1501911 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

薬剤師てるちゃんのサプリメント日記

PR

プロフィール


薬剤師てるちゃん

キーワードサーチ

▼キーワード検索

お気に入りブログ

三浦綾子の言葉 New! ロン@ゴスペルさん

福島民報にも掲載さ… New! ビューティラボさん

子どもの怪我 ミッチー3844さん

【中高生】ハイクラ… miliahaloaさん

笑う門には福来る!… fridaさん
ハートフル らいらっく 千絵花さん
 ケーキ職人の『あ… Rottie’sさん

コメント新着

 あきと@ Re:左利き男性はお金持ち?(08/12) 左利きにはそうゆうことが起きるんですね
 ぴーちゃん@ Re:ビタミンD不足が深刻!!(09/06) はじめまして。 サプリメントの事で調べて…
 薬剤師てるちゃん@ ☆ななはちっちさん コメントありがとうございました!! 人工…
 ななはちっち@ Re:人工甘味料で糖尿病リスク増加(09/26) ビックリです!人工甘味料が、糖尿病のリ…
 薬剤師てるちゃん@ ☆ビューティラボさんへ 頭痛って辛いですよね(+_+) 異常気象でゲ…
 ビューティラボ@ Re:台風と不調の関係(09/05) 私も娘も台風や雨など低気圧だと頭が重く…
 薬剤師てるちゃん@ ☆和子7445さんへ コメントありがとうございます!! 読むと…

カテゴリ

フリーページ

サプリの資格を比較!


サプリ・健康・栄養の参考になるサイト


サプリの必要性(1)


サプリの必要性(2)


サプリの摂り方


妊娠中・授乳中のサプリメント


天然か?合成サプリか?


オーダーサプリ


オーダーメイドサプリメントへの私の想い


サプリの選び方1


サプリの選び方2


サプリのデータ見極め方


サプリの摂取タイミング


サプリと薬の違い


冷え性


貧血


肩こり


むくみ


工事中


胃の痛み・むかつき・胃もたれ


工事中


工事中


快眠1


快眠2


背中のニキビ


乳がん・乳腺症


乳がんリスク低下研究


プロバイオティクス1


マクロビオティクス


デトックス


サプリメント成分解説


セントジョーンズワート


イチョウ葉


バレリアン


乳酸菌


エキナセア


亜鉛


プエラリアミリフィカ


アスタキサンチン


メリロート


コンドロイチン・グルコサミン


ニンニク


コレステロール関連


カルニチン


コラーゲン


プラセンタ


酵素(エンザイム)


α-リポ酸


セラミド


生姜


レスベラトロール


オルニチン


葉酸(妊娠)


サプリと薬の飲み合わせ1


サプリと薬の飲み合わせ2


食品と薬の飲み合わせ


工事中


バナナケーキ


旬の食材~冬瓜~


旬の食材~苦瓜~


手作り味噌♪


バケツ稲成長日記♪


果物の見分け方


妊婦さんの健康


☆私の妊娠日記


妊娠中の栄養不足


ファーストフードが良い?


妊娠中のリンゴで喘息児予防


妊娠まで長いと男の子?


秋は妊娠に最適?なぜか低い流産率


喫煙


タバコの視覚障害


喫煙は病気?


アロマセラピー


スッキリしたい時


自己紹介


参考になるサイト


サイド自由欄

設定されていません。
2009.08.24
XML
カテゴリ:健康
酒井法子容疑者が覚せい剤所持容疑で逮捕されましたが、
連日その危行がテレビで放送されています。

私も酒井法子さんのファンではないものの、相当の衝撃を受けています。

芸能界の薬物事件が問題となっていますね。

芸能界の薬物事件を振り返ってみると、、、、

2001年:タレントのいしだ壱成、カルーセル麻紀、田代まさし。
2006年:人気音楽グループ「ドリームズ・カム・トゥルー」元メンバー・西川隆宏。
2007年:歌手・高橋祐也(女優・三田佳子さんの次男)、
   「光GENJI」元メンバー・赤坂晃、歌手・桂銀淑。
2008年:元俳優・加勢大周、歌手・作曲家の岡村靖幸。
2009年:元タレント・小向美奈子、元はっぴいえんど(ロックバンド)の鈴木茂、
俳優・中村俊太(俳優・中村雅俊さんの長男)、
    今回の押尾学、酒井法子容疑者と続きます。

芸能界だけでなく、
最近では少年や主婦など一般社会にも、薬物使用が拡大。
「第3次覚せい剤乱用期」に突入した、との声も上がっているとか。

昨日の新聞では、
2009年上半期の覚せい剤押収量は、
08年比で6倍にも膨れ上がっているとありました。
    ~~~~~
去年に比べて6倍って、ものすごく急速な変化ですよね!

薬剤師として、やはりこの問題を放っておくわけにもいかないので、
今日は麻薬・覚せい剤の話題をお届けしたいと思います。


麻薬には、
1. けしからつくられるもの :あへん、モルヒネ、ヘロインなど
2. コカ葉からつくられるもの:コカイン、クラックなど
3. 化学的に合成されるもの :LSD、MDMA  などがあります。

大麻には、大麻草からつくられる大麻タバコ、大麻樹脂などがあります。

覚せい剤は、メタンフェタミンとアンフェタミンがあります。
不正に使用されている覚せい剤は、そのほとんどがメタンフェタミンで、
形状は、白色半透明の結晶状ですが、なかには、
小さなプラスチック容器に入った水溶液や、黄色の錠剤もあります。
これらはそのほとんどが密輸品で、乱用者の間ではシャブ、ポン等の隠語で呼ばれています。

覚せい剤は、錠剤やカプセルを”経口摂取”するほか、
”吸入・吸引(あぶって鼻から吸うなど)”や”注射”などの方法もあります。
最も危険なアンフェタミン摂取方法は”注射”することですが、
覚せい剤狂の間では、瞬時に強大な快感(俗語でいう「ラッシュ」)が得られるため、
「スピード」(Speed)と呼ぶそうです。

覚せい剤乱用者は、無限の力を得て、
何事も意のままに操ることができると感じるのです。
瞳孔は散大し、呼吸数は急激に上がり、
心臓はまさに早鐘を打ち鳴らすような状態になり、
粘膜は乾ききってしまいます。
こうした状況の中で、ものを言おうとしても
何を言っているのか訳も判らないような有り様になります。
(なんとなく、テレビで繰り返し放送される酒井法子が思い浮かびます)

しかし一旦体内エネルギーが枯渇すると、
一気に訪れる不安と狼狽と混乱に支配されてしまうのです。
イライラは偏執病の症状を呈し、そして極度の疲労感と錯乱。

覚せい剤の常習者は、顔色が悪くなり、やせてきたり、
怒りっぽくなり、突発的に暴力をふるう、
また、「誰かが見張っている」等の一貫性のない行動が見られます。


一方、押尾学容疑者が使用していたのはMDMA(エムディーエムエー)。
興奮作用と幻覚作用を併せ持つ錠剤型の合成麻薬で、
「エクスタシー」とも呼ばれ、カラフルな錠剤や、刻印された錠剤があります。
錠剤なので飲みやすいためか、
若者を中心に乱用が広がり、最近、検挙人員・押収量が、急増しています。


旅行をきっかけに始める人もいるようです。
南国のリゾート地で開放的な気分になっているところに、
あの手この手で売りつけようとするのだとか。
”Do you like smoking?”なんて聞き方をしてきたりするそうです。

「一度だけなら。。。」
「一回なら大丈夫だろう」
「自分なら、すぐやめられるだろう」
そう思って安易にはじめたとしたら大変なことになります。

「一度覚えた覚せい剤は心を離れることなく、
 いつも耳もとで覚せい剤の悪魔が囁き、
 毎日が覚せい剤との戦いでした。」とは経験者のコメント。

覚せい剤事犯の再犯率は41.6%(平成19年版犯罪白書)で、
一度すると止められないのです。
これは意思の強さでどうにかなる問題ではありません。

また、再犯までの期間が短いのも特徴です。
(身柄釈放から1年以内に28.1%、2年以内に49.8% が再検挙)

これは覚せい剤の依存作用が高いことに加え、
依存に対する明確な治療が存在しないこと、
入手が極めて容易であることなどが挙げられています。

〈参考:財団法人 麻薬・覚せい剤乱用防止センターHP〉
 http://www.dapc.or.jp/

最初は無料でくれたりする場合もあるようです。
一度始めてしまえば、30万だろうが40万だろうが
売値は売人の言うがままなるのだとか。

もし自分の周りの人が覚せい剤を使用しているかも?というときは、
最寄りの麻薬取締部または各都道府県の薬務主管課にご連絡を。
麻薬取締部では、”麻薬・覚せい剤相談電話”を設置し、
ベテランの担当官が相談にのってくれます。
http://www.nco.go.jp/tel.html



またサプリメントも医薬品が混入しているような違法なものを、
ダイエットサプリとして販売しているサイトも沢山あります。
また医療現場で肥満に用いる医薬品(処方せんがなければ入手できない薬)を、
個人輸入で販売しているサイトもあります。
それはそれは誘惑的な広告で誘っていますが
何か変だな・おかしいなと思ったら、絶対に入手しないで下さいね。


クラブクラブクラブクラブクラブ

今回麻薬・覚せい剤のことを調べていたら、こんなことが書いてありました↓
「刑事ドラマで、捜査員が結晶の入った小袋に穴を開けて
 内容物を少量指に取って舐め、「…覚せい剤だ!」「シャブだ!」
 なんて叫ぶシーンが時々ありましたが、
 種類や純度の分からない薬物を口に入れる行為は極めて危険である上、
 そもそも捜査員であっても覚醒剤の摂取は違法であるため、
 実際にはそんなことはしない。」と。
私は医療関係のドラマを見ると「こんなことあるはずないのにね~」
なんて思うことはよくあります。
でもシャブについては気がつきませんでした。
まぁ、刑事ドラマを見ていたのは子供時代でしたから当然かもしれませんが、
子供の頃のそういう記憶って、正しいと信じ込んでいたりするので、
なんか怖いですよね。



オーダーメイドサプリメントなら→ファルラ

       2005-12-08 15:45:26 ←応援の”ぽちっ”お願いします♪
                     ?位です(感謝☆)星
        
            
メルマガ『サプリメントテラピー♪あなたの食事ケアしましょ』
発行しています♪登録はコチラ
(まぐまぐからの発行です)

「メディカルウーマン」でこの記事をチェック!「メディカルウーマン」でこの記事をチェック!






最終更新日  2009.08.25 12:47:39
コメント(8) | コメントを書く

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.