262765 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

てんてんCafe

PR

X

全72件 (72件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 8 >

花日記

2009.09.27
XML
カテゴリ:花日記

シルバーウィーク2日目、伊吹山に登ってきました。

伊吹山からの眺望はこちら→ 

秋のお花畑
秋のお花畑 posted by (C)てんてん(^^)/

さて、今日は伊吹山で撮って来たお花です。
これが山頂お花畑の様子なんですが、秋は流石に地味ですね~(;^_^A 。
でもよく見るとたくさんの素敵なお花が咲いているんです。

まずは、芒みたいに細長いお花がたくさん見えると思いますが、アップで見るととても綺麗なんです。それがこちら。↓

 

サラシナショウマ
サラシナショウマ posted by (C)てんてん(^^)/

壜洗いみたい。 
じゃなく。

とても清楚で、青空に映える花ですね。

 


テンニンソウ
テンニンソウ posted by (C)てんてん(^^)/

何でテンニンソウって名前が付いたんでしょう。
この立ち上がる花を天人に見立てたんでしょうか。
 


センニンソウ
センニンソウ posted by (C)てんてん(^^)/

天人の次は仙人ですよ。
実はこの花、ブログお友達のところで見て一度出合いたいと思っていたんですよね。

それも、名前の元になったこの仙人のおひげの姿で出合えるとは!
ほんと、ユーモラスな形だなあ。 

 


ミツバベンケイソウ
ミツバベンケイソウ posted by (C)てんてん(^^)/

この花は弁慶草の仲間で、多肉植物系の肉厚の葉っぱです。
ただ、本当にミツバベンケイソウなのか、かなり迷いました。生育している場所で随分花姿が違うんです。こんな赤い花をつけているのが他になかなか無いんです。

でも、伊吹山で撮られた他の方のミツバベンケイソウを見たら、やはり花が赤みを帯びていて、葉っぱも照りがあり肉厚と、特徴が酷似していてやっと確信しました。

しかし、こんなに花が赤いのは伊吹山だけなんでしょうかね。 

 


ナギナタコウジュ
ナギナタコウジュ posted by (C)てんてん(^^)/

薙刀香じゅという字を書きます。
形がなぎなたに似ているからだそうです。全草に強い芳香をもつとありますが、写真を撮っているときはよく分かりませんでした。摘むと香りがするのかもしれませんが、伊吹山の草花は採っちゃ駄目ですからね~。

どんな香りがするのか気になります。

 

 

コイブキアザミ
コイブキアザミ posted by (C)てんてん(^^)/

こちらは伊吹山固有種のアザミです。
実はイブキアザミという花もあったのですが、撮ってる時はそんなこと知る由もありません。ちょっと感じの違うアザミがあるなあって思ってたんですが、スルーしてしまいました。ああ、残念な事したなあ。。。

この、コイブキアザミは、これでもかって言うくらいとげとげで怖い。絶対ここで尻もちつきたくないですね。

 

 

オオハナウド
オオハナウド posted by (C)てんてん(^^)/

せり科の特徴ばりばりのこの花は、大花独活。滋賀県では鈴鹿と伊吹山でしか見られない花だそうです。近寄ってみるととても綺麗ですね。周りの花が大きいのが見分けるポイントだそうです。

 

  

イブキフウロ
イブキフウロ posted by (C)てんてん(^^)/

フウロソウの仲間はたくさんあるみたいで、イマイチ自信が無いんですが、多分イブキフウロではないかと思います。普通に私たちの身近に咲いているアメリカフウロと、基本的には同じような形ですが、花が随分大きいです。何か園芸品種の花なのかと思ってしまいました。可憐な花です。

 

 

アキノキリンソウ
アキノキリンソウ posted by (C)てんてん(^^)/

これは割とどこにでもありますかね。
黄色の花が少なかったので。。。

 

 

イブキノエンドウ
クサフジ posted by (C)てんてん(^^)/

これ、葉っぱだけだとカラスノエンドウだと思っちゃうんですが、お花がちょっとゴージャスでしょ?

クサフジといいます。確かに花の付き方が藤のようですね。

 

イブキトリカブト
イブキトリカブト posted by (C)てんてん(^^)/

イブキトリカブトです。ひえ~、猛毒~!!

そう思ってみると何となく毒々しい気がしますが、寂しい色合いの草原の中でひときわ目を引く紫色が美しい花です。 

 

イブキコゴメグサ
イブキコゴメグサ posted by (C)てんてん(^^)/

この花は群生する姿がとても愛らしい花です。この花も伊吹山固有種のようです。 

 

 

リンドウ2
リンドウ2 posted by (C)てんてん(^^)/

野生のリンドウを初めて見ました。
園芸種と比べると色が淡いですね。
でも、荒地にしがみついて咲いているたくましさも感じます。 でもやっぱり、山の中にリンドウが咲いてるなんて少し不思議な気がしますね。

がんばって毎年咲いて欲しい。

 

いかがだったでしょうか。
秋の山は地味に見えますが、なかなかどうして、みんながんばって花を咲かせているものですね。

 

 







最終更新日  2009.09.27 23:54:25
コメント(8) | コメントを書く


2008.12.10
カテゴリ:花日記

アイビー
アイビー posted by (C)てんてん(^^)/
アイビーってよく見ると、ヤモリの手みたいな吸盤でしっかりと壁にくっついてるんですね。妙に生物めいて見えます。。。(画像クリックでフォト蔵にジャンプして拡大してみてください。)

 

このところ写真を撮ってもすぐにアップできなかったり、まとまった枚数が無かったり、果ては読書に明け暮れたりですっかりご無沙汰になっておりました。

が、今年の紅葉はいつに無く綺麗で、これをお蔵入りにするには惜しい!
ということで、久しぶりに植物の写真をお届けすることにしました。

本当はもう12月に入って、山々の木々も随分葉を落とし、紅葉も色あせて寂しい限りなのですが、秋に思いをはせて、写真で紅葉をお楽しみください。

 

旧宮地家
旧宮地家 posted by (C)てんてん(^^)/

旧宮地家。昔長浜市に建っていた建物が安土町に移築されたもの。
まるで日本昔話みたいな風景ですね。後ろのお山の上のほうが禿げているのは数年前に山火事があったからなのです。残念ですね。山いっぱいに紅葉が広がるのはいったい何年先になるんでしょう。

 

紅葉の絨毯
紅葉の絨毯 posted by (C)てんてん(^^)/

 


紅葉6
紅葉6 posted by (C)てんてん(^^)/

 

紅葉1
紅葉1 posted by (C)てんてん(^^)/

 


紅葉5
紅葉5 posted by (C)てんてん(^^)/


紅葉3
紅葉3 posted by (C)てんてん(^^)/

 


紅葉2
紅葉2 posted by (C)てんてん(^^)/

 

紅葉4
紅葉4 posted by (C)てんてん(^^)/

今年の紅葉、皆さんの地方はいかがでしたか?
私は、今年の紅葉のゴージャスさにうっとりしてしまいました。

日本の秋はこうでなくてはね。

 

 







最終更新日  2008.12.10 23:25:10
コメント(10) | コメントを書く
2008.08.03
カテゴリ:花日記

てんてん家の果物事情は、折に触れお伝えしておりますが、この夏はとうとう私的スマッシュヒットの果実が収穫できました。

それは、

 

スモモ
スモモ posted by (C)てんてん(^^)/

そう、スモモです。 
見てください。たわわに実っているでしょう。


スモモ2
スモモ2 posted by (C)てんてん(^^)/

大きなざるに山盛り採れました!!
完熟のスモモって、本当にジューシーで香りが良くてものすごく甘くて、

美味しい~~~!!(*´∇`*) 

こんな感動初めてかもしれません。
これを毎日惜しげもなくガブガブ食べるって、なんて幸せなんでしょう。ありがとうダンナ!ありがとう大自然!ありがとう土地付き一戸建て!

 

スモモの花
スモモの花 posted by (C)てんてん(^^)/ 

こちらは春の様子です。
撮っていたのにねえ。春にご紹介出来ず仕舞いでした。来年もたくさん生りますように!!(^人^)

 

さて、こちらはおなじみ
ブルーベリー
ブルーベリー posted by (C)てんてん(^^)/

ブルーベリー。だんだんと実の付きが少なくなってきてるものの、今年もたくさん取れました。ちょっと皮が硬いのは水が不足気味なのかもしれません。 


ベリーベリー
ベリーベリー posted by (C)てんてん(^^)/

ブラックベリーもまだまだこんなに取れますよ~。ブルーベリーはヨーグルトに一掴み入れて、ブラックベリージャムをトッピングして食べるとこれまた幸せ。

 

次はもうすぐ収穫。
レモン
レモン posted by (C)てんてん(^^)/

レモンです。でかいです!
まだ青いですけど、市販のレモンの1.5倍くらいの大きさがあります。完熟する頃にはもっと大きくなるんでしょうか。
こちらはおもにジャムに使うんですけど、今年はたくさん生ってますので、一度レモネードなんかも作ってみたいですね。(私は酸っぱいものがあんまり得意じゃないんですけどね。)とりあえず、もぎたてのレモンって香りがものすごくいいんですよ。スパッと切ってみると香りにまず感動します。皆さんにお伝えできないのが残念ですね。 

 

お次は栗。
栗
posted by (C)てんてん(^^)/

今年はなかなかの鈴なりです。
でもねえ。こればかりは中を見てみないと。。。ゾウムシちゃんがいっぱいだったらどうしましょう。期待半分、恐怖半分。。。( ̄▽ ̄;)!!

 

今年は全般に果物は良いようですね。ウチの果物たちもたくさんの実を付けてくれました。自然の恵みって本当にありがたいものですね。感謝して、今日もたくさんいただきます!

夏祭りの話題はこちら⇒







最終更新日  2008.08.04 21:05:22
コメント(12) | コメントを書く
2008.06.23
カテゴリ:花日記

もりやま芦刈園第3弾です。
今日はまず「なんだかなあ」というのを3つご紹介します。(笑)

 

画像 143
画像 143 posted by (C)てんてん(^^)/

名称不詳です。
立て札を撮り損ねたら、やっぱり案の定名前が分からなくなってしまいました。
鶴という字が付いていたと思うのですが。。。

しかし、装飾花が無いとこんなにも地味になるのね。
よく見ると、美しさを感じないでもないですが、とりあえず、あじさいに見えないし。。。 


白妙2
白妙2 posted by (C)てんてん(^^)/

白妙という美しい名前をいただいた割には、白くないなあと思いながら撮ってきたんですが、他サイトで調べたら、白妙ってこんな花でした。 

白いし。

すごい清楚で綺麗だし。。。こっちが見たかったーーー!!!!

このアジサイ、何だよ~~~。(笑)
その1で紹介したニッコーブルーに似てるかも。orz


桃花
桃花 posted by (C)てんてん(^^)/

こちらは桃花というあじさい。
なるほどピンクだ。でもなんとなく西洋アジサイっぽいわと思いながら撮ってきたんですが、例によって他サイトで調べたら、桃花アジサイってこんな花でした。 

桃色だし。

何か雅で趣があるし。。。こっちが見たかったーーー!!!

やっぱ、西洋アジサイですよね。。。orz

 

実は【その1】のトップの写真。とてもスタンダードなアジサイなんですけど、これも「雅」という名前が付いてるんですが、雅は実はこんな花。(;^_^A だからそれが見たかったし~。

最初に立て札をつけたときには植わっていたのかもしれません。ね。

 

さて、気分を変えて、ここからは、いたく私のお気に召したアジサイを紹介して、今回のあじさい逍遥(笑)を締めくくりたいと思います。 


シロマイコ?
シロマイコ? posted by (C)てんてん(^^)/

シロマイコ?シロテマリ?

よく分からないですが、とてもかわいい~~。花びらが3枚なのがすごくキュートですね。
どうも、純白のやつに弱いです。


羽衣の舞
羽衣の舞 posted by (C)てんてん(^^)/

今回特に気に入ったのがこれ。
羽衣の舞です。

この縁取り!なんて可愛らしいのでしょう。 


羽衣の舞2
羽衣の舞2 posted by (C)てんてん(^^)/

そして、実はこんなに小さい花なのですよ!
か、かわいい~(*゜‐゜)

欲しい~~。

しかし、言われないとアジサイだとは思わないですね。 


純白ガク小輪2
純白ガク小輪2 posted by (C)てんてん(^^)/

こちらも純白。花びら(ガク)が丸っこくて愛嬌がありますよね。
見てるとほんわか和んでしまいます。 


七段花錦2
七段花錦2 posted by (C)てんてん(^^)/

こちらも小ぶりなアジサイです。それも、派手な西洋アジサイに隠れてぱっと見ただけでは花の存在すらわかりませんでした。手で葉っぱを退けてやっとご対面しました。

きりっとしたフォルムですね。金平糖みたい。ほんのり紫を感じる白も、美しいです。 


貴船3
貴船3 posted by (C)てんてん(^^)/

こちらは日本アジサイの中でもかなりあでやか。
貴船って何だか料亭みたいな名前なんで、なんとなく、若女将って感じに思えちゃいます。(笑)この、青と紫のグラデも、着物のようですよね。

 


花火12
花火12 posted by (C)てんてん(^^)/

最後は花火の群生を。

こんなに集まると、花火と言うよりも天の川と言った方がしっくり来る様な気がしませんか?ほんとにまるで星の海に佇んでいるような不思議な気持ちになりました。

 

 

 

それにしても、気に入ったのはほとんど白花というのが笑ってしまいます。アナベルや柏葉もお気になんですが、あれも白花ですね。(笑)

あじさいって、派手さは無いですが、じっくり見ると、実にいろんな花があることに驚かされますね。正直あじさい園って面白いのかしらと思っていたのですが、思い切って行ってみてよかったです。またさらにアジサイが好きになりました。

 







最終更新日  2008.06.23 23:12:13
コメント(6) | コメントを書く
2008.06.22
カテゴリ:花日記

守山市のあじさい園「もりやま芦刈園」のあじさい、【その2】をお送りします。
ここからは山アジサイ、日本アジサイ(たぶん)編となります。もう、いろいろとたぶん尽くしです。間違っていたら温かい目で見守ってください。(笑)

 

柏葉5
柏葉5 posted by (C)てんてん(^^)/

と言った割には最初から西洋アジサイなんですが、北米の野生種ということで一応その2にいれてしまいました。そうすると、その1のアナベルも そうなんだけど、それに気づいたのはアップしてからだったのでした。(笑)

しかし、八重の柏葉はきれいですね~。ちょっとウチにも植えたいくらい。


柏葉10
柏葉10 posted by (C)てんてん(^^)/

こちらは一重の柏葉アジサイ。
なんと、この花は蜂蜜のような芳香があるのです。こんなに咲いているとあたり一帯が芳香につつまれて、なんとも気持ちよかったです。

ここまで株が大きくなるととてもゴージャスですね。


黒軸
黒軸 posted by (C)てんてん(^^)/

名前のとおり、若い茎が黒くなる品種だそうです。きりっと締まって見えますね。


キヨスミサワ
キヨスミサワ posted by (C)てんてん(^^)/

いかにも日本のヤマアジサイといった感じの少し小ぶりで目立たない花なんですが、よく見るととても可憐なのです。


キヨスミサワ4
キヨスミサワ4 posted by (C)てんてん(^^)/

 


ベニガク3
ベニガク3 posted by (C)てんてん(^^)/

装飾花が、最初は真っ白で、だんだん紅がさすみたいです。 


伊豆の華
伊豆の華 posted by (C)てんてん(^^)/

こちらも可憐。ピンクとも紫とも付かない色合いが素敵でした。 


伊予絞り3
伊予絞り3 posted by (C)てんてん(^^)/

これ、ロングショットに良い写真が無くてアップを断念したんですが、装飾花がとてもポップな感じがしませんか?デザイン画のような感じ。
ちょっと夢路っぽくもあるような。コレもとても気に入りました。 


城ヶ崎
城ヶ崎 posted by (C)てんてん(^^)/

日本あじさいって、もっと地味なものを連想していたんです。でも、小ぶりで目立たなくはあるんですが、八重で色も素敵な色合いなのが多いのですね。ちょっとびっくり。
この城ヶ崎もすてき。名前もいいですね。

ということで、まだ【その3】に続きます。お楽しみに。

 







最終更新日  2008.06.23 00:28:10
コメント(2) | コメントを書く
2008.06.20
カテゴリ:花日記

 

芦刈園
芦刈園 posted by (C)てんてん(^^)/

 

 

6月15日の日曜日、家族で守山市にある「もりやま芦刈園」というアジサイ園に行ってきました。西洋アジサイ50品種5000本と日本アジサイ50品種5000本、計1万本のアジサイが植えられているそうです。当日はどんよりとしたお天気でしたが、曇り空もアジサイには何故かしっくりとマッチしますね。

アップが遅れたのはダンナが倒れたりして大変だったこともあるのですが、それよりも、アジサイの品種名がほとんど皆目分からない、ぜんぜん同定に至らなかったのが大きいです。

とにかく、栽培種に至ってはアジサイを紹介するサイトをいろいろ当たっても重複する名前がほとんど無いといって良いほど多種多様でした。
その上この芦刈園のアジサイは名前の立札が立っているのですが、同じ名前で他サイトを当たってみるとまったく違った花にヒットするというのが少なくとも3つもはありました。
こうなると、他の花も違う名前の可能性が捨てきれないという恐ろしいことに。。。

どちらにしても、アジサイの花の色の差し方なんて土次第、花期次第でコロコロ変わりますし、はっきり言って同定は素人には無理です。なので、名前付いてますが、参考程度にご覧下さい。

 

ということで、今回は西洋アジサイ(たぶん)編をお送りします。

 


ロットケルヘン
ロットケルヘン posted by (C)てんてん(^^)/

この花はいくらググっても芦刈園で撮ってきた人以外のデータが出てきません。
本当に名前はこれで合ってるのでしょうか。 


ニッコーブルー
ニッコーブルー posted by (C)てんてん(^^)/

清楚でかわいらしいです。 


シビラ
シビラ posted by (C)てんてん(^^)/

 


トーブ
トーブ posted by (C)てんてん(^^)/

 

グランディフローラ
グランディフローラ posted by (C)てんてん(^^)/

 


チボリ
チボリ posted by (C)てんてん(^^)/

 


アマランスピンク2
アマランスピンク2 posted by (C)てんてん(^^)/

 


アルトナ3
アルトナ3 posted by (C)てんてん(^^)/

 


ロッドブルゲン
ロッドブルゲン posted by (C)てんてん(^^)/

 


画像 162
画像 162 posted by (C)てんてん(^^)/

 


アナベル3
アナベル3 posted by (C)てんてん(^^)/

 


画像 139
画像 139 posted by (C)てんてん(^^)/

 


ブルーオリオン3
ブルーオリオン3 posted by (C)てんてん(^^)/

 


ダンスパーティ
ダンスパーティ posted by (C)てんてん(^^)/

アジサイって、こうやってまとめて見ると本当に綺麗ですね。
昔はあまり好きではなかったのですが、今頃になって何故かとても好きになってしまいました。


ところで、ウチのダンナですけど、水曜日は何とか仕事に行ったのですが、結局具合があまり良くなく、昨日今日とお休みすることになりました。病院でレントゲンを撮ってもらったら、小腸がガスでパンパンになっていたらしいです。普通はそんなところはガスがたまらないそうなんですが、異常発酵してるのかも。そんなダンナですが、貰ってきたお薬はビオフェルミン(笑)ものすごく身近なお薬でしたね。

 







最終更新日  2008.06.21 11:55:25
コメント(8) | コメントを書く
2008.06.11
カテゴリ:花日記

いやもう、ホントに月日の経つのは早いものですね。
久しぶりにカメラから画像を取り込んだんですけど、花も果実も終わりきってる。(;^_^A

体調が悪かったりしたのでしょうがないんですけど、季節はいやおう無く過ぎていくのですね~。

 

 

え~、ということで、とっくの昔に終わってる花などをお送りします。
画像クリックで大きい写真もお楽しみください。

 


さくらんぼ
さくらんぼ posted by (C)てんてん(^^)/

我が家のさくらんぼ。
く~!なんて写真写りがいいんでしょう!

実物の数倍美味しそう。 


ユキノシタ
ユキノシタ posted by (C)てんてん(^^)/

ユキノシタって何故だかピントが合わせづらい。色のせいなのか、ちょっと暗いところに咲いているせいなのか。。。

我が家のユキノシタは茎も虎紋もピンクで可愛らしいのです。


ユキノシタ2
ユキノシタ2 posted by (C)てんてん(^^)/

こちらは職場のユキノシタ。ウチのと比べるとグリーンが強いです。

しかし、これもずいぶんたくさん撮ったのですが、どうもまともにピントが合いません。
毎回悔しさが残る花です。

 

ヒツジグサ
ヒツジグサ posted by (C)てんてん(^^)/

職場横の蓮池のヒツジグサ。
今年も綺麗に咲きました。 


バラ
バラ posted by (C)てんてん(^^)/

このバラはダンナが20年ほど前に頂いてきたもの。

鉢植えで小さいのですが、毎年毎年咲いてくれます。惜しむらくは毎年1輪くらいしか咲いてくれないのですよね~。

しばらく写真を撮ってないので、何だか無性に外に出かけたくなりました。でも明日は雨かな。。。

 







最終更新日  2008.06.11 22:40:18
コメント(8) | コメントを書く
2008.05.19
カテゴリ:花日記

前回に引き続きオダマキの写真を紹介します。

オダマキって本当にいろんな花があるのですね。この不思議な形、ちょっとファンになってしまいました。

 

苧環11
苧環11 posted by (C)てんてん(^^)/


苧環10
苧環10 posted by (C)てんてん(^^)/

このオダマキは家のものです。ちょっと小ぶりで花の径が3cmほど。クシュクシュしたスカートの下からパニエが見えているようなイメージの花です。 ちょっと上を向き始めているのでその雰囲気は分かりにくいかもしれませんが、丸っこくてかわいい花でしょ?


苧環9
苧環9 posted by (C)てんてん(^^)/

こちらは職場の裏手。コンクリートの隙間から生えているオダマキです。
近くの家のお庭から種が飛んできたようです。

ハレバレさんの写真で見たのと同じような感じのオダマキですね。
淡いピンクでこちらも可愛らしい。写真に撮ると、ちょっと眠たくなるのが残念です。天気も良すぎる上に、花の場所だけ建物の影に入ってしまったので、バックの方が明るくて、花がちっとも映えません。(ノ◇≦。)


苧環8
苧環8 posted by (C)てんてん(^^)/

かろうじてこの角度だとコントラストが出て綺麗に見えますね。 
少しパープルがかったピンクが上品です。


苧環6
苧環6 posted by (C)てんてん(^^)/

これも並んで咲いていました。
さらにガクのピンクが薄いです。オーガンジーのドレスのようですね。


苧環7
苧環7 posted by (C)てんてん(^^)/

バックがどうも。。。この横には消火栓などもあったりして、アングルに困りました。
しかし、何という隙間に根付いたんでしょう。
オダマキはなかなか繁殖力の強い植物のようです。
ナガミヒナゲシ並ですね。(笑)

 

さて。。。 


ヒメウズ2
ヒメウズ2 posted by (C)てんてん(^^)/

この花を皆さんご存知ですか?
なんちゃって、答えは写真のタイトルでわかるでしょうが、ヒメウズといいます。
これは、花の大きさが3~5mmくらいの雑草なんですが、何だかオダマキとそっくりですね。同じキンポウゲ科の花でして、以前はヒメウズもオダマキ属に分類されていたそうです。しかし、距が無いことから現在はヒメウズ属に分類するのだとか。

でも、よ~く見ると、わずかながら距が認められますよね。


ヒメウズ1
ヒメウズ1 posted by (C)てんてん(^^)/

花も葉っぱも種のつき方もこんなにそっくりなんだから、オダマキ属でもいいのにね~。
しかし、私のカメラではこれが限界。もう少し寄りたい。というか、カメラの液晶画面が、戸外でもう少し見やすかったらピント合わせがしやすいのですが。ぶつぶつぶつ。。。 

 

最後に。。。


苧環5
苧環5 posted by (C)てんてん(^^)/

今回一番ビックリして魅せられたオダマキです。

なんて素晴らしい赤!
真紅のガクと距の晴れやかで美しいこと。そして、花が大きいのです。
直径が8cmくらい。しべから距の先までは10cmくらいあります。 


苧環12
苧環12 posted by (C)てんてん(^^)/

こんなにあでやかなオダマキもあるのですね。

 

 

どのオダマキもそれぞれとても気品があって美しかったですね。
今年はぜひ種を採取させてもらって、家で咲かせてみたいです。(できるのか?>自分)

 

 







最終更新日  2008.05.19 21:23:12
コメント(10) | コメントを書く
2008.05.12
カテゴリ:花日記

久しぶりに、またEZwebの集中砲火が来てまして、アクセス数がやたら伸びています。(笑)
いったい誰が?個人的なのかそれとも集団なのか、携帯だとよく分からないんですよね。

さて、そろそろ苧環も終わりに近づいてきました。

苧環3
苧環3 posted by (C)てんてん(^^)/

なんともいえない可愛らしい花ですが、花言葉がちょっと面白いのです。

勝利・勝利の誓い・負け知らず・行いを正しく・不品行・愚か・愚鈍・のろま・たわけ・愚か者・移り気・別れた恋人・必ず手に入れる・心配

勝利とか必ず手に入れるという、かなりポジティブなものから、不品行だとか愚か、のろま。。。いったいまた何故そんな言葉をいただくことになったのでしょうか。
ちょっとかわいそうですよね。。。


西洋苧環
西洋苧環 posted by (C)てんてん(^^)/

これはカナダオダマキです。
私はひそかに「馬鹿オダマキ」と呼んでいるのですが、まるで雑草のようにどこからでも生えて来ます。これが愚か者というなら悪いけど納得。(笑)

あまりに生えすぎて、もう綺麗なのかどうかさえわかりません。(笑) 


苧環2
苧環2 posted by (C)てんてん(^^)/

苧環のかわいいのはこの部分ですよね。距と呼ばれる突起の部分です。
これは撮影日が違って雨模様でした。葉っぱも雨露を弾いて綺麗なんですよね。 


苧環1
苧環1 posted by (C)てんてん(^^)/

光をすかして顔を少し覗きます。


苧環4
苧環4 posted by (C)てんてん(^^)/

この苧環はまた少し違いますね。あけっぴろげに上を向く姿は西洋の花でしょうか。

ぱっと派手ですね~。

 







最終更新日  2008.05.12 23:29:57
コメント(8) | コメントを書く
2008.04.23
カテゴリ:花日記

さて、今回は撮り貯めたスミレの写真を一挙公開します。
ぼーっと歩いていると気づきにくい花なのですが、意外に道端の小さな隙間とか、プランターの中とか思わぬところに咲いています。でもかわいいからと言って家で育てるとたいていは失敗しちゃうという、とても難しい、実に可憐で気まぐれな花なんだそうですよ。

画像をクリックすると大きいサイズで見ることも出来ます。(画像をクリックするとフォト蔵の画像に切り替わります。それをさらにクリックすると大きな画像が見られます。)

タチツボスミレ
タチツボスミレ posted by (C)てんてん(^^)/

タチツボスミレ(立坪菫)

これが、一番ポピュラーなスミレかもしれません。 薄いパープルの花びらがさわやかです。葉っぱの形がハート型みたいでかわいいんですよね。


タチツボスミレ2
タチツボスミレ2 posted by (C)てんてん(^^)/


タチツボスミレ3
タチツボスミレ3 posted by (C)てんてん(^^)/

 


スミレ
スミレ posted by (C)てんてん(^^)/

スミレ(菫)

所謂スミレ。これが菫色なんですね~。もう少し時間早めに撮れたらよかったのですが、 
何せ昼休みカメラマンなので。。。

日当たりがいいせいか、ちょっとしおれ気味の菫です。


スミレ2
スミレ2 posted by (C)てんてん(^^)/

 


ヒメスミレ2
ヒメスミレ2 posted by (C)てんてん(^^)/

ヒメスミレ(姫菫)

これはウチの池の石垣のちょっとした隙間に生えていました。ヒメスミレはこういう狭いところが好きみたい。♪
 


ヒメスミレ3
ヒメスミレ3 posted by (C)てんてん(^^)/

花茎がすっくと伸びて綺麗ですね。朝の光を浴びて、新品って感じでみずみずしいです。

 


ニオイタチツボスミレ
ニオイタチツボスミレ posted by (C)てんてん(^^)/

ニオイタチツボスミレ(匂立坪菫)

最初はまたタチツボスミレかと思っていたのですが、ちょっと形状が違います。偶然鼻を近づけたらなんとも甘くてさわやかな芳香が!

ニオイスミレはもっと香るようですが、ニオイタチツボもなかなかどうして、良い香りです。ちょっと感激して、フンフン香りを嗅いでしまいました。軽く不審者ですね。


ニオイタチツボスミレ2
ニオイタチツボスミレ2 posted by (C)てんてん(^^)/

ちょっとぼけてますが、ニオイタチツボスミレらしい形状なのでアップしました。全体に丸みを帯びて、中心の白い部分がはっきりしているのが特徴だそうです。それに、とにかく芳香があることが特筆すべきことですね。この香りを伝えられないのが残念です。 

 


シハイスミレ
シハイスミレ posted by (C)てんてん(^^)/

シハイスミレ(紫背菫)

シハイスミレはその名のとおり、葉っぱの裏(背中)が紫色になるんだそうです。


シハイスミレ2
シハイスミレ2 posted by (C)てんてん(^^)/

今日葉っぱを確認してきたのですが、この菫はほんのり紫って感じでした。
でも、これでこの花がシハイスミレだと確信できました。
それにしても、この花は葉っぱが美味しいのか、2枚ほど残してほとんど虫にかじられていました。無残だなあ。

この菫は花びらが少し肉厚で、柔らかな色合いですね。来年はもう少し増えてくれると良いのですが。

 


ツボスミレ
ツボスミレ posted by (C)てんてん(^^)/

ツボスミレ(坪菫) 別名ニョイスミレ(如意菫)

これも小さな菫です。白い菫も可愛らしいですね。 


ツボスミレ2
ツボスミレ2 posted by (C)てんてん(^^)/


ツボスミレ3
ツボスミレ3 posted by (C)てんてん(^^)/

ツボスミレは菫の中では咲き始めるのが遅いそうで、まだあんまり無いなあと思っていたんですが、ちょっと窪地になっているところに差し掛かったときです。

何だか白っぽい花で埋め尽くされている? 


ツボスミレ群生
ツボスミレ群生 posted by (C)てんてん(^^)/

なんと、一面ツボスミレでした。

でもこの中に足を踏み入れるのはためらわれました。
花の際まで行って、しばしうっとり。


ツボスミレ6
ツボスミレ6 posted by (C)てんてん(^^)/

日本の春は美しいです。







最終更新日  2008.04.24 21:26:32
コメント(10) | コメントを書く

全72件 (72件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 8 >


© Rakuten Group, Inc.