288137 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

ハンマー&アート / Hammer&Art

全474件 (474件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 48 >

2019年10月14日
XML
テーマ:iPad(1687)
以前iPhoneで描いてみたAdobe Photoshop Sketchですが、スタイラスペンで描いてみたもののとてもじゃないですが思うように描けたもんじゃありませんでした。



ではiPad +Apple Pencilではどうなんでしょう、もう少しまともに描けるんじゃないかと​Frescoで描いたベース​をAdobe 
Photoshop Sketchに持ってきて描いてみました。




結果は、、、Adobe Frescoと比べるとやはり描きにくいのです。

Adobe Photoshop Sketchにも数種類のブラシがあるのですが、どれを試しても上手く描けません;汗、なんとか鉛筆ブラシを駆使して描きましたがFrescoのように思うようには描けません。

Apple Pencilを以ってしてもダメだったAdobe Photoshop Sketchは削除してAdobe Frescoにしようと思います。

iPhoneのAdobe Photoshop Sketchはすでに削除済み、まiPhoneでスケッチは余程のことがない限り描きませんし、どうしてもとゆう時はメモアプリでメモ程度のスケッチを、、、描かないだろうな~。







最終更新日  2019年10月14日 13時35分10秒
コメント(0) | コメントを書く
2019年10月13日
カテゴリ:エトセトラ


台座から綺麗に剥がれたボディーですが乾くにつれ反りが酷くなってきました。

招いて挙げている前脚などはいい感じに前に飛び出しています;汗。



こうなるとゲージでスレスレだった一番高い鼻の部分も引っかかってしまいます。

以前同様に作った​招き猫レリーフ​は、こんなに反りませんでした。

ある程度乾くとそれが土台となり石粉粘土を重ねても反らなかったのです。



どうも今回の石粉粘土は​「寅ちゃん猫饅頭」​で使ったラドール プレミックスとゆうよりキメの細かい粘土で、招き猫レリーフを作ったラドールとは違う粘土なのですがこれが原因なのかと。



とりあえず激しく反った頭部の裏に粘土を足して隙間を埋めて乾かしてみました。

数日後乾いたので見てみると反りが止まったようなので新たに粘土を盛って形を整えて行きました。

これでこのボディーで行けると思ったのですが、、、。


パジコ ラドール プレミックス 303130


\秋SALE2/ねんど 石粉粘土 ラドール(ソフトタイプ)







最終更新日  2019年10月13日 18時05分30秒
コメント(0) | コメントを書く
カテゴリ:エトセトラ

今回の台風で我が家はお陰様で何事もなく無事に済む事ができましたが、お隣の千葉県が大変なことになっています。

お見舞いの言葉も大事ですが募金しましょう!

わざわざ金融機関に出向いて手続きをしなくてもネットから簡単に募金出来ます。

現金はもちろん楽天ポイントでも募金出来るのがありがたいと思います、この際溜まったポイントを募金しちゃいましょう。

楽天クラッチ募金

令和元年台風15号被害支援募金

https://corp.rakuten.co.jp/donation/typhoon201909_ja/typhoon201909_ja.html







最終更新日  2019年10月13日 11時16分42秒
コメント(0) | コメントを書く
2019年10月12日
カテゴリ:招き猫オーダー


先日盛った石粉粘土がある程度乾いたのでさらに粘土を盛って行きます。

そろそろ猫らしい形にして行こうと顔や下ろしている前脚など徐々に形作ります。



先日作ったプラモデル​「ゴールデンボンバー」​のランナーで額の深さと同じゲージを当てて高さを測ります。

鼻の部分が一番高くなり、他の部分はまだまだ余裕があるのでもっと粘土を盛れます。

ある程度盛ったら乾かないと次の形を取れないので1日置きくらい乾かします。

ま、ドライヤーで乾かしても良いのですが。



その後乾くにつれ土台のスチロールから少し浮き出したのでパレットナイフを差し込んでみると綺麗に土台から剥がれました。

土台にくっついて定着してくれれば土台ごと切り取って形作るのですが、取れたので石粉粘土だけで形作ることに。

しかしこの土台から剥がれたことにより後々トラブルが発生するのでした。







最終更新日  2019年10月12日 14時27分23秒
コメント(0) | コメントを書く

先日配布されたmacOS 10.15 Catalinaを早速ダウンロードするも途中で失敗しDL出来ません。

Mojaveの時は時間がかかったものの無事DL出来たのですが今回は何回やってもダメです。

色々調べるとDL出来たものの何かしら不具合があるようで今回はちょっとアップデートを待とうかと。

今日などは台風で家にこもっているので絶好のアップデート日和なのですがwww。

そもそも個人的に今回の超目玉はmacをサブディスプレイ化出来るSidecarなのですが、やはりうちのiMacでは無理のよう;泣。

何やらCPUが第6世代の「Skylake」世代じゃないとSidecarが動作しないようで、同じLate 2015の27インチiMacはこの「Skylake」世代らしいのです。

CPUの世代の問題か~諦めましょう、まぁペンタブもあるし、、、。

​​
APPLE MacBook Air Retinaディスプレイ 1600/13.3 MVFN2J/A [ゴールド]【お取り寄せ(4〜5週


APPLE MacBook Pro Retinaディスプレイ 1400/13.3 MUHQ2J/A [シルバー]【お取り寄せ(4〜5週程度)での入荷、発送】







最終更新日  2019年10月12日 11時25分23秒
コメント(0) | コメントを書く
2019年10月06日
テーマ:iPad(1687)
カテゴリ:アート


Padで試してみたかったアプリの一つ、アドビの iPad用ペイントアプリ​「フレスコ」​アナウンスでは iPad Proを推奨していますがiPad AirもA12チップなのでそこそこ行けるのではと思い早速試してみました。

実際に描いてみると遅延などは見られずiPad Airでもストレス無く描けるようです。

鉛筆ツールで下書きをして、、、



先ずは水彩ツールで描いてみます。

なるほど水彩の滲みなどを再現してくれます、面白いくらい滲むのですが滲み過ぎwww、これ色々と設定をいじってみたのですがコントロールの仕方が判りません;汗。

滲ませたくないのなら別レイヤーするしかないのでしょうか? いや~何かしら方法があるはず、今後調べて見つかるかも知れません。



油彩ツールは最初ちょっと見つけにくく無料版では使えないのかな?と思いきや水彩ツールを切り替えると現れました♪

しかし慣れるまで色々と設定をいじらないとならず、使いこなせるまでちょっと時間がかかりそうです。

今日は短時間でしか試せませんでしたが使い続けるうちに慣れてくればもっと描きこなせるかも知れませんし発見もあるかも知れません。







最終更新日  2019年10月06日 23時03分16秒
コメント(0) | コメントを書く
2019年10月05日
テーマ:iPad(1687)


 iPadケースに絵を描くのはなんとか止まりましたが、寂しいのでスチームパンクなマイナスネジをあしらってやりました。




裏面も同じくwww







最終更新日  2019年10月05日 22時28分49秒
コメント(0) | コメントを書く
カテゴリ:招き猫オーダー


気を取り直して新たに土台作りです。

今度はたまたま家に有った硬めのスチロールパネルに石粉粘土を盛っていきます。

まず下描き、上に粘土が被さって見えなくなりますが寅ちゃんの画像を見ながらイメージしていきます。



このスチロールに貼り付いて定着するか、それともペロっと剥がれるのかわかりませんが、貼り付いたらスチロールごと切り取り、剥がれたら剥がれたで粘土だけ加工して行きます。



万が一剥がれた時の補強の為に針金を埋め込んでみました。

首や前脚のように折れやすい部分を補強する意味もあります、と言うか最終的に台紙に貼り付けてしまうのですがそれまでの加工時に壊れないようにする為です。



あまり一度に粘土を盛らず、薄目に盛って乾かします。とにかく下地が乾いて堅牢になってくれればと思います。







最終更新日  2019年10月05日 11時14分10秒
コメント(0) | コメントを書く
2019年09月29日
カテゴリ:招き猫オーダー


もう半年ほど前から作る作ると言ってなかなか始められなかった「招き寅ちゃん」を作り始めました。

この「招き寅ちゃん」の習作とも言える​「寅ちゃん猫饅頭修復」を無事納めてからだいぶ時間が経ちました。

もともとこの寅ちゃんをモデルにさせてもらい招き猫にする予定だったのです。

以前作ったことのある完全立体招き猫​「福ちゃん」とは違い深さのある額に収める半立体の招き猫になります。


macと作業スペースがちょっと離れているので先日購入したiPad Airに画像を投げて参考にします。
macからiPad Airに画像を投げるのはAir Dropで簡単!この辺の連携もApple同士ならでは。



完全立体の招き猫「福ちゃん」は発泡スチロールで土台を作りそれに石粉粘土を盛って行ったのですが、今回もその手法で行こうと発泡スチロールを削ったのですがこれが上手く行きません;汗、前回使った発泡スチロールと質が違うのか削りカスが静電気でまとわり付くわ、形が上手く取れないわで断念。



気を取り直して厚紙にデッサン。



深さ25mmの額に収めるのでその厚みでスライスしたらこれくらい?的なフォルムで厚紙で土台を作ります。



厚紙の土台に石粉粘土を盛って、これで乾いてしまえばこっちの物www後は削ったり盛ったりして形を整えて、、、と思っていたのですが。



後日乾燥と共に沿ってしまいました;汗。

これまた以前​レリーフの招き猫​を何体か作った事があるのですが、それをどうやって作ったか、当時の製作プロセスの画像を見ても今回よりも薄いレリーフをいかに反らせずに作ったのか謎、歳のせいか思い出せません;汗。

このように試行錯誤を繰り返しながら作って行くのでまた時間がかかりそうです。







最終更新日  2019年09月29日 18時03分24秒
コメント(0) | コメントを書く
2019年09月22日
テーマ:iPad(1687)


先日ゲットしたiPad Air用のケースを購入しました。

Apple純正のケースは高い!し、Apple Pencilを格納できません。

Apple Pencil 2は磁石でiPad Proに装着出来ますがApple Pencil 1は置いとくと転がります;汗、一緒に格納できるケースを探したらやはり有りました。

しかも純正品より安い!

安いとどうかな~とゆう思いもあったのですが、とりあえず必要なので注文。

カラバリもあったようなのですがとりあえず黒で。




届いたケースは質感も良くiPad Airに装着してみると気持ちの良いほどピタリと収まります。

Apple Pencilも収まりペン立てにもなります。

ケースを買うまでiPad Airを膝の上に乗せて椅子の上で居眠りしてしまい、落としそうにまで行きませんでしたが今思うとヒヤリと。

iPhoneはやはり居眠りしてて2~3回落とした事があり、ケースカバーをしてあったこともあり何事もありませんでしたがiPadは重いのでアウトでしょう。



そして黒いケースじゃ寂しいので裏にAppleシールを!

結構余ってしまうAppleシールの使い道が有りましたwww、ただ黒でシンプルなのは良いけど自分の中のアートな血が騒ぎます;汗、何か描きたい!、、、いや止めといた方がいい、、、でも安いから、、、どうなってしまうのか!!!


2019 新型 iPad Air 10.5-inch ケース【軽量 薄型】iPad Air3 10.5インチ カバー PUレザー オートスリープ機能 三つ折りスタンド スマートカバー 2019年春発売の10.5インチ 新型iPad Air対応 ESR







最終更新日  2019年09月22日 15時36分34秒
コメント(0) | コメントを書く

全474件 (474件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 48 >

PR

サイド自由欄

フリーページ

カテゴリ

コメント新着

tedkumano@ Re[1]:GIMPのお勉強(02/26) banksiaeluteaさん、こんばんは! お返事…
banksiaelutea@ Re:GIMPのお勉強(02/26) こんにちは。 そもそも、Adobeのソフトが…
tedkumano@ Re:スチームパンクなサングラスを出品(05/13) 100shiki100 さん、こんばんは! 御質問の…

カレンダー

日記/記事の投稿

バックナンバー

キーワードサーチ

▼キーワード検索


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.