312119 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

Temp File 2nd

PR

X

全17件 (17件中 1-10件目)

1 2 >

過去の作品

Apr 7, 2006
XML
カテゴリ:過去の作品

ポートレート10.jpg


以前、一度ペーターさんをリスペクトしたパステル画をアップしましたが、
それと同じくらいの時期に描いたパステルの作品です。
タッチは同じなんですが、顔の陰影の表現が弱い印象です。
こんな描き方がいいと思い込んでいたんでしょうね。
でも表情はしっかりしているので、絵としてはとりあえず観ることができるかなぁ。
パステル画を描き始めた修行時代(今でも続いている)の一枚です。

ところでこのモデルさんなんですが、
前作は僕も忘れた人だったんですけど、この絵については覚えていました。
さて誰でしょうか?わかる人にはわかるでしょうけど。
ヒントとしては、今でも女優さんとして活躍している元アイドルグループの1人です。







Last updated  Apr 7, 2006 10:26:30 PM
コメント(4) | コメントを書く


Mar 27, 2006
カテゴリ:過去の作品

ジェニファー・コネリー.jpg


先日のフィービー・ケイツに引き続き、往年の(?)外国人女優シリーズです!
過去に一世を風靡した美人女優、ジェニファー・コネリー。
この子は隙のない美人チャンタイプなんですが、
髪が黒くって、ストレート・ヘアということもあり、
オリエンタルな感じが好きでした。

この絵を描いたのは、「フェノミナ」に彼女が主演していた頃です。
なんかオリビア・ハッセーに似ていて、すごく惹かれてましたね。
日本人には決していないタイプの顔立ちなのに、
何故か同じ民族のような感じを持っていました。

現在の彼女はもう立派な大人の女優さんです。
「ビューティフル・マインド」で、助演女優のオスカーを受けるなど、
実力も付いて、堂々たる風格が付いてきました。
若い頃から親しんでいる女優さんが、こうして立派になっていくのを観るのは、
うれしくもあり、なんだか寂しい気もします。

ところでこの絵は、珍しく背景を塗りつぶしています。
薄めの画用紙に、鉛筆で描いた作品です。







Last updated  Mar 27, 2006 10:16:43 PM
コメント(4) | コメントを書く
Mar 24, 2006
カテゴリ:過去の作品

フィービー・ケイツ.jpg


昨日のブログに寄せられたコメントに、
アップした絵の女子が、フィービー・ケイツに似ているというのがありました。
なるほど、ショートヘアの彼女は似ているかな・・・と思っていた時、
そういえば、描いたのがあったかもしれないと思って探したら、ありました!
これはコピー用紙みたいなペラペラな紙に、鉛筆で描いています。
よく残っていたもんだと、感心したのでアップしましたよ。

この絵の彼女は、「グレムリン」くらいの頃だと思います。
といっても世代によっては知らないかなぁ・・・
彼女自体も、どうもあやしいしな~







Last updated  Mar 24, 2006 11:38:35 PM
コメント(6) | コメントを書く
Mar 16, 2006
カテゴリ:過去の作品

ポートレート5.jpg


以前ペーター佐藤さんをリスペクトして描いた絵をアップしましたが、
割と小さな作品の中にも、実験的にペーターさんの画風を真似て、
パステルで描いた絵がいくつかありました。
この絵はその中の一枚で、典型的なヤツです。
この頃は、色を混ぜないで濃淡だけで描こうとしてました。
やわらかいタイプのパステルをグリグリなすり着けてます。
こうやって描くと画面が明るくなるので、顔の他は暗い色を選んでいます。
でも結果的に髪の毛の色が重過ぎていますね。

ちなみのこの絵は、安い水彩用の画用紙にパステルと鉛筆で描いています。
モデルは・・・もう今となっては覚えていません。たぶんアイドル。
この絵を観てわかった方は教えてください!







Last updated  Mar 16, 2006 09:56:39 PM
コメント(6) | コメントを書く
Mar 13, 2006
カテゴリ:過去の作品

菊池桃子.jpg


そんな題名の歌を歌っていた頃の菊池桃子さんです。
ずいぶん前のことなので、年いっている人しかわからないかも・・・
あの頃の桃子さんはかわいかったよなぁ。
なんか子犬みたいな顔だったんですよね、彼女。
もうほっペなんかパンパンに張っていて、いかにも健康的で。
当時はこんなキャラのアイドルが全盛でした。

このスケッチは、薄くて粗悪な紙に、ザザッと描いたような絵です。
何も考えずに一気に描きあげているので線に迷いがないですね。
定着もせずにいい加減に扱っているので画面が汚れてますけど、
雰囲気がよく出ているのでアップしました。

こうしてみると、今描いているスケッチとはぜんぜん勢いが違いますねぇ。
やっぱりよる年波には勝てないのでしょうか・・・
あるいは老練になっているのかも。
ちょっと昔の線がうらやましい気もします。







Last updated  Mar 13, 2006 10:30:33 PM
コメント(0) | コメントを書く
Mar 9, 2006
カテゴリ:過去の作品

ポートレート4.jpg


若い時に描いた絵の中で、
すごくうまくいったと思っていた絵の中の一枚がこれです。
もう社会人として働いていた頃で、これはその職場に飾ってました。
ほとんど自己満足の世界でしたけど、別に同僚に咎められることもなく、
1年くらいは壁に展示されてましたっけ。

今となっては若気の至りでしたけど、
当時はお気に入りの作品のひとつでした。
こうしてみるとこの眼の表情がよかったんだと思いますね。
モデルはもうわかりません。「オリーブ」に載っていた写真だと思います。
ワトソン紙に描くのが当時のマイ・ブームでした。







Last updated  Mar 9, 2006 10:22:51 PM
コメント(4) | コメントを書く
Feb 22, 2006
カテゴリ:過去の作品

紘川淳.jpg


線画を描いていると、だんだんズボラになっていって、
なるべくなら線を引かずに、一発でさっと描いてみたい・・・
と思っていた頃がありました。
大昔の日本画のデッサンなんて筆と墨だけだったから、
絵は一発勝負だったと想像しますが、
そんな境地で絵が描けたらいいなぁ、と若い頃の私は思ってました。
この絵は、たぶんそんな時に勢いで描いた落書きに近いデッサンです。

これを観ると、ノーマン・ロックウェルの素描を思い出します。
といってもこれがノーマンの絵に似ているというんじゃなくって、
模索していた線を、ノーマンに求めていた頃の絵なんです。
無駄のない伸びやかな線で、
生き生きと人の表情を写し取る彼の絵に感動して、
ミーハーな私はこの絵を描いたという記憶がよみがえってきました。

でも、今この線を引けといわれても、たぶん無理でしょうね。
若くて、青春の匂いがプンプンする絵ですよ。
ところでこの絵のモデルさんが誰だかわかりますか?
わかった人はすごいと思います。
ヒントとしては、20年前の青春ドラマに出演していた子で、
主題歌は「マイ・レボリューション」です。







Last updated  Feb 22, 2006 09:35:43 PM
コメント(2) | コメントを書く
Feb 18, 2006
カテゴリ:過去の作品

ポートレート3



昨日、日記のコメントで、
僕が一番リスペクトしているイラストレーターのことを書きました。
その人は、ペーター佐藤さん。
日本を代表するアーティストであった彼が急逝してかれこれ12年経ちます。

あらゆるジャンルの技法を試したペーターさんですが、
特に有名なのは晩年のパステル画でした。
切れ味のある美しい線と大胆なパステルの色。
観る人の目を惹き付けて離さないその絵の魅力は、
今でも色褪せていません。
20代前半の頃の僕は、ペーターさんの絵にすごく憧れていました。

今日アップした作品は、
そんなペーターさんの絵に少しでも近づこうと、
がんばって描いたパステル画です。
当時の生意気な感じが、この絵の表情にも出ていますね。
ここから始まった線の味は、今につながっています。
僕としては、新しい世界に突入した作品でもあります。


ところで、
トリノでは、女子カーリング予選で大金星!!
優勝候補のカナダに5-2で勝ちました。
小野寺選手のショットの冴えは、鳥肌モノでしたね!






Last updated  Feb 18, 2006 10:41:17 PM
コメント(6) | コメントを書く
Feb 14, 2006
カテゴリ:過去の作品

ポートレート2



失敗作なんですよ~
もうかれこれ12,3年前に、僕が今でいうNEETの状態だった時、
”絵で飯を食えないかな~”なんて甘い考えで描いたものです。
鉛筆の下書きの上に水彩絵具とカラーインクのみで彩色しています。
色のメリハリを付けるのがこの当時のマイブームで、
マスキングとかを試しています。
でもそれが仇となってしまい、襟や手にインクがにじんでしまった・・・
最後の最後でそれがわかったので、かなり愕然としてしまったことを覚えています。
この時、絵というのは計算で描いちゃいけないものなんだと悟りました。
でももったいないから、まだ持っています。
こうして拙作としてブログに載せられたのは良かった。
僕にとっては、なんだかほろ苦い気持ちがよみがえる作品です。

ところで、
トリノオリンピック、日本選手はどうも調子がでませんねぇ・・・
でも競技自体にはドラマが多くて、すごく感動したシーンもありました。
今朝のフィギュアスケート・ペアのフリーで、中国ペアが演技中に、
女子の選手がスロージャンプの着地で失敗、左の膝を強打してしまいました。
痛さで一時演技を中断、継続はできないのではないかと思っていたら・・・
なんと転倒した後の演技から再開したのです!
痛さをこらえながらの演技でキレはありませんでしたが、
プログラムはミスなくこなし、最後までやりきりました。
そしてその演技は驚いたことに銀メダルを獲得!!
オリンピックにかけてきた中国ペアの執念と、
諦めてはいけないということの大切さを感動と共にかみ締めました。
日本選手のメダルだけがオリンピックではありませんよ!
やっぱ、スポーツってすばらしいですね。







Last updated  Feb 14, 2006 08:10:13 PM
コメント(2) | コメントを書く
Feb 9, 2006
カテゴリ:過去の作品

渡辺美里



以前、横顔は難しい!ということを書きましたが、
これがうまくいくとすごく美しいものになります。
横顔ばっかり描いてた時期もあるくらいでしたが、
魅力的な作品はそれほど残っていません。

今日はそんな少ないものの中の1つです。
モデルは渡辺美里さん。まだ20代前半かな。
ポニーテールがよく似合っていたのでモチーフにした記憶があります。
無駄なく一気に描けたので、いい作品だと思います。
画材はワトソン紙にDESIGN EBONYです。







Last updated  Feb 9, 2006 09:46:13 PM
コメント(5) | コメントを書く

全17件 (17件中 1-10件目)

1 2 >


© Rakuten Group, Inc.