1602678 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

薬剤師てるちゃんのサプリメント日記

PR

X

プロフィール


薬剤師てるちゃん

キーワードサーチ

▼キーワード検索

お気に入りブログ

アメニティでリピー… New! ビューティラボさん

6月12日(土)のオン… New! ロン@ゴスペルさん

6月生徒募集【小学生… miliahaloaさん

笑う門には福来る!… fridaさん
ハートフル らいらっく 千絵花さん
 ケーキ職人の『あ… Rottie’sさん
モル好きの変わり者… kurichan1666さん

コメント新着

 癒されますように@ Re:乳がん日記29*4クール目!涙の副作用(11/10) <small> <a href="https://ameblo.jp/lov…
 薬剤師てるちゃん@ Re[1]:乳がん日記25*1クール目1週間(09/13) みゆきさんへ コメントありがとうござい…
 薬剤師てるちゃん@ Re:無理しないでね(09/13) 世田谷区よりさんへ コメントありがとう…
 みゆき@ Re:乳がん日記25*1クール目1週間(09/13) てるちゃん 日々のご自分の様子を冷静に観…
 世田谷区より@ 無理しないでね 辛そうです。 無理しないでね。 一番手を…
 薬剤師てるちゃん@ Re[1]:乳がん日記19*病理検査結果(08/08) みゆきさんへ コメントありがとうございま…
 みゆき@ Re:乳がん日記19*病理検査結果(08/08) 酷暑の日々。 退院後、家事も仕事も、とに…

カテゴリ

フリーページ

サプリの資格を比較!


サプリ・健康・栄養の参考になるサイト


サプリの必要性(1)


サプリの必要性(2)


サプリの摂り方


妊娠中・授乳中のサプリメント


天然か?合成サプリか?


オーダーサプリ


オーダーメイドサプリメントへの私の想い


サプリの選び方1


サプリの選び方2


サプリのデータ見極め方


サプリの摂取タイミング


サプリと薬の違い


冷え性


貧血


肩こり


むくみ


工事中


胃の痛み・むかつき・胃もたれ


工事中


工事中


快眠1


快眠2


背中のニキビ


乳がん・乳腺症


乳がんリスク低下研究


プロバイオティクス1


マクロビオティクス


デトックス


サプリメント成分解説


セントジョーンズワート


イチョウ葉


バレリアン


乳酸菌


エキナセア


亜鉛


プエラリアミリフィカ


アスタキサンチン


メリロート


コンドロイチン・グルコサミン


ニンニク


コレステロール関連


カルニチン


コラーゲン


プラセンタ


酵素(エンザイム)


α-リポ酸


セラミド


生姜


レスベラトロール


オルニチン


葉酸(妊娠)


サプリと薬の飲み合わせ1


サプリと薬の飲み合わせ2


食品と薬の飲み合わせ


工事中


バナナケーキ


旬の食材~冬瓜~


旬の食材~苦瓜~


手作り味噌♪


バケツ稲成長日記♪


果物の見分け方


妊婦さんの健康


☆私の妊娠日記


妊娠中の栄養不足


ファーストフードが良い?


妊娠中のリンゴで喘息児予防


妊娠まで長いと男の子?


秋は妊娠に最適?なぜか低い流産率


喫煙


タバコの視覚障害


喫煙は病気?


アロマセラピー


スッキリしたい時


自己紹介


参考になるサイト


サイド自由欄

設定されていません。
2014.09.26
XML
カテゴリ:健康
昔の人は”砂糖”が貴重だったからでしょうか、
70~80歳くらいの人は、
料理に”砂糖”を沢山入れことが愛情の証のような感じで、
沢山使う人が多いように感じます。

今は”砂糖”の代わりに、
さかんに人工甘味料が使われる時代になりました。

人工甘味料は、
少ない量で甘さが十分に得られ、しかも低カロリーであることから、
「カロリーオフ」「ノンカロリー」の表示のある飲料に使われてますね。

そのため、太らないというイメージが先行し、
人工甘味料が砂糖より健康に良いと思っている人もいるようです。

人工甘味料の代表は「アスパルテーム」「スクラロース」「アセスルファムカリウム」など。
主に、清涼飲料水・菓子・漬物などに利用されています。

また”2型糖尿病”や、
糖尿病の前段階に当たる「耐糖能障害」と呼ばれる状態の患者に対して、
人工甘味料を推奨する専門家もいます。

人工甘味料の分子は、舌に甘い味覚を残した後、
体内に吸収されることなく腸管を通過。

これが、砂糖とは違い、
カロリー量が無視できる程度(あるいはゼロ)になる理由とされています。


さて一般的には
「健康的なイメージ」のある人工甘味料が、
実際には糖尿病のリスクを高めている可能性があるとする研究論文が
英科学誌ネイチャー(Nature)に発表されました。

****

複数のマウスと少人数の人間に対して実験を行った結果、
人工甘味料が腸内細菌の増殖と機能を阻害し、
実は耐糖能障害を促進していることが分かったという。

研究チームは、広く使用されている
3種類の人工甘味料(アスパルテーム、スクラロース、サッカリン)を選び、
人間の推奨最大摂取量をマウスの体の大きさに合わせて換算、
飲み水に混ぜてマウスに与えた。

その結果、人工甘味料を与えられたマウスには”耐糖能障害”がみられたが、
ただの水や砂糖水を摂取したマウスにはみられなかった。

また、
人工甘味料を摂取したマウスとブドウ糖を摂取したマウスの排せつ物を、
腸内細菌を持たないマウスの体内に注入した。
すると、人工甘味料の排せつ物を注入されたマウスの血糖値は急上昇し、
腸内細菌が別のグループと比べ、より活発に栄養分からブドウ糖を搾取する働きを見せた。

チームは次の段階として、研究対象を人間に移した。

普段は人工甘味料を摂取しないボランティア7人に、
米食品医薬品局(FDA)が推奨する
最大摂取量の甘味料を含んだ食事を7日間とってもらった。

結果、マウスと同様に、4人の血糖値は5~7日以内に上昇し、
腸内細菌の構成にも変化が見られたという。

参考引用:
http://www.nature.com/nature/journal/vaop/ncurrent/full/nature13793.html
***

人工甘味料の使用法について、
多くの専門家でしっかりと考えていかないといけないですね。


私は人工甘味料は出来るだけ摂らないようにしようと思っているので、
「カロリーオフ」の表示のある飲料は買わないようにしています。

買う前に表示をチェックしているのですが、
今は本当に人工甘味料が多い!!
子ども向けのお菓子でさえ、人工甘味料を使ってるものばかり。
怖いことに、年々、着々と増えています。
最近は老舗の和菓子屋さんも
人工甘味料を使っていたりして、本当にがっかりします。

確かに砂糖に比べたら安いですから、
価格競争も激しい中、
製造メーカーとしては仕方ないのかもしれないですね。

長い歴史の中で
砂糖はずっと昔から食べ続けられてきました。
人工甘味料の歴史はまだまだ浅く、
アスパルテームは1965年に発見されたもの。
まだまだわからない副作用が見つかるかもしれないですね。


◆ 過去の関連ブログ
------------------------------
ダイエット炭酸飲料で早産
http://plaza.rakuten.co.jp/teruchansup/diary/201009030000/

☆☆☆☆☆☆

メールマガジンやブログを書くときに、
良く過去に自分で書いた文章を検索するんです。
今回は「ダイエット炭酸飲料で早産」の記事を見ていたら、
4年前、私の誕生日に当時2歳だった息子との会話があって、
何だか宝物を見つけたみたいな嬉しい気持ちになりました。
何気ない会話って残っていると記念になるものですね。
さて先日、私のお誕生日のこと。
私がゴスペルの練習から帰宅すると家は留守。
しばらくすると、
駐車場に車を止めているパパより一足先に息子が帰宅。
「どこ行ってたの?」と聞くと、
「お花買いに行ってきた~」と元気に返事。
するとハッとしてから、
「内緒だったんだ。。。」と半べそ状態。
私の方が慌てて「いいよいいよ、聞かなかったことにするから」と、
なんとかなだめることに成功。
ちょっと後からパパが現れ、
2人からお花とカードのプレゼントを貰いました☆
「わぁ!お花!!ありがとう~~♪♪」と
ビックリした演技を盛り込みながら受け取りました(^^)/
まだまだ可愛い6歳児です!!


       2005-12-08 15:45:26 ←応援の”ぽちっ”お願いします♪
                     ?位です(感謝☆)星
        
            
メルマガ『サプリメントテラピー♪あなたの食事ケアしましょ』
発行しています♪バックナンバーはコチラへどうぞ。
まぐまぐからの発行です。ぜひ登録もして下さいね~


「メディカルウーマン」でこの記事をチェック!「メディカルウーマン」でこの記事をチェック!






最終更新日  2014.09.27 09:12:16
コメント(2) | コメントを書く



© Rakuten Group, Inc.