262255 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

ありがとう3 闘病記

2017.04.08
XML
日本人の二人に一人が癌になる時代。

患者や家族に対して世間にはギャップがあるというところまで書いたと思います。

患者や家族が納得して治療を受けるために必要なこと

① きちんとした説明を受ける
② 正しい知識・情報の集積
③ 適切な治療施設の選択

文章ではかんたんですが、いざとなるとなかなかわからないものです。

① に対して私達ができるのは、セカンド・オピニオンで他のお医者さんからも治療法の説明を受ける。
(できれば2〜3箇所)
② に対しては情報が出過ぎていてこんがらがってしまいます。
(患者会に参加して、他の人達の意見を聞く・・・同じ症状の人がいるかもしれません)
③ に対しては、なかなか情報が出てないのですが、やはり患者会に参加して情報を得ることだと思います。

理想的に、がんとうまく矯正をするために患者がすることは
患者は、運命と受け入れて共生する。
医療者は効率的に(効果的に)正しい情報を出す。
患者・家族・住民ともっと交流し、理解し合う。
社会全体が、がんに対して正しい知識を持つ

※インフォームドコンセント
韓派が、治療の内容などについてよく説明をくけ、十分理解した上で(インフォームド:innformed)
自らの自由意志に基づいて医師と方針において合意する(コンセント:consent)すなわち受け入れることである。
単に選択するだけではない。
わからないことがあれば聞く。
何も聞かなければわかっていると判断される。


時間がなくなってしまいました。
また、アップしたいと思います。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

金沢で、『がん患者』や『がん患者の家族』支援のために『元ちゃんハウス』をつくるなど活躍されていました。

しかし、『資金』が足りないので『募金活動中』です。

ご賛同いただけましたら、下記ページにて『ご寄付』をお願いいたします。

http://gmk.or.jp/kikin.php

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

余命半年、僕はこうして乗り越えた! [ 西村 元一 ]
価格:1404円(税込、送料無料) (2017/1/29時点)


西村元一先生の著書です。


この続きは、早めに掲載いたします。

最後まで読んでいただきありがとうございました。






Last updated  2017.06.03 13:48:10
コメント(0) | コメントを書く
[神戸市がん患者会交流会] カテゴリの最新記事


PR

X

Headline News

Calendar

Recent Posts

Freepage List

Category

Profile


tenko-10


© Rakuten Group, Inc.