1201885 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【お気に入りブログ登録】 【ログイン】

てれすけ・な・チェレステ

全133件 (133件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 14 >

メンテナンス

2018.03.25
XML
カテゴリ:メンテナンス
昨日のショップライド(ミニ・ブルべ)では、サドルの高さを715mmにセッティングしたおかげでPC-1までの巡航が38km/hでしたが、PC-2までの登りではクランクが「上死点で詰まる感覚」が気になったので、もう少しサドルを上げることにしました。

さらに+10mmで725mmです。

昨年は695mmで一旦落ち着くかと思ってましたが、今年は再びサドルを上げて、昔のようにカッ飛ばすことになりそうです⤴







Last updated  2018.03.25 14:05:26
コメント(0) | コメントを書く
2018.03.04
カテゴリ:メンテナンス
今朝から急激に気温が上昇。

あぁ、やっと春が来たって感じで、カラダの動きが軽やか♪

昨年はサドルを695mmまで下げて乗ってましたが、平地が楽だった反面、坂が超苦手になってしまいました。

だから今年から気分を変えて速く坂が登れるように700mm、704mm、708mmへと少しずつ変更。

今日は一気に715mmにしてみました。

シートポストの「Deda」の「D」が削れて「eda」になったのが少し寂しいです⤵

いつかはまた「740mm」の頃に戻れたらいいなー。


↓ 洗車もやってたら、今日一日があっという間に過ぎてしまいました。あー毎日時間が足りんなー。






Last updated  2018.03.04 13:20:36
コメント(0) | コメントを書く
2018.02.04
カテゴリ:メンテナンス
ひさびさの自転車ネタです。

昨日シモムラサイクルズさんから、

「ご依頼頂いたGTのカスタマイズが完了しましたよ。」

との連絡が入ったので、本日シモムラサイクルズさんへGT(改)を引き取りにC-HRで出かけました。

道中、あいにくの猛吹雪でしたが、時折、雲の切れ間から陽射しが路面を照らすので路面は至ってドライで普通に走れます。

そして「あ~、こんな吹雪の中でロードバイクを転がしているアホはどこのどいつだ???」

と、対向車線の前方からこっちへ向かって走ってくるローディーがひとり。

「・・・ishiishiさん!!!」

しっかりとブルべ反射ベストを着たishiishiさんとR34東彼杵でスライド。

極寒の吹雪での走り込み、お疲れ様です。m(_ _)m

さて、シモムラサイクルズさんに到着。

前後輪を外さないとC-HRにロードバイクは積めないかも?と不安でしたが、前輪だけを外すだけすんなり積めました(安堵)♪

しばらくスタッフ宮原さんとおしゃべりして、ヘブンウィーク参加を誘ってみたところ、興味深々のご様子でした。

今日はスタッフ坂本さんはお休みでしたが、きっとスタッフ坂本さんも宮原さんに誘われてヘブンウィークの道連れになるかもしれません(笑)。そのときはどうかご容赦をwww。

↓ 今日は吹雪いてますが・・・、

↓ シモムラサイクルズさんに到着したら、店内は暖房+アルファでぬくぬくでした♪
  ところで本題のGTですが、どこをどうカスタマイズしたのか?
  詳細は後日にでも。
  (注:モデルはスタッフ宮原さん)






Last updated  2018.02.04 16:35:46
コメント(4) | コメントを書く
2018.01.04
カテゴリ:メンテナンス
自分も含め、ここ最近は一緒にライドしている仲間たちにも”パンク・トラブル”が頻発してます。

その為、パンク修理後の空気入れ作業には、ワタシ愛用の「​エイカー・ミニフロアポンプAS3​」が毎回大活躍してくれます。

が、しかし、このポンプの底面(アスファルトと接地する面)がプラスチック製のため、ポンピングによる高荷重が掛かると「キズだらけ」になります。

今後も高稼働率(笑)が予想されるため、思いつきで耐久性を向上させる改良保全を施すことにしました。

以前、ショップライド中に針金が突き刺さって破けた「ビットリア・ルビノPRO・グラフェン」を適当な大きさにカット、再利用して貼り付けてみました。

オフラインテストしてみたら、キズ防止が完璧なのはもちろん、接地性も良くなって姿勢が安定し、以前よりポンピングもしやすくなりました♪

(そりゃそうだ、だって元々はタイヤなんだもんね。)

携帯ポンプにタイヤを貼る・・・誰でも思いつきそうなアイディアだけどw。









Last updated  2018.01.04 04:41:47
コメント(0) | コメントを書く
2017.12.24
カテゴリ:メンテナンス
来週の大晦日は、乗り納めライドで激坂をヒィーハァーしている頃でしょうから、現在のブルべ・ポジションを久々にヒルクライム・ポジションへ変更することにしました。

具体的には、ステムの天地が逆だったのを正規の向きへ戻したり、サドル高が10mm低かったのを元に戻しただけなんですけどね。

というか、

「この調整作業に2時間も掛けるヒマがあるなら坂の1本でも多く走ってこいよ」

・・・という声が聞こえてきそうですが、そこは無視ですw。










Last updated  2017.12.24 09:31:30
コメント(0) | コメントを書く
2017.11.28
カテゴリ:メンテナンス
おとといのショップライドから帰宅したら、アメリカからの荷物が我が家に届いてました。

「あー、明日仕事だから今夜中にやっつけるかー」

ってな感じで、ガレージでゴソゴソと部品を交換・・・。

そう、「前かご」です。

ロードバイクに「前かご」。

しかもアルミフレームの「前かご」。

見た目に反して、これまで使っていたオルトリーブのフロントバッグよりも軽いです♪

しかも頑丈そうだしぃ。

「あー、明日からまた仕事だぁー」

と嘆きながら、日曜日の夜中に自転車と格闘w。









Last updated  2017.11.28 19:36:26
コメント(0) | コメントを書く
2017.06.25
カテゴリ:メンテナンス
ゆうべは豪雨でしたが、今朝ようやく雨が上がって、現在薄曇り。

梅雨の晴れ間とまではいかないが、ここ3週間走ってないので、路面濡れ濡れでもちょっと走ってみます。

帰宅後、BB周りに砂が堆積したり、フレームのあちこちが泥まみれになっておらず、綺麗なままです。

昨年(BOMAに乗ってた頃)まではフェンダー(泥除け)なんて装着して無かったから、晴れの日も雨の日も車体ドロドロで、特にBB周りやシートポスト付け根とリアタイヤ間の汚れが酷かったですが、今年はフェンダーのおかげで、まだ一度も車体を清掃していません。

メンテナンス嫌いのひとには、総合すればやっぱりフェンダー装着がオススメです。









Last updated  2017.06.25 11:32:12
コメント(0) | コメントを書く
2017.05.06
カテゴリ:メンテナンス
リアのディスクブレーキ・ローターとパッドとの擦れ音問題で悩まされたGWでしたが、本日ようやく決着。

原因は、戻りが悪いと思われていたピストンは正常で、逆に正常だと思われていたもう片方のピストンが平行に押し出されていなかった(つまり出る量が少なすぎる)ことが判明。

老眼なので、ピストンの細かい動きがよく見えなかったことと、左右ピストンの内部構造と油圧動作の原理をちゃんと把握していなかったことが、今回の問題を長引かせてしまったようで・・・。

ひとまず、最終的な処置手順を、以下備忘録。

①ブレーキパッドをキャリパーから取り外す
②キャリパーをフレームから外す
③ブレーキレバーを少し握って左右ピストンがくっつかない程度まで押し出す
④左右ピストンの円筒面をディグリーザーで洗浄
⑤左右ピストンをバールのような金具を使ってリセット
⑥左右ピストンの動きが軽くなるまで、上記③と⑤を数回繰り返す
⑦ブレーキパッドをキャリパーに取り付け
ディスクブレーキ・スペーサーをキャリパーにセット
⑨ブレーキレバーを数回握る
センタリング調整冶具をローターにセット
⑪ディスクブレーキ・スペーサーを取り外して、キャリパーをフレームに仮組み
⑫ブレーキレバーを軽く握りながら、キャリパー固定ネジを本締め
※上記⑫の作業時の注意点:ネジ締め中にキャリパーが動かないように、少しずつ均等にトルクを掛けること。








Last updated  2017.05.07 15:24:47
コメント(0) | コメントを書く
2017.05.05
カテゴリ:メンテナンス
昨日から引き続き、今日もリアのディスクブレーキ・ローターの擦り音問題。

再度、今朝からキャリパーからパッドを外して、ピストンの左右動作を確認。

どうやら片方のピストンの戻りが悪いことが発覚。

その為、ピストンをリセットしても、レバーを数回ニギニギしたらすぐにローターとパッドのクリアランスが「広く」から「狭く」に変化。

さらにパッドの減り方も、一見すると均等のように見えてたけど、戻りが悪かったピストン側のパッドの減り方が若干多い。

考えられる原因は、

①キャリパーの初期不良?
②センタリング調整がいい加減だった為にパッドが片減りした?

ぐらいしか今のところ考えつかない。

しかし今の時点で、キャリパーを新品交換するような大ナタを振るう必要はないかもしれないので、以下の対処を実施してみた。

①ピストンめがけてクリーナー大噴射
②ピストンの強制リセットを長時間実施
③センタリング調整に専用冶具を投入。
④さらにローターを再矯正
⑤パッドを左右入れ替え

上記対処を実施してみたら、

「強制ブレーキング⇔高トルクペダリング(フレーム撓み)」

を交互に繰り返しても、異音がしなくなった。

取り敢えずしばらく様子見。

とにかく、この問題は根気がいるなー。

↓ ピストン・リセットはタイヤレバーを使って強制的かつ長時間放置。

↓ センタリング調整用として専用冶具を初投入。






Last updated  2017.05.05 16:44:33
コメント(0) | コメントを書く
2017.05.04
カテゴリ:メンテナンス
リアのディスクブレーキローターがパッドと擦れる問題が先日発覚し、今日もその対処に追われていますw。

確認したこと、わかったこと。

①ローターが歪んでいるように見えるが、フロントも同様なので、ローターじゃない。
②ブレーキのセンタリングが狂っているように見えるので、とりあえず勘で調整したけど治らず。
③左右パッドの出代がアンバランスのように見受けられる。
④試しにパッドを左右入れ替えるが治らず。
⑤パッドをはずしてピストン周りを清掃してみたが治らず。
⑥上記③がまだ気になるので、ピストンを大型マイナスドライバーの先端を代用してリセット。
⑦なんとかマシになったような気がするが、長い下りで長時間ブレーキングすると再発。
⑧上記⑦の直後に登坂で高トルクのペダリングをすると、引き続き擦り音がする。
⑨ちなみにフロントのディスクブレーキでは一切このような症状は出ない。

以上により、ただいま迷宮入りw。







Last updated  2017.05.04 10:48:28
コメント(0) | コメントを書く
このブログでよく読まれている記事

全133件 (133件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 14 >

PR

Free Space

100年以上進化のなかった空気入れのヘッドが画期的に進化した。「Taggio Pro(タッギオ プロ)」は片手でワンタッチ、楽にしっかり空気を入れることができます。
掌や指がすべらないから、余計な握力は必要なし。
だから登りでダンシングが楽になる♪
下りでブレーキが引きやすくなる♪

これさえあれば深夜の峠越えで汗冷えしない!?・・・かもねw

抜群の衝撃吸収力!
ブルべなどのロングライドに最適なバーテープ
(代引き手数料=不要、送料=¥525)
OGK/BT-09 バーテープ【超厚手タイプ】

OGK/BT-09 バーテープ【超厚手タイプ】
価格:1,512円(税5%込、送料別)


ブルベでお尻が痛くならない?・・・ハニカム・ゲルパッド搭載♪




Profile


てれすけ2460

Comments

Fmi@ Re:ヘブンの準備(装備編その1)(04/10) こんばんは この度、ヘブンの初日300に申…
てれすけ2460@ Re[1]:異常行動(03/18) ishiishiさんへ ---------------------- …
ishiishi@ Re:異常行動(03/18) てれすけさん 今日は新車でお迎え頂きあ…
てれすけ2460@ Re[1]:P.B.P.2019パンフレット(03/11) ishiishiさんへ -------------------- は…

Category

Keyword Search

▼キーワード検索

Calendar

Rakuten Card


Copyright (c) 1997-2018 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.