038573 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

臼杵山 真言宗 総本山 天光寺 - 本来の自分を見つけてみませんか?

PR

プロフィール


住職 高尾聖賢

カテゴリ

カレンダー

キーワードサーチ

▼キーワード検索

コメント新着

コメントに書き込みはありません。

お気に入りブログ

まだ登録されていません

全12件 (12件中 1-10件目)

1 2 >

● 体験修行

2019.05.16
XML
カテゴリ:● 体験修行

こんにちは。天光寺でございます。

檜原村は晴れておりますが18度とまだまだ薄手の上着が必要な気温となっております。

本日は体験修行をされた方の感想を紹介させていただきます。


私は、この三日間まず無事に終えられた事を感謝致します。

私は最近仕事の職場に一人知的障碍者の同僚がおり、仕事が遅く、出来上がった資料があまりにも酷い為腹を立てておりました。それから、昨年抗線上の癌になり体の機能も低下していた事から、体を壊してしまい最近では会社に行けなくなっておりました。私はボロボロでした。とにかく平成のうちに何かを変えたくここに参りました。貪・瞋・痴(※)の話を伺い私は自分の仕事は出来て当たり前という考えに縛られ、瞋を通り越して痴になっていたのだと思います。

おそらく彼女の限界だと考え無理に理解しようとはせず「宇宙人」だから理解出来ないのは当たり前という感じに流したいと感じております。

今さらですが、私は中学時代キリスト系の学校に通っていた為、仏教は異教徒だという思いを抱いておりました。しかしながら両方に共通してこれは歴史だと感じました。先人が積極的に経験を語ったものに思えたからです。先生の法話のビデオの中で各々家系の仏様の違いで考え方や争いが起きますが、それは違い仏様全員が繋がっており、必要な仏様がその人の前に現れるとお聴きそういう事だったのかと思いました。

冒頭に戻りますが、今回写仏・写経・お経読みをさせていただき自分にもきちんとやりきる力があったのだと実感し、とても嬉しく感じております。願い事を書かせていただきましたが、それを絶対叶えます。

私は幸せになりたいです。だからこの先マイナスな事で自分を苦しめないようにします。私はずっと死にたいと思って生きていました。おそらくなんで幸せになれないのだと自分を呪っていたのだと思います。マイナスの気が私を恐ろしく震えさせていました。

私は生まれただけで本当に幸せで、意味のある事だったのだと実感できました。

ただ一つ心残りな事は滝行が出来なかった事です。おそらく山に登れないです。これからは身体を直してきちんとメンテナンスをしてバランスよく過ごします。本当にありがとうございました。

 


 

※貪・瞋・痴(読み)とん・じん・ちとは仏教用語で、人間のもつ根元的な3つの悪徳のことです。

自分の好むものをむさぼり求める貪欲,自分の嫌いなものを憎み嫌悪する瞋恚(しんい),ものごとに的確な判断が下せずに,迷い惑う愚痴の3つで,人を毒するから三毒,三不善根などとも呼ばれております。

 

天光寺は日帰りできる半日滝行も行っておりますので、お身体が良くなりましたまた是非お越しくださいませ。

 

 

素敵な一日をお過ごしくだい。

 







最終更新日  2019.05.16 11:52:17
コメント(0) | コメントを書く
2019.03.28
カテゴリ:● 体験修行

こんにちは、天光寺で御座います。

 

今回は、半日滝行についてご紹介します。

修行はちょっとな…

滝行だけに興味があるな…

そんな方にオススメな「半日滝行」!!

 

女性、お子様、年配の方、などなど

初心者にも丁寧な指導で安心して体験して頂けます。

 

自分自身と向き合う時間にもなりますし、

自然の力で、仕事や育児の疲れを癒してくれます。

やる気を出したい方や、自分を変えたい方にもオススメしております。

 

1回3時間半程度、5000円で御座いますので

お気軽にお試しいただけます。

気になる方は下記連絡先にぜひお問い合わせください。

 

 

臼杵山 真言宗 天光寺

 

 
〒190-0204 東京都西多摩郡檜原村小沢4040-1
TEL:042-519-9380 FAX:042-519-9382
Email:info@tenkouji.jp






最終更新日  2019.03.28 17:59:57
コメント(0) | コメントを書く
2018.11.12
カテゴリ:● 体験修行
体験修行によって疲れた心を癒してください。 
人間関係や仕事上のストレスでゆううつな気分が続くことがありませんか?
 
あなた自身の本来の姿(心、魂)に耳を傾けて下さい。
 
お一人でも、団体での参加も可能です。天光寺で宿泊をしながら、様々な修行の体験が行えます。


天光寺で体験修業





臼杵山 真言宗 総本山 天光寺
東京都西多摩郡檜原村小沢4040-1
TEL:042-519-9380   FAX:042-519-9382
Email:info@tenkouji.jp






最終更新日  2018.11.12 19:39:21
コメント(0) | コメントを書く
2018.11.05
カテゴリ:● 体験修行
日常生活の中では経験出来ないことのひとつ、滝行です。

滝の自然の力が、仕事や日常の疲れを癒し、日々感じるストレスを軽減させてくれます。
行衣(衣服)を見にまとい、無我で滝に打たれることで自分自身を見つめます。

お疲れの方、心のモヤモヤが晴れない方、やる気が起きない方、ダラダラしてしまう自分を変えたい方、
ぜひ一度挑戦しにいらしてください。

滝行の素晴らしさを体験していただけるよう、丁寧な指導を心がけておりますので、
おひとりさまも、女性同士も、どんな方もお気軽にご参加ください。
(川修行も体験できますのでお問合せください)

毎日受付中です。

https://www.youtube.com/watch?time_continue=2&v=diRDJ92B29c


臼杵山 真言宗 総本山 天光寺
東京都西多摩郡檜原村小沢4040-1
TEL:042-519-9380   FAX:042-519-9382
Email:info@tenkouji.jp
​​






最終更新日  2018.11.05 15:58:16
コメント(0) | コメントを書く
2018.08.28
カテゴリ:● 体験修行


大自然に囲まれた滝でマイナス・イオンを浴びてみよう!


天光寺で滝行を行う小天狗滝です。
先日の台風で水量も増えており、皆様からご満足頂いております。

夏休みも残りわずかですが、皆さま如何でしょうか。

ご家族、親子同士の参加者も多いです。 
お一人様から、団体の予約まで承っておりますので、お気軽にお問い合わせ下さい。


〒190-0204 東京都西多摩郡檜原村小沢4040-1
TEL:042-519-9380 FAX:042-519-9382
Email:info@tenkouji.jp
http://www.tenkouji.jp/






最終更新日  2018.08.28 13:21:10
コメント(0) | コメントを書く
2018.07.14
カテゴリ:● 体験修行
こんにちは。天光寺でございます。
本日は体験修行の感想文を2件ご紹介致します。


不登校。引きこもり 感想文|10代 男性

 ​僕が、お寺に預けられたのは学校に行かなかったからです。学校にいかずにゲームばかりして過ごしていました。僕が、学校にいかなくなったきっかけはいじめです。理由は、僕に協調性がなかったからです。毎日いじめられとても辛かったです。お母さんにも相談しましたが、忙しいからといって流されてきました。ある日、祖母が亡くなったのでお葬式に行きました。僕はいままでおばあちゃんに会ったことがありませんでした。お母さんと仲が悪かったそうです。なので、お父さんと行きました。平日だったのに僕がいておじいちゃんは驚いていました。そこで、学校に行っていないと話すと1週間後ぐらいにおじいちゃんが僕に家に来てお寺に連れてってくれました。そこで、僕の修行の日々が始まりました。僕の家のことは全部家政婦さんがやってくれていたので僕は何一つできませんでした。初日は、わからないのだから仕方ないと思っていました。ですが、毎日みているとみんな一生懸命やっているのに自分だけなにもしていないのは心が痛かったので簡単なことを手伝っていました。ある日、一人の子に声をかけられました。僕は、怒られると思っていました。でも、その子は手伝ってくれてありがとうと感謝されました。僕は、誰にも褒められたことがなかったのでとても嬉しかったです。それから、色々なことを教えてもらい自分でできることが増えてきました。1カ月もすると、お母さんが迎えに来てくれました。お母さんは謝りながら泣いていました。僕も、泣きました。お母さんは、今まで僕にかまってあげられなかったことを謝っていました。僕は、嬉しかったです。家に帰った次の日から僕は学校に行く決意をしました。久しぶりに行った学校は楽しかったです。僕をいじめていた子とも仲直りしました。中学校生活が楽しみです。ありがとうございました。​

​天光寺企業研修 感想文|20代 男性​

​​

 私が研修を通じて、学んだ事は社会人としての心得です。

この、研修でまず初めに行ったのは挨拶です。

挨拶といっても通常の挨拶とは異なり腹の底から声を出し礼儀正しい挨拶のことです。

続いて、三禮を行いました。これは、精神的にも肉体的にも限界まで追い詰められました。

体力には自信があったのですがこれは本当に辛かったです。

滝行は、想像していたよりも辛く入った瞬間に出てしまいました。ですが、修行は限界まで行ってこそ本領を発揮すると思いもう一度入りました。とてつもない勢いの水で呼吸が困難になるほどでした。時間にしたらとても短い時間でしたが私の中ではとても充実していました。自分が限界まで達した時に自分自身を見つめ直せたような気がしました。

写経では、心を静められました。筆を持ったのは本当に久しぶりのことで墨の匂いが懐かしく感じられました。初めは、うまくかけずもどかしかったけれどだんだんと精神統一できたような気がしました。

私は、こうした修行の中で感じたのは忍耐力の大切さです。自分の限界に挑戦することで様々なことが分かりました。あと、社会人と学生の違いを思い知らされました。社会は信頼でできているのだなと痛感しました。これから、学生気分を抜いて社会人としての心構えで仕事をしていきたと思いました。




体験修行をご希望の方はぜひ一度お問い合わせください。

総本山 天光寺
TEL:042-519-9380
FAX:042-519-9382
Email:info@tenkouji.jp

天光寺HPはこちら






最終更新日  2018.07.14 14:20:25
コメント(0) | コメントを書く
2018.07.06
カテゴリ:● 体験修行
■天光寺の企業研修のLPページでございます。

天光寺修行道場で仏教を通じて修行
仏教修行を通じて一人一人としっかり向き合いながら研修を進めるため、
常に緊張感を持って主体的に研修に臨むことが出来ます。
●静寂な空間の中で穏やかなひとときを過ごされたい方
●仏教や歴史に興味のある方
●写経、写仏に興味がある方
仏法に基づいて各企業のニーズにあった具体的なプログラムを提案し提供します。

詳しくは下記のURLから・・



■天光寺の護摩焚きのLPページからも申込可能です!
天光寺では、毎月28日お不動様の縁日に護摩焚き供養を奉修いたします。
多くの信者様、縁者様のご参列をいただきましたことを心より深謝いたします。
厳粛ななかに焚かれた焔に信者様、縁者様の願い・想い、そして不動明王様のご法力が導師様によって一つになり無量のご利益に恵まれます。
密教の修法として、一般によく知られているのに「御護摩」があります。 御護摩とは、真言密教の秘法で、人々を高い精神的境地へ導き、即身成仏に至る修法として重要な意味を持っています。
御護摩は、「供物を火に投げ入れて祈願する」という意味のサンスクリット語「ホーマ」の音写で、密教儀礼として内容を整えたものです。
密教では、護摩木を煩悩、火を智慧の表示とし、智慧の火で煩悩の護摩木を焼き尽くすことを意味しています。
厳粛ななかに焚かれた焔に信者様、縁者様の願い・想い、そして不動明王様のご法力が導師様によって一つになり無量のご利益に恵まれました

詳しくは下記のURLから・・


■天光寺の体験修行のLPページ紹介。

滝行を行わない方のためにご用意しました。
丁寧な指導で、はじめての方、年配の方、女性の方、お子様も安心してご参加できます。
写経とは、仏教の経典を写すことです。お経一字一字を丁寧に、ご本尊様をお迎えするという清浄な尊い気持ちで書写することです。
天光寺では、一人でも多くの方に密教の修行を実体験して頂けるよう、丁寧に指導を行っております。
半日修行では、 写経と [瞑想、 密教座禅、 密教ヒーリング、 ] の内から一つを組み合わせて体験していただけます。
写経 + お好みのコース… [瞑想、 密教座禅、 密教ヒーリング、 護摩焚き] の内から1つお選びください。
写経(写佛)、または護摩焚き供養 … 参加5名様以上でご予約可能です。詳しくはお問い合わせください。 

詳しくは下記のURLから・・



■天光寺滝行のみの修行も可能です。
滝行のみを行いたい方のためにご用意しました。
丁寧なご指導をさせていただきます。女性、お子様、年配の方にでも安心してご参加できます。
日常生活のなかでは、経験出来ないこと、そのひとつが滝行。
行衣(衣服)をまとい滝に打たれ、無我の中で自分自身を見つめる修行です。
滝の自然の力より、仕事の疲れやストレスを癒してくれます。また、最近やる気が起きない、ダラダラしている自分を変えたいという人も、ぜひ挑戦してみてください。
天光寺では、一人でも多くの方に、滝行の素晴らしさを実体験して頂ける様、丁寧に指導を行っております。皆様の参加を心よりお待ち申し上げます。 体験(滝行)の後は天光寺にて無料の入浴もできます。(川修行も体験出来ますのでご希望の方はお申し付けください。)
滝行終了後、写経または瞑想をご希望の方は別途費用(1,000円)で体験が可能です。

詳しくは下記のURLから・・



■天光寺の除霊のLPページ紹介

天光寺では、霊を呼び出し、霊を説得し、霊に納得して頂き、霊界に去っていただきます。 
霊を篤く供養することも欠かせません。
お祓い・除霊はお経を唱えながら神通力、法力を使って、ゆっくりと浄化していきます。 
無理やり出すのではなく、説得して成仏させてあげるのが良い方法だと思います。 人が亡くなっても、全ては成仏しません。 
成仏しない魂は、何時までもこの世を浮遊したり、地縛霊となり人間に障りを起こしたり、苦しんだり、悲しんだり怒ったりしています。
先祖が何を訴えてるかをきちんと理解をして、それを叶えてあげるのが一番です。 
子孫が悲しければ、先祖も悲しい。先祖が悲しければ子孫も悲しいはずです。
先祖がいるからこそ、この世に生まれたことを忘れないでください。
霊による悩み・不安をお持ちの方、お気軽にご相談下さい。


詳しくは下記のURLから・・






最終更新日  2018.07.06 19:48:41
コメント(0) | コメントを書く
2018.06.28
カテゴリ:● 体験修行
写経とは
​仏教の経典を写すことです。
お経一字一字を丁寧に、ご本尊様をお迎えするという清浄な尊い気持ちで書写することです。

『般若心経』278文字を習字で書いて頂きます。文字を書くために使う墨を擦って作るところから始めます。
 
写仏とは
​仏の姿を書写することです。写仏は仏様の絵を描きます。

その昔、写経・仏写は大きな功徳を積むことができる行として広まりました。



写経・写仏の心

時代を越えて、道を求むる人にとって大きな心の支えとなりました。

現代に生きる私たちはストレスの多い生活ですから、写経・写仏によって静かに落ち着いた時間を大切にするとともに、
祈りや願いを生活の中に活かしていきたいものです。

​『般若心経』は短い経典でありますが仏法の大意が述べられております。
天光寺では『般若心経』の写経をお勧めします。



天光寺では随時体験修行を行っております。
ぜひお気軽にお問い合わせください。

お問い合せ先
TEL 042-519-9380

天光寺web






最終更新日  2018.06.28 19:03:00
コメント(0) | コメントを書く
2018.06.13
カテゴリ:● 体験修行
本日は天気も良く絶好の滝行日和でした。なのでいつもよりしっかり入って頂きました。
皆さん無我の中で自分自身を見つめ、終わった後には活力に満ちていました。



滝行は、日常生活では経験できなものです。なので、大変人気のある体験修行にもなっております。
天光寺では、滝行のみを行い方に向けて半日滝行体験というものがあります。
コースの流れ
12:30 受付・入滝時の説明・指導・着替え
13:30お百度参り
14:00移動・入滝
15:30お風呂
詳しい内容は​ホームページ​をご覧ください。






最終更新日  2018.06.13 19:16:44
コメント(0) | コメントを書く
2018.06.08
カテゴリ:● 体験修行
​​こんにちは、天光寺です。

東京も梅雨入りが発表され、雨予報の日も増えてきた6月。
いかがお過ごしでしょうか?


天光寺では現在、体験修行・滝行だけではなく
半日で参加できる体験修行をご用意しております。

また、滝行のみを行いたいという方のために
半日滝行体験もご用意しております。

丁寧な指導のもと参加することができますので
女性、お子様、年配の方でも安心してご参加できます。






日帰り滝行
​​
毎日開催(12:30~16:00)
【集合場所】天光寺総本山
【料 金】5,000円
【持ち物】
替えの下着・身体を拭くタオル・運動靴(滝までの間、山道を少々歩きます)
※女性の場合は滝行の際、透けて見えない様に濃いめの色のTシャツ・スパッツ等をお持ちください。





行衣―衣服をまとい滝に打たれ、無我の中で自分自身を見つめる修行です。

滝の自然の力より、仕事の疲れやストレスを癒してくれます。

また、最近やる気が起きない、ダラダラしている自分を変えたいという人も
ぜひ挑戦してみてください。



体験後は天光寺にて入浴も可能です。
川修行も体験できますので、ご希望の方はお申し付けください。

※滝行終了後、写経または瞑想ご希望の方は別途費用(1,000円)で体験可能です。


​● 半日滝行に関して

● ​お申込みフォーム


​​​​お一人様からも滝行は行いますので是非足を運んでみて下さい。








最終更新日  2018.06.08 13:30:06
コメント(0) | コメントを書く

全12件 (12件中 1-10件目)

1 2 >


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.