349138 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

ハンマー&アート / Hammer&Art

全558件 (558件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 56 >

2021年05月02日
XML
テーマ:金魚(956)
カテゴリ:アート


一気に完成に持ち込みます、頭のフンタン(ボコボコ出ている部分)にテクスチュアを付ける為ハードなジェルメジュームと絵の具を混ぜてスポットで置いて行きます。

実際にはもっと透明なのですがこれ以上透明に出来なかったのでこれで良しと;汗。

最後はやはり画竜点睛、目の描き込みです。

金魚の目って真っ黒で全然ツヤが無く不透明なのです、そこでアクリルガッシュでも一番黒く仕上がる黒を買ってきて目を描き入れて完成!




ここでちょっとイタズラを、プレゼントするDさんには内緒で作っていたので本人は知りません、そこであたかも風呂場で金魚を飼い始めた程でわざとピンズレの画像を送ってやりましたwww



完成したハーフフィギュアを見てやはり鱗の作りが甘いな~、3Dプリンターとかだと綺麗に作れるんでしょうか、ヒレの筋も均一に綺麗に再現出来るだろうな~。
その内3Dプリンター導入?;汗。



額に収めてサインを入れて完成。



一時ライティングを内蔵しようと計画して断念しましたが外付けに提案。

百均で小型のスタンド型LEDライトを買ってきて同梱して発送しました。

今回の制作での収穫はヒレのような薄い半透明な物も作ることが出来ること、エアブラシを使わなくてもぼかそうと思えばぼかせること。

次に制作に大いに参考になりますが今の所、次を作る予定なし;汗。

金魚のハーフフィギュアをプレゼントするDさんのインスタです宜しければご覧くださいdfac39

https://www.instagram.com/dfac39/







最終更新日  2021年05月02日 13時31分43秒
コメント(0) | コメントを書く


2021年04月29日
テーマ:金魚(956)
カテゴリ:アート


朱色で塗った胴体の赤い部分が気に入らないので下地にゴールドを塗ってみます。

実際の金魚の鱗、光の加減で赤色の下に金色が見える時がありそれを表現したいのです。

この時点で背鰭の破損した部分も修正して塗装してあります。




胴体の腹の部分の白い色、これもかなり金属的な輝きを持っています。

先に塗ったパールホワイトではちょっと物足りないのでやはり下地にシルバーを塗装。




胴体の金色の上からかなり透明に溶いた朱色を乗せて下地の金色を透けて見せる効果を狙います。

透明色のアクリル絵の具を使えば良いのですが手持ちの絵の具はほぼターナーのアクリルガッシュで不透明、これほとんど夜中に制作していて乗ってきているので次の日に透明色のアクリル絵の具を買いに行くのを待っていられず一気に塗ってしまいました;汗。

腹の部分もシルバーの上からパールホワイトを乗せて銀鱗を表現。

胴体の塗装はこれで良しとし、胸鰭や腹鰭を取り付けます。

だんだん完成が見えてきました!

金魚のハーフフィギュアをプレゼントするDさんのインスタです宜しければご覧くださいdfac39

https://www.instagram.com/dfac39/







最終更新日  2021年04月29日 22時59分25秒
コメント(0) | コメントを書く
テーマ:金魚(956)
カテゴリ:アート


朱色で塗った胴体の赤い部分が気に入らないので下地にゴールドを塗ってみます。

実際の金魚の鱗、光の加減で赤色の下に金色が見える時がありそれを表現したいのです。

この時点で背鰭の破損した部分も修正して塗装してあります。




胴体の腹の部分の白い色、これもかなり金属的な輝きを持っています。

先に塗ったパールホワイトではちょっと物足りないのでやはり下地にシルバーを塗装。




胴体の金色の上からかなり透明に溶いた朱色を乗せて下地の金色を透けて見せる効果を狙います。

透明色のアクリル絵の具を使えば良いのですが手持ちの絵の具はほぼターナーのアクリルガッシュで不透明、これほとんど夜中に制作していて乗ってきているので次の日に透明色のアクリル絵の具を買いに行くのを待っていられず一気に塗ってしまいました;汗。

腹の部分もシルバーの上からパールホワイトを乗せて銀鱗を表現。

胴体の塗装はこれで良しとし、胸鰭や腹鰭を取り付けます。

だんだん完成が見えてきました!

金魚のハーフフィギュアをプレゼントするDさんのインスタです宜しければご覧くださいdfac39

https://www.instagram.com/dfac39/







最終更新日  2021年04月29日 16時48分44秒
コメント(0) | コメントを書く
2021年04月11日
テーマ:金魚(956)
カテゴリ:アート


大体の形が決まったのでいよいよ塗装に入ります。

鮮やかな金魚の赤色、かなりメタリック光っています。

とりあえず下塗りにパールレッドとシルバーを塗ります。




ただパールレッドではピンクが強く本来の金魚の赤とは程遠い感じ。

あくまでも下塗りですが;汗。




下塗りをしただけで鱗のモールディングが潰れてしまったのでデザインナイフで彫りなおして際立たせます。

この後も何度か塗装を重ねたのでその都度彫り直したり;汗。




下塗りの上にオレンジ色の強い赤を透明に乗せてみますがメタリック感が失われました。

ちょっと実際とは違うイメージ、まぁこれも下塗りとゆう事で;汗。

この時点でヒレも塗装したのですが最初ブラシストロークだけでグラデーションを付けようとして失敗し、プラ板を切り抜く所から作り直しています。

背鰭も失敗し付け根ごと剥がれてしまったので修正;汗。

あとは鱗のメタリック感を表現する試行錯誤。

金魚のハーフフィギュアをプレゼントするDさんのインスタです宜しければご覧くださいdfac39

https://www.instagram.com/dfac39/







最終更新日  2021年04月11日 13時08分10秒
コメント(0) | コメントを書く
2021年04月04日
テーマ:ヤフオク(117)
カテゴリ:オークション


前回出品したチプカシ塗装は落札されず終了してしまいました;汗。

チープカシオ塗装三毛猫

チプカシ塗装アンティークゴールド

今回は別のチプカシ塗装を出品です。
NATOとキングチーター

興味のある方はオークションページをご覧ください。



Yahoo!オークションページ
     ↓
チープカシオ塗装NATO

チープカシオ塗装キングチーター







最終更新日  2021年04月04日 22時42分56秒
コメント(0) | コメントを書く
テーマ:金魚(956)
カテゴリ:アート


鱗は何度か粘土を盛り乾いてから筋彫りの要領でメリハリを付けて行きました。

ボディーがだんだん出来てきたのでヒレを仮りに付けてみる事に。




ここで尾鰭と舵(尻ビレ)の位置が離れ過ぎている事に気づきました。

胴体側の尾の部分が長いのでカットして舵と尾鰭の位置を修正。




尾の部分の形を整える為粘土を盛って修正。




尻ビレは尾ヒレの中に隠れるくらいの位置なのでかなり後ろへずらします。




尾の部分を途中からカットしたので尾から尾ヒレへ流れるラインを滑らかにしなくてはなりません。

尾ヒレや舵を接着します。塗装があるので全部のヒレは付けず向こう側だけのヒレを固定。

ヒレが付くと金魚の形が見えてきて完成を想像する事ができます。

金魚のハーフフィギュアをプレゼントするDさんのインスタです宜しければご覧くださいdfac39

https://www.instagram.com/dfac39/







最終更新日  2021年04月04日 12時47分28秒
コメント(0) | コメントを書く
テーマ:金魚(956)
カテゴリ:アート


ボディーのベースが乾いてから更に粘土を乗せて滑らかな肌にして行きます。




乾かしては徐々に細部へと進めて行きます、エラや目の当たりを付けてみます。



乾いてはサンドペーパーで磨き、粘土を乗せる作業が続きます。




ボディーの形が見えてきたので鱗を作ってみる事に。

鱗の下書きに沿って粘土を乗せて行きます。




この段階では綺麗な形になりません、この後乾いては磨きを繰り返して形を整えて行きます。

金魚のハーフフィギュアをプレゼントするDさんのインスタです宜しければご覧くださいdfac39

https://www.instagram.com/dfac39/







最終更新日  2021年04月04日 00時39分11秒
コメント(0) | コメントを書く
2021年03月28日
テーマ:金魚(956)
カテゴリ:アート


懸案のヒレの表現も解決、いよいよボディーの制作に入ります。

ハーフフィギアなので台紙に貼り付けるのでなるべく軽くする為ボディーの芯は発泡スチロールを使います。

プリントした下絵に合わせて発泡をカットしていきます。




すぐに石粉粘土を盛って乾燥させる為この日の作業はこれで終わり。




数日(ほぼ土日の作業)経って先に盛った粘土が乾燥したので頭の部分も粘土を盛り付け。




また数日経って頭のフンタンを盛り付け、下が乾かないとなかなか次の作業に進めません;汗。

実はボディーにも懸案があり、それは綺麗に並んだ鱗の表現。規則正しく並んだ物を綺麗に作るのが苦手でそういった物を綺麗に作ったり描かれたりする作品を見るたび尊敬の念に絶えません。

こうゆうのって3Dプリンターなら綺麗に作れるのでしょうね、手作りに拘る必要もなくあくまで手段なので3Dプリンターも有りでしょう、その内?www

金魚のハーフフィギュアをプレゼントするDさんのインスタです宜しければご覧くださいdfac39

https://www.instagram.com/dfac39/







最終更新日  2021年03月28日 14時08分50秒
コメント(0) | コメントを書く
2021年03月21日
テーマ:金魚(956)
カテゴリ:アート


ここからはヒレの完成に向けてひたすら試作を繰り返します。

ヒレの筋をブラシストロークで再現する為の筆運びの練習、いかに均等に間隔を取れるか

自然な並びになるか、、、これは勢いよく描いて行くしかありません。

迷って何度も描くと失敗します。




この練習に何十枚もヒレを作ってみました。

ブラシストロークのわずかな筆跡がヒレの筋になります、筆も色々と替えて試行錯誤が続きます。




そしてなんとかヒレらしい形が出来ました。

専門家が見るとツッコミ所満載ですが、これ以上は無理;汗。




ヒレが完成したので本体の製作を開始することを決めました。

こうなると完成したも同然wwwそこで額をライトアップする事を考えてみました。

百均で色々とライトをチョイスします、深みのある額とは言えその深さは2cmくらいでそんな空間に電球を仕込むとなるとより小さな電球、またそれを取り付ける仕組みを考えなければなりません。

結局この計画は実現しませんでした、後に完成した金魚のハーフフィギュアを額中で上から仮にLEDライトを当ててみましたがライトが当たるのは一部だけで他はほとんど影になってしまい効果がないことが判明、面倒くさいのでやめましたwww

金魚のハーフフィギュアをプレゼントするDさんのインスタです宜しければご覧くださいdfac39

https://www.instagram.com/dfac39/







最終更新日  2021年03月21日 00時26分46秒
コメント(0) | コメントを書く
2021年03月14日
テーマ:ヤフオク(117)
カテゴリ:オークション


このブログのタイトルの一つでもある“ハンマー”はオークションを意味しています。

ブログ開設当時、今はなき「楽オク」によく出品していてその紹介などをポストしていました。

最近ではほとんどオークションへの出品もなくなり“ハンマー”の意味も薄らいできましたが、ここへ来て久しぶりにヤフオクへの出品をしました。



チプカシ(チープカシオ)に塗装を施した2点「チプカシ塗装三毛猫」と「チプカシ塗装アンティークゴールド」です。

「チプカシ塗装三毛猫」はケースとバンドに三毛猫の毛模様を描いたもの、「チプカシ塗装アンティークゴールド」は同じくケースとバンドにアンティークな金属調の塗装を施したものです。

 

チープカシオにペイントする実用的なアートとしてお楽しみいただければと思います。

宜しければオークションページにアクセスしてみてください。


チプカシ塗装三毛猫

チプカシ塗装アンティークゴールド






最終更新日  2021年03月14日 11時49分57秒
コメント(0) | コメントを書く

全558件 (558件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 56 >

PR

X

© Rakuten Group, Inc.