000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

薬剤師てるちゃんのサプリメント日記

妊娠中のリンゴで喘息児予防

私は毎朝、季節のフルーツを食べるようにしているのですが、
夏は”バナナ”や”キウイフルーツ”が多く
これからも季節は”リンゴ”を食べることが多いかな。
今は貧血・便秘予防のために”プルーン”も食べてます^^

なんだかこのデータを見てホッとしてしまいました。

@@@@@@

新しい研究で、
1,200組の母子を対象として、
妊娠中の母親のリンゴの摂取状況と
小児喘息および喘鳴の発現率の関連が比較された。

その結果、
母親が妊娠中にリンゴを定期的に食べていた児、
☆リンゴの摂取が最も多かった群(1週間に4個以上)
 の母親から生まれた子では、
☆リンゴの摂取が最も少なかった群(1週間に0-1個)
 の母親から生まれた子よりも
これまでの喘鳴のリスクが27%低く、
5歳までに喘息または喘鳴を発症する可能性が
およそ半分であったとか。

リンゴの予防効果は、
リンゴ中に含まれるフラボノイド等によるものである
可能性が高いと研究者は述べているようです。

原著論文:Thorax. 2007 Sep;62(9):773-9

@@@@@@@

小児喘息は米国において深刻化しつつある問題のようですね。

小児の喘息・喘鳴のリスク低下との関連が認められた食品は
リンゴだけだったようです。
またリンゴジュースでも良いとか。

今回のデータはリンゴ中の「フラボノイド」が
働いていると考えられているけれど、
「フラボノイド」は「ポリフェノール」の一種。

最近は果物などの働きを
立証するデータが多いように思います。

これからは”フラボノイド”や”ポリフェノール”の時代かな?!


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.