000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

ありがとう3 闘病記

全36件 (36件中 1-10件目)

1 2 3 4 >

カバジタキセル

2019.05.08
XML
カテゴリ:カバジタキセル
PSA:1500から1245に減りました。
ALP:2271から2949に増えました。(放射線を当てたのでその分上がっているのではないか)
LDH:690から576に減りました。

昨夜、血尿が少し出ました。
一回だけなので大したことないと思いますが。
どうなんでしょうか。

顎骨壊死の部分からも少し血が滲んでいるようです。

現在、血小板数が少ないので数日中に血小板の輸血をするかも知れません。

頭の皮膚が火傷の様な痛みが有りますが、放射線の影響か髪の毛が毎日少しずつ抜けてしまっています。
今の髪の毛は放射線前の半分くらいになってしまった様です。

前回、泌尿器科の先生と話し合いをした時にカバジタキセルは取り敢えず今回で終了と言われていましたが、正式に決まりました。

また、カバジタキセルは再開の予定らしいですが、他の治療も今なら効果があるかも知れないです。

色々やってみる価値があるかも知れません。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。











Last updated  2019.05.08 12:21:43
コメント(4) | コメントを書く


2019.05.02
カテゴリ:カバジタキセル
ALP:2194から2271に増えました。
LDH:874から690に減りました。
前回、血小板が9だったので心配していました。
血小板が34まで上がっていて良かったです。
股関節の痛みは、また少しマシになった様な気がします。
放射線が明日で終わりなので、どこまで良くなるのか?直ぐに悪くなるのか?
これもまた様子見ですね。

顔の痺れは一部だけになった様です。(左耳はまだ少し聞こえにくいです)

明日の放射線に期待です。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。










Last updated  2019.05.02 21:17:54
コメント(0) | コメントを書く
2019.04.30
カテゴリ:カバジタキセル
PSA:1271から1500に増えました。
ALP:2586から2194に減りました。
LDH:858から874に減りました。
PLT:19から9に減りました。
PSAがかなり増えてしまいました。
ALP・LDHは減っていますが、グラフの伸びから行くとカバジタキセルは早くも効果がなくなってしまった様です。
PLT(血小板)がかなり減っているので、今日はまた血小板の輸血をすることになりました。
(血小板の輸血は備蓄がないので、日本赤十字社から送られてきてからなので、かなり遅くなる様です)




昨日の午後に、口の中が血だらけになって(自分ではあまり気がつかなかったです)びっくりしましたが、血小板の数が減っているのでそのせいだった様です。
今日はほとんど出ていなさそうなので良かったです。

しかし、血小板が少なくなって脳の中で出血が起きると、危ないかもしれないです。

毎日目が覚めることを祈っておきます。

何とか平成最後まで生きることができました。

みなさんに感謝しかないです。

ありがとうございます。

令和は生きている限り感謝の日々ですね。

最後まで読んでいただきありがとうございました。






Last updated  2019.04.30 17:19:59
コメント(0) | コメントを書く
2019.04.29
カテゴリ:カバジタキセル
股関節の放射線を2度実施した後、病院が土日で2連休になったので今日が3回目です。

痛みは、2度目の放射線後(一昨日)  寝る時にはかなり楽だという印象でしたが、昨夜は放射線をしていなかったからか、痛みは元に戻った様な感じでした。

今日の放射線後の股関節の痛みですが、やっぱりちょっとは良くなっていそうです。

やはりしばらくは様子見ですね。

最後まで読んでいただきありがとうございました。






Last updated  2019.04.29 16:57:29
コメント(0) | コメントを書く
2019.04.27
カテゴリ:カバジタキセル
昨日、4月26日はカバジタキセルの4回目でした。

カバジタキセルを処方していただいていますが、少しづつPSAは上がっています。
(グラフ参照)

取り敢えず、カバジタキセルは今回で一時終了の予定です。
今回のPLT(血小板数)はカバジタキセル前の検査の中では、今までの中で一番少ない状態だということがわかりました。
今回は、HGB(ヘモグロビン)4単位と合わせて血小板も輸血になりました。

顔の痺れですが、4分の1くらいに減っています。

股関節の痛みですが、放射線は2回しか照射していないのに、照射後の夜はどちらも痛みは改善していました。
(今まで、寝る前には痛み止めの薬を追加してもらってから寝ていましたが、それでもなかなか寝付けないことがありました)

1日目の夜は、ベッドに入る時の痛みは変わりませんでしたが、ベッドに横になってからは痛みはあまり感じませんでした。(痛みの程度:10段階で1くらい)
それまでの痛みは、10段階で2〜3くらいでした。4以上我慢すると痛み止めの頓服があまり効かなくて、1時間あけてまた頓服を飲む(その間、寝ることができない)といったことになるので、早めに飲むことにしています。

昨夜寝る前のベッドに入る時の痛みは、手で左足を持ち上げてもあまり痛くなかったです。
寝るときには全く問題無かったです。

今朝は快適に起きることができました。(痛みの程度:0.5以下)

起き上がるときには苦労しますが、寝る時に痛みがあまり感じないというのはありがたいことです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。










Last updated  2019.04.27 20:10:25
コメント(2) | コメントを書く
カテゴリ:カバジタキセル
ALP:2440から2586に増えました。
AST:661から858に増えました。

カバジタキセルの前なのに血小板が今までよりも減っているので、初めて血小板も輸血しました。
血小板は黄色なんですね。
用心のために、輸血の赤血球は4単位なんですね。

火曜日の放射線科の診察日前に、泌尿器科の先生に『股関節がだんだん痛くなっている』という話をしたところ、放射線の先生と相談しておく旨を伝えられていました。
放射線の先生は、『私の頭への照射が劇的に良くなっている』『股関節の状態を確認したが、頭骨に見られるのと同じ様な状態を確認した』そのために、放射線を当てようということになりました。

その日の午後に股関節部分の映像を撮って翌日からの照射に備えることになりました。
仕事が早いです。

ありがたいことです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。










Last updated  2019.04.27 19:05:00
コメント(0) | コメントを書く
2019.04.22
カテゴリ:カバジタキセル
PSA:1147から1271に増えました。
ALP:2141から2440に増えました。
LDH:496から661に増えました。

朝から頭が少しフラッとしていたのですが、ヘモグロビン(HGB)が5.0でした。

先日のMRI検査で股関節部分のがん細胞が増えていて左腰や左臀部の痛みに現れている様だということです。
しかし、その場所は今まで放射線を2回当てているのでとても難しい様です。
それでも、何とか当てることができないか検討していただける様です。

今のところ脳への放射線での副作用としては、頭が少しぼやっとするくらいです。

頭を少しでもスッキリさせるためにコーヒーを一日に3杯くらい飲む様にしています。
2〜3年後にまだ生きていても放射線の影響で記憶が悪くなると都合が悪いので、少しでも防ぐことができればいいなと思っています。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。








Last updated  2019.04.22 17:28:15
コメント(0) | コメントを書く
2019.04.20
カテゴリ:カバジタキセル
前回、MRIの検査をした時に大変股関節が痛かったので、今回はあらかじめ痛み止めの頓服を飲んでいました。
しかし、痛み止めの効果はほとんどなかった様に思います。

MRI検査は、15〜20分くらいジッと動かない姿勢を続けなければならないのですが、なかなかその姿勢が決まりませんでした。

左の股関節が痛くて可動域がほとんど無く、左膝の下に高い枕を入れないと痛くて仰向けに寝ることができないのです。

横になっても構わないというので挑戦しましたが、右向きも左向きも全くダメでした。

最後には、仰向けに寝た状態で腰の下に枕を入れて腰をそらした状態にすると、膝が下がって何とか検査できる高さになりました。
(それにしても、MRIに入っていくスペースは狭いです。体の大きな人はもしかすると入らないのではないかと心配してしまいます)

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。






Last updated  2019.04.20 09:19:40
コメント(0) | コメントを書く
2019.04.15
カテゴリ:カバジタキセル
小脳に転移がんらしいモノが見えましたが、大脳にも少しあった様です。

私の脳に転移しているのは肉眼で見えるものでは小脳で3個以上、大脳にも少し転移があるということでした。

脳は、水の中を浮かんでいる様な状態です。

私の脳でできているモノは、まだ腫瘍になる途中の状態らしきもので、水の中には小さいながらも他にも同じ様なものがあると思われます。

腫瘍らしきモノ一つ一つ照射することもできます。
しかし、そうした場合、照射した部分のすぐ近くに新たにできた脳腫瘍ができてもそこに照射できない可能性があります。
そのためには脳全体を照射するのが良いのではないか?
後から腫瘍ができても一つづつ当てることは可能だということで、明日から照射することになりました。
(10回照射の予定です)

頭に照射すると、2〜3年後に物忘れが多くなるなどのリスクがあるらしいです。

困りましたね。

頭髪も抜けてしまう様です。

困りましたね。

まあ、生き抜くことが僕の今の課題なので、細かいことはあまり気にしないで頑張るしかないです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。






Last updated  2019.04.15 18:10:34
コメント(0) | コメントを書く
2019.04.14
カテゴリ:カバジタキセル
顔に痺れがあるので、頭部のMRIを受けました。

結果:やはり、頭の中心付近の左側の骨にがん細胞らしきものがありました。
(鼻腔の穴など、だいたい左右対称になっているはずが、その部分の穴が見受けられなくなっていました。
脳転移らしきものがありました。
小脳に数カ所(カミさんは3箇所・私は4〜5箇所あった様に見えました)はっきりと周りの色と違った部分がありました。

一昨年7月に北海道の病院で(脳に転移した時のために)頭部MRIを受けていました。
(がんが脳に転移した時に比較できる様にです)

前回の分と比較しましたが、前回は全く転移巣は見受けられませんでした。

がん細胞なら、小さいうちに放射線でなんとかしないといけない様です。

取り敢えず、来週に話し合っていただける様です。

最後まで読んでいただきありがとうございました。






Last updated  2019.04.15 07:14:16
コメント(0) | コメントを書く

全36件 (36件中 1-10件目)

1 2 3 4 >

PR

X

© Rakuten Group, Inc.