048173 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

■ロックに打たれて眠るだけ■

エニィスロットデイズ4

9月27日
 南メイのOB会があるということで、ぎりぎり暇だった私は26日に鹿児島入りをしたわけであるが、鹿児島といえば「ダイヤモンド」である。そう、かつてのホームグラウンドとして数々の名勝負が繰り広げられたあのホールである。下の情報によれば今日、7のつく日はサンダーの日ということで、下がCPCの検査から帰ってくると同時に直行する。
幸い島には3台の空き台があった。一台目に座った台は1000円で妙に回っていたので「設定据え置き濃厚」ということで移動。2台目でビック2回を引いたところで「せっかくの連れスロだから」なんて下の隣に移動。移動の理由はただ単に楽しく打ちたかったからである。しかし全然楽しくない展開になりつつあり、しょっぱなからビック間800を喰らい追加投資がかさんだ。しかしそこはダイヤモンドである。ここから全くハマリというハマリが無く、ダラダラと3000枚も出すことができたとさ。途中リリベやベルV、77バー等のサンダー至福のときであるリーチ目出現を楽しみまくり、帰りの飛行機代を稼ぐことに成功した。ちなみに大野に1000枚カマを掘られたけどね。最後に☆を少し打って無駄投資やね。久しぶりに稼動が100%のサンダーを見た。
 「ダイヤモンドには夢がある。」ありがとう。
                              投資14000円
                              回収48800円
                             プラス34800円
9月29日
 引継ぎの帰りになんか「とてもいい感じの空だった。」ということでぶらぶらドライブ海岸沿い。そして行き着くさきにはプラント3ってことで、帰りに当然スロ滑に寄ったのであるが、お目当ては遅番の美女「魚住さん」だったのだが、なぜか今日はいなかった。もう辞めてしまったのかと不安になったが、とりあえずスロ金を打つことに。300回っていたので、ひとまず設定1のビック確率まで回そうと打つこと3本。会長+竜太で白七ベルハズレが炸裂し、あっさりとビックをゲット。しかし、JAC確率6分の1、「まだまだ~!」無し。魚住さんもいない事だしヤメ。
                              投資3000円
                              回収3600円
                             プラス 600円
10月4日
 何となくスロ滑へ。☆が3UPだったのだが客付きが異常に悪い。4台も空き台があり少々不安ながらも角にて勝負。速攻でナイターを引くも一徹現れずで終了660でヤメという最悪の展開になった(所持金の関係で追っかけるのは危険と判断)。こうなることはあらかた予想できていたために、自分の立ち回りについて腹が立つ。そこでリベンジはスロ金にてということで、何となく選んだビック確率が一番いい台。6本でビック引くも、ハズシで2パン。「まだまだ~」無し。さようなら。
                             マイナス31000円
10月11日
 4月以来の財政難である。働かざるものかくのごとく。私はコツコツしていた硬貨貯金の箱を切り裂き大量の硬貨を数えてみた。100円硬貨が21枚500円硬貨が18枚1箱に入っていた。両替するのも面倒なので、つまりこれは「現金機を打て」ということと判断し、MAXへと旅立ったのであった。
 店内をくまなくチェックしてみたのだが、どうも魅力的な機種がない。なにを打っても引ける気がしない。そこで目に飛び込んできたのが「へそガバ空き状態」の奇面組。打ち始めの感触はそこそこであったが、どうも道が悪い。全然銀球が跳ねない。2000円で40回転ということでヤメ。ぼんやりしてきたので帰宅。
                             マイナス2000円
10月17日〔金〕
 給料が入ったのでひとまずスロ滑へ。打てる台の発見よりも早く「魚住さん」発見。俺アイドルの健在で今日の運気が一気にアップしたので、スロ金でも2本でビックゲット。JAC確率も22の7といい感じ。しかしそこからが850オーバーのハマリで引いたビックはあわや2パンの危機にさらされ移動することに。
 辿り着いたのは「イベント札」の刺さっているドン2であった。ビック12のバケ11という、いかにも高設定な台があいていたので迷うことなく打ち始めると、持ちコインで繋がり、そこから2時間でビック8回の完全勝利。イベント内容及び島内の台状況から判断して5、6があるならこの台しかないと思い粘った甲斐があったよ。しかし「魚住さん」に彼氏の存在が見えたため気分的に負け。
                                投資18000円 
                                回収29600円
                               プラス11600円
10月18日
 魚津のトヤマホールがリニューアルしたということで行ってみることに。
 店内を見渡したところたいしてかわったところもなく、あいかわらず客付きが非常に悪い。土曜日なのにスカスカである。しかし来たからには打つべしということで650ハマリのマジパルを打つこと3ゲームでゲチェナ!ビックであったが170回して音沙汰なしということで、そこそこ出ていた「タイムパーク」へ移動すると、多少の追加でポンポン2連チャン。そこで再びそこそこ出ていた「ネオプラ」を打つとリプレイ解除2連チャン。納得の90分であった。山佐祭りだね。しかし換金してみてちょっとガッカリしたのは6枚になっていたからである。この店の強みは市内唯一の等価店ということだったのに、それをかえたのでは客が減って当たり前だのなんとかである。
                               投資 5000円
                               回収17200円
                              プラス12200円
10月25日
 スロ滑にてめぼしい台が見つからず、しかたなく850ハマリのスロ金に着席。ビックを4回引いていたがEXは引いてないもようである。4回引いた時点での確率は150分の一である。ひとまず天井までと思っていたら投資ジャスト10本で天井EX10でヤメ。粘ってもだめだったろうね。しかし、あいかわらず魚住さんは可愛いね。
                                投資10000円
                                回収タバコ11箱
                              マイナス10000円
同日
 スロ滑に行く途中から気付いていたのだが、今日はジャンボのニコニコデーである。昨日弟と「ジャンボなんか行くもんか。」とはなしていただけに、行くことにとまどいがあったが今日は正解であった。きょうのイベントは「百景」と「ネオパル」だったが、客がほとんどいない。とてつもなく不安であったが、なんとかそこそこの百景を打つことにした。
投資3本でバケ、追加5本でビックを射止め、そこからは大きなハマリも無く2000枚ですぅ~。即日即リベンジが信念です。
                               投資 8000円
    回収33500円
   プラス25500円
10月26日〔日〕
 お店の手伝いしたあと打ちに行くことにした。これは俺オカルトであるが、休日に手伝いなりなんらかの仕事をした日は勝つことが多い。しかも今日はメールでドン2が3UPであることがわかっていたので、高設定が絞られてくる夕方勝負である。
 さて、いつもどおりスロ滑に着くとドン2の島は客が2人しかいない。その他の新台はまんぱんであるのに・・。案の定稼動があまりないためバケ確率で判断しカド台にて勝負開始。投資1本である。黄色金魚が右から出て挟み打ちで消化すると、ドンはさみのちょうちんひし形というなかなかの目を出しバケスタート。そして間髪いれずビックスタート
そのままの勢いで一撃2000枚ですぅ~。ってここでヤメとけばの話であって、最後に400ハマってやめたとさ。
 PS。今日はGODの電源が落ちていた。何事かと思っていると、すぐ横に見たことのない台が置いてあった。店内アナウンスによると明日は新台入れ替えだそうである。このごろやけにハイペースだな。9月頭から「やじきた」「ジェットセット」「サップ」「ブラックジャック」そして今回で五回目である。今後の展開がとても気になるね。1台30万として180万かかっているうえかなりの優良出玉なので、店としてプラスになっているんだろうか。ドン2とスロ金が隣同士なのだが、一時「島に俺一人状態」であった。出ていてこの状態って、なんかいいよね。
                                 投資1000円
                                回収23400円
                               プラス22400円
10月31日〔金〕
 8時半からスロ滑へ。ビック1バケ4のドン2を打つもダラダラマイナス。 
                              マイナス14000円
11月1日
 「魚津最強の日」という謎のイベントがジャンボにて開催されていたため、ひとまず行ってみた。イベント対象はドロンジョ、猪木などであったが、自分はなんとなくリオのかわいさからSBJにて勝負開始。
何気に初打ちである。8時間ばかり打ったが分からないことだらけだった。ビックは11回引いたのだが最終的に6300分の13となった。ストックタイムも都合500ゲーム消化したがリオチャンは単発1回のみ。確か約100分の1だったはずだが、自分の引き弱であるのか。いや、まちがいなく初当たり確立には設定格差があると思う。
 ちなみにSBJの島は十数台中客のプラスは僅か2台ほどだった。実は「魚津最強の回収日」というイベントであった。パチンコの島も見てみたが、12時開店の新海の釘も腐ってたよ。ジャンボ恐るべし。
                                投資25000円
                                回収    0円
                              マイナス25000円
11月2日
 さわやかな秋晴れの1日が今日も無駄に過ぎていった・・・13時間バトルinスロ滑。
 どうしても負けられない勝負がある。パチスロにおいては2連敗の次の勝負がそれに当たるのではないだろうか。まさに今日の状況である。今日はドン2が3UPであるというのは、前日のメールで確認していたのだが、ドン2を狙ったわけは朝一の段階である程度設定の変更が分かるからである。普通ならね。しかし今日のドン2は一筋縄ではいかなかった。前日ある程度稼動がありなおかつデータクリアされていないものを探したのだが該当したのは1台だけであった。しかもなんかおかしい。それは打つ前からすでに270回っている状態であることと、前日のデータがデータロボの数字と機体の数字が大きくことなっていることである。しかもこの台だけ。前日のデータは設定2ぐらいであろうというところだが、開店前に打ち込んであるのでもはや上げ下げは判断不能。しかしたとえ据え置きか下げだったとしても、上げを臭わせるためには打ち直しか普通に下げるだけでいいのであり、据え置くならこんなに怪しい仕込みをする必要も無い。「まちがいなく何かある。」ということでこいつに決定した。
 「いざ勝負!」ということでサンドに夏目を入れたつもりがなぜか取り出されていたのは万券だった。「おかしい?」。いつも千円札は財布の左側に入れてあるはずであり、まちがいなく左から1枚とったはずなのである。弟に笑われつつも、いつも通りに青ドンで始めるといきなりの450ハマリ。そこから再び450ハマリを喰らい、22000円マイナスのスタートとなったが、そこからそこそこの立ち上がりを見せ、スランプグラフもプラス域にまで顔を出したりした。しかしそこからがいけなかった。延々と下皿プレイをしいられた挙句ビック間700オーバーを喰らい全飲まれ。データを見てみると、ビックもバケも設定1の確率より下回ってる。すでに5000ゲーム近く回しているので、かなりの確率でこの台は設定1or0。本当は打っているときあまりのバケの引けなさから456は無いと確信していたのであるが、なんせ朝のことがあるからやめるにやめれなかったのである。終わってみればなんのことはない単なる設定1であった。私はまんまとアドリブ店長の策略にハマってしまったのであり、朝一高確率でもなかったため270回してあったのは、開店前に誰かが適当に遊んで打っていたとしか思えない。台を選ぶにはなんらかの理由付けが必要だが、今日のこれは確かな根拠も無いものであり、まだまだ自分は未熟なままである。
 弟がまだ打っているので、自分は朝一7並びだったスロ金を打つことにした。打つにあたって両替をしたのだが、財布の中を見てみるとどうも自分の記憶より一万円札が1枚多い。スロットを打つ人間は、自分のネタ銭がいくらあるのかということについてまちがうわけがないのであり、どうやら両替した際に一万円が混じって出てきたようである。スロ歴6年になるがこんなことは始めてである。
 スロ金の方はというと、ビックを4回引いた時点で設定4と断定。負けたけど絶対に設定4である。(EX9-4.JACIN191-51.ビック後1ゲームのベルでEX当選などが判断基準)ちなみにビック確立は5162分の13であったが・・金太郎転び過ぎ。金太郎遅刻し過ぎ。
 今日はとんでもない親子をみた。母親はビンゴを狂ったようにハシゴ打ちし、ガンガンに襟足を伸ばした金髪の子供(推定4歳)はプラモを作っている。しかもホールの床に寝転がって。しかも子供がちらかしたゴミを母親がちゃんとかたずけているのだ。しかもちゃっかり父親まで打っていたりして、どうなる日本。いったいどんな小学生になるのだろうか。こんな親がいていいのだろうか。ホールも何らかの注意をすればいいのに。なにか問題が起きてからでは遅いんでないかい。子供にビックを消化させていたし、子供用の椅子まで用意してある始末であった。親のスロット見学(終日)。こんな休日死んでもいやだ!「子供は親を選べない」。
                          投資30000円
                          回収10000円(両替にて)
                        マイナス20000円
11月4日
 スロ滑にて。
 ヤバイ流れである。ただ単に視聴覚センターに行くだけなのに、なぜか銀行に寄っている。つまり「手持ち2万じゃ不安」ということである。結局視聴覚センターは見つからなかったので、さっさと打ちに行くことにした。なにやら県内トップ導入で「北斗の拳」が入るらしいので見にいってみた。当然満席であったが、全体的にそこまで出ていない感じであった。そこで本日のイベントである「サラ金」の島をうろついていると3000ゲーム弱でビックを18も引いている台を発見。「あり得ない。」何かの間違いだと思いつつも着席。投資5本でビック。よくよく考えてみると、これが初めてのビックである。高確率ゲーム中に何とかハズレを引きたいところであるが、あっさりとスルー。しばらく打っているとリプフラッシュが発生し、その直後に左上段に青7停止。「ドキドキしていた。」こんなに心臓がバクバクしたのは久しぶりである。金太郎が溺れたときはあまりのショックで、ついうっかり大げさなリアクションをしてしまったよ。
 追加2本で引いたビックで待望の金チャンを引くも単発。長丁場を期待して1回目終了直後にジュースを買いにいったのがいけなかったのだろうか。どうも初代ジュウオウ以来連チャンテーブル負けしているような気がする。これで高格が5連続で単発だよ!偶数設定ばかり打っていることも無いと思うので、以前引いた鯖一撃25連(上乗せナシ)をチャラにするために収束しているのだろうか。今日はさらに高確ハズレを3回も引いたがオールスカ。「そろそろご飯だよ。」とおばあちゃんから電話があったのでヤメ。ビックだけでギリプラスであったが、そこそこ充実した展開でもあった。上を言ったらキリもないしね。
PS。カウンターについてであるが、ビック回数に金チャンの回数もカウントされるようである。こういう大事なことは、ちゃんとどこかに注意書きしてもらわないと困る。ここらへんがしっかりしてないと、いいかげんなホールと思われちゃうよ、スロ滑さん。
                           投資7000円
                           回収8800円
                          プラス1800円(連敗脱出!)
11月7日
 7のつく日はスペシャルラッキーデーらしいので、仕事帰りにスロ滑へ直行。店内を見回ったが、ストック関係で打てそうなゲーム数の台は皆無。ということでいつもどおりスロ金にて勝負開始。1000ゲーム回してビック3回、EX1回といったところであるが、基本的に甘いということで近頃困ったときはスロ金なのである。
 一発目までが遠かった。投資32本!で目で引いたビックからビック3連、オールEX突入と噴き始める。しかもJACIN確率は65-22である。「設定5でまちがいない。」と粘るもその後4回引いたビックはオールスカでJACIN確率も4前後まで落ちてきたので、実際の設定は分からずじまい。やはり設定を見破るにはかなりの稼動が必要らしいが、少なくとも1を避けることはできるので、JACIN確率だけはチェックしとくようにしないとね。実際今まで1を粘り打ったということは一度もないはずである。
 ビックの引きはそこそこ、あと1回だけでもEXに突入すれば勝てたのに、ギリギリの引きが甘かったようである。
                                投資32000円
                                回収28400円
                              マイナス 3600円


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.