048076 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

■ロックに打たれて眠るだけ■

エニィスロットデイズ9

2008年の俺より
「前回の1月編もすごかったけど、よくもまあこんなにパチッテルねぇ。今の自分には信じられませんよ。ということで、この2月編もかなりの奮闘っぷりです。」

2月1日
「1の付く日は富一ボッタフェスティバルとします」
「ぼったくり」、意外にも私が所有している辞書には意味が出ていなかったが、富一がボッタホールであるのが今日再確認された。
不二子の裏にはイレグイという、私にとって夢の島であったが、私が打った不二子を含めてオール1であるのは間違いない。イレグイにいたってもオール1でしょう。2台でビックを引いたが、いきなりのハズレ5回で確信したよ。ホール全体を見渡しても客が勝っていそうな台は島に1・2台のみ。メインの客層がかなりの低レベルなのは美味しいが、設定が全然ダメではお話にならない。びっくりしたのはイレグイでチャレンジビックを選んでおきながら、15枚が取れていない若者がいたこと。常に赤7で揃えている若者。しまいにはストック機でもないのに、ボーナス確定後に常に3枚がけで狙っている若者。きっと仕組みが分かっていないだけなんだろうけど、見ていてもったいなくてしょうがない!客付が今日に限っていえば異常に良かったので、富一は今日だけでいくら稼ぐつもりなんだろうか。そういえば百景にいたってはほぼフル稼働なのにドル箱仕様者ゼロというありさまだった・・
自分は不二子とイレグイで2回のパンクを喰らって、等価の厳しさを知ったよ。パンク2回でマイナス5000円だもんね。リプレイハズシも収支にかなり大きく関与してくるため、かなりの緊張感があったよ。ちょっとミスって2000円は損したな。
自分がたまたま悪い状況を見ただけかもしれないが、やはり富一には近づかないほうがいいのだ。
                       投資31000円
                       回収 8500円
                     マイナス22500円
同日
 帰りにセガワールドに行ってぷよぷよフィーバーをしてみたが、いきなりランキング3位になってしまった。しかも1位は一ヶ月前に自分が出した記録のままであった。やっぱり人気ないのかな・・・

 スロ滑に寄ってみた。一昨日のデータを見るとやっぱり不二子の角台は6っぽい数字を出していた。すんげーくやしい!悔し紛れに不二子を打ってみたところで何も引けず、やっぱりどこでも土日は回収日なんだと実感した。
 それでもなんとか今日の負債を減らしたい思い出クソ台の竜宮物語にて最後の5千円をぶち込んだところ、子役の落ちが異常に良く、そのおかげでなんとかラスト1kでビックゲット!
 ストック機といっても、出方がほぼノーマルAタイプなのでどうしようかと思っていたところ、どっかのお姉さんが捨てていった台が、デモフラッシュで○フラッシュしているではないか!自分が一回も発見できなかった○フラッシュがそこにある。急いで移動である。ビックである。ビックである。ビックである。
 3連もしてしまったが、その後100ゲーム音沙汰なしで移動。何より大切なのは知識であると実感。
 その後ドン2を性懲りもなく少し触ってみたもののなんか違うな。
 600ハマリのドリフト発見・・・この状況はいつものパターンであるが、本当に今日こそはプププフィーバーしてやろうと、ペシペシ打ち始めること300ゲーム。普通に天井に到達。「ここでバケだったらおしまいだ~、頼む!」

 バケッ バケッ バケッ!

 よく分からんミッションなしのバケ3連。これでこの台はビック2のバケ9になったよ。あんまりや。
 しかしその後いきなりミッションが発動し、見事クリアでビック!しかも高確100ゲーム付きで!プププ祭り開催か!
 
 「プププ0回(涙)」

やっぱりミッションクリアできなかった。都合20ゲームはあったミッションでリプレイ0回。どうしてもドリフトは噴かしきれない。あと一歩の引きが無い。イライラが頂点に達してヤメマシタ。いったいどうやったらドリフトで勝てるのか未だに分からない。
                              投資12000円
                              回収17000円
                             プラス 5000円
                            勝ってる!スロ滑万歳!
2月2日
 今日は新台入替である。何が入るかってのは特に興味ないが、一体何が外されるのかが非常に気になる。
 3UPは百景なので、これで堅く勝負しようってわけである、えっ百景の島には新台が・・ってことは・・・ってオイ!ドン2外されてんじゃん!なんたる暴挙!これでこの店から純製Aタイプが消えよ。昨日のドン2が最後のドン2だったのか・・

 「カド台で問題ない」とにかくカドで問題ないんだよ、この店は。それを裏付けるかのように投資2kで島一番のビック。島には私一人だがそんなこといいや。早いから。
 
 「帰ろうかな」

 何となく早めのビックに満足してしまい、このままプラス8kぐらいで帰ろうかと思ったが、このイベントで百景なら大3枚は堅かろうと思い粘ります。

「帰ればよかった・・・・いやマジで・・」

ビック8回までは時間2回ペースで引いていたものの、中盤にビック間800・1300・700の三連コンボを喰らい、設定1の壁が越えられない。途中ストレート998でバケを引き、「4ケタハマリのデータを見せながら打つ」という罰ゲームは避けられたものの、1より引けないってことは、1かそれ以下しかないわけで、収束するまで粘る気も失せてしまい財布に5kを残してギブアップ。カド台神話崩れる。
さて、泣いても笑っても残り5kである。ここで何気に真後ろにあった「おさる」を打つと1kで超ビック!素晴らしい引きであったが450ゲーム回したところで飲まれヤメ。
ホント上手くいかんよ・・

「不二子にあいさつしておかないと」

そんな思いで4k握り締めて不二子の島に行ってみるとガラガラ。とりあえず350回ってビック1バー1の台を打つこと3kでビックという、土壇場の引きを発揮した。しかもオリ連がガンガン炸裂し、あっという間にドル1勝ち盛り!
その後ぽつぽつとビックを引き、ついに収支はチャララインまで戻ってきた。
「こんなことなら最初から不二子打ってりゃよかった」なんて後悔してみたものの、こんなラッキーは今だからあったのかも知れない。
しかしここからが大事であった。普段私は持ちコインがドル箱1箱以内じゃないと台移動しないのだが、明らかにカド2の不二子の方が見た感じ確率的にも成り上がり的にも良かったので、ドル箱と下皿のコインを移動させてこの台の真価を問うことにした。はたしてその実力は。

「笑いが止まらない。くっくっく」

不二子で1番好きな瞬間は、「チャラッ、チャラッ・・・」ってスーパービックが始まる時なんだけど、これが5回も連チャンしてくれたんだから言うことないよね。前に打っていた人の分も合わせれば、軽く6000枚は出ていただろう。まったくノーマークの不二子でまさかの逆転勝ち。今日は確率に泣いて笑った1日だったよ。閉店近くに百景を見たがほぼ壊滅状態。やっぱり今までずっと1だったから、マシンに1が染み付いているんだろうね。もう打たんよ。私には不二子がいるから。私が思う今日一番の勝負どころは、1kで引いた「おさる」を追っかけなかったところである。追いかけてたらこの勝ちは100%なかったろうね。最善策は「朝から不二子」であったことにはまちがいないが・・・
                             投資36000円
                             回収80000円
                            プラス44000円
                         また勝ってる!不二子万歳!
2月3日  「やっぱり帰ればよかった・・」
今日から日記にタイトルでも付けてみようかなって気になり付けてみた。
スロ滑は近頃やたら店内放送で「3・7・0の日はスペシャルラッキーデーになっておりますので・・・・」といったようなことをいっているのだが、たいして普通の日と変わらない気がするのは自分だけかしら。
まあ、店がどうであれ自分が今打っている台の設定が高ければ問題ないので、今日も朝から不二子の設定変更を狙いに行きます。
判別のほうほうが結構アバウトだったが、明らかになったのは昨日自分が打っていた台の変更のみということで、なんとなく頼りなくなってしまい不二子を諦めてみると、頭の中では「百景リベンジ」が浮かんできた。
さて百景。昨日のデータをチェックしてみると、自分が突っ込んでいた台はビック確率650分の1だった・・やめてよかった。他の台も見てみると客が浮いていたのはわずか1台。しかも序盤から終始ダラダラだった台。今日は大丈夫なのだろうか・・
百景の島には先客が一人。7並びの台は2台空いているのに、一体なぜそのなんでもない台を打つのかと思ったが、確かに朝一にチェックしたときデモの液晶がややズレていたのは自分も確認していた。もしそこに着眼しているとするならば「こいつかなりの強者なのか」
自分はやっぱり7並び台に座ってしまったが、これが吉と出たのかビックの掛かりがハンパじゃない!
ビタハズシで多少ミスしたものの、ビックオンリーの8数珠連荘が炸裂し、わずか1000ゲーム足らずでビック8回、しかも10枚役確率もいまだに一ケタをキープしており、設定6疑惑急上昇。今日は万枚っす!

「帰ればよかった・・」

序盤の勢いはどこへ行ったのだろうか。後半1500ゲームで引いたボーナスはビック1回とバケ1回のみ。2000枚飲まれてしまたよ。どうしてこんなに荒々しいの?ノーマルだよね?つくづく確率の確率たる事実に身をつつまされる。もし高設定ならもっと安定した出方するはず。バケももっと引いているはず。先客が打っていた台が順調にコインを増やしているので、やっぱりあれが当たりなんだろうと思い移動します。そういえば始めに打っていた人はドル1で移動していったが、自分なら絶対捨てないで粘るね。どうしてビック6のバケ6(稼動1300ぐらい)を捨てていくのかが分からない。っていうか自分が奪えばよかっただけなのね。さて、どこに行こうか・・

「こんな立ち回りはよくない」

そんな思いがあったにも関わらず、再び不二子に戻ってきてしまった。しかも自分が最初に打っていた台がドル2箱噴いている!しかもビックでハズさないおじ様が打っている!やっぱり変更判別はしっかりプラムを外して行わなければいけないことを学ぶ。
自分は昨日最初に打った不二子がどうも据え置きくさかったの打ってみたが、これが運良く2つのスーパービックをプレゼントしてくれて百景のハマリ分をかなり回収することができた。

「帰ればよかった・・」

600ハマリ。んでバケって、ちょい追ってヤメ。打っている途中「せっかくの不二子のプラスが全くの無駄になってしまう!早くやめねば、やめろ~」なんて思っていたものの、「あと1回演出が見たい」っていう気持ちの方が強く、しかもどの演出にも納得できずに、やっと右バイクのベルナビのベル揃いで諦めることができました。MAXの2分の1にコインを減らしてしまったが、ラッキー勝ちはしっかりMAXでやめたいものだ。
そういえば今日も「北斗の女」が、朝から気合入りまくりで来店していた。いつもピンクのコートにミニスカで、この女の詳しいことは何も知らないが、ボーナスの緑オーラを指さして荒々しくベットボタンを叩いていたところを見ると、どうもまっとうな人間ではないらしい。たまには自分も荒々しくやってみたいものである。
ビンゴ一家もきていたが、近頃メインはサップになったようである。いつも全然勝っているようには見えないので、ネタ銭はどこから出てきているのかが心配なところである。
                              投資12000円
                              回収30200円
                             プラス18200円
                             帰ればよかった。
同日    「予備知識」
やや打ち足りないためMAXにて2回戦をすることにした。結局帰ってもすることが無かったのである。スロ滑も結局帰らなかっただけだね。なんか悲しすぎるよ。
「サイボーグ009」でどうしても大当たりのBGMが聞きたくて(以前隣で聞いたときはかなりノリノリだった)、パチンコデーなので打つよ。
この台にたいして何の予備知識も無かったので、一体どれが熱いのかが分からなかったが、自分のパチンコ史上最高に熱いリーチを発見してしまった。

「最終決戦リーチ」

熱そうな予告が入ったのでドキドキしていると、しっかりリーチに発展し最終決戦リーチなるものに突入。これがまたストーリー仕立てになっており、音声もフルボイスのため、こちら側としてはいやがおうにも力が入る!「がんばれ!」って思わず言ってしまったのが聞こえたのか、00ナンバー達の死闘の末、見事ボスをやっつけて大当たりゲット。
「こういうのがパチスロでは絶対味わえない快感だな」
素晴らしいリーチだが、これがはずれた時のショックはいかほどかと考えると罪作りなりーちである。まあ、単発だったのは許しておこう。
                             マイナス15000円
                             リーチ代金である。
2月4日   「店選び」
 家にいてもなんもする事がなくて、打ちに行くことにした。
 昨日のリーチがもう一回見てみたくてMAXに行ってみた。着いてみたもののなんとなくパチンコ打つと負けそうな気がするので、スロることにした。
 「打てる台が無い」オール設定1なのは覚悟のうえだが、どれももうかつに手を出せない機種ばかりである。530の吉宗を1kだけ打ったり、190の吉宗を2ゲームだけ打ったり、わけの分からない立ち回りをしていたが、こんなことしていてもどうにもならない。今は吉宗厳戒態勢で立ち回っている。つまり吉宗は打たない。ラッキー勝ちしかないし。
 そこでやや打てそうだった「おさる」にて10k勝負。等価なので2連ぐらいでなんとか勝って帰ろうって作戦である。
 おさるの島には2人しかいなかったので、台は選び放題だい。データも見放題だったので、10日分のデータを見てみたが、これといって出ている台は見つからない。こんなに真剣に台選びをしたのは久しぶりだが、結局はフィーリングで選んだ。どれも同じだってことに気がついたからね。
 8kで引いたビックが何とか繋がり、作戦通りビックを2回引いたがどれもノーマルだったので勝ちには届かなかった。このまま打っても飲まれそうだな。
 「小さく負けよう」そんな気分で根性の200枚流し。やっぱり打てないホールである。
                              投資10000円
                              回収 3900円
                            マイナス 7100円
 同日
 帰りにジャンボへ寄ってみたら、なんと770回っている☆発見。迷わず打つこと2kでバケったが、ナイスな引きには付き物の単発。しかもゲーム数がクリアされていない。バケではクリアされない仕様であったのだ!つまり本当はもっと回っていなかったわけで、危うくやられるところだった。
 128まで回したところで(自分で数えた)20枚ほどのコインが余った。何に使うかな。
 「サンダーの予告音に使おう」

はたしてこれだけのコインで鳴るのか分からなかったが、とにかく1回鳴った。しかも7枠下スベリの子役ハズレのリーチ目が出現し落雷フラッシュ!   「ビッ確!」   ゴチビックは即ヤメしてジャンボにてプラス。
 と思ったら換金所がちょうど休憩時間で、パチンコの島をぶらぶらと釘チェックしていたら、いかにも他と違う調整がされたハットリ君発見!どれだけ回るか気になる気になる・・・・2kだけ・・・しかしマイナスになる可能性が・・
 
 「回んない!」

 自分の釘見は「打ってみないと分からないレベル」であるらしい。サンダーごめん。
                                投資6000円
                                回収5500円
                              マイナス 500円
同日
ヤマダ電機でゲームを買おうとしたら売り切れていたので、仕方なく滑川のゲーム屋で買うと、そこにはスロ滑があった。
とにかく不二子しかないって感じで打つこと3kでビックを引いたものの2パン。こんなときは次が早いもので、不二子ちゃんタイム中に速攻ビック!これで本日プラスとなり、ミッションコンプリートな感じで、プラス1200円なり。
                               投資 3000円
                               回収11800円
                              プラス 8800円
                             やっぱスロ滑でしょ。
2月5日  「アベシッ」
 別に北斗を打った訳ではないが、アベシな気分で不二子です。
初当たりが14kと、平均的な投資だったが設定変更らしかったので、粘って勝負した結果がアベシ。
不二子も波が荒い!ぱったりと演出が出なくなったときは、エンドレスハマリ直行気分で、いくら「次元!五右衛門よ~」ってお願いしたところで全然活躍してくれんわけで、ビック間1000喰らって引けずヘタレヤメ。設定打ち直しか?   やるなスロ滑。
ビック5バケ5の2734ゲームっす。

ビック確率550分の1でこれだけの負けにとどめたのは偉いな。ビック中ノーミスだったのも褒めてあげたい。
                           マイナス22000円
2月6日   「やっぱり」
たまには一人で映画でもいいかなって、富山まで出かけたついでに打ちましょう。

「富一」

ぼった店にいってみた。午後8時を回っていたので、やはり等価の店に行かねばと思い、不二子があることから富一を選択したのだが、そこに不二子は既に存在していなかった・・
猪木自身が入ってた。不二子のほうが数倍おもしろいのに。爆発力もあるし。やっぱり低設定でも噴いてくれる機種が好まれるんだろうね。不二子は設定に素直だから1ばっか入れたらばれるもんね。
「まあ、イレグイがあるからいいか」なんてデータを見てびっくり。全台本日のビック回数0回である。稼動がない。こうなったらオカルトでいこう。
演出の生きがいい台を見つけて打つ。幸い一発目の台でいきなり「びわこちゃん」が出てきた。12枚役だったが、びわこちゃんは1日5回見れればいいほうなので、1kで出てきたコイツはかなり優秀にちがいない。

「こんなのイレグイじゃない」

1回のビックでハズレが7回も出た。こんな台は粘るだけ損なので、運良くビックが2連しているうちにヤメっす。

ジェットカウンターにコインを流してもらっていると、最後の数枚のコインがカウントされる前に店員がプリントを押しやがった!「まだ途中じゃん!」って心の中では叫んだものの、声にすればよかったと現在後悔中。しかも確かカウンターには「779枚」って出ていたはずなのに、レシートには「777」の文字が・・流している最後の数枚の「チャリンチャリン」鳴っているときの「届け~!」感って、すごく大きなものがあると思うのだが、とんだ悪徳店員もいたものである。そういえば前回もそんなことあったような気がするし、やっぱり店員の設定もオール1か。ちょっとリベンジしたから許すけど・・
                           投資 9000円
                           回収15500円
                          プラス 6500円
2月7日     「イイネっ」
今日は昼から不二子。適当に座った台に何となく「違うな」って感じがしたので、隣の台にケツ移動。さすが不二子神の俺である。わずか1kでビックを引き、そこから大きなハマリも無く3時間で1500枚ゲット。自分のカンって大事です。イイネっ!
                          投資 2000円 
                          回収24800円 
                         プラス22800円
同日  「ビタハズシ」
ホモリ倶楽部の集会まで時間があったので、集合場所の隣の大都会にて等価10本勝負。
対戦機種はスロ金にしたのは、甘いってことでOK? 客はゼロだったのでとりあえずカド台にて打ったが、10本目の夏目さんが逝きそうな所でなぜか台移動。今日はなぜか札がたくさん刺さっていて、「デンジャー」「社長の命令台」「チャンス」「勝率アップ」など、どれも意味の分からんものばっかだったが「デンジャー」台に移動したら、子役の引きに助けられわずか20枚ほどの持ちコインで移動したにもかかわらず50ゲーム近く回してビックゲット。しかしファンタステイックはここまで。EXチャンスには入らず、飲まれるのもいやだったので再び根性の200枚流し。ちょい負けでいいや。

「オオハナあるじゃん!」

景品交換からの帰りにオオハナを発見してしまい、2kだけ打つことにした。
投資2k。これで最後のチャンスであろう予告音発生。三連の長男が下段に停止して、4THはまだ回転していない。「オオハナってこの瞬間のために打っているような気がする」
第2停止でドン下段テンパイで4THいまだ動かず。これって2確なのかもって、あんまり詳しくないけど思った。直で狙うとブッスリとドン下段揃いってビックです。
 等価のプレッシャーは凄まじかった。念のためJACゲーム中にハズシ練習をして、やや調子が良かったのでビタで行こうと決心し、残り13ゲームで迎えたハズシは見事バリナをビタッと押してしまいゲームオーバー。「2000円くらい損した。デカイ・・」
 
 「ビック後150ゲームは回さないとオオハナに失礼である」いつもそんな感じで回しているため、即ヤメなら形になる浮きだったにも関わらずしっかり150回してきたよ。

                           投資12000円
                           回収13500円
                          プラス 1500円
2月8日   「不二子飽きた」
今日は行く気がしなかったが、弟が行きたそうだったのでスロ滑へ。
自分的には不二子で問題なかったが、やや飽き気味だったので他の台も一応物色してみたものの、やっぱり打つ気をそそる台は北斗しかなく、これ打ったら負ける気しかしないので、やっぱり不二子で手堅くいきまっす。

 「手堅いっす」

 途中で台移動したのが正解だったのもあるが、それより一発目の5kで引けてしまったスーパービックが大きい。やっぱり650枚は魅力的だわ。
 弟にも不二子の面白さを隣でレクチャーしてやったが、自分より出していいとは言って無いぞ。9連チャンもしてたよ。
                              投資 5000円
                              回収28200円
                             プラス22200円
2月9日    「アタタッ」
 「北斗増台」どうやら新パネルバージョンが入るらしので、北斗の高設定を打てるのは今日しかないと思い、増台初日に朝から行こうって話しである。
 客付きボチボチな店内に入って目に付いたのはやはり「北斗の女」。きょうはチェックのミニスカだった。「コイツには負けられん」と思った。
 何となくカド2で勝負。ざっと流れを書きます。
まず投資10kでバトル2セット。一発目でこれだとヤバイ流れだな・・
2セット‐ハマリ‐追加投資‐5セット‐単発‐6セット‐7セット‐ハマリ‐5セット‐単発‐2セット‐5セット‐単発‐2セット‐単発‐大ハマリ‐へタレヤメ・・・
明らかに隣のカド台が初当たり確率良好。よってその隣である私はヤバイってことでやめたが、最高7セットはあんまりだ。途中でラオウのパンチを「トキの動きでよける」といった継続84%以上確定演出が出たり、ユリアで復活、オーラ緑といった期待できる条件が揃っていたのに、継続に見放されるとこんなもんである。しかも一回目のバトル中に2チェを3回も引いてしまて、スッごい無駄な引きを使った気分で「もう2チェしばらくひけないんだろうな」感がなんともいえんかったよ・・不二子も引けんし・・・でも北斗のJAC中はパチスロ史上最高に力が入る。ラオウの攻撃を避けた瞬間。ケンシロウの攻撃が出たときの安心感。トキ様の感激。感動の「ケーン!」そしてラオウのカメハメ波・・
なんだかんだしっかり楽しんでマイナスっす。
収支的に今日勝てなかったのは痛すぎる。ここからってときだったからでもあるし、もうプラスとマイナスを行ったりきたりするのは計算が面倒クサイ。でも北斗打ちたかったんだよね。げんなりして5時の定時帰宅である。
                          マイナス37000円


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.