1781496 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

ワブ!

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


ワブ!

フリーページ

サイド自由欄


リッラクマ

うさぎのしっぽ

うさぎの丘

ワブ! @ ウィキ

全2531件 (2531件中 31-40件目)

< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 >

2010.10.28
XML
テーマ:鉄道模型(558)
カテゴリ:模型
その4〉で改造が終了した MODEL POWER の 0-4-0サイドタンク蒸気機関車の塗装が終りました。車体と下回りはスプレー塗料とエアブラシを使って艶消し黒で塗り,ボイラー上の安全弁は金色に,クロスヘッドはノーマルが黒だったので銀色で筆塗りしました。本当は安全弁は真鍮色,クロスヘッドは鉄色がいいのですが,金色と銀色の塗料が価格が安くて入手が楽だったのでこの色にしました。煙室上部のヘッドライトケースは艶消しエナメル黒で筆塗りしました。ヘッドライトの黄色LEDを接着して取り外せない状態にしていたので,マスキングの手間をはぶくためにヘッドライトケースごとマスキングテープで覆ったたため筆塗りとしました。

次の写真は塗装前と塗装後の姿です。

モデルパワー HO,ユニオン・パシフィック鉄道 (UP) 0-4-0 サイドタンク機 No26 (改造後)
塗装前塗装後
0010-model_power_UP_0-4-0_no26
0010 posted by ©ワブ!
0037-model_power_UP_0-4-0_no26
0037 posted by ©ワブ!

0011-model_power_UP_0-4-0_no26
0011 posted by ©ワブ!
0038-model_power_UP_0-4-0_no26
0038 posted by ©ワブ!


塗装後に乾燥中の写真です。棒は割り箸です。
0036-model_power_UP_0-4-0_no26
0036 posted by ©ワブ!

使用した塗料は次の通りです。



ポチッとね♪
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ







最終更新日  2010.10.28 15:27:03
コメント(6) | コメントを書く
2010.10.24
カテゴリ:うさぎさん
爪切り前のワブ
wabu0410-a
wabu0410-a posted by ©ワブ!
前足の爪が伸びているのが一目瞭然。(-_-;


えーと,8ヶ月ぶりにワブの爪を切りました。切ろう切ろうと思っていたらいつの間にか8ヶ月もほったらかしになってしまいました。(-_-)

爪切り後の前足
wabu0412-a
wabu0412-a posted by ©ワブ!
爪がほとんど目立ちません。(^^)



次の写真がが切った爪です。結構伸びていたので切った爪も長いです。今までの爪切りではいつも1,2本は深爪して出血させていたので,今回は深爪しないように気をつけて切ったので出血は1本もありませんでした。ワブを飼い始めてから5年以上経ちますが,出血させないで爪切りを終えることができたのは今日が始めてです。v(^^)

切った爪と爪切りハサミ
wabu0411 posted by ©ワブ!


次の写真は爪切り後のワブです。ご褒美にドライフルーツをあげたのですが,ご機嫌斜めですぐには食べてくれませんでした。(^^;

「ワブ,機嫌が悪いでしゅ!  プンプン!(`ω′)」(爪切り後のワブ)

wabu0412 posted by ©ワブ!



ポチッとね♪
にほんブログ村 うさぎブログへ







最終更新日  2010.10.24 20:37:24
コメント(16) | コメントを書く
2010.10.22
カテゴリ:うさぎさん
久し振りにワブにバナナをあげました。ワブに初めてバナナをあげたときは自分からバナナの皮を食べ始めたので,今回はバナナの皮を剥かないであげてみたら全然食べようとしませんでした。なのでバナナの皮を剥いて,皮と果肉の両方を皿に入れておいたのですが,果肉だけ食べて皮は残しちゃいました。写真の牧草入れの前にあるものが残した皮です。皿から出されているので咥えてはみたようですが食べる気にはなれなかったようです。きっと果肉のほうが美味しいってことがわかっちゃったんですね。

「バナナさんは実のほうがおいしいでしゅぅ。(*^_^*)」(ワブ)




ポチッとね♪
にほんブログ村 うさぎブログへ







最終更新日  2010.10.22 11:23:08
コメント(16) | コメントを書く
2010.10.21
テーマ:鉄道模型(558)
カテゴリ:模型
〈その4〉は塗装を除いて改造が完了した状態での走行時の消費電流の計測結果です。パワーパックには酒井製作所 TRANSFORMER MODEL 12 (赤)を使いました。金属酸化被膜抵抗基板(17Ω 9W)をレールに並列に接続した場合の消費電流は300mAで,低速走行ができます。接続しない場合は140~150mAで,低速走行はできません。

0002-model_power_UP_0-4-0_no26_with_resistors_17ohm_9w
0002 posted by (C)ワブ!
0003-model_power_UP_0-4-0_no26_without_resistors_17ohm_9w
0003 posted by (C)ワブ!


← YouTube
こんな感じで走りましす。ワブも出演していますよ。(^^)



ポチッとね♪
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ







最終更新日  2010.10.21 23:17:47
コメント(2) | コメントを書く
テーマ:鉄道模型(558)
カテゴリ:模型
〈その2〉は車体の幅を狭くする改造でしたが,〈その3〉では足回りを狭くする改造です。主目的は左右のシリンダー中心間隔を狭くすることなんですが,それに附随して,動輪のタイヤの厚さを薄くします。また,シリンダー中心間隔を狭くしたためにクロスヘッドとコネクティングロッドの接続部分のピンが第1動輪のクランクピンに当たるため,スライドバーの取付位置をピストンに対して車体中心線の外側に取り付けるようにシリンダーブロックを加工しました。

0034-model_power_UP_0-4-0_no26_cylinder_block
0034 posted by (C)ワブ!
シリンダー中心間隔を狭くするためには,いったんシリンダーブロックを3分割しますが,その前にボイラーからシリンダーに伸びている蒸気管をシリンダーブロックから切り離しておきます。

0035-model_power_UP_0-4-0_no26_tire
0035 posted by (C)ワブ!
写真左がヤスリで削って厚さを薄くしたタイヤ。写真右がノーマルのタイヤで,厚さは3mm。
シリンダー中心間隔を狭くするとコネクティングロッドを車体中心側に寄せる必要があるので,動輪のタイヤの厚さを薄くします。ノーマルのタイヤの厚さは3mmですが,これをヤスリで削って2.0~2.5mmにしました。

これはシリンダー中心間隔を狭くする改造が終ったシリンダーブロックです。

0020-model_power_UP_0-4-0_no26_cylinder_block
0020 posted by (C)ワブ!
0021-model_power_UP_0-4-0_no26_cylinder_block
0021 posted by (C)ワブ!

0022-model_power_UP_0-4-0_no26_cylinder_block
0022 posted by (C)ワブ!
0023-model_power_UP_0-4-0_no26_cylinder_block
0023 posted by (C)ワブ!

0024-model_power_UP_0-4-0_no26_cylinder_block
0024 posted by (C)ワブ!
0025-model_power_UP_0-4-0_no26_cylinder_block
0025 posted by (C)ワブ!


ヘッドライトは,ノーマルでは煙室のヘッドライトは電球(米粒球)で,キャブ(運転室)背面のヘッドライトは赤色LEDになっています。電球は前進時と逆行時ともに常時点灯で,赤色LEDは逆行時のみ点灯します。ヘッドライトの改造点は,煙室上部のヘッドライトは黄色LED(電流制限抵抗:1kΩ 1/4W)で前進時のみ点灯,キャブ背面上部のヘッドライトも黄色LED(電流制限抵抗:1kΩ 1/4W)で逆行時のみ点灯です。しかし実際の走行ではDCモーターが逆起電力を発生させるためらしく,前進時には点灯しないはずのキャブ背面上部のヘッドライトが点滅しながら点灯し,逆行時には点灯しないはずの煙室上部のヘッドライトが点滅しながら点灯します。逆起電力を抑制または吸収する回路があったはずですが忘れました。調べるのも面倒,というか点滅することは特に気にならないので対策を取る予定はありません。DCモーターの二つのブラシを適当な容量のコンデンサーで接続すればよかったのかな?  ちょっと思い出せません。

これは配線した状態です。

0015-model_power_UP_0-4-0_no26
0015 posted by (C)ワブ!
0016-model_power_UP_0-4-0_no26
0016 posted by (C)ワブ!

0017-model_power_UP_0-4-0_no26
0017 posted by (C)ワブ!

0018-model_power_UP_0-4-0_no26
0018 posted by (C)ワブ!
0019_model_power_UP_0-4-0_no26
0019 posted by (C)ワブ!



ポチッとね♪
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ







最終更新日  2010.10.21 22:18:15
コメント(0) | コメントを書く
テーマ:鉄道模型(558)
カテゴリ:模型
〈その2〉は車体幅を狭くする改造中の様子です。

0026-model_power_UP_0-4-0_no26_body
0026 posted by (C)ワブ!
煙室には手摺りや単式コンプレッサー,発電機が付いていましたが,手摺りとコンプレッサーはニッパーとヤスリを使って取り外しました。コンプレッサーが付いていてもエアタンクが付いていないので,あっさり取り外しました。手摺りは,プラスチック車体の一体成形でできているため,帯状になっています。そのためヤスリで削り落として,φ0.4mmの真鍮線製の手摺りを付けました。発電機は,煙室上部にヘッドライトを取り付けるときに邪魔になるので切り離して,キャブ前部のボイラー上に取り付けました。

0027-model_power_UP_0-4-0_no26_body
0027 posted by (C)ワブ!

模型工作・手芸・細密な木工工作などに便利なクラフト専用細目のこです。【オルファカッター】ホビーのこ 167B
キャブ(運転室)の幅を狭くするためには,一体成形されたサイドタンクとボイラーからキャブを切り離す必要があります。切り離しにはオルファ ホビーのこ 167Bを使いました。プラスチックの模型の加工にはとても便利な鋸です。



キャブ(運転室)屋根の庇になる張り出し部分ですが,車体がプラスチック一体成形のためか,キャブ前部には張り出しがありません。キャブ後部の張り出しが比較的長めなので,ここを少し切り取って,キャブ屋根前側に接着して庇のようにしました。
0028-model_power_UP_0-4-0_no26_cab
0028 posted by (C)ワブ!
0029-model_power_UP_0-4-0_no26_cab
0029 posted by (C)ワブ!


キャブ(運転室)幅を狭くするためにキャブをオルファ ホビーのこ 167Bで3個に切り離しました。中央部分の幅だけキャブを狭くします。キャブ背面の中央部分にはヘッドライトが付いていますが,これはあとで取り付けます。接着剤ですが,プラモデル用の液体の接着剤(タミヤ製)と2液混合型のエポキシ系接着剤はあまり向いていないようでした。ごく普通の瞬間接着剤が一番よかったです。

0030-model_power_UP_0-4-0_no26_cab
0030 posted by (C)ワブ!
0031-model_power_UP_0-4-0_no26_cab
0031 posted by (C)ワブ!
タミヤのプラスチック用液体接着剤を流して,乾燥するまで固定している状態。結局,瞬間接着剤を流して補強しました。


これは切り離したキャブを接着し終った状態です。
0032-model_power_UP_0-4-0_no26_cab
0032 posted by (C)ワブ!
0033-model_power_UP_0-4-0_no26_cab
0033 posted by (C)ワブ!



ポチッとね♪
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ







最終更新日  2010.10.21 21:16:25
コメント(0) | コメントを書く
テーマ:鉄道模型(558)
カテゴリ:模型
MODEL POWER の 0-4-0サイドタンク蒸気機関車 (HOスケール,1/87)の改造がやっと終わりました。先月の下旬に改造を始めたので3週間以上かかりました。何しろ日本型の鉄道模型車輛(1/80)と比較すると大きいので,車体の幅を狭くして,車高を低くする改造が必要になり,時間がかかってしまいました。

前回の改造では車体幅は狭くして,車高を下げただけでしたが,今回はそれに加えてサイドタンク(水タンク)の高さも下げました。また前回は車体の位置を下げたためにシャーシーに取り付けられているモーターがキャブ(運転室)後部・コールバンカー(石炭搭載場所)に当たってしまうため,コールバンカーを嵩上げしてモーターの当たりを避けるように改造しましたが,今回はコールバンカーは幅を狭くするだけにしました。そのためモーターがキャブ背面・コールバンカーに当たらないようにするために,車体の位置を後ろに5mmずらしました。

煙室前のデッキは前方に約4mm延長しました。前部カプラー(連結器)はデッキに取り付けるようにしたのですが,前回の改造ではカプラーにカプラー取付ネジ穴とカプラー後部との間隔が短い Kadee #7を使ったのでデッキを延長しなくてもすみました。今回は間隔が #7よりも長い #58を使ったので,#58の後部がシャーシーに当たらないようにするためにデッキの延長が必要でした。

結局,車高と車幅は改造前より小さくなりましたが,車長は改造前より約1cm長くなりました。鉄道は列車として走ることがほとんどなので,細長い物が移動している状態になるためか,私の場合は車長が長くなってもあまり気になりません。車幅が狭いほうが見た目は小さく感じます。

次の写真はノーマルの機関車と改造後の機関車の大きさの違いを比較したものです。

改造前と改造後の比較
0004-model_power_UP_0-4-0_no26_with_New_Haven_no4
改造前(左),改造後(右):0004 posted by (C)ワブ!
0005-model_power_UP_0-4-0_no26_with_New_Haven_no40005-model_power_UP_0-4-0_no26_with_New_Haven_no4
改造前(上),改造後(下):0005 posted by (C)ワブ!

0006-model_power_UP_0-4-0_no26_with_New_Haven_no4
改造前(左),改造後(右):0006 posted by (C)ワブ!
0007-model_power_UP_0-4-0_no26_with_New_Haven_no4
改造前(左),改造後(右):0007 posted by (C)ワブ!

0008-model_power_UP_0-4-0_no26_with_New_Haven_no4
改造前(左),改造後(右):0008 posted by (C)ワブ!
0009-model_power_UP_0-4-0_no26_with_New_Haven_no4
改造前(左),改造後(右):0009 posted by (C)ワブ!


これは改造後の模型のみの写真です。
改造後の機関車
0010-model_power_UP_0-4-0_no26
0010 posted by (C)ワブ!
0011-model_power_UP_0-4-0_no26
0011 posted by (C)ワブ!

0012-model_power_UP_0-4-0_no26
0012 posted by (C)ワブ!
0014-model_power_UP_0-4-0_no26
0014 posted by (C)ワブ!

0013-model_power_UP_0-4-0_no26
0013 posted by (C)ワブ!



ポチッとね♪
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ







最終更新日  2010.10.21 19:37:12
コメント(0) | コメントを書く
2010.10.03
カテゴリ:うさぎさん
山形鉄道(やまがたてつどう)は8月1日にフラワー長井線(ながいせん) 宮内駅(みやうちえき)の駅長に白いうさぎの「もっちい」ちゃんを任命しました \(^O^)/。もっちーちゃんの仕事場は改札口のそばです。ほかにも駅員として「ぴーたー」ちゃんと「てん」ちゃんがいます。

山形鉄道のウェブサイトにはもっちいちゃんのページが開設されています。
山形鉄道フラワー長井線うさぎ駅長もっちいのページ

ところで,もっちいちゃんの名前の平仮名表記が報道機関によって異なりますが,山形鉄道のウェブサイトでは上記の「もっちい」と表記していますので,これが正式な平仮名表記です。しかし,イラストなどでは平仮名のデザインが明朝体やゴシック体ではないので,「い」の文字が小さくデザインされて「ぃ」になっています(「もっちぃ」)。どちらにしろ読み方は〔モッチー〕のようです。

各報道機関では次のような平仮名表記になっています。



ポチッとね♪
にほんブログ村 うさぎブログへ







最終更新日  2010.10.11 20:11:54
コメント(14) | コメントを書く
カテゴリ:うさぎさん

2011ウサギぴょんぴょん
(Yama-Kei Calendar 2011)
今年のカレンダーから山と渓谷社が出している「ウサギぴょんんぴょん」に変えたんですが,来年のカレンダーも「ウサギぴょんぴょん」にするためにネット通販で注文してあって,それが今日届きました。価格が税込945円(送料無料)なのでお買い得です。月めくりのカレンダーですが,各日に簡単なメモが書ける余白があるので便利です。



ポチッとね♪
にほんブログ村 うさぎブログへ







最終更新日  2010.10.03 18:21:12
コメント(4) | コメントを書く
2010.09.26
テーマ:鉄道模型(558)
カテゴリ:模型
先日ホーンビィ (HORNBY)製蒸気機関車の改造が終りました。改造点はカプラー(連結器)をKadee #58に交換とバッファの取り外しです。この模型はシャーシーホワイトメタル製だったので,Kadeeカプラー取付のための改造には電動ルーターを使いました。電動ルーターは本当に便利ですね。

ホーンビィ (OOスケール,1/76),サマセット・アンド・ドーセット・ジョイント鉄道 3Fクラス 24号機 (改造後)
0007-hornby_SandDJR_0-6-0t_class_3f_no24
posted by ©ワブ!
0008-hornby_SandDJR_0-6-0t_class_3f_no24
posted by ©ワブ!

0009-hornby_SandDJR_0-6-0t_class_3f_no24
posted by ©ワブ!
0010-hornby_SandDJR_0-6-0t_class_3f_no24
posted by ©ワブ!

0011-hornby_SandDJR_0-6-0t_class_3f_no24
posted by ©ワブ!
0012-hornby_SandDJR_0-6-0t_class_3f_no24
posted by ©ワブ!

0013-hornby_SandDJR_0-6-0t_class_3f_no24
posted by ©ワブ!
0014-hornby_SandDJR_0-6-0t_class_3f_no24
posted by ©ワブ!

0015-hornby_SandDJR_0-6-0t_class_3f_no24
posted by ©ワブ!
0016-hornby_SandDJR_0-6-0t_class_3f_no24
posted by ©ワブ!

0017-hornby_SandDJR_0-6-0t_class_3f_no24
posted by ©ワブ!
← 車体の裏側です。全部エンドビーム中央下部を少し削ってしまいましたが,ここにKadeeカプラーが当たってしまうと勘違いした失敗です。面倒なのでそのまましてあります。エンドビームの色は今は赤ですが,後で黒に塗り替える予定なので,そうなればこの削った部分も目立たなくなると思います。


この蒸気機関車に搭載されているDCモーターの電流消費は少ないです。中速走行時の消費電流は約140mAです。

中速走行時の消費電流 (140mA)
前進時逆行時
0018-hornby_SandDJR_0-6-0t_class_3f_no24-forward_amp_draw
posted by ©ワブ!
0019-hornby_SandDJR_0-6-0t_class_3f_no24-reverse_amp_draw
posted by ©ワブ!



ポチッとね♪
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ







最終更新日  2010.09.26 15:15:46
コメント(6) | コメントを書く

全2531件 (2531件中 31-40件目)

< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 >

カレンダー

お気に入りブログ

【鉄道スケッチ】札… New! jiyma21さん

10月22日、川田八幡… New! すえドンさん

今週のルーン(10/21… New! 瑠璃月姫さん

ワールドカップ三昧 らび2さん

いとしのミトン la … 平均以下主婦taneさん

コメント新着

だいや46@ Re:スタンドアロンだった VIA製マザーボード+Windows 98 SEがネットワークに接続(01/29) ワブさん、私もワブ!さんと同じ歳になり…
くまのんまま@ ワブさん… お久しぶりです… 何年ぶりでしょうか? 言…
ダイヤ45@ 7周忌 ワブ!さんという友人を失ってから東京に…
だいや43@ 5周忌 早いものです。5年
大吉@ワブさん友人@ Re:スタンドアロンだった VIA製マザーボード+Windows 98 SEがネットワークに接続(01/29) 4周忌か、、、、。よく長電話したり楽し…

ニューストピックス


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.