日はみるくキャラメルの日だからゆみさんにぴったりですね。」
でした。ミルクキャラメルが初めて生まれた日なんだそうです。
近年、その日を知ってる人が増えて、ゆみちゃんのイメージにぴったり!
と言ってもらえます。
昔はさ、「時の記念日に生まれたのに時間ルーズでどうするんだ!」と
言われていたのにね。

そして今年知ったのですが、6月10日は「夢の日」なんだそうです。
知らなかったよ~。なぜ夢の日かというと、叶うという字を
6と10に見立てているからなんだそう。
だから、6月10日は、夢がかなう日、ってことで夢の日なんだそうです。
テレビのニュースで見たのです。 わ~い♪

そう言えば、ですよ。納得!!
昨年の6月10日!! 
長年の憧れのYUMENIファクトリーさんの、
ドゥリムトン村に行ったじゃないですか。

また改めて書きますが、お誕生日に夢をかなえてあげよう、という思いで
お友達が一緒に行って、サプライズお誕生日会をしてくれたのです。

さらに!!とんでもない夢がかなって、YUMEMIのマリーさんに、
テディベアテラスの新しい一歩への夢を語らせてもらった夜が、
6月10日ですよ。 
それで、明日の朝、ゆみちゃんにぴったりのコテージを見せてあげるね!
と約束してもらったのが6月10日!

やっぱりだ。6月10日は夢叶う日!! なんですね~。

誕生日に、このエピソード日記が間に合いませんでしたが、
書いて追いつくので、キッチンコテージが我が家に来るまでの日記を
どうか読んでくださいませ。 

きっとみんな、イメージを膨らませて、
信じられないようなことを信じ続けていれば
夢は叶います!!


現実には無理だよな~なんて思っちゃったらそこで終わっちゃう。
バカみたいにずっと信じてればいいんです。
で、そっちじゃないほうは向かない。決めた方向にしか頑張らない。
余計なものは捨てる。そんなにたくさんの人生は歩めないのですから、
一番のことを目指したらいいんだと思います。
そのためのスキルは、一歩一歩身に着けておいてください。
そこには努力が必要です。地道な一歩一歩です。
違う方向に遊びに行ったり、今日はいいやとサボっていたら、
夢も、なんだその程度の想いか、と逃げていってしまいます。

って・・・偉そうに誰に言ってんだか、ですが…
まあ、ゆみちゃんももうかなりのおばちゃんですから、言う時は言うよ(笑)。

だってすごい人は本当にすごいんだもの。絶対手を抜かないもの。
ここまでかあ、ってあきらめないもの。
いつでも信じられないくらいがんばってる。
そういう人に巡り合えて、刺激を受けることができたからこその今です。

奇跡の夢物語が叶うんじゃなくて、日々努力してた人の夢が叶うんですね。

だからまだゆみは、努力してるかを日々試されている段階なので、
もっと謙虚にがんばっていくしかない状況だから、
楽しく笑顔で一歩一歩…なのです。これからさらに。

昨年のお誕生日写真はこれよ~。
どう考えても夢の様なYUMEMIドゥリムトンの夜、でした。
ここからがさらなる一歩の始まりでした。

今年こそ、もっと頑張りが試される時です。
今年の静かなお誕生日、ありがとう。よい節目でした~。

さ、ますます、がんばろっと。







日記、読んでくださってありがとうございます。
ランキングにクリックいただくと一票入ります。
励みになりますので、覗いて見てくださると嬉しいです(*^。^*)


★FC2ブログランキングは

こちらはインテリア・雑貨部門です。


★日本ブログ村のランキングは
にほんブログ村 雑貨ブログ カントリー雑貨へ
にほんブログ村
こちらはカントリー雑貨部門です。


☆ゆみのHP表紙が出来ました☆
インデックスになってます。
ここからいろいろ繋がっています。行ってみてください。
画像クリックで飛んで行けます。


http://www7b.biglobe.ne.jp/~teddybearterraceyumi/

スクリーン キャプチャ.jpg


ホームページの表紙用にテディベアテラスを描きました。
カーソルを合わせると動きます。クリックでページに飛びます。
facebookやtwitter、工事中ですがネットショップ、裕実プロフィール、
インスタグラムが3種類(お菓子、テディベアテラス、裕実作品)あります。
ここからまとめて見られるように充実させていきたいと思います。








最終更新日  2020年06月20日 02時06分23秒
コメント(0) | コメントを書く


2017年06月10日


4,5年前の、誕生日の日記が、この「ゆみちゃんの日記」の中で、
一番読まれてる日記となっています。

よく読まれてる日記、というのがスマホで表示され、またそれが目に留まり、
読んでくださる方がいるからだと思いますが、
特にものすごく思い入れがある日記というわけでもありません。

でも読み直した時に、別に困る内容でもなかったので、そのままにしてましたら
ますます、その日記が読まれてしまっています。

自分の書いた日記には責任を持とうと思ってるので、
特にものすごい違和感や、事情の変化があった時以外は、
書いた日記を削除するということはありません。

この日付は、改めて、今年の誕生日の気持ちを書けたらいいなと思います。



日付け予約という感じで、いくつも日記を投稿をしております。

内容については、あとから書き足せる仕組みになっています。






日記、読んでくださってありがとうございます。

ランキングにクリックいただくと一票入ります。
励みになりますので、覗いて見てくださると嬉しいです(*^。^*)


★FC2ブログランキングは

こちらはインテリア・雑貨部門です。


日本ブログ村のランキングは
にほんブログ村 雑貨ブログ カントリー雑貨へ
にほんブログ村




ゆみのHP表紙が出来ました。
インデックスになってます。
ここからいろいろ繋がっています。行ってみてください。

http://www7b.biglobe.ne.jp/~teddybearterraceyumi/
スクリーン キャプチャ.jpg






最終更新日  2017年07月31日 15時12分50秒
コメント(0) | コメントを書く
2016年03月31日



  
日記、読んでくださってありがとうございます。
ランキングにクリックいただくと一票入ります。
よろしくお願いします。


日本ブログ村のランキングは
にほんブログ村 雑貨ブログ カントリー雑貨へ
にほんブログ村

★FC2ブログランキングは

こちらはインテリア・雑貨部門! 


blogram投票ボタン
ブログラム登録してみました。
日記を分析されてます。


ここをクリックすると、ゆみの日記の現在の順位が出ます。
PVアクセスランキング にほんブログ村
 

  

desighed by Chee








最終更新日  2016年04月30日 14時13分21秒
コメント(0) | コメントを書く
2016年03月07日
実は高熱を出してしばらく寝ていました。
なので、今日は昔の絵を引っ張り出してきて載せときます。

これって、のんびり、のほほんとしてるでしょう。
たまにはこんな感じにならないとね、と教えてくれたような気がします。

IMG_0313-004.JPG

この絵は特に意味もなく描いたいたずら書きですが、
ちょっとポストカードにしてみたら意外と人気があってびっくり。
「かわいい」って。「癒される~」って。


何もしてない感じがいいのかも。どこかの草むらでお花と戯れてます。穏やかです。

男の子か女の子かもわからない感じで、花占いしてるわけでもなく、
ぼ~っとその場を楽しんでるんですよね。何も背負ってない感じで。
なにより、なんの欲も焦りもない感じ。まったくプレッシャーなさそうで・・・

一人だけど淋しくなさそうで、ただただ楽しそうで…。
それがとってもいい状態なのかもしれません。

そう。いつも誰かの幸せを必死に祈ってると、いつも誰かを心配し過ぎてると、
それはそれで、自分を痛めているのかもしれないなと、気づきました。

望みが叶わなかった人の分もがんばらなくちゃいけない、
自分には、健康な体や歩ける足がついているのだから、もっともっと
いろいろできるはず・・・

いつの間にかそういう考えの中で、自分は休んじゃいけないんだと決めていたから
そりゃあ、体も悲鳴を上げますよね。

ちょっといったい何年使ってる体だと思ってるの?
休んじゃいけないって決めて何年我慢してるの? って・・・スト起こしたみたい。


今回は一週間のデパート勤務も、体には堪えてたんだと思います。
約8時間は立ちっぱなし、しゃべりっぱなしだし、往復で3時間以上使ってたし。

まあ、日記にあるように、栄養はしっかり取ってたので、一週間無事やり遂げたのですが。

おひな祭りに、お菓子教室に行って、その夜ですね。
熱が出始めたのは。

熱を出したのは、数年前日本橋のデパートで倒れて帰された以来でした。
あの時も確か三日くらいは寝込んだ気がします。
(この時はデパートの疲れ、っていうより、初日勤務のお昼前に容態急変でした。)

今回は、仕事終わって休む間もなく、「さあ、展覧会の絵を描かないと。」と
自分にものすごいプレッシャーをかけちゃったので、自爆です。

一週間、よく通ったね~、よく毎日お客様に丁寧に説明できたね~、
がんばったからいったん休もうね、 なんて言ってあげられたらよかったのにね。

さあ、いよいよこっちが本業ですからね、休んでる暇なんか一秒もないですよ。
くらいに、発破をかけようとしてしまった…。失敗。


ひな祭りの夜に熱はぐんぐん上がり、あっという間に39度を越したので
寝てるしかなく・・・ でも翌日は、ロールケーキの写真を撮って、家族におやつに
出したりしてました。(さすがに自分は食べないけど。)

別に気持ち悪いとか、頭が痛いとかでもなく、38度に下がったので
そこでお風呂に入ってしまった… ら、当然また39度以上に…。

あ、一晩偶然の熱ってわけじゃなくて、これはしばらく寝てる感じのか~。
と、そこでやっと自覚します。とにかくよく眠れて・・・。


まだ日記に載せてないけど、iphone6Sに買い換えていて、そこで万歩計の
アプリのマイメロのをダウンロードしてました。

仕事の時は、一週間、8000歩から9000歩だったのに、
3月4日から7日まで4日間、0歩です。
iphone置きっぱなしですもの。


とにかく寝ても寝ても眠い…。よっぽど疲れていたんですね。
最初は昼間寝ても夜中も寝れるくらいで、後半は昼間寝たから夜は眠くないので
パソコン開けて、日記も書けました。


2月は、お菓子作りばかりしてたな~。お菓子の写真しかない!
なので、この休み期間中に、2月5,6,7の出張ゆみカフェの時のお菓子作りを
日記にしました。

TOPから見ると、書いたことがわからなかった方も多いと思いますので、
INDEXつけてご紹介します。

書ききれなかった分は、2月は「カウプレのお菓子作り」もしてたので、
そっちの日記も書いていきますね。

おかげさまでカウプレ、無事、皆様にお菓子をお送りすることができました。

日記にも書いていただけました。なのでまたご紹介しますね。



まずは、今回の熱のお休み期間中に書いた、お菓子作りの日記。

★出張ゆみカフェのお菓子たち。その1・・・
記念のオリジナルアイシングクッキーをたくさん作りました。行程をご紹介。


018.JPG


★出張ゆみカフェのお菓子たち。その2・・・
個性的な味で両方それぞれファンの多い、ココナッツサブレ、チーズサブレのできるまで。


066.JPG


★出張ゆみカフェのお菓子たち。その3・・・
KumaKumaクッキー、いろんなクマさん出来ました&市松クッキー・紅茶サブレ。


052.JPG

025.JPG


★出張ゆみカフェのお菓子たち。その4・・・
ワークショップには濃厚クーベルチュールのガトーショコラとじっくり時間をかけて焼く
スフレチーズケーキのティーセット。


ゆみカフェお菓子作り1.jpg


ゆみカフェのお菓子づくり日記はここまで。

2月は、出張ゆみカフェの後、テディベアテラスで、そのあとカウプレのお菓子を作って
全部送り終わってから、デパートでした。

お菓子作りで終わった・・・と思ったらまた目前にテディベアテラス。

すっかりお菓子屋さんです。好きでやってることですが・・・。

それで絵が描けてないことが、自分の中で焦りとなって・・・
ちゃんと一方ではがんばってた自分がいたのに、お絵描きできてないことで自分を
責めてもいた気がします。


お絵描きだけしてる人は、どんどん作品が出来て当たり前。
自分がそうしないで、お菓子作りをしてたんだから、描けてなくて当たり前。

でもいいじゃないの。って思うことにしました。

なんでお菓子を作るかって言ったら、人を幸せな気持ちにしたいから。
だから、絵を描くことと同じくらい大切。そう思うことにしましょ。

実際、とってもおいしくて、幸せな気持ちになった、っていう声がいっぱい届く。
だから嬉しくて、ますます作りたくなる。それはとってもいい流れなのだから。

絵はきっと… 体調がよくなったら、突然また何か降りてくると思う。
熱にうなされ、あれこれ考えて描くようなものじゃないですものね。

今度は楽しいものを描こう。誰もが見て、微笑んでしまうような絵がいいな、と
思っています。
夢いっぱいの世界を描くには、のんびり夢を見る、そんな自分でいないと。


あんまり自分にプレッシャーをかけないことにします。
いっぱい休ませてあげていいんだと思うことにします。

誰かが、お前はどこも体が悪くないのだからいっぱい働け、と言ってるわけではない。
逆に、みんな、がんばりすぎなんだよ~、と思っててくれたみたい。

そうならないための、「毎日、一歩一歩」なんでした。
どんどん歩け、なんて誰も言ってなかった…ね。

みんな、一人一人が、自分の運命を受け入れて、その中で自分のできることを
がんばっていこうとしています。

誰かの分まで頑張ろうなんて考えから、早く抜け出した方がいいね。
高い熱が出て、そんなことを今更教えてもらいました。

すごいことなんにも出来てなくても、くたびれないで笑っててくれた方がいいよ。
きっとそう思ってるね。長持ちしたほうがいいもんね。


おかげさまで、やせた?と思ったのもつかの間、また食べ始めています。
すっかり活動はじめています。ご心配、ありがとうございました。

春になってきましたね~。

  
日記、読んでくださってありがとうございます。
ランキングにクリックいただくと一票入ります。
よろしくお願いします。


日本ブログ村のランキングは
にほんブログ村 雑貨ブログ カントリー雑貨へ
にほんブログ村

FC2ブログランキングは
c_02.gif
こちらはインテリア・雑貨部門! 


blogram投票ボタン
ブログラム登録してみました。
日記を分析されてます。


ここをクリックすると、ゆみの日記の現在の順位が出ます。
PVアクセスランキング にほんブログ村
 

  

desighed by Chee








最終更新日  2016年03月10日 02時30分58秒
コメント(4) | コメントを書く
2016年01月06日

今年は4日になって初めて外出しました。
例年は、元旦から混雑のデパートに福袋買いに行ったりしてたのですが、
今年は大晦日の夜までその雑踏の中に居たので、もう人混みはうんざり・・・
実は、体中が筋肉痛のような謎のカチカチ状態でした。
というわけでお家正月。(クリスマスツリー片付けつつ)

4日にPinoのお散歩がてら、今年初めて行った場所はお花屋さん。
商店街にあるお花屋さんは、ゆみが子供の頃からお世話になっています。
ピアノやバレエの発表会にはここでお花をアレンジしてもらいました。
が、ここ数年はお祝いのお花よりお悔やみのお花が多いかも。

父が亡くなった時も、家族葬だったのでここでアレンジしてもらったお花で飾りました。

そんな中、今年の最初のお買いものは、親友のお母さんを送る花でした。
白いユリが好きだと聞いていたので、ユリを中心に白いトルコ桔梗や、少しは色もと
薄紫の蘭や黄色いお花も入れてもらい、籠仕立てにしてお届けしてもらいました。

また、振り返って書くことがあるかな?自分たちがやんちゃな高校生だった頃や
若くしてした結婚式の時のママの記憶の方が鮮やかです。
そう、友達のお母様、というより、やっぱり「ママ」なんだな。
うちは途中で「ママ」が「ばあば」になったけど、彼女は最後までママと呼んでいたから。
暮れに、とうとうの悲報をもらってから、ずっと『悔いなく送って』と言い続けてきたのは
いずれ同じ経験をすることになるだろう自分への言葉だったかもしれないです。

お互い大事にしようね。親孝行しないとね。
と言い続けてきても、万年反抗期が収まらないような私たちでした。
でも彼女は覚悟を持って自宅でママを看取って、偉かったなと思います。
大変な中にも穏やかな最後だったようです。
「本当にうちのママは幸せ者だよ。」と親友が言っていたから。

夜中にラインで親友とやり取りしてました。頼まれたこともありました。
またいつかその内容を書く日があるかもしれないです。
まずは心からご冥福をお祈り申し上げます。



5日は用事があってデパートにお出かけしなくちゃならなくて、せめてもの親孝行?
お土産に甘いもの。父の写真にお供えしてからいただきました。

お出かけカフェ&お食事2016.jpg



用事だけ済ませ、外食してこなかったのでお昼替わりです。

池袋西武のこふくあんのおはぎや塩豆大福いちご大福など…。

せめてもの親孝行、ってなんなのでしょうかね。

1月からいっぱい予定を詰め込んで、4月まではもうぎっちぎちな感じだと言ったら
「一緒にお出かけするとき、無いわね。」と母。

そうだよ、無いよ~と思いつつ、「え、どこに行きたい?行けるよ、いつだって。」
と答えると、「別にどこも行かなくていい。」という母。

もっとゆみが暇そうに退屈そうにしてる娘だったら、きっとどこだってお出かけしたい
のかもしれません、母は。

さんざん親友に、「今できることをしとかないと後悔するよ。
何を置いても、今はママ優先にしなさいよ。」みたいなことを言い続けてきたのは
実は、自分に言ってるんですよ、きっと。

親友のママが明日ご葬儀という前の日、彼女は「ゆみちゃん、これからお菓子を作るよ」
というのです。会葬御礼と共に親戚に配るのだとか。

「え~?これから?大丈夫?
静かにママと過ごしなよ。ママ一人になっちゃうじゃん。
明日じゃなくて、あとからお渡しすればいいじゃん。
改めてお菓子作ります、って言えばいいだけだよ。
ママのそばに座って、語り合いなよ。」(ラインコピペ)

このアドバイスは絶対あってる、後悔はしてほしくない、と思って送ったけど、
ホントは自分を見てるようで、だからよけい強く言いました。
いつの日か自分もその日に、絶対やらかしそうな気がしたから。

親戚の人にお菓子なんて、あとからだって大丈夫なのに、でも彼女とゆみはこういう性分。
別に自分が思う程、相手は期待もしてないんだけど、言ったからにはやる、って思う。
でももう私たちは、前みたいに若くなくて、なんでもこなせるわけじゃないから。
人がどう思おうと、なんにも準備ができていなくたって、今はただママのそばで眠ればいい。
はたからはよくわかるけど、自分の時は、きっとわからないんだと思う。

翌々日夜、返事がきました。
「ゆみちゃーん、さっき起きた。
お菓子つくるの、ゆみちゃんがあそこでストップかけてくれなかったら、徹夜でつくっていて
その後具合悪くなっていたと思う。(笑)
何が大切か見誤らないということや、頑張りすぎないということは、
突っ走っているときにはわからないことがある。
助かったよ。ありがとう。」

あ~よかった。通じていた。私たちは、いい年こいて、まだまだ未熟だ。
これからも助け合って、注意し合っていこうね。
きっとゆみの時は、ゆみがおろおろして、
彼女が冷静で、的確なアドバイスをくれるんだろう。


何が親孝行なのか。どうすれば自分が後悔しないか、を考えた年末年始。

考えて、答えは知っていても、今年も思うような親孝行は、一番難しい課題です。

少し、スケジュールに余裕を持って、のんびり母と出かけよう、と去年確かに
誓ったはずなのに、また当分そんな日が来そうもないスケジュールを組んでしまいました。

「のんびり・・・間を開けて・・・」を今年のモットーとしないとダメですね。


  
日記、読んでくださってありがとうございます。
ランキングにクリックいただくと一票入ります。
よろしくお願いします。


日本ブログ村のランキングは
にほんブログ村 雑貨ブログ カントリー雑貨へ
にほんブログ村

FC2ブログランキングは
c_02.gif
こちらはインテリア・雑貨部門! 


blogram投票ボタン
ブログラム登録してみました。
日記を分析されてます。


ここをクリックすると、ゆみの日記の現在の順位が出ます。
PVアクセスランキング にほんブログ村
 

  

desighed by Chee







最終更新日  2016年01月08日 02時16分42秒
コメント(0) | コメントを書く
2015年03月05日

こんなランチをメロディさんとしてきました。清瀬のプチ・フレンチ。

清瀬ランチ&お茶カフェ.jpg


ここでは写真コラージュだけですみません。
ランチの中身のお話とそのあとの和カフェ日記は次の日記に書きます。

ちょうど、3月11日のイベントに寄附する絵の準備を始めた頃でした。
たくさんお話したかったので、忙しい中、お互いに時間を作りました。


まずは、この先に続く、復興のボランティアのお話の前に、書いておきたい
ことがあるのです。

ゆみちゃんの日記上の順番として。なぜ、復興のボランティアで絵を持って
行きたいか、というお話。

たかが人のブログを、そんなに一生懸命読んでくださってる方もいらっしゃらないかも
知れないのですが・・・

これからも震災で被害に遭った方やその地域の方に、絵を送るというボランティアを
続けていこうと今、ゆみは思っていて…

そういう気持ちになるのには、これまでの経緯があります。
いくつかの出来事があって、東北で起きた震災は、他人事では無かった。

ボランティア的なことを少しでもしたいという気持ちがわいたのは理由があります。

そのことに今回のランチは関わっているので、そこから書いておきたいのです。

そんなの聞いても仕方ないと思う方は、飛ばしてください。
(きっと長いし。)


メロディさんは、何度かゆみの日記に登場しています。
楽天日記では、うさメロさん、なんですけど、昔からここではメロディさんと呼んで
いるので、そうさせていただきます。
メロディさん、ピアノの先生です。弾き語りコンサートもやっています。
以前に、ゆみがコンサートの司会をさせていただいたことを日記に書きました。

昨年はWoodyPapaのサッカーベアをご注文いただいたことも日記に書きました。

いつからのお付き合いかな?楽天日記を始めてからです。
ってことは恵比寿イーネ・イーネに居た時ですね。
テディベアテラスに来てくれたのは「だちょう牧場」でチラシを見たから、と
言ってました。もう12年くらい前なのかもしれません。


メロディさん、陸前高田のご出身の方なんです。
あの津波で・・・お母様と親戚の方、同級生の方々を亡くされました・・・。

震災のニュースの中、リアルタイムで流される津波の映像。
メロディさんがFBで、ご自分の故郷だと書いてらっしゃって、お母様を探していて
どうかご無事で、と祈り続けながら… ニュースをずっと気にして見ていました。

メロディさんはすぐに、今できることは何かと、行動を起こされていました。
どんなにか心配だったろうと思いますが、その行動力に、本当の強さを感じました。

その中で、被災地に靴が足りないということだったので、トラックで運び入れる荷物
の中に、うちからも、ありったけの靴や防寒着を持って行ってもらいました。

あの時、私にも何かできれば・・・いったい何ができるんだろう、と考える中で、
とにかくできることをしたい、と思いました。

だから、親友が「福島にお菓子を届けたい」と言えば、お菓子を大量に作ったし、
陸前高田に靴を運んでもらったりしたのですが・・・
出来ることはほんのちょっと、という無力感をすごく感じていました。


東京も震度5で、かなり揺れましたし、家では食器が落ちて割れるなどの多少の被害が
ありましたが、それでも、東京では、他人ごとのようにしてる人もいました。
でも、メロディさんのことがあったので、ゆみにとってはそうではありませんでした。


そしてこれまで日記に書かず封印していましたが、実は一人、行方が心配な人が
いました。
日記に時々登場していた人。震災の直前に、「ゆみさん、故郷の気仙沼に帰ります」
とあいさつに来た人。
それ以来・・・今も会っていないし、連絡もありません。
行方は今もわからず、これからもわからないままでいいと思っています。

震災の時、ずっと心配して、祈り続けて、願い続けてました。
だから決して他人ごとではなかったです。今も。

日記を昔読んでくれてた方には、それってもしかして…とわかるのかな。
また改めてそのことは書きます。

まだ信じているし、吹っ切れてないし、急に帰ってくると思ってるから。

この日初めて、メロディさんにもそのことを打ち明けました。


更にもう一つ。まだ震災の前に。ずっといると思ってた人が急にいなくなる。
そんな経験をしていました。それは自然災害ではなく、「不慮の事故」。

震災が起きたのはゆみにとっては、自分ではどうにもならない別れに対し、
心がものすごく敏感になっていた時の出来事でした。
ただ悲しいとか、そういう言葉では表現できないような感情。
誰を責めることもできない別れ…。

自分の経験と、震災で大切な人を亡くされた方の思いを重ね合わせてしまった
のかもしれません。

でもまた会える・・・きっといつか会える・・・
そんな絵が生まれてきたのは、それからです。

深い思いはとても文章で表せるものではなく・・・
かといって、自分の中に閉じ込めたままでは苦しすぎて・・・

そんな時に自然と絵が描けるようになったのです。
浮かんできたというか湧いてきたというか、描いたら描けた…。

虹の絵のシリーズが最初に生まれました。

震災の時、いつもお世話になっている目白の「ギャラリーフリーウィングス」の
オーナーの山手さんが、すぐに「チャリティー展」を開いてくれて、絵の売り上げは
すべて被災地に寄附するというので、その時に出した絵が「きっと」という虹の絵。

いつの間にか、ゆみのクマ絵の象徴になりました。

10959239_764675380275055_1972786189571060438_n.jpg


その後、たくさんのクマ絵が生まれましたが、多くの絵は「いつかまた会える」
を意識したものになっています。

人との別れがあって…そして震災があって、生まれてきた絵なんです。

震災を経験された方が、この絵を欲しいと言ってくださったことから始まり、
悲しみを抱えた人が、この絵に勇気づけられる、と涙されたり、この絵の不思議な力を
言葉にして伝えてくれる人がいらしたので・・・
きっとこの絵は、何かを伝えるために生まれたんだと思うのです。

だから、何かを感じてくれる人がいるのなら、届け続けていきたいのです。


お話元に戻って… メロディさんとのランチ。

実はアロマテラピーのKyokoさんのことを日記に書いた時、すぐにメロディさんから
お問い合わせがあって、ゆみと同じコースのアロマを受けてきていました。

ご紹介した時ゆみは、ずっと被災地のボランティアをされてるKyokoさんに、
あえてメロディさんが陸前高田の方だということは言わなかったのですが、
やっぱりその話になったみたいで、Kyokoさんも、
「ゆみさん、あの方のお話はとても勉強になりました。逢わせてくれてありがとう。」
と言っていました。

ボランティアをしてて思うことは、本当は被災地の方はどう思っているのだろう、
大切な人を亡くした方にとって、どんなことがせめてもの救いになるのだろう、
ということです。

これまでもメロディさんのお話を聞かせていただく機会があって、そのたびに、
「迷惑にならないボランティアとは?」と考えてきました。
押しつけや自己満足でない、本当に心が癒されたり、元気が出たりするお手伝いとは
どんなことなんだろう、と。

決まった答えは無いのかもしれないけれど、きっとそれぞれの人が自分で考えて
行動していかなくてはいけないのだと思います。

だからこの日のランチでは、メロディさんのお話を聞きたくて…
それはとても参考になりました。

メロディさんは、いつもながら、とてもお姉さんで・・・物事を決めつけて話す
のではなくて、本当に自分が考えるように、話をしてくれる方です。

そして「ゆみちゃん、それは、勉強し続けないと。」とハッとすることを言って
くれました。物事をどう考えていくかを、追求していくと・・・それは個人の
倫理観や宗教観につながっていくのです。
だからこそ、世界の考え方を、よく勉強しないと、自分の考えを選べない・・・
本当にそうですね。

どう考えたらいいのか?と質問して、こう考えたらいいんじゃない?という人は
結構いるけれど、それは先人や世界の考えをよく学んで、自分で選びとるものです、
と言ってくれる人はなかなかいないです。

そんな風にして、この日のランチは、ゆみにとっては大事なことを教えてもらった
時間でした。

そして、自分がやろうとしてること、被災地に絵を送ろうということについて、
まだ疑問が残っていたゆみにでしたが、そんなことしてもなんにも嬉しくないかも
知れないという思いに対し、メロディさんが、背中を押してくれました。

それで、自分の思うボランティアに今回、突き進めました。


これはもっと後、絵を配った後にもらった言葉なのですが・・・
ボランティアに関してはいつだって、賛否両論ある中で、やった後も迷いはあって、
そんなときに、メロディさんからいただいた言葉です。


【絶対今のスタンスで進んでください。

くま絵のかわいさは最高だから!!

絵にゆみちゃんのピュアが詰まっていて幸せ気分になれます。

私は好きですよ。ゆみベアちゃん、(^-^)】



今後、もし悪口を言う人がいても、何度もこの言葉を思い出して、
これからも、絵を送ろうと思います。


ゆみのまわりは忙しい人ばかりですが、それでも時間を割いて誰かとランチするって
いうことは、こんな大きな意味があります。

人と話すことで考えを改めたり深めたりして行けるのです。
(もちろん人は選ばないとダメだけどね。)


ということで・・・ボランティアをしたい経緯をちょっとだけ話せたかな?

日記にうまく書くのは、難しい内容です。
なので、少しずつ、これから思いを表していくことにします。


次の日記はちゃんと、普通にランチやカフェの紹介を書きますね。



日本ブログ村のランキングは
にほんブログ村 雑貨ブログ カントリー雑貨へ
にほんブログ村

FC2ブログランキングは
c_02.gif
こちらはインテリア・雑貨部門! 






最終更新日  2015年03月24日 01時27分57秒
コメント(2) | コメントを書く
2015年02月28日

前回、1月15日に行ったアロマテラピーのサロンの日記、反響をたくさんいただきました。

「行きたいんですけど」というメールをいただいて、もう施術をしてもらった方もいます。

アロマテラピー、と言ってるサロンはいっぱいあると思うのですが、ゆみが行ったのは
そんなアロマテラピーのサロンをしてる人のスクールをしてる方のサロン。
アロマテラピーの専門誌の表紙になってる方の個人サロンです。
この方は看護師でもあり、看護大学の講師でもあります。で、美しい方です。

で、サロンの中も素敵なんですよ。これは今回撮った写真。

IMG_7103.JPG

IMG_7102.JPG

前回撮った写真はコラージュにして載せたら好評でした。もう一回サービス。

2015-01-017.jpg

アロマサロン-002.jpg

アロマテラピーの2時間フルコースでした。特別美顔付き。

ゆみにとっては、あまりに多くのことと出会った2時間だったので、日記も興奮気味。

アロマはアロマです。本格的な・・・。

前回はそれとは別に、このアロマの先生、Kyokoさんの別な力と、ゆみが感じた魅力と
いろんなものが日記でごちゃごちゃになっていました。

Kyokoさん、ごく自然に、見える人というか、感じる人なので、ゆみに触れたら、
自分も知らない、自分が抱えてるモノを教えてもらえました。

それはとても大きなことでした。これから生きていく上で。

この日、カードもやってもらったのです。
(そういうのに詳しくないので何のカードだかよくわからないのですが。)

はじめに、ゆみさんとは何か、を引かせていただいて、すごいカードが出て。

帰りにもう一回、ゆみさんの今年とは、とカードを引いて、またすごいカードが出ました。


日記に書きます、と言っておいて、日々に追われ、まだ書いてはいませんが、
自分はこの日を境に、考え方をちょっと楽にして、今年の方向性を変えました。

変えた方向に少しずつ歩き出しています。
だからKyokoさんは大事な人です。

改めて、自分に向き合い、本当にしたいことをもうやらないといけないと目覚めました。
今頑張ってればいつかは…じゃ無くて、今できることは今チャレンジしてみよう!


Kyokoさんに初めてお会いしたのは、親友のご主人が亡くなった朝でした。
知らせを受けて、とりあえずコンビニに寄って親友のマンションに駆け付けたゆみ。

Kyokoさんもお昼ごろ駆け付けてきて、なんとジャングル状態の庭を切り開いたのです。
すごいパワーでした。いとも簡単にやってのけちゃいました。

いろんな意味でその時ゆみも疲れてました。
締切りに追われて、親友のご主人のお見舞いに行けてないまま、亡くなってしまった
という消失感と、これから親友を支えなくては、という使命感と気負いの気持ちでいた
ところでした。

そしたら急にKyokoさんがゆみの背中に手を当てて…「ちょっとここに横になってください」
と、マッサージを始めてくれました。
「背中が異常に固い…。物事を考えに考えすぎて、心が休まる時間がないですね。
考えるのをやめないと、病気になります。」と、言い切ったのです。

それがアロマテラピーに行くことになった始まり。

だからきっと、最初からKyokoさんは、ゆみの背中と心のメンテナンス、
両方してくれるつもりだったんだと思います。


話それますが、Kyokoさんがゆみに一目置いた、といつも言う話があって
それが全然大したことじゃないので、人の感じ方って面白いなと思います。

ずっと病院に寝泊まりしてた親友の家で、勝手にゆみがコーヒーを淹れて、
そこに、親友が冷蔵庫の牛乳を注ごうとしたので、とっさに「あ、あぶないよ。
消費期限見て!!」と、止めたのです。
牛乳はぎりぎりセーフで飲める範囲だったので、「これは大丈夫だけど~。
ダメなものは後で捨てといて~」と親友が言ったので、そのあと冷蔵庫の中の
食べ残したおかずや作りかけのモノや買い置きのモノ、ほとんどバカバカ捨てました。

っていうのを目の当たりにして…そこにいたアロマ関係のお友達と、あとあとまで
話題にしているそうです。


Kyokoさんが言うには、親友とゆみの深い(濃い?)関係がいっぺんでわかったと
言っています。
そしてなぜか、ゆみに感謝します、という姿勢です。
ゆみの方は逆に、ゆみだけじゃ手の回らないことを、アロマの方たちが助けてくれて、
とても心強いです。

親友とゆみは、35年以上付き合いで、親友は震災後、福島にボランティアに行く中で
Kyokoさんたち、アロマのグループと知り合って、新しいライフワークを見つけたのです。

人の付き合いは、長さではなく、深さや濃さだと思います。
親友は、この年になって、素敵な出会いをしたんだと思います。

で、その方たちの中で、改めて。親友とゆみの35年はすごいと思ってもらえたようです。
確かに35年は、思春期からの全てを網羅しています。
深く、濃い、35年でした。きっとこれからもです。


その関係の中で…、今はKyokoさんが、震災ボランティアの中でゆみにもゆみにしかできない
使命があると思ってくれて、もうそれは始まっています。


1回目のアロマテラピーで、心と体が受け取ったものが大きかったので、
2回目も楽しみにしていました。
いったい次は何が起こるんだろう…と。

そういう意味では、2回目は、ごく普通にアロマテラピーの施術を受けてきました(笑)

カードも引かなかったし。Kyokoさんに何かが降りてくることもなく(笑)。

その代わり、2時間ず~っと、二人でおしゃべりしまくっていました。

前回から1か月半の間に、KyokoさんとはLINEでいろいろお話してきました。

それで、今回は”デートのお約束”をしておりました(*^_^*) ランチです♪


それ以上は何も決めてなかったのですが、お迎えの車に乗り込んだらKyokoさんが
「ゆみさん、カレーは好きですか?今日は、どこにも宣伝してないけどすごい評判の
どこにあるかよくわからない謎の古民家にカレーを食べに行こうと思ってます。」
と言いました。

なに、それ~。なんだかワクワクです。

IMG_7104.JPG


サロンのドアを閉めて・・・雨の中、どこだかよくわからない古民家を探しに行きます。

次の日記はこだわり満載の古民家カレー、のレポです。

  
日記、読んでくださってありがとうございます。
ランキングにクリックいただくと一票入ります。
よろしくお願いします。


日本ブログ村のランキングは
にほんブログ村 雑貨ブログ カントリー雑貨へ
にほんブログ村

FC2ブログランキングは
c_02.gif
こちらはインテリア・雑貨部門! 


blogram投票ボタン
ブログラム登録してみました。
日記を分析されてます。


  

desighed by Chee








最終更新日  2015年03月03日 23時11分55秒
コメント(0) | コメントを書く
2015年01月17日

アロマテラピーのサロンで、全身コースの施術をお任せでしてもらった日…

楽になったのは体ではなく心だったのかもしれません。
あまりに固くなった私の背中に触れてすぐに、Kyokoさんにはその固さがなんなのか
わかったからなのです。
Kyokoさんはゆみにとってはセラピストですね。

Kyokoさんが温かい言葉で諭すように伝えてくれたお話。
家に帰ってから送ってくれたのはこの文章でした。
きっと帰ってから、この解説のページを見つけてくれたんですね。

「ゆみさんのブログにこれを貼ってください。」とKyokoさん。
「いや、それはちょっと。」とゆみ。
「なんにも解説はいらないから、見てわかる人のために。苦しんでる人に伝わるように。」

そういうことなら、コピペします。

この文章は、出会いたい人のために書かれたものかもしれません。
でもここでは、こんなことがあったらいいなと憧れてる人のためではなく、
今苦しい人のために載せます。
読んだら少し、考え方を変えることができるから。
根本を知って、せめて抱えてる苦しみの居場所を確保できますように。


ツインソウル7つの特徴__________-001.jpg


 ★元々はひとつの存在だった

ツインソウルとは、もともとひとつの魂から

この世に生まれてくる際にふたつに分かれたと言われています。

なぜ別れる必要があったのでしょうか。

それは、この世で魂を磨くためより多くの経験を積んで

魂の進化を遂げようとするからのようです。


 ★不思議な感覚に見舞われる

出会った瞬間から旧友のような関係になっていたり、

会った瞬間から不思議と自然に打ち解けてしまった経験がありませんか?

ツインソウルとは基本的には異性同士に分かれますが、

同性同士の場合もあるようです。

そしてツインソウルで出会った瞬間の感覚はもっと衝撃的なようです。

それは今までに感じたことのない感覚になるようです。

それはもともとひとつであった魂が、

物理的に近い距離によって起こる現象なのかもしれません。


 ★はじめから落ち着いていられる

もともとひとつであったことから、

出会った瞬間は、はじめて出会うという感覚ではなく、

やっと会うことができたという感覚になります。

なので、「何を話そう」とか一生懸命に考えることはなく、

まるで旧知の仲のような落ち着いた状態でいられるようです。

それが例え無言であったとしても波長が同調しているので、

懐かしさや安らぎを感じて落ち着いていられるようです。


 ★身体に酷似しているところがある

ツインソウルの特徴として、魂が共鳴するような感覚のほか、

身体の部分でも似ているところがあります。

一番特徴的なのは手や指の形です。

その中で特に爪の形が全く同じような形をしているようです。

目で見て確認できるだけに見分けやすいと言えますが、

出会った瞬間に感覚で分かってしまうものなので、

爪の形や手指の形は補足程度に知っておくと良いと思います。


 ★出会えるのは自分の使命に気づいてから

ツインソウルが再開するための条件として、

それぞれ別れた魂には、それぞれが進化をするために

自分の使命に気づく必要があります。

人は誰しもが使命を背負ってこの世に生まれてきていると言われています。

そういう意味では誰もがツインソウルの存在がいると言えるかもしれません。

この与えられた使命に気づき、使命を果たそうとする過程で、

お互いの魂が引き寄せられて出会うことになります。


 ★お互いが確信している

もともとひとつの存在であることから、

お互いがツインソウルであることを確信しています。

なので、お互いが再開を果たしたときに「懐かしい」と感じるのかもしれません。

しかし、一方だけが運命の存在と感じるようであれば、

残念ながら思い込みである場合が多いようです。

あくまでも、お互いが確信していることが条件となるようです。


 ★体感覚でも一致感が強い

簡単に言うと身体の感覚で感じるということです。

これまでのご紹介の中でも「感覚」という言葉の表現が出てくるように、

身体で感じる感覚に共鳴するところがあったり、

何かをするにしても同じような気持ちで行っていたりします。

そうなると、気持ちの共有ができるので、

とくに何も言わなくても不思議と相手の気持ちが分かってしまいます。

これは、特に一緒にいるカップルでも同じような感覚があるのではないでしょうか。

ツインソウルのそれには、はじめから強い一致感があるようです。

運命の人に会いたいと思うなら、ただ思うだけでは出会えません。
自分の使命に気がつく必要があります




もしこれを読んで、ゆみが意図したのと逆の意味で、こんな出会いをしたいと思う方は
出典はこちらのようです。もっと詳しく知りたい方はご覧ください。
ツインソウルの特徴7つ-運命の人と出会うシンプルな方法


本題はこちら。Kyokoさんから頂いたメッセージで、自分がこのことをどこに結び付け
なにをしていかれるのかを導いてもらいました。

きっと、このメッセージが役に立つ人っているはずです。


「ソウルメイトとは次元が違う固い絆がツインソウルです。」byKyoko

世の中にはツインソールに出逢ってしまった人がいます。
皆さんやっぱり苦しむのです。

魂の目的に気がつけず困惑や罪悪感に苦しんで無価値感と自責の念に
身を滅ぼしてしまう人が沢山います。

それは負のエナジーとなり宇宙の波動を大きく下げてしまう。

だからそのことに気がつけば・・・

ツインソウルであったことを知れば、魂が納得し、安ぎます。

自信を取り戻したその魂は必ず人に貢献します。


長い活字を並べるより、それを裕実さんの描くイラストなら
一目で分かる、伝わります。

絶対の 愛、信頼、絆。 描いて欲しいです。

きっと難しいことではなくて・・・
魂がそのプロセスを体験したゆみさんでないと描けないのです。
 


この最後の言葉を聞いて、あ!と納得することがありました。

親友Ricaちゃん、いつも言ってたのです。

「ゆみちゃんの絵には絶対の、幸せがある。」

へえ~、と半信半疑だったのですが・・・その「絶対の」はKyokoさんの言葉とみごと
一致しました。これにはびっくり。

しかもほとんど初めて話をしたKyokoさんがそこを言い当てたのです。
というか、まだ話も何にもしてないのに、触れて、わかって・・・。


なぜ描くか、なぜ描けるか… そのこと自分で気が付いていた部分もあります。

なぜ、感動してくれる人がいるか、なぜ、涙を流す人がいるか…

以前はただ自分の想いを、思い浮かぶものを描いてたのですが
昨年春から、サロン展でテーマを与えていただいて、それを描いていくうちに
自分がどういう絵を描けるのか、わかり始めていました。


世の中には、人に言わない悲しみを抱えて生きてる人が多くいます。
最高の幸せな体験のなせる、苦しさもあるのです。

でも希望を失わない、絶対の愛を信じられたらきっと、苦しまなくていい。
心の安らぐ毎日を過ごして待つことができます。


その希望や光や、祈りや未来を、ゆみは描くことができます。
なぜなら、伝えたいから。


希望を持てない今を生きてる人、神様を信じられないと思うほどの
悲しい体験をしてしまった人が、絵を見て元気づけられることもある。
もう一度希望を持てることもある。

あまりにも理不尽なことが起きてしまうと、二度と立ち直れない気がしてしまう。
病気や、突然の事故で、大切な人を失う時。
大好きな存在に、会えなくなってしまう時。
…体験こそが心を作ります。
だからゆみの絵は、震災のあとに、求められることが多くなったんだと分析してました。


今回、Kyokoさんがゆみが絵を描く理由、絵を描けと指令される理由をも
明確にしてくれました。

もう描くしかないですね。
何が飛び出すか全く想像もつかないのですけど、思い浮かんだものを描いていきます。


なぜクマの絵を描くようになったかは自分でもよくわからないのですが、
それが一番裕実に合っていたのでしょう。
これからも描いていけると思ってます。



ツインソウル…

出会っては苦しみ…引き裂かれては苦しみ…を今 経験されてる方へ。
 
Kyokoさんが言うには、必ず幸せになれるんだそうです。

絶対の繋がりで、決して切れないそうです。

だって、ツインソウル なんだから・・・


  
日記、読んでくださってありがとうございます。
ランキングにクリックいただくと一票入ります。
よろしくお願いします。


日本ブログ村のランキングは
にほんブログ村 雑貨ブログ カントリー雑貨へ
にほんブログ村

FC2ブログランキングは
c_02.gif
こちらはインテリア・雑貨部門! 


blogram投票ボタン
ブログラム登録してみました。
日記を分析されてます。


  

desighed by Chee







最終更新日  2015年01月24日 01時19分41秒
コメント(0) | コメントを書く
2015年01月15日

転機になる日…というのは、必ずあると思うのですが、それはいつも
思いがけなくやってきます。

急に荷物を背負うことになった日も、ゆみには何の予告もなかったのですが、
その荷物がもしかしたらいつか軽くなるかも、という光も予告なく射してきました。

この日、アロマテラピーのサロンに行くことになったのです。

アロマオイルによる全身マッサージを受けたのは、北海道旅行のレディースプランに
ついてた、富良野プリンスホテルの夜以来です。(2009年8月)


実は、体の調子よくない感じがあったのです。もう一年くらい。
根を詰めると、胸が痛くなるのです。そう頻繁ではなかったのですが
清里のカントリーフェスタの時の出展が決まって、頑張らないと大変だと
プレッシャーかかってた時、だいぶ痛くなってきて、きっとイベントが終わったら
治るんだろうなと思っていたのですが、やっぱり時々痛くなるので、昨年暮れ、
病院で検査をしてもらいました。

肺とか心臓とか気管支とか、どこか悪いんだろうなと覚悟していったのですが、
各種検査の結果は至って良好。おかげさまでどこからも何も出ませんでした。
「でもやっぱり痛いんです」ってお医者さんに行ったのですが、「気のせい」という
ことになりました。お薬も出しようがないし、次回診察もなしで、って。

強いて言うならたぶん慢性の肩こり・背中こりがひどくて、そのせいでしょうと。
そうだよねって納得して、改善できることはしようと、寝るときのマットレスを
無圧式(?)に変えたりして対応。


そんな中、親友から「年明けすぐに、Kyokoさんのサロンに行きなよ。」と念押しがあり
「うん、あたしもそう思ってたよ~」と、思い切って予約。

一月のテディベアテラスが終わったらすぐに行こう、と決めて実現です。

IMG_6487.JPG

この入口の先に、思いがけないことが待っていました。


Kyokoさんと出会ったのは、親友のご主人が亡くなったことがきっかけでした。
夜中に亡くなって、病院から帰ってきた朝呼ばれ、これからのことをいろいろ決めてる時に
親友の家で、駆けつけてきたKyokoさんに初めて会いました。

すごい美人で、普通の人じゃない感にあふれたKyokoさんは…
マンションの入り口からご遺体が出にくいけどお庭から出ないか、という問いに、
「お庭はジャングルみたいで」と答えた親友を見ていきなり、外に出て軍手もなしに
お庭の草をとり、枝を切って、あっというまにジャングルを切り開いてしまいました。
「これで出ますね!」と。

ゆみが圧倒されてると、親友が当たり前のように、「Kyokoさんは魔女だから。」と。
いろんな意味で、Kyokoさんは魔女、(ゆみ的にいうと女神)とあとから納得。

親友Ricaちゃんは、東日本大震災の後、会社も辞めてボランティアに身を捧げる人
になったのですが、ここまで意欲的に継続してるのは、Kyokoさんと出会ったから。
彼女は、「手当の輪」というボランティアアロマ隊のリーダーなんです。
自身が看護師で、看護大学の大学教授でもあります。スーパーウーマンです。

お話は前から聞いていました。写真も見たことがありました。
でもゆみがお会いしたのはこの時が初めて。
そしてこの時、Kyokoさんがふいにゆみの背中を触って「ゆみさん、ちょっとだけでいいから
ここに横になってください」と言ってくれたのです。
ご主人のお友達も駆けつけてるリビングで。
でも、ゆみも肩や背中が痛いのがピークだったので素直に横になりました。
このとき、胸が痛くなるお話もさせていただきました。

そう、この時、「かなりの重症」と言われたのです。
もっと気になる言葉も言われました。
「いつも常に考えに考えているんですね。もう考えすぎて頭はカチカチになって、心も
いっぱい、いっぱい。悲鳴を上げてます。このままじゃ。体壊しちゃいます。」。

「ああ、この人は見える人なんだ」と思いました。セラピストさんです。

それから数日後、送る会でゆみが描いた絵で送ることになって、それを見たとき、
「天使の仕業ですね」とKyokoさんは言いました。
同時に送る会の司会のことも「ゆみさんなしではこの会は成り立たなかった。」と
言ってくれました。

その後マンションで、送る会のお礼の会があって、Kyokoさんが切り開いてくれたお庭で
バーベキューを含むパーティーをしました。
この日もKyokoさんは、ゆみを横にならせてマッサージしてくれました。
ちょっとの時間なのに、体がとっても楽になりました。

「ゆみさん、私のサロンに来てくださいね」とKyokoさんは言いました。
普通は、アロママッサージは(裸体をさらすし?)お高いし、行きたいと思っても
実現させないのですが、この時は、「絶対行きます!」と言いました。本気です。

あとで親友が言うには、Kyokoさん、プロだし忙しいからめったに自分から
うちに来てねなんて言わないのだそうです。それをゆみちゃんを誘ったから、
よっぽどゆみちゃんの具合が悪いんだと思ったよ、と。


といういきさつの元に実現した、全身アロマテラピーお任せコース。
サロンは、前から画像を見せてもらってたので、素敵な空間であることは知ってました。
でも本当に安らげるサロンでした。

本当は「Ricaと二人で行きます」と言ってたのですが、Kyokoさんの答えは
「気を集中したいので、ゆみさんおひとりで来てください。」でした。

行ってみて、その意味が解りました。これは全くプライベートな個人対個人の空間。
一人ずつじゃなくちゃ成り立たない施術でした。

facebookには先に載せましたが、サロン内の写真。

これを見てKyokoさんのサロンに行きたくなった友達がいて、さっそく予約が実現しました。

2015-01-016.jpg

アロマサロン-001.jpg

すてきでしょう。写真の中の丸いお皿の中のキャンドルは、ゆみが作らせてもらったもので、
Kyokoさんがゆみの好みの香りをブレンドしてくれました。
あとでリボンで吊るします。そのままで、いい香りが漂ってきて、すごく癒されます。


この日、すごいことがありました。
まずは最初に、なぜゆみがここに導かれてきたかの理由がお互いに納得しあえました。

このことはまた日記に載せるかもしれないです。

そしてKyokoさんがゆみの背中を触ったら、すぐにわかってしまったのです。
それは自分が抱えているものであり、わかってるようでわかってなかったものであり、
でも全部納得のもので、不調の原因でもあり、生きる希望でもあり。
根本である、根源であり、というものがわかると、人は恐れなくていいそうなんです。

エンジェルカードも引かせてもらいました。(初めて)
これはKyokoさんがゆみを知るためのものでもあって、ゆみが自分を知るためのものでも
ありました。すごいカードが出ました。

帰るときにもう一回、今年の運勢を思って引いたら、こっちもすごいのが出ました。

もう、機は熟して、逃れられないみたいです(笑)


この日記は、スピリチュアルな感じにしたくないなと思っていて、ゆみには
そういう能力はあっては困る、と思って生きてきてて。。。
あくまでごく普通の人間でいたいのですが…

そんなのもうとっくに無理。とKyokoさん。
え~。ホントに平凡が一番いいのに。
でももうとっくに平凡で平和で穏やかで、というところからはみ出してばっかりだ。

そろそろはみ出したものの自覚を持って、使命を全うしないといけないのだそうです。
神様も、あちこちも、いらいらし始めてるんだそうですよ。

この一日は覚悟を決めるための一日でもあったんですね。


という抱えきれない体験の一日を、翌日は親友との決起大会で報告です。

「ほら~、だからずっと言ってるじゃん!」と全然驚かないRicaちゃんなのでした。


Kyokoさんとこはまた行きたいです。美顔でしっとりだし、全身いい香り~♪でした。

そして、背負ってきたお荷物はいつか絶対軽くなるという光の道を、ゆみに代わって
Kyokoさんが見て教えてくれました。すごい感謝です。



  
日記、読んでくださってありがとうございます。
ランキングにクリックいただくと一票入ります。
よろしくお願いします。



日本ブログ村のランキングは
にほんブログ村 雑貨ブログ カントリー雑貨へ
にほんブログ村

FC2ブログランキングは
c_02.gif
こちらはインテリア・雑貨部門! 


blogram投票ボタン
ブログラム登録してみました。
日記を分析されてます。


  

desighed by Chee







最終更新日  2015年01月23日 01時12分19秒
コメント(14) | コメントを書く
2014年12月10日

750000カウント、ありがとうございます。

IMG_3491.JPG

75万、という数字をたたき出すような日記になるとは自分では思ってませんでした。

いついつまでも続けていくつもりではありましたが、皆様に読んでいただける日記に
なっていくとは想像できてませんでした。

当時はネットというものがよくわかっていなかったので、公開になってるのに、
隠れ家的意味で、思いを綴っていました。

そこが面白くて当時から読んでてくれてる方からすると、今はだいぶつまらない日記
なのかもしれませんね。

正直、こんなに多くの方に見ていただける日記になって、戸惑っています。
が、昔書いたものも、消してはいません。
一歩一歩の貴重な足跡です。


75万カウントになった頃、パソコンが手元になかったので、日にちがいつだったか
忘れてしまいました。

実は、今(1月17日現在)、もう76万カウントを超えています。

でも記念の75万は大事にしたいので、ここに、12月10日という枠を借りて、
書かせていただきます。

*   *   *

この12月10日は、父の命日です。
2010年に父が亡くなりました。早くも4年です。

亡くなるとき、いったん呼び戻してしまったような奇跡の話は日記に書きました。

お墓は買っていたのですが、石を準備しようとした矢先、3月11日、
震災が起きました。
そして、あまりに一度に多くの方が亡くなられたので、お墓の石が不足している
という事態だと聞きました。

それで、一通り東北の方に石が行き渡って落ち着いてからで、うちのお墓はいいよね、
ということになり、2014年3月になってやっと、納骨を済ませました。
だから2014年は、一段落、の感がありました。

その間に、2013年4月、大好きな友達の加代ちゃんも、天国に昇りました。
まだその時の日記は書ききれていません。

そして2014年年末、親友のご主人が亡くなりました。
そのことは日記に書けました。

送る際に、特別な役割があった、3つのお別れでした。

考えてみたらこのほかにも、日記を始めてすぐに祖母を亡くし、
その後、おじさんも亡くなり、そういうときだけ親戚が全部集まるという複雑な思いでした。


ここは、あくまで「ブログ」と言わず、「日記」と言ってるので、
楽しい華やかなことだけを書くわけにはいかないのだなと、
改めて思います。

「毎日、一歩一歩。」は・・・
決して、前向きに歩くこと、進んでいくことを提唱した日記じゃありません。

人を励ましたり、勇気づけたりすることが満載の「役に立つブログ」ではないのです。

ありの、ままの~♪ ことしか書いていません。

自分の言葉で、自分の思ったことしか書いてきていません。

世の中に、「元気になるために読むブログ」や、いい話やいい言葉をたくさんまとめた
ブログは、いっぱいあると思うので、なにもゆみごときが、そんなことのまねを
する必要はないと考えています。

だから、読んでいただいても全然メリットもないですが、

どんな日常なのかな?って、伝えていく中で、
ちょっと楽しいことや、うんと悲しいことや
人ってみんないろいろあるのね、ってことが読めるのが、いいなと
思ってくださる方が、また見に来てくださるのかもしれませんね。

生きてたら、こんな風に、人の死にも直面するし、
生きていながら、会えなくなってしまう人もいるし、
亡くなったって、会えなくなったって、自分の中の想いはず~~っと
生き続けていくんだよって、こともわかっていくし・・・

普通に生きてくだけで、十分いっぱい修行できていくことにも気づきます。

*   *   *


働く術が、どんどん変化して、自分でも思わぬ使命が課されたり、

かと思えば、本来の所に戻されたり、

深い思慮を求められたり、

はたまた、開放的に楽天的になることを良しとされたり、

この世に生まれてきた意味はこれだったんだと確信するような幸せを経験できたり、

あっという間に奈落の底に落とされてしまったり、

「毎日、一歩一歩。」なんだけど、その一歩は、

時に宇宙に届く一歩だったり、まったく停滞してしまったり。


本当に人生ったら、いろいろ振り回されて楽しいものよね~

なんて境地に、いつか立てるように、

まだまだ容赦なく、いろんなことがやってくるのでしょうね。


と、今は、そんな感じの思いでいます。

だから、きっと悲しいことも、嬉しいこともまだまだこれから繰り返すんですよね!って。


その中で、使命に気がついて、そこからが本当の人生なんです、きっと。

本来の自分が見つけられた時、それは願っていた幸せときっと同じところに
到達するんですよ。


というわけで、ゆみちゃんの日記はまだ、続けていきます。


読んでくださってる方、みなさに感謝を込めて…

また来ていただけましたら、嬉しく思います。  YUMI




ブログランキング覗いてみてね♪♪

にほんブログ村 雑貨ブログ カントリー雑貨へ日本ブログ村のランキング
「カントリー雑貨」の他のブログもいっぱい。
おかげさまでいつも上位ありがとうございます。


FC2ブログランキング 
インテリア・雑貨部門!何位か探してみてくださいね。

blogram投票ボタンブログラム登録。ゆみちゃんの日記が分析されてます。


template-まりもん  img-candied






最終更新日  2015年01月17日 14時35分34秒
コメント(0) | コメントを書く

全113件 (113件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 12 >

PR

X

© Rakuten Group, Inc.