000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

入れ食い!転釣の釣りバカ日記2

PR

全178件 (178件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 18 >

2020/08/10
XML
カテゴリ:日々の出来事
言うまでもなく、車ネタをこれだっけ引っ張ってきたのは
釣りネタがホント無いからです(笑)

そろそろ、釣りに行きたい。
しかし、来週から夏休みで家族サービスが本格化する。

まあ、家族サービスは嫌いではないので、しかもキャンプに行く
訳だから、楽しい訳ですが、そこはそれ!
釣り人だから!

かれこれ1か月釣りしてません。禁断症状が出そうです。






最終更新日  2020/08/11 04:13:27 AM
コメント(4) | コメントを書く


2020/08/09
カテゴリ:車のこと
自身、11台目の車を購入しました。
ホンダ フリード+(プラス)ハイブリッドクロスターです。
今流行りの「クラスター」ではありません(笑)

実は中古です(笑)
新車だと早くて10月納車だそうです。

中古車だからエコカー減税の対象外というデメリットも
ありますが、理由ははっきりしないけど、
長野のディーラーさんがオークションに出品して
宇都宮のディーラー中古部門が落札。

展示車なのか?走行距離151km。

実はテンチョがお世話になっているホンダの
中古販売部門の営業さんからいろいろお話を聞かせて
頂きました。

「はっきり、この車は買いなの?」(笑)と・・・

過去にその営業さんからホンダ車、4台買っています(笑)
ホンダの中古部門は・・・

HISCO(ホンダインターナショナルセルス㈱)から
オートテラス、そして昨年U-Selectと名前の変遷を
たどっていますが・・・
そのHISCOに入社したという人物。

本当にホンダが好きで入社し、メカニック出身の変わり種営業マンさん。
ホンダ車を淡々と、しかも熱く語れる営業マンさんです。

車を納車しに来ていつも30分くらいは雑談します。

結論!
「このクロスターが私の手元にあったら、間違いなくお勧めしますね」
だそうです。
だいたい、クロスターが中古に出回るのは1年先くらいと言います。
しかも、ハイブリット、しかもプラスになるとタマ数はぐっと下がるそうです。

でも、この営業さん、なかなかの渋ちんで「値引きには厳しく」(笑)
それでも・・・
中古車と新車での価格設定や値引きの裏事情を教えてくれます。

お名前は伏せますが、結構ホンダの販売部門の裏話を聞かせていただき
ました。

ホンダカーズは直営店とそうでないメーカーと販売契約を結んでいる
会社と分かれています。
昔はプリモ、ベルノ、クリオという名前で販売していたホンダのディーラーさんは
それぞれ、取り扱う車種が決まっていましたがホンダカーズで統一して
全ての車種が購入できるようになりました。

多くの場合・・・

ホンダカーズ埼玉と都道府県名をあしらっているお店は
直営店であることが多いそうです。

まあ、直営店ではないからサービスや技術が劣るということが
或る訳ではありませんが、彼はその直営系列の人間です。

まず、151Kmという走行距離は・・・
「展示車」であって「試乗車」「デモカー」ではない。
と想像できる。

試乗車なら「何千km」単位になることが多いのだそうです。。。

断定的に言わないのには、そこはやっぱり会社によっては
売り出し価格から値が下がっていく手順や、タイミングに
差があったり、その展示車、デモカーの取り扱いに差もあるそうです。

直営でない会社は(ノルマ?のため)「成績の計上」がどうしても
確保したいので、お客様の受注とは別にディーラーとして
「買い込み」が発生します。

「新古車」と呼ばれる新車登録はされているけど
走行距離が極端に少ない車が市場に出回るのはそのせいです。
逆を返すと直営店では「新古車」は発生しないことにもなります。

なので、

程度の良い中古物件を探すのなら直営でない店(都道府県名のついていない
ホンダカーズ)の在庫が新古車の狙い目なのだそうです。

また、お店も地方の中古車は走行距離が結構延びる傾向になります。
これは日常の生活が公共交通機関が不便なため自動車に依存しているため
なので、どうしても走行距離が結構いっちゃいます。

東京近郊は車が無くても生活できるので走行距離は控え目になる
傾向があるので、茨城や栃木、群馬、遠くは秋田からの問い合わせも
あるそうです。

それと新車の場合はディーラーがメーカーから仕入れる原価率が
60~70%と言われています。

「自前技術」を売り物にするホンダは昔は80%くらいあった
そうです。だから新車も値引きしない傾向がありましたが
今は車種を超えて部品共有が多くなり原価に開発費を乗せずに
利益が出るので原価は安くはなっているそうです。

つまり、販売価格の70%までは値引きが可能ですが
オークションで手に入れた中古車はそもそももっと原価率が高い
傾向があるので値引きは難しいのだそうです。

まあ、ここで利益を積み増すのにはオプションをなるべく付けて
貰った方が利益はでます。それは新車の中古車も一緒ってことです。

中古車の評価をする会社があるようです。
ランクが10段階になっていて、一番上の「S」というランク。

カーセンサーで見つけてカーセンサー経由で問い合わせをしたのが
7月12日。その時の価格は269万円。
新車価格は280万円ですから、大してさがってないな~

と言うのが最初の印象です。

が!

ディーラーが休みに入っている7月13~14日。
13日の夜に259万円になっているじゃあ~りませんか!!

それと関係なく269万円の見積もりがカーセンサー経由で届きました。

休み明けの7月15日に担当のスズキさんに電話すると
「U-Select本部」がディーラー定休日中に値段を下げていることが判明。

オークション中古車は原価率は高いので売れ残りは店全体の利益を
圧迫していくので価格は店にもよりますがほぼ1か月経過しても
売れ残っていると価格を10万円単位で下げていくそうです。

新車でもろもろオプションを付けると乗り出しで340万円になっちゃいます。
クロスターはSUVモデルのため、何だか専用アルミだの専用オプションが
ゴテゴテ付いているのでノーマルフリードより30万高です。

今回、こだわったのはルーフレールがどうしても欲しかったのです。
つまり、クロスターにはこれが標準装備なのです。

今まで乗っていたフィットちゃんは実は15年落ちで13万キロ乗っていて(笑)
INNOキャリアの接合部分から雨漏りをするのです。

ドアとボディ本体の間にフックを噛ませるタイプはどうしても
ドアパッキン?が経年劣化を起こすようなのでルーフレールが
あればこの問題は発生しません。

しかし、問題は別のところで発生しちゃいます(笑)

今までキャリアはTERZOかINNOを愛用してきましたが、
フリードクロスター用のINNOのベースキャリアは
今まで使用していたスクエアベースでなく、
エアロベースしか用意しておりません。
つまり、今まで使用していたボートアタッチメントが
使えません。

なんでやねん!

確かにエアロタイプは空力抵抗上も有利に働くのでしょうが
カヌーアタッチメントを新たに購入する必要があるのと
エアロベースのカヌーアタッチメントが31000円。

ステー、フック、バーを揃えると・・・
もう7万円超(笑)

TERZO、スーリーはそもそも発売もしてない!!
だめだこりゃ!!(笑)
フリードクロスター人気なし!!?(笑)

これはフリードオーナーの7割は3列目ありのノーマルを
買う人が圧倒的に多いのだそうです。
作っても売れないとメーカーは判断しているのでしょう(笑)

そもそも、ルーフレールが付いてりゃもっと簡単にキャリアが
組めるかと思いきや、とんでもない事態になっちゃいました。

純正のクロスバー48180円で手を打ちます。(笑)
なんと、旧式nスクエアベースで今までのカヌーアタッチメントが
そのまま使用できるからです。

しかも、今はルーフレールとは呼ばずにフラッシュレールとか
言うそうです。屋根とレールの間に隙間がないタイプですね。

耐荷重は30Kgくらいまでは耐えられそうですが見た目貧弱。
ちょっと不安が残ります。
INNOではエアロベースでボートアタッチメント(ボートローラー
が付いているヤツ)は用意がない。
クロスターオーナーはアルミボートは使えないってこと?

したら!
もうトレーラーしかないジャン!!(笑)

任意保険の車両入れ替えは納車の前日の8月6日にギリギリ完了。
クロスバーも6日の午後便で到着。
結局、コミコミで290万でした。

やっとこさ、8月7日納車となりました。
フィットちゃんいままでありがとうさん!














































中古車の査定・評価を第三者機関の観点から中立的に
評価する会社、㈱AISの車両点検評価書で「S」クラスの
評価を得ていましたので、まんま新車でした。






最終更新日  2020/08/09 06:15:24 AM
コメント(2) | コメントを書く
2020/08/03
カテゴリ:車のこと
本田宗一郎さんは自分の名前を社名に付けたことを
最後まで後悔していたそうです。

「会社は個人の所有物ではない」

と考えていたからだそうです。

しかし、この考え方は実は常務として入社した
藤沢武夫さんの考え方が大きく影響しています。

ここらへんは有名な話です。

後の副社長となる藤沢は技術屋としては天才的な本田の
経営者としてはダメダメだったところを十分理解して
会社経営と販売を一手に引き受けた人です。

物を作る行為と物を販売する行為を二分させ、
それぞれの得意分野に特化する道を選んだからこそ
ホンダは大きな会社へと成長できたのです。

同時にホンダでは「親族入社を禁止」させたのも藤沢が提案したそうです。
これは会社内に「派閥を作らせない」という意味がありました。

1960年代、ホンダは4輪の世界では「挑戦者」でした。

特振法・・・特定産業振興臨時措置法という法案が
1963年~64年に内閣から提出されました。

簡単に言うと当時、国際競争力が弱いとされた
鉄鋼、石油、自動車の特定産業を国が後押しして
育てますよ~。というもの。

でも、そっち(特定産業)に特化するから新規参入は禁止ね~。
だってそっちに金かかるから新規企業の面倒までみれんし~。

4輪に参入を目指していた本田は怒りまくって
通産省のお偉方に直談判しに行ったそうな(笑)

そこで、4輪の製作した既成事実が必要となったホンダは
急遽、4輪製作に着手し、ホンダ初の4輪車T360という
軽トラを作りました。

しかも、何故かエンジンはスポーツカーに搭載するような
DOHCエンジン(笑)
しかも、日本初のDOHCエンジン搭載車でもあります(笑)

「ほら、見てみろ!俺たちは技術力はあるよ!!」
とでも言いたかったのかな?(笑)

これと並行してS360、S500というオープンカーも開発を
進めていました。(こちらもDOHC)

2輪車では成功を収めたホンダが4輪の世界ではまだまだ
量産体制が整ってない状態で製作したため、
将来を見据えて軽自動車グループと小型車グループの2つのライン体制で
いくために軽トラとスポーツカーの2つを作ったらしいです。

結局、この法案廃案になったみたいですが(笑)

創業から発展途上のホンダにはこんなエピソードが溢れています(笑)

本田宗一郎と藤沢武夫が経営の一線から退いたのは1973年です。
私、中学校1年生でした(笑)

シティターボを買ったのは26歳だから・・・
1986年です。
会社は本田宗一郎の手を離れ、本田が育てた「子供」たちの
世代になってからホンダを知ったわけです。

実は、シティ24歳の時、付き合っていた彼女がノーマルシティに
乗っていました。
その車の助手席に乗って鹿児島ドライブを楽しみました。

その1年後にターボが出て・・・
まあ、後は前述のとおりです(笑)

ホンダは大企業になって今はあんまり面白いクルマは
出ないけど。

自身、10台目の車はフリードプラスハイブリッドクロスター。
正直、ホンダのデザインは最近どれを見ても同じように見える。(笑)

でも、今年発売されたフィットは発売以来のキープコンセプトを
遂に打破しました(笑)

「ヒューマンフィット」
まさかの「使い勝手いいぞイメージ戦略」(笑)

既成概念を打破し、「ホンダの新しい動き」を予感させる。

しかも今までの1モーター+DOHCi-VTECエンジン
i-DCDから更に進化した
2モーター+DOHCi-VTECエンジンを組み合わせた
e:HEVを惜しみなく搭載。

日産のe-POWERはモーターだけで走るみたいです。
ガソリンは飽くまで発電するためだけに使用。
e:HEVはガソリンエンジンの燃費の悪い低速域は
パワフルなモーターに任せ、高速域はエンジンも使って
燃費に貢献するという仕組みらしい。

2つのモーターの片方は走行用ではなく発電用で、
電池の消耗面でもアシストする。

ハイブリッドも新しいステージに移行していますな~。

新しいフィットは見た目はのほほんとしていて「やる気」は
感じないけど、中身はチョー最新技術でやる気満々。

正直、フリードにe:HEVが搭載されるのを待つか?
i-DCDが成熟された今のフリードを買うか?
一瞬迷いましたが、今の生活スタイルが10年先同じか
分かりませんしね(笑)

そういえば、シリコン電池の開発はどうなっているのだろう?

5年くらい前に開発を進めている学者とそれをサポートしようとしている
経営者にお会いしましたが、
リチウムイオン電池の10倍の寿命でシリコン電池が商品化されれば
電気自動車は一気に普及すると言っていましたが・・・。

話を戻します。

この10年間でホンダセンシングという安全運転支援装置が大きく進歩していました。
今まで乗った車にはついていない機能ですね。

妻が今乗っているスズキのスペーシアギアのもこの手の機能満載です。
もうこれからの車は高齢化社会の促進に伴い人間の運動機能を
サポート、アシストする機能なしでは考えられないのでしょう。

ホンダには期待してます。
80歳になってもバス釣りは多分やめていないでしょうから(笑)
20年後80歳になった時、車の運転がおぼつかなくなっても
それをサポートしてくれるクルマをきっと作ってくれているでしょう。






最終更新日  2020/08/03 06:51:21 AM
コメント(4) | コメントを書く
2020/08/01
カテゴリ:日々の出来事
こうやって振り返って自分の車遍歴を書いてみると・・・

やっぱりホンダの車が好きなんだな~と分かります。

ホンダの何がホンダなのか?
うまく説明できないけど・・・

トヨタにはトヨタの・・・
SUBARUにはSUBARUの歴史もある。
(実はスバル360という車が好きです)

でも本田宗一郎という人の話を紐解き・・・
もしろん、企業小説や自著の範囲でしか分からないけど

1922年、本田は15歳で東京湯島の自動車修理工場アート商会に
丁稚奉公することから物作りの人生をスタートさせます。

腕の良さを認められ地元静岡浜松にアート商会浜松店を任され
トヨタの下請けをやったり試行錯誤。
(ピストンリングを作っていたらしい)

この頃、町工場の技術力に限界を感じて、浜松高等工業学校
(現在の静岡大学工学部)の聴講生として勉強をし直し
やっとこさ、自前でピストンリングを完成させたという。

この自前っていうところがスゴイ!

必要ならば自作する。
ホンダには本田宗一郎が提唱した「自前技術」と言う考え方が
定着してしているそうです。

例えば初代シビックに載せられたCVCCエンジンは
その当時(1960年代)のモータリゼーションからくる
大気汚染を防止するために提案されたマスキー法をクリアするべく
本田宗一郎が社運をかけて作らせたものです。

マスキー法とは1970年アメリカ上院議員エドマンド・マスキーが
提案した大気汚染防止法です。

1976年以降の一酸化炭素、炭化水素、窒素酸化物を当時の数値で
10分の1まで減らすという
「世界一厳しい」大気規制法というわれたものですが、

これを世界で一番最初にクリアしたのがこの
ホンダのCVCCエンジンです。
しかも全て「自前技術」で乗り切ったのです。

結構、笑えるのはお膝元のアメリカではビッグスリーの影響力が
発揮され、この規制法の最初の目標数値は廃案となり(笑)
修正された目標も2年延期させられ、延期も延期。
大幅に遅れてアメリカでは1995年にやっとこの数値を達成できたそうです。

日本ではホンダとマツダが1973年に達成。

本田宗一郎はこのCVCC技術を惜しみなく他社にも
技術供与しています。最初にトヨタが名乗りを上げ、日本の車
メーカーは瞬く間にこの技術は知れ渡ることとなります。

日本の厳格な車検制度も機能して1978年には日本ではマスキー法
完全達成させています。

アメリカにはカリフォルニア州にスモッグチェック制度があるだけで
そもそも車検制度がないからマスキー法はザル法と言われているみたいです。

このあたりのエピソードはホンダさんのHPに詳細が載ってます。

私が興味深かったのはCVCCの開発段階で
目標達成にメドが立ったという報告を受けた時、
本田宗一郎はすぐに記者会見で「間もなく完成する」と
記者会見でブチあげたそうです(笑)

ホンダではこれを・・・

「2階にあげてハシゴをはずす」
と言うのだそうです(笑)

つまり、もう後戻りできない状況を作って極限状態の中から
絞り出され、導き出される「最良」の知恵や技術を生み出す
手法なのだそうだ(笑)

私が最初に手に入れたシティターボを買った
HISCO橋本(今はもうない)の営業の橋本さん(退職)から

ホンダと言う会社は
「クルマを作るのに必要ならネジ1本から設計図を書く会社」
という言葉を聞いたのを思い出しました。

ホンダという会社を知り、乗り続ける原点です。







最終更新日  2020/08/01 07:18:03 AM
コメント(2) | コメントを書く
2020/07/29
カテゴリ:車のこと
ホンダフィットに乗り換えることになりました。
2007年~2014年が赤の初代フィット。
2015年~現在までが2代目青のフィット。






​​シティの後継機種はロゴ、ロゴの後継機種はフィットという変遷をたどっています。
つまり、結局コンパクトカーに戻ったってことは
あんまり成長してないってことか~?俺は?(笑)

でも、車は自分の生きるその年代のニーズや用途に合わせて
変えてもいいと私は思っておりまして。。

両親の高齢化、子供たちが高校、大学と進学するに従い
家族4人におじいちゃん、おばあちゃんと一緒に出掛ける・・・
ということが段々無くなってきます。

もう、ステップワゴンじゃないんだよな~。

でも私は釣りに行く時の足に、家族の買い物の足に、
車は必要です。

ロゴは悪くはないけど、正直、古い車です。
どんなに頑張ってもリッター19㎞しかいきませんでした。

燃費が良くて、家族4人が乗れて、荷物もソコソコ載せられて
そこで浮上したのがフィットでした。

友人の評価も高くて、中古の赤フィットを手に入れることになりました。
そしてこの車を手に入れる前に私は人生の大きな岐路に立たされることになりました。

単身赴任を終えたのが2007年3月。
私は同じ会社に居ながら、全く新しい職種にチャレンジすることに
なりました。

会社から2つの選択肢を突き付けられました。

①今までと同じ直接金融のオペレーション業務をする。
②公募制度を利用してクレカ部門の営業職にチャレンジする。

今と同じ職種にしがみついていても・・・
このままいくと会社のリストラの波に揉まれ、徐々に閑職に追いやられていく
ことは目に見えていました。

リストラは会社の生産性向上は企業存続のために絶対に必要なことですからね。

マンパワーをいかに省くか?
または違うリソースに配置転換するかはどこの企業もやっています。

じゃあ、私が企業で生き残るだけの価値はあるのだろうか?
当時、そこまでは実は考えていませんでしたけど(笑)

私はどちらかと言うとオペレーション業務?
言い換えるとルーティーンが実は苦手です。
単純作業が延々と続くことにとても違和感を感じます。

それを感じたのは学生時代、日産の部品工場でアルバイトを
していた頃に感じていました。
広い工場の在庫から注文書通りに部品を集めてきて、
梱包して出荷ラインに流す。
来る日も来る日もこの単純作業が繰り返されました。

「将来、こんな仕事だけは嫌だな」

そこで働いていらっしゃる方には誠に失礼ながら・・・
本当にそう思いました。

片や、夜の水商売のバイト先のマスターに
「次を予想しながら仕事を進めろ」
という言葉は今でも活きています。
だから人と接する仕事に関心を持っていました。

しかし、漫画ばかり描いていたオタクにはその当時、接客をてきぱき
こなすだけのボキャブラリーも気の利いた話など出来る訳もありません(笑)
「すげ~難しい事言うな~この人」
くらいにしか感じていませんでした。

ノンバンクで実際に接客する仕事に20年以上携わり
自分が何で20年もこの仕事を続けられたのか?考えた時に
その緊張感だとか、相手との言葉の応酬が自分を成長させているという
実感が徐々に身についてきたと感じるようになりました。

ま、裏を返せば、

「ぶっつけ本番が好き」
なんだろうけど・・・。

その時、迷うことはありませんでした。
②の公募にチャレンジすることを決めました。
こんなチャンス滅多にないことです。

どうしてこんなチャンスを頂けたのか?退職して既に11年が
経過してしまったので分かりません。
その当時の上司が「こいつなら使えそうかな?」くらい
だったのでしょうか?

もちろん、この公募で必ずしも合格して将来が約束されているわけでは
ありません。このたった一つしか用意されていない席に複数の人が
チャレンジすることになります。

チャレンジに失敗すると①のオペレーション業務が待っているわけです(笑)

結果的に私は合格しました。
たった一つしかない椅子取りゲームに勝ったことになります。

サラっと書きましたが、このチャレンジ用にプレゼン資料を作り、
事前準備をいろいろしましたけどね(笑)

とにかく新しい職場は、今までとは全く違う職種。
「待ちの営業」から「攻める営業」
個人相手が法人、しかも歯科医師。

何もかもが初めての経験でしたが2007年~2009年までの
外周りの営業が自分の性に合っていることを気づきました。

そこから2年連続で9人の営業マンの中で売り上げは1位をキープ
してしったことが自分の実力だと
「大きな勘違い」
であることにも気づかずに(笑)

その後、生命保険の営業マンへの転身を決意させるのでありました(笑)

2009年10月~2010年9月の丸1年間、
失業保険を満額もらって、釣り三昧の生活をした時期でもありました。

自分の意思で決めた転職でもあり、
これが最後の仕事で、最後までやり抜こうと決意した時期でもあり、
(妻は何でそこまでこの仕事にこだわるか?と言うけれど(笑)
理由はカンタンです。

「一生、担当します」という約束を守っているだけ(笑)
保険営業マンは97%が転職、離職していきます。
つまり、生き残っている生保営業マンはたった3%なんです。

自分のポテンシャルを維持するために・・・

保険大学を全て受験してトータルライフコンサルタントや
ファイナンシャルプランニング技能士という資格を取った時期でもあり、
会社以外の人間とのかかわりの中で損したり、でもそれは自分の勉強の
ための授業料だったと悟った時期でもありました。

実際、学生時代よりも勉強しているかも(笑)

実はこの10年間・・・
「もう駄目か~」とくじけそうになった時期もありましたが
フィットは低燃費で私の生活と釣り人生をサポートしてくれました。

埼玉~房総のサルさの近所の池まで往復170㎞。
フィットならリッター20㎞走ってくれるのでガソリン代は
1,000円です(笑)

ホント助かってます。

そのフィットともそろそろお別れの時が近づいてきました。

​​






最終更新日  2020/07/29 06:03:56 AM
コメント(2) | コメントを書く
2020/07/23
カテゴリ:車のこと
新車ステップワゴンから突然ロゴに乗り換えた私・・・。



色はシルバーでした。
好きでロゴにした訳ではございません(笑)

遂に運命の全国転勤命令が・・・。
勤続23年目にしてまさかの全国転勤。

赴任先は鳥取県米子市(笑)
でもね。
同僚が不正や病気で脱落していく中・・・
管理職で生き残れること自体が段々厳しくなってきたこの時期に
チームリーダーとして生き残れるのはありがたい話です。

謹んで米子への単身赴任を拝命仕りました(笑)

実はステップワゴンを手放しロゴとライフ(妻用)の2台に乗り換えたのです。

私はどうしても車がないと釣りに行けない。
妻も埼玉の生活に車が必要でした。

妻と子供2人を残し後ろ髪引かれる思いで・・・

なんちゃって~~~~!

もう釣りバカ天国到来でした!!(笑)

そもそも、料理は嫌いではないので自炊は気にならない。
多い時5回ある週末の2回は埼玉に帰省。
3回は釣り三昧です。

ブログを始めたのも米子に行ってからです。

2回の帰省費用は会社持ちだし。

毎月生活費として6万円をやりくりしてヘソクリも出来ちゃって
釣り具買いまくり!(笑)

このロゴという車が欲しかった訳ではありません。
でも、こいつのお蔭で私の米子ライフはとても充実していました。

日頃の生活の買い出しも、釣りも、
たった1年間しか乗りませんでしたが。。。

そう言えばこの車で人生2回目のカギの閉じ込めを経験しました。
しかも、自分の米子の自宅マンション前、

前回はホンダのサワダさんが助けに来てくれましたが
この時は地元の業者さんに頼みました。

鳥取県内の野池探しは4月で終了。
鳥取県内がバス釣りにいかに適していないかを思い知らされました。

何しろ、産業らしい産業がなくて公共事業ばっかやってるせいか?
野池の間近まで道路が舗装整備されていて・・・。

そのアクセスの良さ?も手伝って行政の監視?または土地改良区の
管理も行き届き?

鳥取県内、島根県内のありとあらゆる野池、溜池は釣り禁止。

5月にはちょっと遠いけど岡山県北に野池探しのターゲットを
切り換えました。
これが大当たり。

中国山地の山並みに作られているダム湖や野池はまだ荒らされていない
池もたくさんありました。

それと、年の離れた同じ趣味趣向を持つ、当時高松にいた
「タッちゃん」との出会いもありました。
新婚ホヤホヤのタッちゃんの家に押し掛け、夜な夜な釣り談義。
おまけに泊めていただいたり、(最初は遠慮してホテルを手配)

だってタッちゃん泊ってけ!ってウルサイし(爆)

お蔭で私の釣りバカ天国は野池天国の香川県高松まで及びました。

岡山県北はあまりサイズは期待出来ませんでしたが高松は
楽しかったですね~(笑)

もう、あの1年楽しい思い出しかありません。
このロゴがなかったら実現しなかったですね。






最終更新日  2020/07/23 05:14:11 AM
コメント(4) | コメントを書く
カテゴリ:車のこと
さて、車ネタ再開!
え~と・・・

ものすごく曖昧な記憶しかない3代目ステップワゴン。



車を買う時って何か突き動かされる衝動や、どうしても買わなければ
いけない何かがあって(事故ったとか)・・・
というケースが多い私。

この車に関しては・・・
記憶にございません。の小佐野賢治状態・・・。

おぼろげに・・・。

草加のホンダに行ったのはストリームを買いに行ったということ。

でも帰宅したらステップワゴンになってた。
そんな感じ(笑)

記憶が定かなのは山形にステップワゴンで
仲間と釣り遠征行く前々日くらいに事故って
フクちゃんのレガシイを急遽お願いしたことくらい。

あ、それから初代ステップに比べて内装が高級感、上質感が
増していたことくらいかな?

そして・・・

この車を手放すある出来事が起こるのです・・・。






最終更新日  2020/07/23 04:59:25 AM
コメント(0) | コメントを書く
2020/07/22
カテゴリ:友達のこと
私が「支店長」「店長」という役職で呼ばれていた頃の会社の同期で一番
仲の良かったコッシーからLINEが来た。

今年の年賀状にも「携帯壊れてコッシーの電話わからない」って書いたのに
ムシされた(笑)

ま、それはいいけど・・・。

私が渋谷文化村通りの支店長いや、そのバックヤードで
チームリーダーと呼ばれてた時の上司が膵臓ガンで亡くなったとの訃報でした。

私が米子への転勤命令を下したのが彼が上司の時でした。

身長170ちょいの体に100Kg超の肉ジュバンを身にまとった
上司でした。

家族全員が食い道楽が趣味と豪語してた方でした。

やはり、その巨漢を維持するにはそれ相当のカロリーを必要とする
訳でありますから、やはりそれは・・・(笑)

そういえば、浅草支店の元部下のフクちゃんも100Kg超の巨漢でしたが
一昨年、ガンで亡くなりました。

もう、皆さんそんな年代になってきました。

コッシーからは更に米子時代に一緒のエリアから防府LCOに転勤した
ナカさんは病気で会社を休んでいたけどそのまま退職したとの情報も
聞いた。

つまり傷病手当1年6か月を使い果たした。
と言うことを意味しているのだろう。
9年くらい前に飲みに行ったけど・・・何の病気だったのだろう?

私は昭和60年頃、小田原支店の支店長だったケーキ店長
(ケーキ:本名です)
も、昨年亡くなったことを教えてもらいました。

ケーキ店長が錦糸町支店だったかな?
送別会の席で・・・

飲み会終盤、ケーキ店長の代表送辞で・・・

「〇〇くんはこころざし、ハンバで卒業しますが・・・」

ん?
こころざしハンバ???

何言ってるんだろう?この人?

あ、もしかして・・・

「志、半ば(こころざし、なかば)」

の事??

誰もツッコミ入れないし・・・

皆真剣な面持ちで聞いてるし・・・

吹き出しそうなのをこらえて聞いていたのが今でも記憶に残っています。

入社当時から大先輩である彼にあの読み方を教える勇気のないまま
今日に至っているのが何よりも心残りです。

いや、きっと誰かが諭してあげたに違いない!

健康がイチバン!!






最終更新日  2020/07/22 12:29:48 AM
コメント(5) | コメントを書く
2020/07/20
カテゴリ:日々の出来事
車ネタが続きましたが・・・
気になる梅雨明けについて・・・

今年も異常気象の影響で長雨の梅雨となりました。

「今年も」と書いたのは毎年のように気象にまつわる
天災が日本各地で聞かれるような気がしてなりません。

今年、東京では6月30日から7月17日まで毎日降水が確認され
7月の真夏日は3日しかありませんでした。

平年では14.8日が7月の真夏日日数なので、今年の異常さは
際立っています。

気象庁の週間予報を見ても7月26日まで曇りや傘マークが続きます。

房総の野池やダムは軒並み水位は100%です。

これではオーバーハングを狙っていく釣りスタイルの私は
ポイントが激減。

そもそも、こんなにジャンジャカ雨が降られたら池の濁りが
取れやしない。

天気の神様、そろそろ終わりにしませんか?
梅雨。






最終更新日  2020/07/20 06:44:43 AM
コメント(2) | コメントを書く
2020/07/19
カテゴリ:車のこと
​家族が4人になり、やっぱり出かけるとなると荷物が増えてきました。
そして、35歳の頃、会社の同僚店長の影響から船釣りに行くように
なりました。

どんどん荷物が増えていきます。

レガシイはいい車なんだけど・・・

燃費がね~?(笑)
しかもハイオクでしょ?

いつもは妻が買い物街乗りに使う事が多くて・・・
リーター3kmくらいかな?(笑)
クラウンだってもっと良くない?

「ホンダがミニバン出す!」

36歳になってた私はソッコー動きました。

妻はあきれて何も言いません。

でもレガシイは結局2年落ちでしたのでしたので
初回車検を6か月後に控えて手放すことになりました。

でも気分はルンルンです。



勝手にネットから拾ってきた画像ですが、この色のステップワゴン見ないんですよね~。
ネットでもなかなか無くて・・・

ステップワゴン(初代)で一番気に入ったのは
あの必要以上に縦長のテールランプ!!(笑)
国産車の誰とも似てない!!それが良かった。

大好きでした!デザインが・・・。

実はステップワゴンの発売より1年くらい早くオデッセイが
発売となりました。
ミニバンでありながら乗用車感覚でのハンドリングが受けて
結構人気が高かったです。

が!

私は食指が動きませんでした。
こりゃ好みになるんだろうね~(笑)

私には乗用車なのか?
ミニバンなのか?

「はっきりせんかい!!」

という感じになってしまいました(笑)
ホンダの意欲作としては感じたんですけどね(笑)

ステップワゴンを一目見た時!
久しぶりホンダらしい車だ!
遊び心にあふれている!!と思いました。



あの当時縦長のテールランプってボルボが採用していたような
気がしますが、それよりも遥かに!これでもか!!ってくらい
長い!!(笑)

それにハイマウントストップランプ付きのルーフスポイラー
をくっつけて、前も後ろも横も純正のロアスカートで固め
サンルーフも付けました。ドアミラーもメッキのカバー付けて
カタログの中の画像通りのデコシールまで貼って(笑)



そして38歳の時・・・
ついに運命のバス釣りとの出会いが・・・(笑)

この釣りバカがいかにして誕生したか?
その出生の秘密を知りたい方はコチラ↓をご参考クサイ(笑)
釣り馬鹿誕生の顛末

もう、このステップWGNで全国のありとあらゆるところに
出没しましたね。
​​週末はいつも房総に居る​​
って感じでしたし・・・・

前妻の実家が会津若松だったので帰省のたびに一人
浮き輪で浮いていました。

猪苗代湖に浮き輪で浮いてる奴見たことあります?(笑)
15年くらい前なら・・・
それ多分、私です(笑)

今はスモールは猪苗代湖では釣れるみたいですね。
バスの酸性耐性が向上したのか?
猪苗代湖のPH値が下がったのか?
よくわかりませんが(笑)

喜多方ラーメンで有名な喜多方の山奥の野池にも出没。

新潟の上下浜って駅の近くの坂田池
にも行きました。

あ、勝手にリンク貼り付けちゃいましたが・・・
この「水辺遍路」の管理人さんスゴイよね?

テンチョも自分の足で実釣した情報とかは全国結構知っている方だと
自負していますが、この管理人さんの情報量は私よりも
遥かに上ですね。

一人でこの情報収集管理は不可能だと思いますので複数の
お仲間で管理しているのかな?すいません、話戻します。

とにかくこの釣りバカの良き相棒としてこのステップちゃんは
大活躍してくれました。

一番の思い出はまだTOPの駆け出しの頃、
このステップで仲間のフクちゃんと釣りに行った時
ある野池の手前50mくらいに未舗装の坂があって・・・

その坂全長7~8mくらいを登り切ったら駐車スペース・・・
って感じの池ですが・・・

到着寸前でスタック!
左前輪が坂から脱輪。
ステップの腹が地面に付いてしまいました。

この時パートタイム4駆の非力さを感じました。
これフルタイム4駆なら脱出できたかもしれません。

結局、すったもんだ脱出を試みるも、時間だけがイタズラに
過ぎていきました。

鴨川にある亀田総合病院の土木建築部の建築現場が
野池の近くでユンボ作業中のところ、事情を話して急遽
救出に向かっていただけることになり、

ステップワゴンをパワショベルのアームにワイヤー引っかけて
引っ張り上げていただきました。
その節はホントお世話になりました。ありがとうございました。

って簡単に書きましたが・・・池が携帯電話が通じないので
電波が届く場所まで2㎞くらいを行ったり来たり・・・

やっとJAFに来てもらっても・・・
「こりゃムリっす!」と
見放されたり・・・

希望と絶望を交互に味わいながら・・・
既に9時間くらい経過していました(笑)

その日は脱出後、釣りもしないで帰路につくと・・・(笑)
何しに片道150Km行ったのか分かりませんでした。

しかし、「これで帰れる」という安堵感と
「つ・・・疲れた」と言う疲労感が入り混じった感情が・・・
ま、今となってはいい思い出です。​​​​​​​​​






最終更新日  2020/07/22 03:52:51 AM
コメント(2) | コメントを書く

全178件 (178件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 18 >


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.