234257 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

テツの静岡生活

PR

Profile


tetsudive

Freepage List

Nov 12, 2007
XML
カテゴリ:新規OPEN

先日からラーメン通の方のブログで盛んに取り上げられている、新しくオープンしたつけ麺専門店。

きじ亭

周りは夜間の営業の飲み屋ばかりの横丁で昼間のみの営業というのも珍しい。

7席ほどのカウンターだけの小さい店で、店主一人で切り盛りしていて1日20食ほどで完売とか。お昼12時過ぎには満席になってしまっていた。早くも人気店になっているのか?

麺もスープも自家製で、麺は極太。メニューにも「麺は普通の1.5~2倍ありますので残してもいいです」と書かれてある。茹で上がった麺を見たときもすごい量だと思ったが、実際食べてみると軽く全部食べられてしまう(ずっと昔食べた、大勝軒のつけ麺は本当に麺の量が多く、なかなか麺がなくならなかったような記憶がある)。スープは和風って言うのかダシの粉が入っている。ちょっと前にオープンした別のラーメン店で、魚系のダシが生臭く、食べた後までずっとその匂いが胃から昇ってきて辟易したことがあって、魚系のダシを使ったラーメンは敬遠していたが、此処のは全然そんなことはなく、やわらかく美味しいスープだった。でも、あのダシ粉が漂うスープは粉っぽいという感じもあるかな。

つけ麺ってあまり食べたことないので、麺をどのくらいスープに浸けて食べたらいいのかよくわからない。最初盛りそばのようにちょこっと浸けるだけで食べてみたが、途中からもう少しゆっくり浸してから食べるようにしてみた。麺は水にさらして冷たくなっているけれど、冷たいままぐらいで食べたらいいのか、麺が温かくなるぐらいスープに浸けたらいいのか(スープは温かい)、あまりたっぷり浸けてしまうとつけ麺の意味がなくなるような気もする。どんなもんなんだろう。

 







Last updated  Nov 15, 2007 08:41:38 PM
コメント(2) | コメントを書く
[新規OPEN] カテゴリの最新記事

Keyword Search

▼キーワード検索

Favorite Blog

まだ登録されていません

Comments

しんの@ Re:「パタータ」→「エプレーゼ」(02/14) パタータのシェフの方をご存知の方、いら…
らーめん矢吹@ Re:らーめん矢吹(05/01) コメント失礼します。 この度「らーめん…
昔のフランセが好き@ 昭和のハンバーグ いい雰囲気のレストランだった頃(昭和50年…
かわもと工房@ Re[2]:結婚祝い(01/05) tetsudiveさん >かわもと工房さん > …
tetsudive@ Re[1]:結婚祝い(01/05) かわもと工房さん お久しぶりです。 …

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.