000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

薬剤師てるちゃんのサプリメント日記

アスタキサンチン

アスタキサンチン」ってご存知ですか?
最近注目の素材なんですよ~

アスタキサンチンは、天然色素であるカロチノイドの一種。
藻類の一種に含まれており、
食物連鎖の流れの中で魚介類の中に蓄えられます。
サケやタイ、イクラ、エビ、カニなどに含まれています。
ビタミンEやβカロテンのように
抗酸化作用があるといわれています。

そしてその効果を示す論文が
海外で多く発表されていますが、

日本でも「アスタキサンチン研究会」が発足され
2005年11月8日に第1回目の研究会が開催されたようです。

眼精疲労の緩和効果」について
発表が相次いだようです。
 ↑
医療サイドで注目されているのは、この働きについてです。
しかし美容などの成分としても注目されていますね。


目に良いとされる成分には、
「ブルーベリー」「ルテイン」などが有名ですが、

これから「アスタキサンチン」の出番も多くなりそうですね。

とは言っても
食材としては
サケやタイ、イクラ、エビ、カニ、、、、
(赤い魚貝類とご記憶ください^^)

決して新しい食材から発見されたものではありません。
アスタキサンチン自体新しいものでもありません。
しっかりとした働きがあるということが
最近認められたというもの

日頃から一つの素材にこだわらず、
バランス良く食べることが一番ですね♪

@@@@@@@

妊娠中の方から、アスタキサンチンを摂っても問題ないか
とのご質問頂きました。


*** 以下ご質問文 ***

初めてメールを送らせて頂きます。
サプリメントを調べていてブログを拝見しました。
現在妊娠8カ月です。
友人から「アスタリールACT」というサプリメントがとてもいいよと聞き、
朝の目覚めや美容・疲れなども取れるなら是非飲みたいなと思い調べたら、
HPには「妊娠中・授乳中は摂取は控えた方がいい」という記載があり、
他のサイトで「アスタキサンチン」を調べましたが、
”妊娠中でも摂取して問題ない”と記されているサイトもあれば、
”十分な安全データが取れていないので、
 摂取は控えた方がいい”と記されているサイトもありで、
どれが正しいのかとても混乱している時にこちらのHPを見つけ、
メールを送らせて頂きました。

上の子の育児や家事、そして年齢的なものもあり、
疲労がなかなか取れないというのもあるので、
飲めるのであれば飲みたいなという思いが強いです。
サプリメントってほんとに情報が錯乱していて難しいですね。
見解を聞かせて頂けると嬉しいです。


*** 以上ご質問文 ***


私は42歳で、子供は4歳、毎日育児に追われて疲れています。
ましてや妊娠中~となると本当に大変ですよね。

まずアスタキサンチンについてですが、
独立行政法人 国立健康・栄養研究所のサプリメント成分の解説には、
「食品に含まれる量であればおそらく安全と思われる。
 妊娠中・授乳中も同様であるが、
 サプリメントとして経口摂取した場合や外用した場合の安全性については
 信頼できるデータが充分にないので、使用を避けた方がよい。」
との記載がありました。

こちらのサイトは、
海外のとても信頼できる機関の情報から作られており、
とても信用できるものです。やや厳しめに書かれていることも多くあります。

他社のアスタキサンチンの商品を参考に見てみますと、

★ファンケル社“アスタキサンチン”:1日1粒6mg 
 特に妊娠中に摂取してはいけないとの記載なし

★DHC社“アスタキサンチン”:1日1粒7mg
 特に妊娠中に摂取してはいけないとの記載なし

★フジフィルム社“アスタリフトホワイトシールド”:
 アスタキサンチン1日6mg配合
 *他にリコピン、赤ワインポリフェノール、βカロテンなど含有
 「妊娠中・授乳中の方、お子様はご使用をお控えください。」との記載あり。

大手メーカーのの商品においては、
妊娠中使用しては記載がなく、
特に摂取しても差し支えないよう案内しているようです。

フジフィルム社の商品は、他の成分も含有しており、
特に”βカロテン”は、
過剰摂取により胎児に悪影響を与える可能性があるものです。
そのため妊娠中・授乳中は控えるように案内してものと思われます。

さてご質問の“アスタリールACT”は、

1日2粒中アスタキサンチン12mg、トコトリエノール40mg、安定化型ビタミンC30mg含有

他社の商品よりアスタキサンチン量が多いですね。

アスタキサンチンはカロテノイドの一種で、
主にエビ・カニなど甲殻類、サケ・マスの身、タイ・コイの表皮
などに含まれる天然色素の一種。

そう、アスタキサンチンは食事から何気なく食べている成分なのです。
そういう意味では安全性は高いですね。
あとはサプリメントに含まれる量が、
普通の食生活から摂れる量から飛びぬけて多い量になっていないか、
というのも大切な判断材料になります。

紅サケ・イクラには100g中に2.5~3.5mg程度アスタキサンチンが含有されています。

12mgのアスタキサンチンを摂取するとなると、
サケ・イクラで約400g食べることになります。
少し多いかなという感じはしますね。

また含有されているトコトリエノールはビタミンEの仲間です。
ビタミンEは脂溶性ビタミンでβカロテンほどではないにしろ、
妊娠中は注意が必要と記載している論文などもあります。

またトコトリエノールは、
ビタミンEほど広く世の中で使われている成分ではないので、
こちらは少し注意が必要な気がします。

私の意見としては、
アスタリールACT販売元の富士化学工業さんのサイトでも
妊娠中が摂取を控えるよう案内していますし、
摂取は控えた方が良いと思います。

むしろビタミンCやビタミンB群などは、
妊娠中は普段より沢山摂取が必要になる栄養素ですし、
疲れへの働きもある栄養素ですので、
こういったサプリメントを第一優先して摂った方が良いでしょう。

もしビタミンCとビタミンB群でも疲れ取れない場合、
アスタキサンチン単剤のものを摂取されてみても良いかと思います。

出産まであと少しですね!
どうぞ素敵な妊娠ライフをお過ごしくださいね!

2012.01.13追記



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.