1375742 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

徒然”腐”日記

Mar 8, 2010
XML
カテゴリ:ドラマ感想
個人的感想のみです。


苦手な方はバックプリーズ。



今回のタイトル見て・・・・・・
「愛」じゃなくて「恋」の方が良くね?
・・・と微妙に突っ込みたくなったてんぽ~です。
愛と呼ぶにはあまりにも子供っぽい気がして~

いきなり江戸での剣術修行は端折られましたか
目録を頂くシーンから始まるとは!
佐那との間は一向に進展せず
う~~ん加尾一筋・・・・って事だったんですか龍馬。

加尾との人間関係が今一つ濃密に描かれなかっただけに
どうにもピンとこない・・・・・・
佐那と心を通わせる方がきちんと描かれていたと印象が強いもんで
どうしてそこまで加尾に拘る事になったのかとちょっと疑問。

土佐に帰郷する龍馬
乙女お仁王様も嫁に行ってた・・・・・
けどこんなに実家に入り浸って良いのか乙女さん
ダンナは一瞬しか登場せず(笑)

加尾に土産を渡し~のプロポーズし~の・・・・・
今風の若者っぽい男らしさ全開の龍馬。
これはこれで爽やかで良いんだけれども
でもこの時代の武士の結婚って
家長の許可やら藩の許可やら必要だったよね?
収二郎兄さんに気に入られてないのに結婚出来ると
そう思ってたとしたらかなり甘い・・・・。

今回注目すべきは
龍馬と加尾よりもむしろ半平太と収二郎だよね?

武家の女性は他家に嫁いだり嫁ぐ姫に付き添ったりで
諜報活動をしてたケースが結構当たり前。
事が事だけに信頼できる人間を派遣するって思えば
加尾に白羽の矢が刺さるのは当然と言えば当然ですな。

そこに(是非は別として)妹の幸せを願う兄収二郎の思惑も絡めば理解できる。
加尾は一度良縁を断っているから、縁遠くなってた事も考えられるし
下士の待遇を考えれば暮らし向きも破格に良くなる今回の話は
ある意味願ったりかなったりな事だったろうとも。

収二郎の妹を犠牲にし
龍馬の想いを踏みにじってまで
事を為す事に迷う半平太。

彼の中の良心はまだまだ健在で、一人苦しむわけだけれど
それを龍馬に対して表さず
収二郎の妹への不器用な愛情も話すことなく
あくまで冷徹な態度を取り続ける半平太の行動が泣ける・・・・。

心を殺して、一人龍馬に恨まれて
それでも貫こうとする半平太がめっさ男前だ・・・・・・。

そんな半平太の心を知らず、(まぁ知る由もないんだけれど)
次回龍馬は吉田東洋のスパイとして土佐勤皇党に入るって事・・・・・?
予告を見る限りそんな展開になりそう・・・・・。

弥太郎は長崎へ
初めて彼の小奇麗な格好を見た(笑)

そう言えば・・・・・・ちょうど安政の大獄の時期ですよね?
次回は桜田門外の変もやるようだし
加尾が京に旅立った同じ年・・・ちょっと前に吉田松陰は処刑されるんだけど
ってぇ事は次回ちょろっとだけでも登場するかな?
話の本筋からは離れてるけど













web拍手



ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 漫画ブログへ

にほんブログ村 イラストブログ アニメ・漫画タッチへ←ランキング参加中 クリックして下さると大変嬉しいです♪






Last updated  Mar 8, 2010 02:36:12 PM
コメント(0) | コメントを書く
[ドラマ感想] カテゴリの最新記事

PR

Calendar

Archives

Category

Profile


てんぽ〜

Comments

あみりん9129@ Re:「きのう何食べた」やっべぇ、キュンキュンする(04/08) 「きのう何食べた」私も観ました。 よしな…
てんぽ〜@ あみりんさんへ シャムの血が・・・・? だったら良いなぁ…
あみりん9129@ Re:我が家に出入りするにゃんこ(09/08) グレちゃん可愛いですね。 シャム猫とかの…
てんぽ〜@ あみりんさんへ いえいえ、そんなにやってませんよーーー…

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.