000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【ログイン】

テツの「PuraVida!」日記

2006/08/06
XML
カテゴリ:恩人・マサタさん
東京生まれ東京育ちの俺にとって
その時間は、夏休みの“田舎”のようでした。

大好きなおじいちゃんやおばあちゃんがいて、
風鈴の音とセミの鳴き声が聞こえてくる中、
美味しいものを食べながらいろんな話をして。

俺が憧れを抱いてた、そんな夏休みの“田舎”時間。

あなたと過ごしたその時間に、嬉しさを感じました。
言葉では表現しきれないほどの強い嬉しさを。



「定められた終わり。」  「あの日のまま。」

「かがやき。」  「あなたの病室。」

に書いた俺の恩人。
余命14日と告げられてから、すでに半年。
その生き様が俺に大事なことを教えてくれています。

7月の終わり、
恩人は新たな場所に移り住み始めました。

外国を転々としてきた彼の人生で、
いったい何回目の住み処になるんでしょう。
そして、この住み処は
彼にどんな思い出を刻んでいくのでしょう。



暑い暑い昼下がり。
大きな窓から差し込むキラキラした陽射し。
外から聞こえてくる風鈴の音、セミの鳴き声。

そんな夏景色の中、
美味しいおつまみを食べつつ、
よく冷えたビールを飲みつつ、
甲子園での熱い試合を見つつ、
同じ時間をゆったりと過ごしました。

寝不足とビールで
眠くなってしまった俺は恩人の言葉に甘え、
隣の部屋で大の字になって昼寝をさせてもらいました。

目覚めると、
「お風呂沸いてるから入ってスッキリしなさいー。」
またもや、その優しさに甘えさせてもらいました。



  何で こんなにも 幸せ なんだろう



俺はこの人からコスタリカの地で、
“動くことの幸せ”を教えてもらってきた。

そして今、日本の地で
“動かないことの幸せ”を教えてもらってる。

いや、俺はこの人と一緒にいれることが、きっと幸せなんだ。



それにしても、この日は本当に嬉しかった。
恩人とのゆったりと過ごせた時間はもちろんだけど、
もっともっともっともっと嬉しいことがあったんだ。







  恩人が自力で立ち上がり、歩いたんだ・・・・・






マジで嬉しかった。

俺の“田舎時間”は、誰よりも輝いていきそうだ。
毎年過ごしていきたい時間になりそうだ。

来年の夏も、一緒に過ごしましょうね。




『自分を信じ続ける人には、いい“気”が出る。』
          レーシングドライバー・片山右京





楽天SocialNewsに投稿!

Last updated  2006/08/08 08:12:49 PM
コメント(2) | コメントを書く
[恩人・マサタさん] カテゴリの最新記事

PR

Keyword Search

▼キーワード検索

Favorite Blog

2016鳥栖三神地区U-1… 監督Kさん

ORANGE DAYS & M… かおりちゃん6655さん
男30からの海外生… コージJAPANさん
波多野毅の「TAO徒然… taopotさん
ビジネスセラピスト… こー せーさん

Comments

パスチャ@ 良い店です とんでん兵には昨年妻と訪れました。偶然…
中野区在住中学生@ とよ先生 僕は、2009年の11月くらいから2か…
ぺいん@ イッテーーー!!! マ-ンコの締まりが良すぎるのも問題だと…
もっさり@ 酒池肉林wwwwwwww どうしよwwww 年上のお姉たまにおま…
せい氏@ ロリすぐるーーーー!!!! 21歳なのに超 □ リ 顔の女でテンション…

Rakuten Profile

設定されていません

Freepage List

Powered By 楽天ブログは国内最大級の無料ブログサービスです。楽天・Infoseekと連動した豊富なコンテンツや簡単アフィリエイト機能、フォトアルバムも使えます。デザインも豊富・簡単カスタマイズが可能!

Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.