000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

ありがとう3 闘病記

全12件 (12件中 1-10件目)

1 2 >

オラパリブ(リムパーザ)

2018.11.08
XML
日記は少し前の数値を書いていいたので最新分を掲載します。
PSA:1970
ALP:3260

ALPは3118、PSAは1010まで下がっていました。
しかし、その後はまたPSAがうなぎ登りに上昇し、ALPも上昇に転じました。

今までの数値をグラフで表してみました。


最初はゴナックスでかなり下がりましたが、半年ほどで上昇し始めました。
アビラテロンも最初は効果がありましたが、同じく半年ほどで上昇しました。
オダイン、イクスタンジは効果があるようには感じなかったです。
この他に、今年(2018年4月)にオプジーボ の点滴をしましたが、これも効果があるようには思えなかったです。

昨日はリュープリンの注射でした。
今日からまた、カソデックスを飲み始めています。

人によっては1つの薬で数年効果がある場合がありますが、私の場合は初めて前立腺癌が見つかった時点で前立腺癌の変異が多く存在していた様です。

オラパリブは、イクスタンジとリュープリンとの併用療法で効果が無かったら止めるという事です。

ドイツの先生にも連絡を取りましたが、お金の工面ができるかどうかわからないです。
私の場合、来年2月まで持ちこたえることが出来ればもう一度PSMA療法ができるかも知れないと言うことでした。

最後まで読んでいただきありがとうございました。






Last updated  2018.11.08 12:11:07
コメント(2) | コメントを書く


2018.11.03
PETの結果がでました。

結果は、3ヶ月前よりもマシになっている部分と悪くなっている部分があるとのことでした。

悪くなっている部分は、今までがん細胞が無さそうだった大腿骨全体に影が現れていました。

お医者さんは、転けないように気をつけてください。との事でした。

PSAは1560から1250に下がりました。
しかし、ALPは5200から5500まで上がっています。

体調は良いので、ALPも改善していると思っていました。

血液の状態が悪いので輸血をしました。
血尿の影響が出ているのかも知れません。

毎週血液の状態をチェックしてくれているので、不安になることが少ないです。

ありがたいことです。






Last updated  2018.11.03 19:01:23
コメント(0) | コメントを書く
2018.10.24
明日はPET-CTの日です。

明日は検査の5時間以上前にご飯を食べないといけないです。

4時間前でも大丈夫な人が居ますが、何人かは検査できない人が居るそうです。もう一度検査をするのも二度手間なので、早めに起きてご飯を食べ終わる様にします。

検査結果は来週になる予定です。

がん細胞の広がりがどれくらいか確認します。

PSAの数値が一番高い時にもPET-CTを撮ってもらいたかったです。

オラパリブの効き目はどれくらいあるのでしょうか。

先日、オラパリブ(リムパーザ)を処方されているのに気が付いた薬剤師さんが、『リムパーザを飲んでいるのですか、貧血になっていませんか?』と、言われました。

多分、女性の方が多いと思いますが、貧血の人が多いそうなので私が貧血なのも仕方がないのかも知れません。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。






Last updated  2018.10.24 18:35:53
コメント(0) | コメントを書く
2018.10.18
脳画像は問題なかったです。

心配していたので良かったです。

PSAは1570から1560に減りました。
ALPは5200に上がっているのでこれまた心配です。

血液検査の結果がまた悪かったので輸血を行いました。

やっぱり少しマシになります。

また、来週に期待です。






Last updated  2018.10.18 17:59:49
コメント(8) | コメントを書く
2018.10.16
明日も病院ですが、オラパリブ処方の日なので実費が増えないようにしてもらっています。

今日は血液検査と脳のCTでした。

脳のCTを撮ったのは、最近物が二重に見える場合があるからです。

もしかすると、脳に腫瘍が有るのかも、と先生に伝えるとCTを撮って見ましょう。と、なりました。

明日は結果がわかります。

ちょっと心配です。






Last updated  2018.10.20 15:17:23
コメント(4) | コメントを書く
2018.10.10
PSAが下がりました。

しかし、血液の状態が悪いので輸血を行いました。

PSAは、1800から1570に下がりました。

先生は、『「オラパリブ」が効いているかもしれない。』と、言われ、少し安心しました。

しかし、またすぐに数値が上昇するかもしれません。

その時はその時です。(何も治療法は残っていませんが。。。)
体の痛みは全く変わっていない様に思います。
喉の渇きも同じです。
目の渇きがあるので涙もあまり出ていないのかも知れません。・

最近、物が二重・三重 に見えるので、視力が衰えて来たのかと思っていました。
泌尿器科の先生に相談すると、網膜からの出血か、脳に腫瘍が出来ているのか、網膜に腫瘍が出来ているのか調べた方が良いのでCTを撮りましょう。と言われ、お願いしました。

さて、どんな結果になるのでしょうか。
今回調べていないALPの結果も気になります。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。






Last updated  2018.10.18 19:57:27
コメント(4) | コメントを書く
2018.10.04
PSAの数値は1800、ALPの数値は3739まで上がりました。

まだ薬を飲み始めて日が経っていないので効果はもう少し先かも知れません。
しかし、左足の付け根が痛いので家の中で歩くのが大変になってきました。

病院まで通うだけでも一苦労です。

今回は輸血は無しでした。

血液の状態はそんなに変わっていない様でしたが輸血の基準がよくわからないです。

来週まで様子見です。






Last updated  2018.10.04 22:29:50
コメント(4) | コメントを書く
2018.09.30
PSAの数値は次回の様です。
ALPの数値は前回の2550から2840まで上がっていました。

血液の状態が悪いので輸血をしました。
輸血なんてしたことがないので少し不安でしたが、がん患者の方は割と輸血をされている様です。

今回の血液数値
検査項目  :正常値   :検査値
ヘモグロビン:11.5〜16.7:5.7
血小板   :109〜384  :41
白血球数  :2.9〜10.7  :1.67
赤血球数  :3.62~5.36 :1.78

赤血球2単位の輸血でした。

輸血の最初は血圧や体調などを見ながら慎重に行います。

体調に変化がなければその後普通の早さになります。

輸血後少し微熱がある様でしたが、体調には変化が無さそうでした。

輸血の前には疲れやすかったのですが、少しマシになった様に思いました。

最後まで見ていただき、ありがとうございました。






Last updated  2018.09.30 16:42:41
コメント(0) | コメントを書く
2018.09.21
現在の状態

左股間接周辺にがん細胞があり非常に痛い。
(体重を左足にかけられないので室内・室外問わず松葉杖を使用)

体を捻る動作をするだけでも痛みがある。

肋骨や背骨などにも痛みが出ている。
(背骨などは左股間接の痛みが響いているのかも知れない)


お医者さんからの注意

手や足などにアザが現れた場合には輸血をしなければならないので、直ぐに救急へ連絡すること。






Last updated  2018.10.02 09:28:14
コメント(0) | コメントを書く
2018.09.20
血液検査を受けましたが、相当悪いです。

治験の基準には全く入っていない。
他の治療法は処方することができない。
オラパリブも骨髄抑制があるので処方は難しい。

もう、私にはこれしか無いのでオラパリブを処方していただきたい旨を強調し、先生もそれならとオラパリブを処方していただけることになりました。

しかし、医療費10割で保険が効かない。

もしかすると、他の治療も保険が効かなくなる可能性もあります。

先生は、漢方薬の十全大補湯というものがあるので飲んだ方が良いかも知れないと言われるので、取り敢えず1週間分をお願いしました。

オラパリブは飲み薬で150mgを2錠、12時間ごとに服用しますが、骨髄抑制が心配なので1錠ずつになりました。

オラパリブ14日分と十全大補湯7日分でどちらも10割負担で185,176円でした。
とてもキツイです。

私のお金はいつまで持つのでしょうか。
それ以上に私の命は持つのでしょうか。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。






Last updated  2018.09.21 17:40:24
コメント(0) | コメントを書く

全12件 (12件中 1-10件目)

1 2 >

PR

X

© Rakuten Group, Inc.