071460 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

【1級FP技能士テカ&マイペースひめ】適当日記

PR

プロフィール


【1級ファイナンシャルプランニング技能士】テカ

カテゴリ

バックナンバー

カレンダー

日記/記事の投稿

キーワードサーチ

▼キーワード検索

ニューストピックス

楽天カード

お気に入りブログ

検察の本気度は? … New! maki5417さん

あれから1年か… New! CAPTAINさん

withコロナ時代の空想 New! 七詩さん

今村2回持たず完敗 ホームズ探偵さん

2020年10月21日
XML
テーマ:高校野球(3130)
カテゴリ:高校野球
秋の高校野球 東北大会は
仙台育英が連覇して幕を閉じました



決勝の動画は ここから見られるようです
https://baseball.yahoo.co.jp/hsb_autumn/game/2020102061/video/player/3380328


結果だけを見れば圧勝続きでしたが
決して楽な対戦相手ではありません




仙台育英の秋初戦は 古川工業です
2011年夏に甲子園出場経験があり
ここ数年間で県大会決勝までも何回か来ている
宮城県の強豪校でしたが
結果は 11対4 7回コールド勝ち

3回戦 仙台城南高校
昨年2019年秋の東北大会ベスト4まで勝ち残った
私立の強豪校です
結果は 10対0 5回コールド

ベスト8 東陵高校
宮城の私立3強の一角です
春のセンバツにも出場している気仙沼の高校です
結果は 9対0 7回コールド

準決勝 柴田高校
甲子園出場こそありませんが
宮城の公立の強豪校で何度も決勝まで来ています
結果は 12対2 6回コールド

決勝 東北高校
宮城のライバル対決です
結果は 3対0 
2安打完封と スコア以上の圧勝でした




東北大会
2回戦からの出場で
秋田第3代表の 湯沢翔北高校戦
松田君の圧巻のピッチングで
7対0 8回コールド
湯沢翔北打線を3安打に封じ
後半一気に突き放す試合展開でした

準々決勝は
羽黒高校戦
羽黒高校は 初戦で岩手第1代表の盛岡大附に
3回までに大量8得点をして 試合を有利に進め
10対7の乱打戦を制しました
羽黒高校戦は初回に2点を先制し
2回にも3点をいれ 5対0とします
中押し ダメ押しと 
11対2 7回コールドで勝利します
強打の羽黒打線を2安打に封じました

湯沢翔北戦・羽黒高校戦のMVPは松田投手ですね


準決勝は 花巻東高校
最速147キロの菱川投手を中心とした甲子園の常連校です
花巻東は 初戦 昨年東北大会準優勝の鶴岡東に7対2で勝利し
2回戦は 秋田の第1代表角館に 2対1のサヨナラ勝ち
準々決勝は 八戸西に2対1と 接戦を制してきたチームです

試合展開はまさに投手戦となります
仙台育英は1年生左腕古川君と2年生エース伊藤君のリレーで
花巻東を5安打に封じ込めます
攻撃面では 花巻東のファインプレーや球運が無く得点はわずか1得点
投手戦にふさわしい戦いでした
結果は 1対0 




決勝の対戦相手は 宮城の柴田高校です

柴田高校は
1回戦の対戦相手は 福島の古豪学法石川高校でした
元仙台育英監督だった佐々木監督が率います
試合は序盤は投手戦で 柴田のエース谷木君が力投しますが
5回にスリーベースヒットで2点先制されましたが
6回に4得点し 続く7回にも3得点と
14安打を放ち 7対2で勝利します

2回戦は 青森第1代表 八戸学院光星高校
説明不要の甲子園の常連ですね
試合は 柴田高校が初回3得点 2回に2得点と
5対0と 序盤大きくリードしました
八戸学院光星の強力打線を4回の2失点のみに抑え
6対2と 前評判を覆す結果となりました

準々決勝は 福島第1代表 東日大昌平戦です
東日大昌平は 岩手の一関学院戦を9対6と打ち勝ちました
4回までに7得点をし 7対0としますが
一関学院が中盤追い上げ 一時は7対6としますが
後半突き放して 9対6と勝利しました

試合は序盤から激しく動きます
初回に柴田高校が 5番村上君の2点先制タイムリーで得点をすれば
1回裏に昌平が3点を取り逆転に成功
中盤に昌平が追加点をあげ6回を終了して2対5と昌平リード
しかし7回に村上君のツーベース等で2点を返し
8回には4番の1年生菅野君の2点タイムリーで6対5とします

9回には柴田打線が大爆発をし一挙9得点
9回裏 谷木君が降板してリリーフ陣に託しますが
昌平の激しい追い上げがあり5失点しますが 15対10と乱打戦を制します


準決勝は 山形第1代表 日大山形高校戦
初回 柴田高校は4点を先制し  3回にも5番村上君の2ランで
6対0とします 投げてはエース谷木君が 日大山形を6安打完封します

しかし 谷木君は ここまで481球を投じた為 
(球数制限500球) 決勝では19球のみしか許されていません

決勝は 宮城第1代表の 仙台育英です
宮城県大会では 2対12と 大敗しましたが
今年の夏の大会は 3対4で 僅差で敗れた相手です




試合は 仙台育英は1年生左腕 古川君  柴田は南條君の先発で開始します

試合は2回に動きます
2回表 柴田の攻撃  先頭の沼田君がレフト前ヒット
しかし 送りバント失敗 と スリーバント失敗で チャンスを潰します
2回裏 仙台育英の攻撃 先頭の八巻君がスリーベース 
岡田大成君のタイムリーで 仙台育英が先制します

3回表 先頭の我妻君が ショートの内野安打
これは 我妻君の足が素晴らしかった 普通ならばアウトです
そして 死球で ノーアウト1.2塁としますが
スリーバント失敗で ランナーを送れずに 
好調の4番菅野君に繋げませんでした
2アウト2.3塁で 5番の村上君と 一打逆転のチャンスも
セカンドゴロで 古川君の勝利

3回裏 先頭のキャプテン島貫君が四球 
3番の渡辺君(1年生の時に甲子園でベンチ入りしたメンバー)が
ライト前ヒットで ノーアウト1.3塁として 
4番吉野君 (昨年の神宮大会でホームランを打った)
東北大会は不調でここまで僅か1安打しか打てていませんでした
柴田高校は 吉野君を敬遠気味の四球で ノーアウト満塁
5番の秋山君に 甘くなったボールをライトスタンドに運ばれました
仙台育英5対0

この回が大きな影響を及ぼしたと思いますね
2回に送りバントを決めきれなかった 
3回もノーアウト1.2塁から送れなかった 
一方で 不調だった仙台育英の吉野君との勝負を避け
その後に秋山君に満塁ホームランを打たれた

4回からは 古川君から 松田君に 投手変更
4回裏 先頭の浅野君のレフト前ヒット 島貫君が送り
3番の渡辺君が 技ありのセフティバントを決め 1アウト1.3塁に
4番 吉野君が初球から打ち タイムリーで 6対0
秋山君が2塁打で 7点目
ここで 柴田高校は エース谷木君へスイッチして流れを止めようとしますが
八巻君がスリーベース 岡田君の犠牲フライで 10対0に
また 浅野君のショートとレフトの間に落ちるお見合いで 12対0
島貫君のスリーベースで 13対0

5回から 松田君から1年生左腕の小林君に
5回裏 八巻君が ホームランで 14対0
今日の八巻君は スリーベース2本とホームランと大活躍

6回裏
小林君がヒット 島貫君四球 渡辺君 ヒットで満塁として
4番の吉野君が 満塁ホームラン 18対0

7回裏
八巻君がセカンドゴロ (これはセーフだったと思う)

8回表 投手 小林君から 中村君へ
ここで仙台育英の守備陣が大きく変更
先頭の船山君が四球 
菅野君のセカンドゴロで ランナーが2塁へ
暴投で 1アウト3塁 村上君のセカンドゴロの間に1点返す

9回は 中村君が3人で抑え 18対1で試合終了

柴田高校000000010    1
仙台育英01481400X 18
仙台育英 15安打 ホームラン3本 スリーベース3本
柴田 4安打

試合は 2回表裏 3回表裏が 全てだったと思いますね


さて センバツ出場は
東北からは2校選出されますが
仙台育英は当確だと思いますが
2校目が 柴田か花巻東かで悩みますね

柴田は 八戸学院光星 東日大昌平 日大山形と 第1代表を連破している
エース谷木君が 球数制限で 決勝戦では先発出来なかったこと
また甲子園出場が無い公立高校だということ

花巻東は 仙台育英戦 0対1での惜敗だったこと
仙台育英は他の試合では 7対0 11対2 18対1だったこと
菱川君は147キロを誇るエース


今年は明治神宮大会がコロナの影響で開催されない為
明治神宮枠がありません
その為 空白の予備1枠があります

昔は希望枠という補欠校から選ばれていました
もしかしたら 他の地区次第では
希望枠として 恩恵があるかも知れませんね

また柴田高校を21世紀枠で推薦するかも知れませんが
宮城県は過去に一迫商業・利府高校・石巻工業と出ていますし
東北地方が多く選出されているので どうでしょうかね?


それと笹倉君 
気になりますね

https://news.yahoo.co.jp/articles/b797d17024b32c3878c516b98a806a1962d3ce00

 

仙台育英が2年連続優勝 柴田との宮城対決制す 高校野球・秋季東北大会

 

高校野球の秋季東北大会は最終日の20日、宮城県石巻市の石巻市民球場で決勝を行い、仙台育英(宮城)が柴田(宮城)に181で大勝し、2年連続11回目の優勝を果たした。

 

 仙台育英は二回に1点を先取すると、三回には秋山俊の満塁本塁打で加点。四回も打者一巡の猛攻で8点を加えて突き放した。

 

 初の決勝に進んだ柴田は、1週間に投げられる球数を500球以内とする投球数制限のため、決勝で最大19球しか投げられないエースの右腕・谷木亮太が四回途中から2番手で登板。打者6人に投げ、計500球に達して交代した。

 

 仙台育英・須江航監督 決勝戦だが、挑戦者の気持ちで粘り強く前向きに戦えた。結果は後からついてきた。最終的には点差がついたが、序盤は押された。スコア以上のプレッシャーがある中での試合の入りだった。

 

 柴田・平塚誠監督 今まで決まっていたバントが決まらず、チャンスでも一本が出なかった。一、二回に点が取れればいい流れになったが、力が足りなかった。(エースの)谷木は大事な場面で使おうと考えていた。南條は低めに丁寧に投げることができるので先発させたが、仙台育英打線がすごかった。

 

https://baseball.yahoo.co.jp/hsb_autumn/game/2020102061/video/player/3380328

 







最終更新日  2020年10月21日 18時34分25秒
コメント(0) | コメントを書く



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.