1508973 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

薬剤師てるちゃんのサプリメント日記

酵素(エンザイム)

「胃がなんだかもたれる」とか、
「胃の調子が悪くて」とか
はたまた
「食事の量を減らしてるのに、脂肪が減らない」などなど。。。

もし、外食や加工食品や冷凍食品、インスタント食品
ばかり食べているのであれば、
もしかして体の中の”酵素”が足りないのかもしれませんよ☆

”酵素(こうそ、エンザイム)”とはたんぱく質の一種で、
他のさまざまな物質の化学反応を手助けする触媒としての作用をもっています。

、、、、、というと難しそうですよね。

なんといっても酵素のことだけで
ぶあつい専門書が1冊書けてしまうほど、
その働きは本当に様々なのです。

現在、約3,000種の酵素が発見されているそうですが、
それらを大きく分けると、
「体外酵素」と「体内酵素」の2つに分類することが出来ます。

「体外酵素」は、食物に含まれる酵素で、”食物酵素”とも呼ばれます。
 自分自身を消化する働きを持ちます。

「体内酵素」は、人体で作られる酵素で、”潜在酵素”とも呼ばれます。
 この体内酵素は大きく2つに分類され、
 消化を促す「消化酵素」と、
 新陳代謝や免疫など、生命維持活動に関係する「代謝酵素」があります。

今まで「酵素は体内で合成されるため、不足することはない」
と考えらていました。
特に日本人は酵素の多い食事をしてきていました。

酵素の多い食事とはどんな食事なのでしょうか?

酵素は、熱に弱く48℃以上で壊れてしまうので、
加熱や加工を行った食材に酵素は含まれないのです。
生野菜や果物、生の魚や肉、
納豆、キムチ、味噌、しょう油、漬物、チーズなど
発酵食品などに豊富にに酵素は含まれます。

そう、加工食品や冷凍食品、インスタント食品などの食事からは
酵素を取り入れることが難しいのです。
現代人は酵素が不足しているのも頷けますね。
それに意識しないとなかなか摂取は難しい、、、、

体内の酵素が”消化酵素”に使われる割合が増えると、
生命維持活動に関係する”代謝酵素”に使える量が減り、
その結果、老化の加速やアレルギー、免疫システムの低下など、
様々な症状が出るとも言われています。

酵素の働きはまだまだ研究途中なので、
これからの研究が楽しみですね。

さて”消化酵素”の主なものは、、、、

プロテアーゼ:”たんぱく質”を消化(分解)する酵素。
       パイナップルに含まれるブロメライン、
       パパイヤに含まれるパパインなどもこの仲間。
       洗剤などにも使用されています
      (汚れの原因の一部はたんぱく質なんです!)。

アミラーゼ :炭水化物を消化(分解)する酵素。

リパーゼ  :脂肪を消化(分解)する酵素。 など。

さて現代人は飽食の時代、
どこに行っても食べものが周りにあります。
手軽に食べられるものほど、脂肪分や糖分が多いものです。
あなたの食べた物は、
しっかりと消化されているでしょうか?
体の中の酵素は充分にありますか?


美の先端を行く人たちはすでに
「ローフード」「リビングフード」「ナチュラルハイジーン」
などの酵素を考えた食事をしているのですよね。

「ローフード」は「生の食物」、
「リビングフード」は「生きている食物」を指し、
アンチエイジングやダイエットに効果的で、欧米を中心に注目を集めていますね。
野菜や果物、木の実、味噌・しょう油、海草などが基本。
つまり”生きた酵素”をたくさん摂りましょう、というものなのです。

「ナチュラルハイジーン」も
自然治癒力をテーマに生の野菜や果物をふんだんに摂るというもので、
これまた酵素が基本になっています。

このような食事法を実践するのも、なかなか大変なもの。
まずはサプリメントで試してみませんか?

2009.4.10


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.