1362307 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

徒然”腐”日記

Feb 1, 2010
XML
カテゴリ:ドラマ感想
いつものように個人の感想のみ書きます。


苦手な方はバックプリーズ。






今まで信じていたものがひっくり返るって
どんな気持ちになるんでしょうね。


幸か不幸か、そこまで驚愕するような体験をした事がないので
黒船を見た当時の日本人の驚きや恐怖が想像もつかないんですが


黒船を目の当たりにした龍馬が
呆けたように叫んでいた・・・・・・・
あんな風にしか反応出来ないかも知れません。


刀を振り回しても歯が立つわけもない
龍馬が悩むのも無理はないんでしょうね。


再び桂さん登場なわけですが
剣術を習い続ける事に疑問を感じるのだと
どうしたらいいのか分らないと悩みを打ち明ける龍馬に
侍を辞めるつもりかと聞き返し
己の進むべき道筋を他人に聞くなと叱咤するあたりは
フィクションと分っていても萌えます♪


初登場が”あれ”だったんで
かなり軽いキャラに描かれていて残念!!と思っていたんですが
これは嬉しいですね。


彼もまた、どうしたら良いか思い悩み
書物を読み学問に打ち込むことで道を探していると描かれてました。
実際にはこの後彼は砲台を築く工事に、弁当持ちに変装して潜りこんだりして
書物を黙々と読む人というよりは結構アクティブな人物だったようです。


今回ひたすら悩む龍馬が描かれていましたが
この子供っぽいほどのストレートな悩みっぷりが
龍馬らしいイメージで応援したくなりますね。


なんのために刀を振るうのか
剣の道を学ぶ事に何の意味があるのか
思い悩み道場を飛び出し彷徨う龍馬。


結局は千葉道場で学び続けるわけですから
”刀を握り続けることの意味”をどのように見つけるか
その行方が楽しみです。


次回は吉田松陰との出会いですね。
それが彼にどんな変化をもたらすのか。
実際にこれもフィクションなわけですが
面白いからそれで良い。


弥太郎の方は
加尾が通っていることで有頂天にはなっているけれども
彼女はただ”龍馬が世の中を知りたい”と言っていたから通っているだけ。
おまけに意見書は通らないし
半平太が殿様に褒められたと聞いて嫉妬しているし
相変わらず報われてないですね。


半平太も意見書が通って喜んでいるけれども
吉田東洋との火種を予感させる雰囲気で。


攘夷という言葉も作中で初めて出たし
大きな歴史的な動きの中で翻弄される龍馬たちが
どんな風に描かれていくのか先が楽しみです。


















web拍手



ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 漫画ブログへ

にほんブログ村 イラストブログ アニメ・漫画タッチへ←ランキング参加中 クリックして下さると大変嬉しいです♪






Last updated  Feb 2, 2010 06:31:53 AM
コメント(2) | コメントを書く
[ドラマ感想] カテゴリの最新記事

PR

Calendar

Archives

Category

Profile


てんぽ〜

Comments

あみりん9129@ Re:「きのう何食べた」やっべぇ、キュンキュンする(04/08) 「きのう何食べた」私も観ました。 よしな…
てんぽ〜@ あみりんさんへ シャムの血が・・・・? だったら良いなぁ…
あみりん9129@ Re:我が家に出入りするにゃんこ(09/08) グレちゃん可愛いですね。 シャム猫とかの…
てんぽ〜@ あみりんさんへ いえいえ、そんなにやってませんよーーー…

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.