569301 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

セラフィムの証拠「聖なるかな、聖なるかな、聖なるであることは、主の元に来ることができる」

PR

Keyword Search

▼キーワード検索

Profile


熾天使4444

Freepage List

Recent Posts

Archives

2022.05
2022.04
2022.03
2022.02
2022.01

Calendar

2021.12.24
XML
カテゴリ:スピリチュアル
世の中には、666の役を担う人がいます。

そんなにしょっちゅう会うわけではなく、普段見かけないのに、ある時ヒョッコリ顔を合わせる人。

そんな人があなたのそばにいたら、注意して観察してみて下さい。
出会ったあとに、ヒヤッとするようなことが起きませんか?

666の役を担う人は、「何か注意すべきことがあなたに起きる」と教えているので、出会ったら注意が必要です。

666の役を担う人自身に自覚はありません。

特徴ですが、言い方は良くありませんが、憎まれっ子世にはばかる口うるさいタイプです。
どこか具合が悪く、お年を召していても生命力が強くて長生きしそう。
耳障りな声に特徴があり、霊感もあるため、人間というより魔女のように見えます。
また、本人は全く気にしていませんが、近所の人達から嫌われています。

嫌がられる存在だから、出会うと「しまった!」と思い、注意するようになる。
つまり、それが666の役にうってつけなのでしょう。
嫌な存在でも、666の役割を果たしてくれているのですから、感謝しかありませんね。

Seraphim







Last updated  2021.12.24 20:45:02
[スピリチュアル] カテゴリの最新記事



© Rakuten Group, Inc.