1384676 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

徒然”腐”日記

Jun 27, 2011
XML
カテゴリ:ドラマ感想
昨夜はギリ2で間に合ったんですよリアル視聴に


会合が終わったら「じゃ!!」とダッシュで帰宅


いやぁ・・・・あっという間の2時間でした






あらすじは「JIN-仁-」公式サイトから



西郷隆盛(藤本隆宏)を中心とする新政府軍が江戸へ入ったため、
対する徳川家に仕えていた旧政府軍(旗本たち)は「彰義隊」を名乗って上野に集まり、
反旗を翻す機会を伺っていた。
そんな時局の中、橘恭太郎(小出恵介)は勝海舟(小日向文世)からフランスへの留学を推薦されるも、
坂本龍馬(内野聖陽)暗殺のきっかけを作ってしまったこと、
そして今後旗本としての自らの進むべき道を悩んでいた。
一方、体調が悪化するばかりの南方仁(大沢たかお)は、
松本良順(奥田達士)から江戸が総攻撃にあった際の医学所への指図を頼まれる。
仁は、自らに残された時間を意識し、
持っている医学の知識を残さず『仁友堂』の医師たちに引き継ごうとしていた。
そしてついに明日、
新政府軍が「彰義隊」を名乗る旧政府軍に攻撃を仕掛けると聞いた恭太郎は、ある決意を下す。
それを知った仁、橘咲(綾瀬はるか)らは…。

歴史が大きく渦巻く中、仁を待ち受ける結末とは!?
そして南方仁は、現代に戻ることができるのか!?





色々突っ込みどころはあったんですよ
彰義隊の規模が小さすぎないか?・・・・・とか

胎児型奇形腫がタイムスリップの鍵だとして
どうしてそんな力があるのか

仁がタイムスリップした理由は突き詰めると何だったのか・・・?
咲を救うため?
だとしても、卵が先か鶏が先か的に理由がループしてしまうなぁとか

SF的に考えると同じ瞬間に同じ人間が存在してはいけない事になってるんだけど
その辺はスルーでおkなのかな~とか

まぁあるんですけど



・・・・どうでも良いじゃないか、そんな事ぁ



迫ってくる死期を目の前に献体を決意する仁
「自分の死を意味あるものにしたい」
そのなみなみならぬ覚悟を知って笑顔で「はい」と答えられる咲
ここ、凄く素敵なシーンだと思うんですよね

いつかやってくる”その時”をどう迎えるか
大切な人たちに自分は何を残せるのか

医学の知識
それを裏付けるための肉体
自分の全てを捧げようっていうね




この後はかなり駆け足だったような気がします

彰義隊に参加する恭太郎を連れ戻しに行った咲が銃弾に倒れ
緑膿菌感染症に罹ってしまう

わ~~~べっとり緑の粘液が・・・・
ムコイド型緑膿菌ってやつですね
免疫力が低下したりすると日和見感染とかすることもあるイヤ~~~な奴

駆け足ながら、きっちり見せ場というか泣けるシーンも・・・・・
「かけがえの無いものがなくなるなら 一緒に消えるのも幸せかなって」
これは泣ける・・・・・・・

咲は「それが医者の言う事ですか」と笑って窘める
その気持ちはきっと咲にも痛いほど分かるんじゃないかと思うけど
それでも腑分けしてくれと言った仁に笑顔ではいと答えられるなんて
咲の愛情の深さ強さを感じる・・・・・・

緑膿菌はペニシリンが効かないから打つ手なしか?
・・・とここでホスミシンを持ってたかも?と思いだし
捜しているうちに龍馬の声に導かれて未来へ

ホスミシンは明治製菓ファルマ製の薬なんですよね~
そういやペニシリンもだったなぁ・・・と観ながら思い出しましたわ
飲み薬で処方された方も多いでしょうから馴染みのある薬名じゃないですかね?

かつて脳内から胎児型奇形腫を摘出した患者は自分自身で
その患者が持ち出そうとしていたのはホスミシン
咲に投与するために持ち帰ろうとしていたのだ・・・・と

後半は謎解き的な話
仁が経験したはずの”事実”と聞かされる”事実”は食い違い
学んだはずの歴史も変わっている

共に過ごした人々の記録は残っているのに
自分だけは”存在しない”

存在していないのに恭太郎はホスミシンのバイアルを拾い
咲は一命を取り留めた

ここ、仁と一緒に視聴者も混乱しますね(笑)
タイムパラドックスは頭がこんがらがるw
ていうか、卵が先か鶏が先か・・・・って話になってくるので
その辺は考えること自体をスルー

兎に角、仁が幕末に存在した事そのものが”なかった事”にされても
仁と咲が取り上げた野風の娘は未来という女性へと繋がり

そして咲だけは○○先生の存在を忘れる事はなく
”お慕い申し上げておりました”
と、仁を想い続けていた・・・・って事でもう満足っていうか

浦島太郎みたいな感じっていうかな
大きく違うのは
浦島太郎は確かにあるはずの自分の記憶を誰も共有してくれなくて
孤独のうちに玉手箱を開けて爺さんになり朽ちて行くことを選ぶけど

仁は、ただ一人咲がその記憶をとどめていてくれた事で
未来に向かって進んで行けるってことかな

謎は謎のままでも面白かった
見応えがあった
話の中心はSF的なものではなくて
あくまでも人間ドラマだものね

出演者の皆さま、制作スタッフの方々お疲れさまでした
素敵なドラマをありがとうございました






DVDボックス・・・・買おうかどうしようか思案中




トラックバック送信URLは↓こちらです

http://trb.ameba.jp/servlet/TBInterface/tenpohchan/10936112810/75b7a3c0


トラックバックは徒然”腐”日記~別宅に反映されます







web拍手
お礼は10種ランダム表示(既出イラストですが)


ニコ動入り口ニコニコ動画入り口



にほんブログ村 イラストブログ アニメ・漫画タッチへにほんブログ村←ランキング参加中 クリックして下さると大変嬉しいです♪






Last updated  Jun 27, 2011 03:31:08 PM
コメント(2) | コメントを書く
[ドラマ感想] カテゴリの最新記事

PR

Calendar

Archives

Category

Profile


てんぽ〜

Comments

あみりん9129@ Re:「きのう何食べた」やっべぇ、キュンキュンする(04/08) 「きのう何食べた」私も観ました。 よしな…
てんぽ〜@ あみりんさんへ シャムの血が・・・・? だったら良いなぁ…
あみりん9129@ Re:我が家に出入りするにゃんこ(09/08) グレちゃん可愛いですね。 シャム猫とかの…
てんぽ〜@ あみりんさんへ いえいえ、そんなにやってませんよーーー…

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.