000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

 てなもんやLOVE & PEACE

14.京都府(2)090910

京都のわかもんの言葉で日本国憲法・前文


日本の国民は、
ズルせんとまじめに選挙して選ばれはった、国会の代表を通じて行動すんで。
うちらと、うちらの子ぉや孫のために、国民みーんな自由のありがたみを
感じられるようにするし、よその国の人らと仲良ぉに助けおーて、
政府がまた戦争して、おとろしいことにならんように心に決めたで。
主権はうちら国民にあるんや!言うて、この憲法をがっちり決めるで。
そもそも、国のまつりごとっちゅうもんは、
国民がまじめに一生懸命選んで信じて託した代表さんがするもんで、
代表さんが偉いんちごて、国民が偉いねん。
そやから、代表さんは権力つこてええけど、それで得られたもんは
国民が受け取れるんやで。
こうゆうことは、どこの国のどんな人にも当てはまる理屈で、
この憲法はそれにはずれへんようにつくったんやで。
うちらは、これに合わへんようなもんやったら、
憲法やら法令やら、天皇さんの命令かて、一切受け入れへんしな。

うちらは、平和がずっとずーっと続くんを、強ぉねごてます。
人間同士こうやって付きおーていくんや、ゆう高い理想をよぉよぉ意識するし、
他の国の人らもみんな、うちらみたいに平和を愛し、
えこひいきせん見方・考え方・信念持ってくれたはるから、
その人らと一緒に安全で豊かに生きていこうって、心に決めたで。
うちらは平和を守るで。誰かの言いなりになったり、
権力でおさえつけられたり、自由にできひん狭苦しいおもいを、
この世の中から永遠になくそう、ゆう国際社会で、
みんなからスゴイなぁって思われるために、うちらは平和を守んねん。
うちらは、全部の国の人らが、みーんな怖いこと、貧しいことなしに、
平和に生きられる権利があんねんで、って確認するで。

 どんな国も、自分の国のことだけ考えて、他の国を知らん顔したらあかん。
政治ゆうんはこうあるもんや、ゆう決まりは、いつでもどこでも変わらんもんや。
自分の国はこうするんや、ゆうて他の国と対等におりたいんやったら、
この決まりを守らなあかん。

このめっちゃいい理想と目的果たすために、全力でやっていくで。
うちらは、日本の誇りをかけてこれを誓います。

(20代女性)
*****


もう一訳↓


******

日本国憲法(京都版)


日本国民は、正しゅうに選挙された国会において代表者のおかたを通して
動かはるんや、うちらとうちらの子孫のために、
多くの国のおひととの協和による成果とうちらの国全土にわたって
自由によって恵まれることを確保し、
政府の行ないによって二度とあのむごたらしい戦争が起きへんようにすることを
誓いますねん。そいてこの憲法をきめますえ。そもそもお国の政治は
国民の厳粛な信頼によるものどして、その権威は国民のみなはんにあって
その権力は国民のみなはんから選ばはって実現し、その福利は国民が
これをうけて、自分らのもにしていくのどす。
これは人間として変ることのない原理どす。この憲法はそないなことを基にした
ものどすえ。うちらは、これに反するどんな憲法、法令や詔勅はいけまへん。
とりのぞきますえ。

日本国民は、ずっとずうと変らへん平和を願ごうとりますねん。
人間相互の関係を支配する崇高な(けだかい)理想を深く自覚するんであって、
平和を愛するいろんな国の公正と信義に信頼して、うちらの安全と生存を大切に
しまひょって決意したんどす。うちらは平和をもちつづけ、独断で従わせる
ようなことや圧迫と狭い考え方を地上から永遠にとりのぞきまひょうと努めておす
国際社会において、名誉ある地位を占めたいと思うとります。
うちらは全世界のおひとが、おんなじように恐ろしいことや欠乏からのがれて、
平和の中で生きていけることを確認してますねん。うちらはどんなお国とも、
うちらの国のことのみに専念してよそのお国のことを無視してはなりまへんよってに、
政治道徳の法則は、これからもずうっと変らしまへん。この法則に従ごうことは、
自分の国の主権を維持し、よそのお国とおんなじ関係に立たはろうとする
いろんなお国の責務であると信じとります。

日本の国のみなはんは、お国全体の名誉にかけて、全力をあげて、
このけだかい理想と目的を成しとげることをお誓い申します。


       訳者:R・Mさん(京都市西京区 60代女性)

****************






Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.