000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

ハンターの卵のblog

PR

全45件 (45件中 21-30件目)

< 1 2 3 4 5 >

食べること

2005/05/05
XML
カテゴリ:食べること
 アイスの差し入れを頂いた。アイスまんじゅうとレディーボーデンのコーンマルチ。アイスまんじゅうの方がおいしそうに思えたので、アイスまんじゅうをいただく。
 アイスまんじゅうは、バニラアイスの中に凍ってない小豆あんが入っている。あんの入っているアイスは数あれど、最中の中のあんの様に柔らかくねっとりしたあんのまま、アイスの中に入っているものを食べたのは初めて。おいしい!
 このアイスまんじゅうはこれ。九州がホームだそうだ。ついでにアイスまんじゅうで検索したら、こんなサイトもヒットした。
 私の知らないものばかり。アイスまんじゅうというものも奥が深いらしい。






Last updated  2005/05/06 09:18:28 PM
コメント(2) | コメントを書く


2005/05/01
カテゴリ:食べること
 昨日「チューボーですよ!」を見ていたら、苺ショートケーキを作っていた。私は、シフォンケーキとガトーショコラあたりは作るが、苺ショートは難しそうなので作らないできた。でも、作るのを見ているとそれほど難しそうでも無い。ということで、苺ショートケーキ作りにチャレンジした。
 本を見ながら作ったら、意外に簡単。卵をとも立てしてしまうから、シフォンケーキより手順が少ない。飾り付けは、ただ生クリームを”塗りました”というだけの男の苺ショートケーキになってしまったが、ま、ケーキは見た目より味だから。
 食べてみたら、なかなかおいしいではないか。ただ、プロが作ったスポンジのようなきめ細かさがない。けれど、私はスポンジにシロップや洋酒の味を感じるのが好きではないので、こっちのほうがたまごたまごしていて好きだ。

 ケーキ屋で買う苺ショートはおいしいのだけど、1ホールで軽く3000円はする。3000円出すなら、もっと安くておいしいケーキはいくらでもある。なんか割にあわないなぁ、という思いがいつもあった。
 でも、自分で作ると原価のほとんどは苺の値段。まあ、プロが作るものと比べると、見た目も味も劣るが、価格差を考えるともうお店では買えない。

 ショートケーキで楽天のブログを検索してみたら、こんなケーキを見つけた。美しい!あまりにきれいなので「買ってきたんじゃ?」とも思ったが、売り物に苺のへたはついていないw。すごいなぁ。ここまでできれば完璧。
 いつかこんな苺ショートケーキを作りたいと思う。






Last updated  2005/05/01 07:30:52 PM
コメント(0) | コメントを書く
2005/04/30
カテゴリ:食べること
 今年は寒かったせいか、たけのこが出るのが遅い。例年なら、もう最盛期を迎える頃なのに、山を歩いても全く見ない。しかし、このところの暖かさのせいか、やっと頭を出し始めたと父からの連絡。早速出撃。
 とりあえず、例年出るのが早い竹林に向かう。だが、先客がいたようで竹林の中は穴だらけ。まあ、ここはうちの土地ではないので文句もいえないのだけど。
 たけのこをすべて見つけるのは難しい。誰かに掘られてもたいがい掘り残しがある。ところが、探しまわって見つけたものは、おいしくなさそうなたけのこが数本...。たけのこ掘って二十余年、その私と同等かそれ以上だろう。掘ったのはなにもんだ?

 実家は結構な田舎にある。国道が近くを通っているが、この竹林まで来るのは地元の人間以外にはむずかしい。が、どこから来たのかわからないけれど、ピクニックしながらたけのこを掘ってる家族がいたりする。で、ゴミをそっくり置いて行ってくれる。そして、そういう輩が年々増殖し、彼らのたけのこ捜索範囲も広がり困っている。

 しかし、この掘り跡にはゴミがない。掘り残しも無いに等しい。どう考えてもプロの仕事だ。
 父にこのことを報告すると、何やらすごい道具を持った人がリュックを背負って頻繁に出没しているという。このへんじゃ見かけない人だそうだ。そいつの仕業だろう。厄介な相手だ。
 だけど、そこまでしてたけのこを掘らなきゃならない理由はなんだろう?サクランボ泥棒みたいなもんか?もしかして、やくざの現金収入?
 見知らぬやつに私の縄張りをうろうろされるのは気分が良くないが、ゴミを残していくスコップでたけのこ掘ってるような人よりは親近感がある。今度見かけたら、ちょっとお話してみたいな。






Last updated  2005/05/01 12:00:28 AM
コメント(0) | コメントを書く
2005/04/25
カテゴリ:食べること
 1000円で送料込みの焼き鳥を楽天で購入した。

【初めての方限定】(人生で一度だけのチャンスです・・笑)大和肉鶏・丹波地鶏・杜仲どり・若...【初めての方限定】(人生で一度だけのチャンスです・・笑)大和肉鶏・丹波地鶏・杜仲どり

 七輪でじっくりと焼く。頃合いを見計らって焼きたてを頂く。うまい!
焼き鳥がいいのか七輪で焼くのがいいのか、はたまた私の焼き方がいいのか(笑。

 今年の冬は、自分で撃ったすずめ、ムクドリ、ヒヨドリ、キジバトなんかで焼き鳥をしたいものだ。






Last updated  2005/04/25 11:33:52 PM
コメント(0) | コメントを書く
2005/04/24
カテゴリ:食べること
 美味しんぼを読んでいたら、スッポン鍋の話が出てきた。海原雄山が言う至高の五大鍋のひとつだ。五大鍋とは、
その一 スッポン鍋
その二 フグチリ
その三 アワビのシャブシャブ
その四 ハモとマツタケの鍋
その五 カニ鍋(松葉ガニ)
の5つだ。この順番は鍋の位づけとはまったく無関係という。
 どれも食べたくなるが、すっぽん鍋というのは食べたこともなければ、見たこともない。いや、ほかの鍋も食べたことないんだが、スッポンだけは全く口にしたことがないので、妙に食べたくなる。
 近くにすっぽん料理が食べられる店がないか探した。あることはが、結構なお値段だ。まあ、至高の5大鍋のひとつに数えられるくらいだからなぁ。スッポンまる一匹15,000円ほどするそうだ。でも、このコースならスッポンをまるごと楽しめる。けれど、何かの記念日でないとそこまでのお金は出せない。
 こんなときは、楽天で探すに限る。そして、見つけたのがこれ。
 
当店オススメ高級すっぽん丸鍋(4人前)まるごと一匹!当店オススメ高級すっぽん丸鍋(4人前)まるごと一匹!

 いまなら送料と代引き手数料が無料らしい。とりあえず、これを頂くことにしようと思う。






Last updated  2005/04/24 08:25:37 PM
コメント(1) | コメントを書く
2005/03/13
カテゴリ:食べること
 夕方スーパーに行ったら、イルカが安く売っていた。静岡ではイルカを食べるそうだが、うちのあたりでもよく見かける。昔はよく鯨を食べたものだ。イルカも鯨の親戚だから、同じような味がする。昔よく食べた味を取り戻したくて、買ってみた。
 さて、どうしたもんか。やはりこういうときはインターネット。Googleで検索したら、面白いページがヒットした。なるほど、ニンジン、ゴボウ、砂糖と塩に醤油ね。
 ゴボウのささがきを作り、あくを抜きつつニンジンのささがきを作る。イルカは血抜きをしっかり。あとはそれらを全て鍋に放り込み、水と塩と砂糖と醤油を適当に。うーん、男の料理。あとはくつくつ煮ておしまい。

 さて、お味は...。しっかりしていて美味しいが、ちょっと味付けが濃すぎて体に悪そう。でも、昔食べた味とはちょっとちがうな。味噌を入れて炒めた感じかも。そのうちまたチャレンジしよう。






Last updated  2005/03/13 09:22:19 PM
コメント(2) | コメントを書く
2005/02/26
カテゴリ:食べること
 イルホウレンソウのパスタを取り寄せました。お試しセットがお得だったので。あまり期待はしてなかったけど、一口食べて言葉を失いました。おいしい!
 食べたのは、帆立のこがしバターソース入り トマトソース合えリガトーニ。一人分が1410円といいお値段ですが、お店でそれだけのお金を払っても、このレベルの味にはなかなか出会えないと思います。

 いままでお金出して食べたイタリアンじゃ一番おいしいかも。






Last updated  2005/02/26 10:38:16 PM
コメント(0) | コメントを書く
2005/02/24
カテゴリ:食べること
 黒糖ドーナツ棒というものをもらった。かりんとうみたいなものかな?と思ったら、その名の通り黒糖味のドーナツ。これが妙においしい。
 作っているのは、かどの駄菓子屋 フジバンビというお菓子屋さん。黒糖ドーナツ棒はリッチモンドクラブ賞を受賞したそうだ。40本で1260円、1本31円という値段でこの味はすばらしい。
 でも、近くに売っているところがないと、送料でたちまち倍の値段になってしまう。悲しい。

 楽天の中で探したら、一カ所だけ扱っていた。
黒糖ドーナツ棒黒糖ドーナツ棒

ちょっとだけ高くなるが、これくらいなら許せるかな?






Last updated  2005/02/27 09:15:50 PM
コメント(1) | コメントを書く
2005/02/22
カテゴリ:食べること
 やっぱり、チャーハンは中華鍋で作った方がおいしいよなぁ。ご飯を宙に舞わせるからぱらっとなって美味しくなるんだよなぁ。あれは、電磁調理器じゃだめだよなぁ。なんて考えながら自転車を漕いでいたら、疑問がわいてきた。
 この調理法ってガスが前提だ。ガスが使われるようになったのってここ数十年だろう。じゃ、その前はどうしていたのだろう?薪で調理していたのだろうか?それともガスが使われるようになってから、中華鍋ができた?

 どなたか、この疑問に答えてくれないだろうか。






Last updated  2005/02/23 06:42:02 PM
コメント(1) | コメントを書く
2005/02/20
カテゴリ:食べること
 友人宅でアンコウ鍋を食べた。
 彼は多彩な経歴を持ち、料理もプロ並。寿司も握れる。そして、アンコウの吊るし切りもやる。素人には難しいと言われるアンコウも、彼の手にかかるといとも簡単に解体されていく。
 肝心のアンコウ鍋の写真は、ピラニアのように食べ始めてしまったので、残念ながらない。今日は、ゆず胡椒と醤油でいただいた。アンコウは、プルプルとしたゼラチン質のところがうまい。アン肝もうまい。でも、今日のアンコウは肝が小さかったのか、あんまりアン肝を食べることができなかった。
 と思ったら、アン肝の軍艦巻きが出てきた。おいしぃ~。ウニのようだ。ウニよりうまいかも。奥の寿司は、桃取で獲れたという鯖のシメサバ。絶妙の〆加減でこちらもおいしい。

 よい友人を持つと幸せである。







Last updated  2005/02/21 11:16:38 PM
コメント(0) | コメントを書く

全45件 (45件中 21-30件目)

< 1 2 3 4 5 >


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.