072736 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

【1級FP技能士テカ&マイペースひめ】適当日記

PR

全5件 (5件中 1-5件目)

1

お笑い・ギャグ・ボケ

2020年09月05日
XML
秋田出身の菅さんが 首相になりそすです



秋田出身と言えば 「鳥居みゆき」さんですねww


先日 内藤剛志さん主演のドラマ
捜査一課長にも 出演しておりました
なかなかの 怪演をしていました



今 youtubeで ダンディ坂野さんとコラボして
松田聖子さん風の 歌を披露しています


https://www.youtube.com/watch?v=A17sKR__9rs



こんな記事を見つけましたので
紹介します

https://news.nicovideo.jp/watch/nw8042063



鳥居みゆきと言えばブレイクのきっかけとなったネタ「ヒットエンドラーン」の強烈なイメージが強いが、実はいろいろな顔を持つ。単独ライブ『狂宴封鎖的世界』シリーズをはじめ舞台では度々主演を務め、女優として映画やドラマにも多数出演する一方で“歌ウマ芸人”として知られる。そんな鳥居が松田聖子を思わせるような80年代アイドル風ソングに挑戦した。

2008年8月19日放送の『第13回 お笑い芸人歌がうまい王座決定戦スペシャル』(フジテレビ系)で名だたる“歌ウマ芸人”たちを相手に『月光』(鬼束ちひろ)や『本能』(椎名林檎)、『愛のうた』(倖田來未)といった楽曲を歌って勝ち進み『空と君のあいだに』(中島みゆき)を熱唱して優勝した鳥居みゆき。

なにしろ鳥居は、2015年12月20日に放送された音楽バラエティ番組『関ジャム 完全燃SHOW』(テレビ朝日系)の音楽講座で「中島みゆきはナゼ人を惹きつける?」をテーマに講義したほどの中島みゆきファンなのだ。

さらにはMBSの『歌ネタ王決定戦2016』に出場して準決勝まで進んだり、2019年7月にWEB公開された老舗美容室によるCM『もう一度、花咲かす(ハナサカス)』編に起用されて女性バンドという設定でJ-POP風な楽曲を歌ったりと、どのようなシチュエーションにも対応出来るのが強みだろう。

その鳥居みゆきが、8月30日にインスタグラムで「たまたまダンディさんにお会いしまして たまたま昭和アイドルチックな服を持っていて たまたまキーも私に合わせていてくれたので 歌いました」とこのたびの経緯をほのめかした。



そうやって実現したのが31日にYouTubeで公開された『鳥居みゆきが歌う「渚はコバルトブルー」』である。松田聖子の名曲『青い珊瑚礁』をイメージさせるような海を背景に鳥居が80年代アイドルに成りきって歌う映像に、視聴者から「爽やかな曲に鳥居さんの綺麗な歌声、大好きです」、「素晴らしいの一言に尽きます」といった感想が寄せられた。

また鳥居のインスタグラムにも「拝見しました!! 凄く可愛いらしい歌声に癒されました」、「たまたまがあと10回位続いて、たまたまCDになんかなって、たまたま買ってしまおうかな?」などの反響があり、“歌ウマ芸人”鳥居みゆきの魅力を改めて知らしめた形となったのである。

ちなみに鳥居と同じサンミュージックに所属する先輩芸人のダンディ坂野がYouTubeチャンネル「ダンディ坂野 だんさかch ダンミュージック音楽出版」で7月から「主に歌謡曲を作って歌ってみる」という動画シリーズを投稿しており、8月10日公開の『作って歌うデュエット曲「太陽と月のセレナーデ」』に鳥居みゆきが登場してダンディ坂野とムード歌謡をデュエットしたのが最初のコラボだった。

その前にダンディが8月3日に公開した『作って歌うアイドル歌謡「渚はコバルトブルー」きったん編』では「80年代アイドル歌謡風 渚はコバルトブルー 今回は女子に歌ってもらいました」「根菜キャバレー きったん編」と説明しており、謎の女性ボーカルきったんが披露したのと同じ曲を後に鳥居みゆきが歌ったところ好評を博したものだ。

(TechinsightJapan編集部 真紀和泉)






最終更新日  2020年09月05日 17時49分43秒
コメント(0) | コメントを書く


2020年05月07日
テーマ:ギャグ(49)
今 キャッシュレス決済で最大5%還元中であるが

年輩者ほど反応が無い

テカは「クレジットカード」払いで5%還元&クレジットカード会社のポイント
のダブル取りをしているので、大きな恩恵があるのだが・・・

レジ従業員が「ポイントカードは おもち ですか?」って言えば
年輩者は ポイントカードを提示する

しかし、電子マネーにチャージするとかという発想は全くない
ニコニコ現金払い
(我が社のポイントカードは電子マネー機能も付いている)

だったら、買い物した金額程度のお金をチャージすれば5%還元されるのに

説明しても 「難しいことはわからない」 という

そのクセ「お金が無い」と言っている
年金支給日に爆買いして、年金支給日前は金欠病
子供のお小遣い管理と全く同じ・・・


と愚痴っていても仕方ないので

ポイントカードはおもちですか?ネタ


以下コピペです


店員「当店のポイントカードはお餅でしょうか」

ぼく「えっ」

店員「当店のポイントカードはお餅ですか」

ぼく「いえしりません」

店員「えっ」

ぼく「えっ」

店員「まだお餅になってないということでしょうか」

ぼく「えっ」

店員「えっ」

ぼく「変化するってことですか」

店員「なにがですか」

ぼく「カードが」

店員「ああ使い続けていただければランクがあがってカードが変わりますよ」

ぼく「そうなんだすごい」

店員「ではお作りいたしましょうか無料ですよ」

ぼく「くさったりしませんか」

店員「えっ」

ぼく「えっ」

店員「ああ期限のことなら最後に使ってから一年間使わないときれます」

ぼく「なにそれこわい」

店員「ちょくちょく来ていただければ無期限と同じですよ」

ぼく「なにそれもこわい」

店員「えっ」

ぼく「えっ」

 


数日後



 

店長「お客様のご要望にお答えして、当店のポイントカードはお餅にしました(怒)」


 

店員「当店のポイントカードはお餅でしょうか」

ぼく「えっ」

店員「当店のポイントカードはお餅ですか」

ぼく「いえしりません」

店員「今週からお餅になったんです」

ぼく「えっ」

店員「もうお餅になったんですよ」

ぼく「えっ」

店員「えっ」

ぼく「変化したってことですか」

店員「なにがですか」

ぼく「カードが」

店員「ええもう完全にお餅です。菱餅や鏡餅もご用意しております」

ぼく「そうなんだすごい」

店員「ではお作りいたしましょうか有料ですが」

ぼく「くさったりしませんか」

店員「しますよ」

ぼく「えっ」

店員「ああ期限のことなら一週間で使わないと腐ります」

ぼく「なにそれ困る」

店員「ちょくちょく来ていただいても同じです」

ぼく「なにそれも困る」

店員「お客様のせいですよ」

ぼく「えっ」




【越後製菓】まるでつきたて餅700g
正解は 越後製菓






最終更新日  2020年05月07日 18時00分08秒
コメント(0) | コメントを書く
2020年05月06日
テーマ:ギャグ(49)
テカはファミコン世代である

ゲームが進化しすぎてついていけなくなったが

どこかの うどん県では 
ネット操作してやらかしたらしいですがね
あまり強制するのは如何なものかと・・・


テカのゲーム史は
「スーパーマリオブラザーズ」「スパルタンX」に魅せられて
親にはじめて お願いして買ってもらったのが最初

衝撃を受けたのが「ファミリースタジアム」
野球好きだったテカが ハマった

また「ドラゴンクエスト2」の復活の呪文に何度泣いたことか・・
「ドラゴンクエスト3」は伝説の神ゲーだと思う
いまだにyoutubeで見てしまう

勉強しないでゲームばかり・・と言われそうだが
「桃太郎電鉄」で日本の地理を
「信長の野望」で歴史に興味を持った人は多いはず

プレステに進化してからは
「ダービースタリオン」にはまった
馬券を買わないが競馬は見ている
オグリキャップ世代から見ているので
ディープな競馬ファンとも語れる自信はある

「実況パワフル野球15の栄冠ナイン」は
神ゲームだと思う。単純なのだが奥が深い。
私は1年目の初期メンバーで甲子園優勝したことがある
まぁ、内気ばかりの初期メンバーを厳選した結果なので・・
わかる人にはわかるはず・・・甲子園の魔物


「太閤立志伝5」にもお世話になった
全武将コンプリートさせてもらったが
史実も好きだがIFストーリーが充実していて神だった


「ときめきメモリアル」これのドラマシリーズ
「虹色の青春」「彩のラブソング」「旅立ちの詩」
これは本当に神ゲームだった。
ストーリーも音楽も良かったが、ギャグの秀逸


Wボケと言えば 笑い飯
脱力漫才と言えば 四千頭身 と答えるだろうが・・


元祖は、ときメモの「夕子ゆかり」だと確信している

以下 漫才ネタですww



 

朝日奈夕子「最近、めっきり涼しくなって、秋らしくなってきたわよね」

古式ゆかり「本当に、そうですねえ」

朝日奈夕子「来月の今頃は今より10度ぐらい気温が下がるらしいわよ」

古式ゆかり「そうなのですか?随分、寒くなるのですねえ」

朝日奈夕子「このままいくと来年の今頃は-100度くらいになるわね」

古式ゆかり「まあそんなに。どうしましょう」

朝日奈夕子「信じてどうすんのよツッコミでしょ、ツッコミ!」

古式ゆかり「ああ申し訳ございません。ぼーっとしていました。えーっと」

古式ゆかり「なんでやねん」

朝日奈夕子「今頃言っても遅いの!まったくぼけてるんだからもっと早くつっこんでよね」

古式ゆかり「もっと早く…ですか?」

朝日奈夕子「そう。じゃあ、気を取り直していくわよ」

古式ゆかり「はい」

朝日奈夕子「でもさ秋といえば…」

古式ゆかり「なんでやねん」

朝日奈夕子「早すぎるわよ!」

古式ゆかり「ですけど、もっと早くと」

朝日奈夕子「そう言ったけどツッコミを入れるのはボケを言ったあとって決まってんの!」

古式ゆかり「ああ、ボケを言ったあとでしたか」

朝日奈夕子「ホントにもう…」

朝日奈夕子「じゃあ、行くわよ。えーっと。秋と言えば、何と言っても食欲の秋よね」

古式ゆかり「そうですねぇ。」

朝日奈夕子「旬の食べ物がいっぱいあるもんね。柿でしょ、栗でしょ、焼き芋でしょ」

古式ゆかり「おいしそうですね。」

朝日奈夕子「それに、クレープに、チョコに、アイスでしょ」

古式ゆかり「まぁ・・」

朝日奈夕子「まぁ・・って、なんでつっこまないのよ?」

古式ゆかり「つっこむのは、ボケを言った後だと、おっしゃいませんでしたか?」

朝日奈夕子「へ・・・?ひょっとして・・・ボケ」

古式ゆかり「なんでやねん」

朝日奈夕子「ボケ、ボケ」

古式ゆかり「なんでやねん。なんでやねん。」


ボケ殺しのツッコミ。
というか ダブルボケというか

今でも通用する 漫才だと思う。

「ときメモ 夕子ゆかり 漫才」でググって動画を見てくださいww

個人的には館林見晴ファンですww
マニアックすぎて すみませんwww
たまには こんなネタも投下します?



ときめきメモリアルドラマシリーズ Vol.3 : 旅立ちの詩 — オリジナル・サウンドトラック CD 新品






最終更新日  2020年05月06日 18時24分10秒
コメント(0) | コメントを書く
2020年04月21日






アベノマスクを皮肉ったネタが素晴らしい。

(詳しくは「鳥居みゆき インスタ」で検索してください)

 

鳥居みゆきは、かなり誤解されているが、言葉遊びが巧みである。

相当頭の回転が速いと思う。演技力もあり秋田美人でもある才色兼備。

 

 

 

ヒットエンドランで有名だが、野球用語のヒットエンドランと

「ヒット→打つ→鬱」「ラン→走→躁」つまり「躁鬱ネタ」なのである。

 

 

鳥居みゆきがメジャーデビューしたきっかけは、

カンニング竹山の面接だったのではないだろうか?

 

また、ネタで「紙芝居浦島太郎」があるのだが、

白紙の画用紙だけで、何もない。すべて白紙。

ただ淡々と浦島太郎を棒読みするだけ。

一見シュールなのだが、最後に

「絵にも描けない美しさ!」で締めくくる

伏線回収している・・・奥が深すぎる・・

 

また「鳥居みゆき PON」のインタビューの掛け合いは

本当に上手い。ダジャレの神の域である。

笑点メンバーだったら間違いなく座布団10枚達成する。

 

鳥居みゆきのコント、ギャグは高度すぎるので

一度だけでは気づけないだろうが、ゆっくり丁寧にみると

圧巻である。

 

今尚、衰えない語彙力、奇抜な発想。

(鳥居みゆきの書籍を読んでいただくと納得できると思います。)

フリートークをすると、相手はボケのツッコミが出来ないほど・・

(力量が違い過ぎて、誰もついていけてない)

話すタイミングも、ノリツッコミも的確である

まわりがついてこられないから浮いているように思われてる

 

 

多彩な才能は今後何処に向かうのか・・

 

本当の天才とは彼女のことだ・・・








最終更新日  2020年09月05日 17時57分54秒
コメント(0) | コメントを書く
2020年04月12日
テーマ:ギャグ(49)
テカは お笑い好きである

好きなお笑い芸人は 「鳥居みゆき」

誤解されがちだが 鳥居みゆき は
言葉遊びが非常に巧みである。

漫談ネタの「南アルプス鳥居」は秀逸である。




「故 鳥居みゆき告別式 ?狂宴封鎖的世界?」 [ 鳥居みゆき ]


余った傘はありません 鳥居みゆき/〔著〕



 夜にはずっと深い夜を /鳥居みゆき


鳥居みゆき の 作品は 
なかなか奥深い 読んでみて欲しい


あとは、「職人」である

「ラーメンズ」のシュールなコント


「ナイツ」のボケの伏線を回収していくのは秀逸である


ハライチの「岩井」は 新しいと思う
音楽と体の動きをミックスした お笑い
是非、「ピエロピエロ地獄のピエロ」の動画を見てほしい


ひめは、職人タイプよりも
ストレートのお笑いを 好む
同じハライチでも 「澤部」の方が好みらしく
水色のムックネタには 大爆笑していた


もっとも、ドリフターズのお笑いを見て育ったので
「志村けん」の期待を裏切らない
やっぱりそうだよなぁ という安定のボケも好きだし

ラジオも「オールナイトニッポン」や「伊集院光」を聞いてきた世代である
今では見る機会はないが、ダウンタウンの漫才「ガキの使い」を最初からみていた

ボキャブラ天国、爆笑オンエアバトルの
爆笑問題、海砂利水魚(古いww)など
底抜けエアライン(小坂大魔王、ピコ太郎と言えば認知度があるか)
もブレーク前から見ていた

「ハリガネロック」「アメリカザリガニ」など出場していた
M1は最初から見ている
笑い飯のダブルボケ「奈良歴史博物館」ネタも新鮮だった
「サンドウィッチマン」の漫才・コントの二刀流も嫌いではない
もちろん、今の「ミルクボーイ」「ぺこぱ」も見ている。




言葉遊びと言えば
一部マニアの間で
ウイルスの妖精ネタが流行った時期がある

以下コピペ

医者「ウィルス検査の結果、あなたは妖精です」
ぼく「えっ」
医者「非常に残念です」
ぼく「私が妖精なんですか?」
医者「はい」
ぼく「びっくりだけど・・・嬉しいかも」
医者「えっ」
ぼく「えっ」
医者「皆にうつらないように、人と接するのを避けてください」
ぼく「他人の目に映っちゃだめなんですか?」
医者「目というより、体ですね」
ぼく「乗り移るってことですか」
医者「はい」
ぼく「妖精が」
医者「まあそうです」
ぼく「妖精が増えますね」
医者「はやく全滅させたいんですけどね」
ぼく「えっ」
医者「えっ」
ぼく「殺すんですか」
医者「世界中に広がってますから」
ぼく「この殺人鬼」
医者「えっ」
ぼく「えっ」
医者「まぁだいたいこのクスリ飲めば自然に死んでいくんですけどね」
ぼく「なにそれこわい」


今は時代が時代だけに
笑うには笑えないが・・・

子供の頃
「汚職事件」を「お食事券」だと思い
政治家は食事券をもらっただけで
逮捕されるんだと思っていた。






最終更新日  2020年05月06日 09時31分10秒
コメント(0) | コメントを書く

全5件 (5件中 1-5件目)

1


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.