575120 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

セラフィムの証拠「聖なるかな、聖なるかな、聖なるであることは、主の元に来ることができる」

PR

Keyword Search

▼キーワード検索

Profile


熾天使4444

Freepage List

Recent Posts

Archives

Calendar

2022.04.08
XML
カテゴリ:スピリチュアル
「ロシアははめられた」と言う人がいます。

政治において、裏(陰)の動きは表に出てきません。
従って、何が真実で何が嘘か、我々一般人にはわからないのです。

軍事侵攻を先に始めたのがロシアだとしても、もしかしたらそうなるように仕向けられ、ロシアはその企てにまんまと乗せられただけなのかもしれません。

しかし、世界中の人たちが「絶対それが真実に違いない!」と思うには、日頃から現在のトップ率いるロシアがそれなりの良い行いを積み重ねていなければ信じるのは難しいでしょう。

国のイメージを落とすような行いを日頃からしていると、それが善悪の判断基準になってしまいます。

政治に闇はつきものですが、それぞれの国に生きている人たちが人に恥じない行いをし、平和的で世界をより良くするために日々努力を怠らず励み続けていれば、それが国全体のイメージアップにつながり、国の評価は高まり、世界中から非難を浴びるようなことにはならないはずです。

スポーツで例えるなら、オリンピックで勝つためにドーピングを行ったり、国をえこひいきするようなジャッジをしたり、相手国から無理やりファウルをとる、ルールを変える、負けて自国に帰った選手に制裁を加えるなどといった倫理観や道徳心のなさが公にされると、ロシアでなくても国の評価は地に落ちます。
そして、それがその国のイメージとなって定着するのです。
評価が地に落ちると信頼は失われ、力を貸そうとする人はいなくなります。

人も国も日頃の行いはとても大事で、善い行いはいざというとき自分の身を助けます。
敵ではなく味方に囲まれ、自他共に手を携え、幸せに生きて行けるように頑張りましょう。

Seraphim






Last updated  2022.04.08 19:36:37
[スピリチュアル] カテゴリの最新記事



© Rakuten Group, Inc.