034656 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

臼杵山 真言宗 総本山 天光寺 - 本来の自分を見つけてみませんか?

PR

プロフィール


住職 高尾聖賢

カテゴリ

カレンダー

キーワードサーチ

▼キーワード検索

コメント新着

コメントに書き込みはありません。

お気に入りブログ

まだ登録されていません

全167件 (167件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 17 >

▼ 天光寺

2019.07.19
XML
カテゴリ:▼ 天光寺
こんにちは。天光寺でございます。
昨日は悲しく、痛ましい事件が起きてしまいました。
亡くなられた方々に深く哀悼の意を表するとともに、
京都アニメーション関係者の皆様、負傷された方の
一日も早い回復をお祈りいたします。


〒190-0204 東京都西多摩郡檜原村小沢4040-1
TEL:042-519-9380 FAX:042-519-9382
Email:info@tenkouji.jp






最終更新日  2019.07.19 11:18:23
コメント(0) | コメントを書く
2019.07.18
カテゴリ:▼ 天光寺
こんにちは。天光寺でございます。
本日はよくある質問の1つを抜粋したものをご紹介します。

私は人に見えないものが見え、聞こえないものが聞こえます。
気持ち悪い時もあり、逆に気持ちのいい時も有ります。
しかし友達に話しても、親に話しても取り合ってくれません。変人扱いされています。

貴方は変人なんかではありません。 かといって他の人が間違っているわけでもありません。 
簡単に説明しますと「人の眼に見えなくても存在するもの」はあります。 
たとえば紫外線、赤外線がその代表ですね。 
また赤外線カメラを使うと物体の温度も見ることができます。 
そしてまた音も各人聞こえる周波数帯がちがいます。 
ある人には聞こえてある人には聞こえない音があるのです。
老人になると耳が遠くなるといいますが、それは聞こえる周波数帯の幅が狭くなっているのです。

これらは現実の肉体の眼、耳を例に取りましたが、「チャクラ」と言う言葉をお聞きになったことがあるでしょうか? 
眼で言うなら「第三の眼」と言われているものもチャクラの一つです。
仏様の中には「額の中央に眼」があるものがありますね。
このようなチャクラのように「魂にも眼、耳、鼻…」に相当する感受機能があります。
あなたの「聞こえる、見える」がどちらの存在かはお手紙だけでは定かではありませんが、
「ごく普通の一般人」のお一人で「感受性の豊な方」であることは間違いありませんね。
一度天光寺にお越しになってみませんか?
「定かではない部分」のお答えが出るでしょう。
このようなお問合せをいただく事が多々ありますが、
一人で抱えずお悩みの場合はまずはお問合せフォームか
お電話にてお気軽にご相談ください。
〒190-0204 東京都西多摩郡檜原村小沢4040-1
TEL:042-519-9380 FAX:042-519-9382
Email:info@tenkouji.jp






最終更新日  2019.07.18 11:03:45
コメント(0) | コメントを書く
2019.07.16
カテゴリ:▼ 天光寺
こんにちは。天光寺でございます。
三連休はたくさんの来山有難うございました。
天光寺では滝行のみの修行も大変好評をいただいています。
半日の日帰りが可能なので多忙な方にも人気です。
丁寧なご指導をさせていただきますので女性、お子様、年配の方にでも安心して参加していただけます。
日常生活のなかでは、経験出来ないこと、そのひとつが滝行。
行衣(衣服)をまとい滝に打たれ、無我の中で自分自身を見つめる修行です。
滝の自然の力より、仕事の疲れやストレスを癒してくれます。
梅雨時は陽の光が足りず、やる気が起きずついダラダラしてしまう方も多いと思います。
自分を変えたいという人も、ぜひ挑戦してみてください。
天光寺では、一人でも多くの方に、滝行の素晴らしさを実体験して頂ける様、丁寧に指導を行っております。
皆様の参加を心よりお待ち申し上げます。 
体験(滝行)の後は天光寺にて無料の入浴もできます。
(川修行も体験出来ますのでご希望の方はお申し付けください。)
滝行終了後、写経または瞑想をご希望の方は別途費用(1,000円)で体験が可能です。



〒190-0204 東京都西多摩郡檜原村小沢4040-1
TEL:042-519-9380 FAX:042-519-9382
Email:info@tenkouji.jp






最終更新日  2019.07.16 11:31:11
コメント(0) | コメントを書く
2019.07.15
カテゴリ:▼ 天光寺

おはようございます。
天光寺で御座います。
新盆の三連休、如何お過ごしでしょうか。
本日は「海の日」ですが朝から雨となってしまい、
半袖では肌寒く感じる気温となりました。
そんな気候の中でも今日も天光寺は多くの方で賑わいをみせております。
合宿のご予約、修行のご予約、
いつも遠くから多くの皆さまに足を運んで頂き誠にありがとうございます。
本日も雨で肌寒い中ですが、皆さまにひとつでも多くの癒しと気づきと活力を持って帰っていただけるよう
職員一同心を込めてお手伝いさせていただきます。
 
エイ・エイ・オー !











〒190-0204 東京都西多摩郡檜原村小沢4040-1
TEL:042-519-9380 FAX:042-519-9382
Email:info@tenkouji.jp






最終更新日  2019.07.15 11:02:20
コメント(0) | コメントを書く
2019.07.12
カテゴリ:▼ 天光寺
天光寺で御座います。
本日も、しとしと雨
梅雨明けまではもう少し
今週末は東京のお盆になります。
生まれたことに感謝して先祖に手を合わせましょう。
子ども達はそろそろ夏休みに
ゲームばかりではなく
セミを取ったり、川へ遊びに行ったり自然と触れ合う事も忘れないでほしいものです。
天光寺には懐かしい自然や風景が待っています。
お父さん、お母さん、お子さんも一緒に楽しんでくださいね。
自然にたくさん触れ合ってくださいね。
梅雨が明け、
セミの鳴き声を聞くまでもう何日。
過ごしやすいこの時期に夏休みの計画を立ててみましょう。







〒190-0204 東京都西多摩郡檜原村小沢4040-1
TEL:042-519-9380 FAX:042-519-9382
Email:info@tenkouji.jp






最終更新日  2019.07.12 10:36:52
コメント(0) | コメントを書く
2019.07.11
カテゴリ:▼ 天光寺
こんにちは。天光寺でございます。
今週も残りわずかとなりましたが、木曜日は一週間の疲れやストレスがピークになる頃ですね。
憂鬱な気分になる出勤前は「瞑想」をオススメします。
心を落ち着かせ、精神統一でき、自然と前向きな気持ちになります。
凝り固まった身体をほぐすためにストレッチもいいですね(*^_^*)
天光寺では女性に人気の滝行とヨガの体験もありますし、
初心者の方でも気軽に参加できる瞑想会を随時開催しております。
現代人は様々なストレスにさらされ、あちこちの筋肉を固くこわばらせています。
肩の力を抜いて魂を癒し、「心の鎧」を一枚一枚脱ぎ、人生の生きる喜びを感じてください。
天光寺では性別や年代を超えた多くのみなさまに、 健やかでより豊かなライフスタイルを提案しています。
お気軽にご相談ください。



〒190-0204 東京都西多摩郡檜原村小沢4040-1
TEL:042-519-9380 FAX:042-519-9382
Email:info@tenkouji.jp






最終更新日  2019.07.11 11:01:32
コメント(0) | コメントを書く
2019.07.08
カテゴリ:▼ 天光寺


こんにちは。天光寺でございます。
先週も足元の悪い中たくさんの方に来山して頂き有難うございます。
青森県いたこ巫技伝承保存協会の方々や外国人の方にも滝行を体験して頂き、
日本の文化に触れる機会に当寺を選んでいただき光栄です。
新しい一週間が始まりましたがブルーマンデーという言葉があるように
週初めは何かと体も心も沈みがちになりますが
そんな月曜日こそ挨拶をはっきりすることを意識してみてください。
明るい声で挨拶をされるとパッと気分も明るくなり、いい気持ちになりますよね。
朝から笑顔で挨拶をする事で相手に安心感が生まれ、ちょっとした会話も生まれやすくもなってくれます。
当寺でも修行の始まりは挨拶からです。
まだまだ早朝、深夜と
肌寒い日がありますので体調に気を付けてお過ごしください。
天光寺は檜原村より皆さまの心身の健康をお祈りしております。
〒190-0204 東京都西多摩郡檜原村小沢4040-1
TEL:042-519-9380 FAX:042-519-9382
Email:info@tenkouji.jp






最終更新日  2019.07.08 11:22:25
コメント(0) | コメントを書く
2019.07.05
カテゴリ:▼ 天光寺

邪気払いの感想文         20代女性

 

この度はご相談に乗っていただき、お祓いをしてくださり、ありがとうございました。異変に気付いた当初はただの風邪かと思っていました。寒気がして、頭痛や肩こり、背中の痛みがあったので、軽い風邪を引いたのだと思い会社を休み病院で風邪薬を処方されました。3日経っても寒気が治まらず為再度病院に行き別の薬に変えてもらいました。それでも体調が治らずさすがにこれ以上会社は休めない為、無理して出勤し、体調不良のまま勤務していました。結局原因不明のまま1カ月ほどたった頃、同僚から、病院がダメならこちらに行くといいと教えてもらいました。同僚曰く病気以外で体調不良になるのは霊的なものしかないそうです。こちらのご住職様はすぐに私の顔色をみて原因が分かったようで、すごいと思いました。邪気払いをしていただき、心身共に生まれ変わったようにスッキリと頭が鮮明になり、寒気や頭痛が無くなってビックリしました。こんなに即効性があるとは思ってもみませんでした。体調不良になる前にやはり仕事が上手くいかず、悩んでいた時期が長かったため、波動がよわまり邪気に囚われてしまったようです。先生はじめ天光寺のみなさん、ありがとうございました。







最終更新日  2019.07.05 16:22:57
コメント(0) | コメントを書く
2019.07.04
カテゴリ:▼ 天光寺

こんにちは、KRKコンサルタントです。

 

企業研修にいらしていただいた方の感想文です。

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

私は、この社員研修を受けるにあたり、目標とした事が二つあります。 まず一つ目は「苦しいこと、辛い事にぶつかっても折れない心を身に付ける」です。今までの人生では、受験や人間関係などの思い通りにならない事は出来るだけ避けて楽な方法を探していました。学生までの内はそれでも許される面も多く、その環境に甘えてしまっていました。しかしこれから社会人になるにあたり、そういった自身を甘やかしてしまう心を変えたいと考えました。 二つ目は「積極的な心構えを身に付ける」です。自ら何かに取りかかる事もあまりなく、周りの様子をうかがっていたり、人に言われてから行動をしていました。入社時に抱いていた「世界の人々の生活を豊かにする」目標を達成する為には、今のままでは何も変えられないと考えた為です。 この体験修行の中で私は始めに目標とした事に加えて更に多くのことを身に付けられたと思います。一番大きく変わった事は「自分に対する自信」です。三禮を百回連続で行う修行で、最後まで出来た事に自分でも大変驚きました。足や腰など体中が痛く、何度もやめてしまいたいと思いましたが、同期達の頑張る姿を見て、自分ももっと頑張らなければという思いが自然と湧き出てきました。そのお陰で、やり遂げられたのだと思います。そして、やり遂げた後では、大きな達成感と共に、自分もやれば出来るのだ、限界を作っていたのは自分なのだと感じました。 また、同期を信頼する気持ちと連帯感を得られました。同じように厳しい修行を行う中で頑張る姿を見て「この中には辛い事があっても投げ出す人はいないのだ」と思い、背中を預けられる安心感と今後も共に会社を支えていける喜びを得ることができました。さらに体験修行を受ける前に変えたいと思っていた自身の弱い面も唱えている中で、少しずつ変化が起きたと思います。最後の御宝号では、汗をかくほど積極的に唱えるようにまで変化しました。 私はこの体験修行で得た「折れない心」「積極性」「自分に対する自信」「仲間への信頼と連帯感」を今後会社で働くに辺り、会社の一員として生活するにあたり、以下のように活かしたいと思います。会社や社会では思った通りにならず、苦しく辛い事も多くあるかも知れませんが、信念を曲げず夢の実現に向かっていきます。その実現には多くを実行しなければなりませんが、自分なら出来ると自信をもって行動します。会社や社会は私一人ではなく、多くの人と協力し、特にモノ作りをする当社ではなお強い協力が必要となります。私は仲間を信じ、全員で力を合わせていきます。そして、会社に戻ったら私が職場を盛り上げ、この気持ちを共有したいと思います。

 

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

 

会社は人材ですね。その一人一人の輝きを増すことにより、よりよい企業へと発展いたしますことを。










最終更新日  2019.07.04 13:37:11
コメント(0) | コメントを書く
2019.07.02
カテゴリ:▼ 天光寺
こんにちは。天光寺でございます。
昨日の更新ではお盆の話をしましたが、
「盆踊り」は本来宗教行事の一つでした。
近年は夜店を出したりとお祭りの雰囲気を出すことが多くなっているイメージですが、
本来はお盆に帰ってきたご先祖様の霊を送り出すためにご先祖様や
死者を供養するための踊りとして受け継がれてきた行事なのです。
また、ご先祖様の供養だけではなく、農作物の豊作を願うための盆踊りもあります。
農業が盛んな日本ならではですね。
地域によって様々な盆踊りがありますが、それぞれの歴史を辿っていくと
産業の特徴や供養への考え方を知ることができるのではないでしょうか。
今年の夏はご先祖様に思いを馳せて参加してみてはいかがでしょうか?

〒190-0204 東京都西多摩郡檜原村小沢4040-1
TEL:042-519-9380 FAX:042-519-9382
Email:info@tenkouji.jp









最終更新日  2019.07.02 11:15:23
コメント(0) | コメントを書く

全167件 (167件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 17 >


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.