000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【お気に入りブログ登録】 【ログイン】

てれすけ・な・チェレステ

全151件 (151件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 16 >

購入パーツ

2018.02.11
XML
カテゴリ:購入パーツ
先日のシモムラサイクルズさんにてカスタマイズしてもらいました。

当初はステム下のワイヤリングをスッキリしたくて、自分でやろうとしたんですけど、今回はシモムラサイクルズさんに一括でお願いすることにしました。

理由はこの寒い時期にガレージで作業するのがイヤだったのと、前々からクランクをコンパクトに変更したいという願望や、リアの油圧ブレーキキャリパーの不具合など、やりたいことをまとめて請け負ってくれるショップにお願いしたほうが早く仕上がるだろうという判断です。

本業が忙しくて時間が取れない我が身にとっては、シモムラサイクルズさんに今回お願いして正解でした。

仕上がりが上出来でしたし、料金も良心的でしたね♪

これなら、次回も仕事はシモムラサイクルズさんに発注したいと思いました。

さて、肝心のGT(改)ですが、今年はまだ一度も本格的なライドをしていませんので、今回カスタマイズしてもらった良さがまだ体験できていません(涙)。

来週18日にはシモムラサイクルズさん主催によるショップライドがあるので、そこで今年の初ライド、且つGT(改)の良さを確認したいと思いますw。

↓ GT購入当初から気になっていたステム下のワイヤリングが、やっとスッキリ♪
  ハンドルの舵角も最大90度以上あったので満足です♪

↓ クランクは以前は52-36Tでしたが、今回から50-34Tに変更。
  しかも、アルテグラ6800からR8000へついでに変更です。






Last updated  2018.02.11 16:21:29
コメント(0) | コメントを書く
2018.01.22
カテゴリ:購入パーツ
GT Grade Carbonのフロントフォークのスルーアクスルは、アクスル径Φ15mm×対応エンド幅100mmだということはカタログからもわかっていたが、いざスルーアクスル単品を発注しようと思ったら、結構面倒臭いことなんだと分かりました。

以後、発注ミスしないように、今回の出来事を備忘録として書き留めておくことにします。

【やりたいこと】
・純正スルーアクスル(Formula社制、XQR-15E)から、DTスイス社製のRWSへ変更したい

【調べたこと】
・純正スルーアクスルのカタログ値は、ネット上で探したが皆無
・純正スルーアクスルを実測(アクスル長=ネジ部15mm+不完全ネジ部110mm=125mm)

【最初にやったこと】
・日本のネット販売でDTスイスRWSのΦ15mmスルーアクスルを検索
・日本国内に流通しているDTスイスRWSの型番は「HWQASM00S2954S」であることを知り、発注
・さっそく「HWQASM00S2954S」を実車に取り付けたが、”長すぎて嵌まらない”(涙)
・「HWQASM00S2954S」を実測すると、アクスル長=ネジ部15mm+不完全ネジ部125mm=140mm、純正より15mmも長いことが判明
・DTスイスRWSの日本代理店に問い合わせすると、「アルミ合金シャフト、対応エンド幅:100mm、アクスル径:φ15mm、DTスイス製サスペンション用、72g」と言う…”サスペンション用???”って何?

【二番目にやったこと】
・前述の”サスペンション用”が問題であったことが判明したので、DTスイスRWSの日本総代理店に「アクスル長さが140mmじゃなくて125mmのものはありますか?」と尋ねたら、「DTスイスではそんなの作ってない」と即答された
・納得いかないので、海外のショップに目をやると”アメリカのショップ”にありました♪
・直輸入開始、約3週間で無事に我が家に届きました
・正式型番は「HWQXXX00S3634C」です

↓ 左がGT Grade Carbonに使用できる「HWQXXX00S3634C」です。
  右がマウンテンバイク(サスペンション対応)の「HWQASM00S2954S」です。
  対応エンド幅は同じ”100mm”なんですけど、実際にはこんなに違います。








Last updated  2018.01.22 20:11:48
コメント(0) | コメントを書く
2017.12.15
カテゴリ:購入パーツ
泡立て器・・・という名のペダルです。
本名は「Eggebeater」。
グレードは「3」です。
いま乗ってるロードバイクのCandy2はブルべ的にはとても使い勝手が良いので、軽量化を求めて同じCRANK-BROTHERS社製のトップモデル「「Eggebeater」にアップグレードです。
う~ん、いまTVでSTAR WARSやってるせいなのか?、なんだかこいつが「ライトセーバー」に見えてきたw。







Last updated  2017.12.16 16:58:06
コメント(0) | コメントを書く
2017.10.21
カテゴリ:購入パーツ
先週に引き続き、今週も雨、雨、雨・・・。

昨日やっと晴れたか、と思えば、台風21号接近により今日も明日も雨予報。

newサドルの試走は2週連続でお預けです(涙)。

↓ 7年前に使っていたフィジーク・Fave以来のフラット形状へ原点回帰w。


↓ スタンダードの幅は134mmですが、ワタシはケツがでかいので幅広な141mmをチョイス。

↓ 先代のフィジーク・アリアンテとの比較。
  サドルのアゴをスタンドに引掛けた状態で、アゴ基準でサドルポジションを比較した図。
  横幅の最広部はどちらもほぼ同じ位置ですね。
  PROLOGOのほうが先端が長く、後端がやや短い。

↓ 同様に、先々代のフィジーク・ランドネとの比較。
  横幅の最広部の位置はほぼ一緒。
  先端・後端の比較ではアリアンテと同じ傾向だが、後端部の差はアリアンテのときよりも大きい。






Last updated  2017.10.21 11:01:03
コメント(0) | コメントを書く
2017.10.15
カテゴリ:購入パーツ
イギリスから3週間掛けて我が家へ。

さすがに通算11回もサドル交換を繰り返すと、沼にハマるどころか宝探しの大航海へ・・・って感じで、もう前向きに考えるしかありませんw。

次週22日はショップライドの参加予定なので、その時にこのNEWサドルを試そうかと企んでおりましたが、あいにく町内会の運動会への参加要望(人手不足)により、急遽ショップライドは参加できなくなりました(涙)。

今日も雨だし、来週は町内運動会だし、試走はきっと再来週か?








Last updated  2017.10.15 17:14:57
コメント(0) | コメントを書く
2017.07.01
カテゴリ:購入パーツ
先日の「Coming Soon…」でCS-HG800-11は、既存のRD-6800-GSにそのまま使えると言いましたが、よく考えてみたら、RD-6800-GSのトータルキャパシティは「37T」です。

現在フロント側が52-36Tで歯数差が「16T」。

リア側が11-32Tで歯数差が「21T」。

「16T」+「21T」=合計で「37T」です。

それに対して、リア側をCS-HG800-11にしてしまうと、11-34Tなので歯数差が「23T」。

つまり、RDに求めらるトータルキャパシティは「16T」+「23T」=合計「39T」です。

なので、CS-HG800-11はRD-6800-GSには取り付けできません。(訂正します)

というわけで、すでに予約発注しているCS-HG800-11をキャンセルにするのは惜しいので、追加でRD-R8000-GSを予約発注しました。(入荷は7月中旬らしいです)







Last updated  2017.07.01 20:44:11
コメント(0) | コメントを書く
2017.06.27
カテゴリ:購入パーツ
CS-HG800-11。

RD-6800でも使用可能らしい・・・シマノのHPで互換性を確認。

クランクを52-36から50-34へ変更しようかと考えてたら、新ULTEGRAの11-34Tの旧ULTEGRA互換性情報があったので、

「クランク変更よりも安上がり」

と思い、早速予約注文。

8月に届くそうです。

次のブルべには間に合わないかw。







Last updated  2017.06.27 05:59:23
コメント(0) | コメントを書く
2017.06.04
カテゴリ:購入パーツ
もう少しハンドルを高くしたくて、先週のブルべのあとにステムの天地を変更。

快適になって上ハンばかり相手にしていたら、下ハンを握る機会がめっきり減ってしまった。

やっぱり平地単独巡航するときは下ハンも大事なので、たまには下ハンも相手してやろう・・・と握ってみたら、ポジションに違和感が。

速攻でハンドル交換w。

ドロップの形状が独特ですが、下ハン握りながらのシフトチェンジが以前のハンドルよりもやり易いです♪









Last updated  2017.06.04 10:44:28
コメント(0) | コメントを書く
2017.05.02
カテゴリ:購入パーツ
3日目がなくて4日目。

半月前にイギリスに発注していた品々が今日届きました。

合計で6千円ちょっと(しかも送料無料)。

メインはヴィットリアのタイヤなんですが、それでも1本3千円未満でした。

おまけ800円でHIGH5を付けましたが、相変わらず内容が充実しすぎですw。


↓ 8年ぶりにヴィットリアのタイヤを履かせてみたいと思います。
  今回の採用理由はニューテクノロジーの「GRAPHENE」を配合している為。
  ネットで調べてみたら、いろいろと面白そうなデータが散見。

↓ あえて28Cをチョイス。
  空気圧は取り敢えず5.8Barに設定してみました。

↓ 左が以前のタイヤを装着した写真。
  右が今回。
  同じ28Cのはずなんですが、以前はコンチのGEAND-Sportでタイヤ幅が実測33mmに対し、今回のヴィットリアRUBINO Pro G+が実測29.5mm。
  重さも幅も全然違うんで、実走してみると今回のほうが脚が軽く感じて速く進みます。
  (そりゃそうだ、タイヤ2本の重量が100gも軽くなったんだからねぇ~)






Last updated  2017.05.02 18:28:07
コメント(0) | コメントを書く
2017.04.01
カテゴリ:購入パーツ
フレームの色艶とマッチしていなかったシートポスト(FSAのK-FORCE)を、マットブラック色のDeda Super-leggero RSへ交換。

やっと、しっくりしましたw。

ついでにセットバックも25mmが12mmになってくれたおかげで、以前よりも登坂で前乗りしやすくなりました。

重さは測ってないけど、手に持って比べるとK-FORCEってけっこう重たいのね。

Dedaが驚異的に軽いせいなのかも。

↓ 左が交換前、右が交換後










Last updated  2017.04.01 09:10:06
コメント(0) | コメントを書く
このブログでよく読まれている記事

全151件 (151件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 16 >

PR

Free Space

■乳首、胸、手指、股、かかと、足裏などに、ひときわ激しい肌トラブルを起こすサバイバル系スポーツの必需品。
■ウルトラマラソン、トレイルラン、極地マラソン、長時間の自転車・登山、ロッククライミング等、スポーツ前に皮膚にバリアを作っておけば、皮膚は強力に保護されます。
■長時間持続型の保護膜成分を国内独自の3種類配合
■臭い、べたつき無しの快適クリーム。
■乾燥、水濡れの悪環境下でも皮膚を7~8時間、長時間保護(皮膚の特性と刺激の条件によって個人差があります)。


100年以上進化のなかった空気入れのヘッドが画期的に進化した。「Taggio Pro(タッギオ プロ)」は片手でワンタッチ、楽にしっかり空気を入れることができます。
掌や指がすべらないから、余計な握力は必要なし。
だから登りでダンシングが楽になる♪
下りでブレーキが引きやすくなる♪

これさえあれば深夜の峠越えで汗冷えしない!?・・・かもねw

抜群の衝撃吸収力!
ブルべなどのロングライドに最適なバーテープ
(代引き手数料=不要、送料=¥525)
OGK/BT-09 バーテープ【超厚手タイプ】

OGK/BT-09 バーテープ【超厚手タイプ】
価格:1,512円(税5%込、送料別)


ブルベでお尻が痛くならない?・・・ハニカム・ゲルパッド搭載♪




Profile


てれすけ2460

Comments

てれすけ2460@ Re[1]:フォントが大きくなってる♪(04/22) そうですか、大事なところが無事で何より…
okd@ Re:フォントが大きくなってる♪(04/22) 先日の記事にあったProtect J1を早速購入…
Fmi@ Re:ヘブンの準備(装備編その1)(04/10) こんばんは この度、ヘブンの初日300に申…
てれすけ2460@ Re[1]:異常行動(03/18) ishiishiさんへ ---------------------- …

Category

Keyword Search

▼キーワード検索

Calendar

Rakuten Card


Copyright (c) 1997-2018 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.