1509857 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

薬剤師てるちゃんのサプリメント日記

カルニチン

年をとると年々痩せにくくなるなぁぁと
実感している人も多いのではないでしょうか?

もしかしたら、カルニチンが不足しているからかもしれませんね。

カルニチンはアミノ酸のひとつで、
脂質代謝など生体内での代謝に必要な成分なのです。
私達の体の中にもあるもので、
約98%は骨格筋と心筋にあります。

カルニチンはもともと肝臓や腎臓で合成されるものなので
それほど不足することはありません。
でも加齢とともにその合成力は低下し、
20代をピークに、
年齢を重ねるごとにどんどん減っていき、
中高年では半減するというデータもあります。

カルニチンが不足しているということは
体脂肪が燃えにくい体ということ。

思い当たる方も多いのではないでしょうか?

また現代人は油脂の摂りすぎということは周知の事実。
この50年で日本人が摂取する油脂の割合は
約4倍に増えています。

摂りすぎた油脂を上手にエネルギーに変えていくためには
脂肪の代謝に欠かせないカルニチンを
体内で不足しないように補っていかないと
体脂肪として蓄えられてしまいます。

さてそんなカルニチン。
食事で補うとなると、、、、

肉類に多く含まれています。
特に、脂肪の少ない赤身肉に多く、
特に活発に動く部位"足"に多いのです。
肉の中でも、一番多いのは羊の肉。

☆100g当たりカルニチン含有量
 子羊肉 190 mg
 牛肉  143 mg
 豚肉   25 mg
 鶏肉  4.55-9.10mg
牛乳 1.9mg
卵 0.8mg

しかし肉料理で補おうとすると、
肉自体のカロリーも気になりますが、
調理法やサイドメニューなど
高カロリーになりがちです。
サプリメントで補うのが良いかもしれませんね。

肥満者を対象としたダイエットの試験でこんな結果が出ています。
肥満者40名を2群に分け検討。
「食事制限群」と
「食事制限+カルニチン・ビタミンなど含むサプリメント群」
8週間後に体重や体脂肪率を測定したところ、
カルニチン群では体重 -6.9kg
体脂肪率 -3.5%という結果でした。

そしてカルニチンを摂る時は
是非体をどんどん動かして
脂肪をどんどん燃焼させましょう!

サプリメントは運動前に摂るのが効果的ですよ。


【参考】
医療従事者のための機能性食品ガイド(講談社)
サプリメント事典(平凡社)

(2008.07.18)


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.