000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

セラフィムの証拠「聖なるかな、聖なるかな、聖なるであることは、主の元に来ることができる」

PR

Keyword Search

▼キーワード検索

Profile


熾天使4444

Freepage List

Recent Posts

Archives

2022.01
2021.12
2021.11
2021.10
2021.09

Calendar

2021.11.28
XML
カテゴリ:スピリチュアル
自分が本当に感謝しているかどうかを確かめる方法があります。
それは「喜び」を感じているかどうかです。

人から何かしてもらっても喜べなければ、いくら「ありがとう」と言ってもそれは上辺だけで、感謝として成立しません。
言葉と気持ちに矛盾が生じ、悪意はありませんが、嘘をついています。
だからといって、常に相手に自分を満足させてもらおうなど、我儘もいいところです。
従って、喜ぶ努力をしてください。

一体どうすれば良いのか?

自分の思い通りにならなくても、相手のすることが理想からかけ離れていて気に入らなくても、相手の期待にそぐわない自分も同じようにいるのだという前提に立って、「ありがとう」と言ってください。
謙虚さを身に着け、相手より自分の身を低くすれば、全てが恵みであり幸運であると気づけます。

人の心が読めて、何でも完璧にそつなくこなす人などどこにもいません。
もし、「自分にはできる」と本気で思い込んでいる人がいたとしら、自分だけが住む世界でしか、その人は生きられないでしょう。

言葉には力があります。
時間がかかっても、発した言葉は確実に自分が住む世界を作り上げて行きます。

自分が感謝しなければ誰もあなたに感謝しません。
なぜなら、あなたが感謝を口にしないからです。
感謝のない世界を、あなたが作り出している。

喜べない自分に、喜び溢れる世界など築けません。
そのことに気づき、いつでも素直に喜び、感謝できる自分でいましょう。

Seraphim






Last updated  2021.11.28 21:15:06
[スピリチュアル] カテゴリの最新記事



© Rakuten Group, Inc.