698462 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【ログイン】

プロセスを変える

PR

Rakuten Profile

設定されていません

Category

Recent Posts

Comments

しゅう206@ かずめさんさん あけましておめでとうございます。 …
かずめさん@ Re:タケモトピアノ(12/25) ピアノの大量販売ビジネスモデルはヤマハ…
しゅう206@ かずめさんさん こんばんは。コメントありがとうござい…
かずめさん@ Re:記憶の境界線(12/24) もう6歳なんですね。早いなー。メリークリ…
しゅう206@ かずめさんさん こんばんは。コメントありがとうござい…

Freepage List

Keyword Search

▼キーワード検索

May 5, 2011
XML
カテゴリ:子育て と 成長

このお方のブログを拝見して、思い立ったが吉日。
信州訪問20回弱にして、実は 初訪問となるエリア。


長野自動車道の豊科ICから、下道をトコトコ走り、
遠くに白い頂きを望みながら、山道を登ってゆく。

1



メタリックなバスが、駅みたいなターミナルから発車。

発車直後、開口一番「VVVFインバータ化されてるやん!」
と叫んだのは、幼児鉄道マニアを自任する6歳の幼稚園児。

何でも、神戸市営地下鉄1000系(リニューアル車)と、
特に、車両が停止する直前の音が似ているとのこと。

2



実はこのバス、電車と同じモーターで動くトロリーバス。
バスターミナルには、電車の駅みたいに架線がたくさん。

カップルの男性が「ほら、パンダグラフがあるだろ?」と
彼女に説明するのを聞き、二重の間違いを指摘した6歳児。

 ※ × パンダグラフ ○ パンタグラフ
 ※ 正確にはパンタグラフでもなくポール

3



バスターミナル直後から、いきなりの急勾配を登ってゆく。

4



トンネルを行く車内でも、撮影に余念がない。

5


---

トンネルの先には、まだ冬景色の黒部ダムが。
ここは立山黒部アルペンルート、長野側からのコース。

6



ダム湖は、流氷のオホーツク海のようになっていた。

7



吹きすさぶ寒風に、身を寄せ合う母子。

「せっかく暖かくなったのに、なぜ好き好んで寒い所に...」
と、奥さまが 文句を言う声も、風にかき消されていた。

8



ダムを越えた先では、ケーブルカーに乗るための行列待ち。

お客を飽きさせないためか、漫談のような観光ガイドを交え、
ついでに、オリジナル写真集(1000円)を売りつける駅員さん。

9



さらにロープウェイに乗りついで、ダム湖を見下ろす大観峰へ。

10



はるか下に見えるダム湖と、真冬の装いの赤沢岳。
どうやって登ったのか、スキーで滑っている人も。

11



さらにバスに乗り継ぐ。ちょこんと座っていると思ったら、
車内の電光掲示に表示される観光ガイドを読みふけっていた。

「大破砕帯では、まず岩が崩れ、次に水が出たらしいわ。」
と、トンネル工事の難易度について、ウンチクを語っていた。

13



行き違いの場所で、下りのバスとすれ違う。
業務用のクルマは、バス列の後ろに続いていた。

14


---

室堂の白海老唐揚げ丼で温まってから、いよいよ雪の大谷へ。

15



日本一の積雪地帯の残り雪を、GPSで位置確認しながら除雪。
正確に道路を掘り当てて、早春からルート開通させている。

16



真冬の雪壁に囲まれながら、見上げる空の青さだけが春らしい。

17



フツーの靴で訪れてしまう観光客のため、必死に除雪する係員。
厳しい自然の中にあって、誰かのがんばりが観光地を支えている。

18



ここでも見かけた「がんばろう!日本」

19



「どうして雪の壁が倒れないのか」の説明に読みふける6歳児。
無邪気に雪で遊んでいると思ったら、急に少年の表情を見せる。

20



誰かが彫り込んだアンパンマン。

21



室堂山の斜面には、スキーで滑り降りた痕。
ゆっくりと自分の足を登っていくスキーヤーの姿も。

22



連休イベントの雪の滑り台に吸い寄せられる6歳児。
長靴を履かせていて、ホントに良かった...

23


---

帰りの黒部ダム、記念館で放映されていた映画。
トンネル掘削工法に感動した6歳児は、これを二回も鑑賞。

電力供給に死力する関電の姿を宣伝するような構成で、
「時代は原子力へ」という件では、大人たちのタメ息が。

24



下りのトロリーバスから、朝 停めたままのメガーヌの姿。
9時発の上りに乗ってから、およそ6時間が経過していた。

25



バスターミナルに並ぶトロリーバスには、関電のエンブレムが光る。

26


---

蓼科に戻ってから、こちらのお店で蕎麦を楽しんだ。

人気店であることを敬遠し、実は今回が初めての訪問。
評判に違わず、久しぶりの立派な蕎麦。十二分に満足した。

お蕎麦を食べる小さな腕に、誇らしげに付けられた腕時計。
自分で作ったので、お気に入りアイテムNo.1になった。

27



蕎麦がおいしかったので、ついつい甘味のデザートも注文。
蕎麦白玉と餡、きなこ、黒蜜、キャラメルアイスの構成が絶品。

28







Last updated  May 5, 2011 11:03:06 AM
コメント(0) | コメントを書く
[子育て と 成長] カテゴリの最新記事

Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.