569304 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

セラフィムの証拠「聖なるかな、聖なるかな、聖なるであることは、主の元に来ることができる」

PR

Keyword Search

▼キーワード検索

Profile


熾天使4444

Freepage List

Recent Posts

Archives

2022.05
2022.04
2022.03
2022.02
2022.01

Calendar

2021.12.18
XML
カテゴリ:スピリチュアル
三男が運転する車に次男と私が乗っています。
高速に乗ってすぐに道を間違えてしまいました。
私達は、一度出口で降りて道を尋ねることに。
カーペットを売っている大きなお店があったので、立ち寄ることにしました。
中からフレンドリーな外国人が出てきて、綺麗に花が飾られた明るい店内へ案内されます。
案内されるまま見て回っていたのですが、気づいたら誰もいなくなっており、明るかった店の電気は全て消えて真っ暗に。
心細くなり、誰もいなくなった建物の中を、「誰かいませんか?」と言いながら階段を降りて行くと、トイレに誰かいます。
思わず怖さを紛らわす為に歌を歌うと、「ポッ」とステンドグラスで出来たライトが1つつきました。

解釈:
人は「死」がよぎると、1度は上記の様な心境に陥ります。
何気ない日常や自分を取り巻く家族、人の存在が明るく見え、夜になると、闇夜に孤独と不安や恐怖を感じるのです。

闇夜に明かりを灯せるのは、自分しかいません。
身一つで明るく気分が変わるものを、見つけておきましょう。
上記の夢のように、歌でもいいですし、祈りでもいいと思います。
それがあなたにとって、一生手放してはならない宝なのです。
死ぬ間際に、きっとあなたを救ってくれるはずです。

Seraphim







Last updated  2021.12.18 10:14:36
[スピリチュアル] カテゴリの最新記事



© Rakuten Group, Inc.