1444760 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

徒然”腐”日記

Mar 22, 2011
XML
カテゴリ:ドラマ感想
あらすじ・キャストなどはNHK公式サイトへ


感想のみ短く




え~~~~~~~毎度毎度短い感想ですが



今回は賤ヶ岳の戦いから北ノ庄城落城まで一気に駆け足

賤ヶ岳の戦いも勝家たちの焦りを描写するシーンは若干あったものの
合戦シーンという形は無いに等しく

時間の関係もあるのでしょうが
勝家の、”武将としての姿”も描かれることなく終わってしまいましたね
鬼柴田ではなく、ただのマイホームパパでした
江の視点からだから仕方ないんでしょうけど

お市との方との別れのシーンは目が離せなかったけれど
浅井家滅亡のシーンと非常に似通ったパターン故に
新鮮味が欠けてしまった気もします

勝家と一緒に死なせてくれと言う市に
「女の戦いは生きる事だと言ったじゃないか」
と食ってかかるシーンは面白かったですね

「逃げるのではない」と答えた市の
後に続く言葉は今一つ説得力に欠けると思ってしまったのは私だけ?
娘たちが育ったから自分の役目は終わった的な事を言ってたけど
それってやっぱ”逃げたい”じゃん?っていう

そのせいでしょうか
どうもこう・・・・・身を乗り出して見られず

三姉妹と別れる場面で
それぞれにかけた言葉は未来の暗示っていうか
特に初への言葉は関ヶ原での役割を申しつけたようなもの
何というか伏線にしては分かりやす過ぎっていうね

おまけに
「私が死んだらまた、母上に会えますか?」
と尋ねる江に
「あぁ、真っ先にな」
と市が応えるシーンで”えっ!?”と驚いてしまって・・・・・

真っ先に・・・の意味が一瞬掴めずボ~~っとしちゃったっていう
”その時には私が真っ先に駆けつけるぞ”って意味ね?

それに続く言葉が無かったのが残念っていうか・・・・・・

十代の子供を持つ母親として、もし(病気とかで)同じような局面に立たされた時
「死んだらお母さんにまた会える?」
って子供に聞かれたら
「もちろん会えるけど、それはずっと後になると思うよ」って言うと思うんだな
「もし、寂しくて自分から会いに来るような事をしたら絶対に会わない。
向こうの世界から追い返す。だからしっかりと生きなさい。」

江のキャラからして世を儚んで・・・って事はないから
それ以上の言葉は要らない・・・って事なのかも?なんだけど
なんだろうなぁ・・・・・・・母親としては
もっと市の言葉が欲しかったですねぇ

「浅井長政と一緒に死にたかったであろうに」って言った勝家に
「一緒に死にたいと思ったのは勝家様です」って言ったのは・・まぁ・・うん
何というか・・・・・・・・”夫婦”ですよねぇ
それが真実でなかったとしても(笑)
だって、前夫の回想ばっかり出てくるんだもの

あと気になって仕方がなかったのは・・・秀吉の描き方・・・・・・・
市に拘り過ぎる行動がキモチワルイというか
ここまで壊さなくても良いんじゃない?っていう

全ては江視点ってことで
彼女から見たら秀吉はこういう男なの!
納得しなさい!・・・・・・ってぇ事なんですか?

次回はその秀吉の元に身を寄せることになる三姉妹

秀吉を気持ち悪く描けば描くほど
それに耐え忍ぶ三姉妹の哀れが表現できる・・・・と制作者側は思っているのか?

これで、このキモチワルイ秀吉の側室に
茶々がなるんだから・・・・・・・・・・・

茶々は”内側から豊臣家を滅ぼす為に側室に”なった
という流れ・・・・決定・・・・とか?


そうでもないと納得できないぞ?






web拍手
お礼は10種ランダム表示(既出イラストですが)


にほんブログ村 イラストブログ アニメ・漫画タッチへにほんブログ村←ランキング参加中 クリックして下さると大変嬉しいです♪






Last updated  Mar 22, 2011 02:33:17 PM
コメント(4) | コメントを書く
[ドラマ感想] カテゴリの最新記事


PR

Calendar

Archives

Category

Profile


てんぽ〜

Comments

ハンサムクン3714@ Re:承継って初めて知ったわ(02/20) 第16話の「隊長と寺尾君」をご覧になっ…
てんぽ〜@ Re[1]:空いていてビックリ( ̄O ̄)(02/19) ハンサムクン3714さんへ こちらこそ、お読…
ハンサムクン3714@ Re:空いていてビックリ( ̄O ̄)(02/19) この度は私の描いた四コマ漫画「隊長と寺…
てんぽ〜@ Re[1]:やっぱり腹立つ!(02/13) ハンサムクン3714さんへ はじめまして。 …
ハンサムクン3714@ Re:やっぱり腹立つ!(02/13) はじめまして。勝手に訪問させて頂いて、…

Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.