000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【ログイン】

テツの「PuraVida!」日記

2006/06/14
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
いつも戸惑ってしまいます。
不自然な自分になってしまいます。

病室に足を踏み入れる瞬間。

大事な人がどんな状態でいるのか。
自分に投げかけられる言葉は何なのか。
一生慣れることではないのかもしれませんね。


「定められた終わり。」 「あの日のまま。」 「かがやき。」
に書いた、俺の恩人。
容態が悪化し、再び入院してしまいました。


 「テツ、来てくれてありがとう。」


小さくなってしまった声で。でも、優しい優しい声。
生きてきて何回も聞いたことのある言葉なのに、
どうして涙が溢れそうになってしまうんだろう。


 「ワールドカップ、日本もコスタリカもだらしないなあ。」


コスタリカでサッカーの試合を一緒にテレビで見てた時、
やっぱりよくそう言ってた。
あの時は、頑張ってるよって俺は思ってた。

でも、体の痛みに耐えながら、
一生懸命に声を出して話し掛けてくれてる
今のあなたの姿を見てたら、だらしないかもって思ってしまう。

いや、だらしないのは、
日本でもコスタリカでもない。

容易く大きな声も出せるのに、
自分の力で起き上がれるのに、
好きな場所にも行けるのに、
食べたい時に食べれるのに、

あなたのような「ありがとう。」を言えない、俺がだらしないんだ。


 「10年前、コスタリカは何にもなかった。
  テツが来た時とは大違いだったんだよ。
  でも、10年あると変化していくんだよな。
  10年後はもっと変わってるんだろう。」


俺はその言葉を聞いたときに、
コスタリカでのあなたと、今のあなたを比べていました。

 あんなに動きまくってたのに・・・。
 あんなに声大きかったのに・・・・。
 あんなに・・・・・・・・・・・・。

がっくりしかけてた俺をあなたの言葉が救ってくれました。


 「変化するのは当たり前なことなんだよな。
  むしろ変化していかなきゃおかしいんだから・・・。」


あなたの“変化”を受け入れることができた気がしました。
全部を、とは言えない。ちょっとかもしれない。
でも、“流れの中の変化”なんだって思えたことが嬉しくて。

そうだ、石だって川の流れで変化していくんだ。



この世の中で大事なものって何なんだろう。
人がこうして変化していくのは、何を伝えていくためなんだろう。

今、あなたが目の前で
そのことを教えてくれてる気がします。
俺は勝手にそう思って、あなたの“言葉”や“気”を拾ってます。

そして、
多くの人たちが「神」と表現する見えない「何か」が、
あなたと俺を引き合わせてくれたんだと思ってます。

だって。
じゃなきゃ理解することができない。
あなたの病室の部屋番号がどうしてあの数字なのか。



 何で「524」なんですか?



 何で俺の誕生日と同じ数字なんですか?



そんな偶然に何かを感じてしまうんです。
勘違いだったとしても、俺はまったく構いません。


あなたとの思い出が、またひとつできたことが嬉しいから。


またワールドカップの話でもしましょう。
ありがとうございました。




『人間って何か目に見えないものと
 約束をしているのかもしれません。』
                作家・重松清





楽天SocialNewsに投稿!

Last updated  2006/06/15 09:36:07 PM
コメント(6) | コメントを書く

PR

Keyword Search

▼キーワード検索

Favorite Blog

2016鳥栖三神地区U-1… 監督Kさん

ORANGE DAYS & M… かおりちゃん6655さん
男30からの海外生… コージJAPANさん
波多野毅の「TAO徒然… taopotさん
ビジネスセラピスト… こー せーさん

Comments

パスチャ@ 良い店です とんでん兵には昨年妻と訪れました。偶然…
中野区在住中学生@ とよ先生 僕は、2009年の11月くらいから2か…
ぺいん@ イッテーーー!!! マ-ンコの締まりが良すぎるのも問題だと…
もっさり@ 酒池肉林wwwwwwww どうしよwwww 年上のお姉たまにおま…
せい氏@ ロリすぐるーーーー!!!! 21歳なのに超 □ リ 顔の女でテンション…

Rakuten Profile

設定されていません

Freepage List

Powered By 楽天ブログは国内最大級の無料ブログサービスです。楽天・Infoseekと連動した豊富なコンテンツや簡単アフィリエイト機能、フォトアルバムも使えます。デザインも豊富・簡単カスタマイズが可能!

Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.