000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【ログイン】

テツの「PuraVida!」日記

2006/05/07
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
ヨチヨチヨチヨチ歩いていました。

昔のファミレスバイト仲間Sちゃんと
旦那T君の子供タロちゃん、ただ今1歳ちょっと。

緊張の初対面。
目が合った瞬間のタロちゃんの緊張した眼差し。
これは同じ人間なのか?というあの眼差し(笑)。

ひとまず同じ種類には見てくれたようです。
いっつも初対面の子供には泣かれちゃうんだけど、
タロちゃんは大丈夫だった~。

タロちゃん偉いぞお、おっきくなったら、
おじさんがスパイク買ってやるからな~。

しかし、赤ちゃんカワイイなー。
ヨチヨチヨチヨチ、ドテッみたいな(笑)。
一生懸命に歩こうとしてるあの姿、たまらないです。


タロちゃん家に行く前に、神奈川の恩人の家に行ってきました。
昔の日記、『定められた終わり』『あの日のまま』
書いた、「余命14日」を宣告されてた恩人です。

その後、体調は良くなったり、悪くなったり。
けど、言われてた「14日」どころじゃなく、
すでに約「80日」。さすがだ、さすがだ。
やってくれるな、ほんとに。

部屋に入ると、布団に入って横たわっていました。
明らかにこの日の体調は良くなく、話すのもつらそう。
そんな中でも俺のことを気にしてくれるんです。


 「お母さん、ご飯用意してあげてー。
  テツはいっつもお腹空かしてるからなあ。」


そんなにいっつも減ってるわけじゃないよ。
でもさ、その優しさが嬉しいんだ。
今までも、今でも。


 「テツ、最近もう歩くこと出来なくなっちゃったよ。」


そうですか・・・としか言えない自分に嫌気がさした。
こんな時、あなたならどんな言葉をかけるんですか、
って聞きたかった。でも、聞けるわけなかった。


旦那さんが眠ってから、奥さんが話してくれました。
 

 「まだまだ大丈夫でしょ。
  大相撲がこれから始まるじゃない?
  だから次の目標は千秋楽ね。
  で、それが終わったらワールドカップ(笑)。」


 「歩けなくなったから、トイレとか行く時に
  私の肩にもたながら行くのよ。
  この前もたれながら
  “俺、亀田3兄弟と一緒だな~”
  とか言ってんのよ(笑)。」


何で、俺が笑顔をもらって帰ってるんですか。
あなたたちは、どこまで広いんですか。大きいんですか。

ただ、感謝のひと言。
俺もそんな人間になりたい。



歩こうとしてる“タロちゃん”。
歩けなくなった“恩人”。

どちらにも存在する、「命の輝き」。

赤ちゃんだとか、病人だとか、
会社員だとか、社長だとか、高校生だとか、

そんなことじゃなくて、

お金持ってるとか持ってないとか、
夢を持ってるとか持ってないとか、

そんなことでもなくて、

きっと、もっと大事なこと。
自分で“自分の命”を「輝かせる」こと。

人生を、一生懸命に楽しもう。
そのことには真面目でいよう。


タロちゃん、恩人、ありがとう~!!!




『それでも人生は続く。』
          ジェフ千葉監督・オシム






Last updated  2006/05/09 12:43:26 PM
コメント(6) | コメントを書く

PR

Keyword Search

▼キーワード検索

Favorite Blog

第41回全日本少年サ… 監督Kさん

ORANGE DAYS & M… かおりちゃん6655さん
男30からの海外生… コージJAPANさん
波多野毅の「TAO徒然… taopotさん
ビジネスセラピスト… こー せーさん

Comments

パスチャ@ 良い店です とんでん兵には昨年妻と訪れました。偶然…
中野区在住中学生@ とよ先生 僕は、2009年の11月くらいから2か…
ぺいん@ イッテーーー!!! マ-ンコの締まりが良すぎるのも問題だと…
もっさり@ 酒池肉林wwwwwwww どうしよwwww 年上のお姉たまにおま…
せい氏@ ロリすぐるーーーー!!!! 21歳なのに超 □ リ 顔の女でテンション…

Rakuten Profile

設定されていません

Freepage List


Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.