電脳蕎麦屋@信州

War Resisters League


> 戦争抵抗者連盟(War Resisters League)の声明
> 2001年9月11日
> ニューヨーク
>
>  わたしたちがこれを書いているいま、マンハッタンは包囲攻撃を受けているよう
> に感じられる。すべての橋、トンネル、地下鉄が閉ざされ、何千人、何万人もの人
> 々がマンハッタン南部から北へゆっくり歩いている。ここ戦争抵抗者連盟の事務所
> にすわっていて、わたしたちがまず想うことは、世界貿易センターの崩壊で命を落
> とした何千人ものニューヨーカーのことである。天気は快晴で、空は青い。しかし
> 、煙りの下の瓦礫の山の中でおびただしい数の人々が死んだ。その中には、ビルの
> 崩壊のときその場にいた数多くの救急隊員も含まれている。
>
>  もちろんわたしたちは、ワシントンの友人・同僚たちが、ペンタゴンにジェット
> 機が突入したときに巻き添えになった一般市民について想っていることを知ってい
> る。そしてわたしたちは、この日ハイジャックされた飛行機に乗っていた何の罪も
> ない乗客たちのことを想っている。現時点で、わたしたちはどこから攻撃が来たの
> かわからない。
>
>  わたしたちは、ヤサー・アラファトが攻撃を非難したことは知っている。もっと
> 情報が入るまで、詳しい分析は差し控えるが、しかし幾つかのことは明らかである
> 。ブッシュ政権はスター・ウォーズ計画に膨大な支出をすることを議論しているが
> 、それが最初からでたらめであることははっきりしている。テロリズムはもっとあ
> りふれた手段でこんなにたやすく攻撃することができるのである。
>
>  わたしたちは、合衆国議会とブッシュ大統領に対して、次のことを求める。これ
> から米国がどのような対応をするにしても、米国は一般市民をターゲットにするこ
> とはしないこと。一般市民をターゲットにする政策をいかなる国のものであれ認め
> ないこと。これらのことをはっきり認めてほしい。このことは、イラクに対する制
> 裁──何万人もの一般市民の死をもたらしている──をやめることを意味するであ
> ろう。このことはまた、パレスチナ人によるテロリズムのみならず、イスラエルに
> よるパレスチナ人指導者の暗殺や、イスラエルによるパレスチナ住民に対する抑圧
> 、西岸およびガザ地域の占領も非難することを意味するであろう。
>
>  米国が追求してきた軍国主義の政策は、何百万もの死をもたらした。それは、イ
> ンドシナ戦争の悲劇から、中米およびコロンビアの暗殺部隊への財政援助、そして
> イラクに対する制裁や空爆などに至る。米国は世界最大の「通常兵器」供給国であ
> る。米国が供給する兵器は、インドネシアからアフリカまで、最も激しいテロリズ
> ムを助長している。アフガニスタンにおける武力抵抗を支援した米国の政策が、結
> 局、タリバンの勝利とオサマ・ビン・ラディンをつくりだしたのである。
>
>  他の諸国も同じような政策をとってきた。わたしたちは、これまで、チェチェン
> におけるロシア政府の行動や、中東およびバルカンにおける紛争当事者の双方の暴
> 力などを非難してきた。しかし、米国は自己の行動に責任をとるべきである。たっ
> たいままで、わたしたちは国境内で安全だと思ってきた。快晴の日、朝起きてみて
> 、米国の最大の都市が包囲攻撃されているのを知って、わたしたちは、暴力的な世
> 界においては誰ひとり安全ではない、ということを思い起こした。何十年もの間
> 、米国をとらえてきた軍国主義を、いまこそ終わらせるべきである。
>
>  わたしたちは、軍拡と報復によってではなく、軍縮、国際協力、社会正義によっ
> て安全が保障されるような世界をめざすべきである。わたしたちは、きょう起きた
> ような、何千人もの一般市民をターゲットにする攻撃をいかなる留保もなしに非難
> する。しかしながら、このような悲劇は、米国の政策が他国の一般市民に対して与
> えているインパクトを想起させるものである。わたしたちはまた、米国に住むアラ
> ブ系の人々へ敵意を向けることを非難し、あらゆる形態の偏見に反対してきた米国
> 人のよき伝統を思い起こすよう求める。
>
>  わたしたちはひとつの世界である。わたしたちは、不安と恐怖におびえて暮らす
> のか、それとも暴力に代わる平和的なオルタナティヴと世界の資源のより公正な分
> 配をめざすのか。わたしたちは失われた多くの人々を悼む。が、わたしたちの心が
> 求めているのは、復讐ではなく和解である。
>
> ───────
>  これは戦争抵抗者連盟の公式の声明ではないが、悲劇が起きた直後に書かれた
> 。戦争抵抗者連盟の全国事務局のスタッフと執行委員会のメンバーが署名して、公
> 表される。
> 2001年9月11日
>
> asif ullah
> Carmen Trotta
> Chris Ney
> David McReynolds
> Joanne Sheehan
> Judith Mahoney Pasternak
> Melissa Jameson
>
> -----Original Message-----
>
> Subject: War Resisters League USA statement on the bombing
>
> I’m writing this from home - the WRL office email is down, but I was
> present when this statement was drafted and said I’d take the text home to
> transmit at once. David McReynolds
>
> As we write, Manhattan feels under seige, with all bridges, tunnels, and
> subways closed, and tens of thousands of people walking slowly north from
> Lower Manhattan. As we sit in our offices here at War Resisters League,our
> most immediate thoughts are of the hundreds, if not thousands, of New
> Yorkers who have lost their lives in the collapse of the World Trade
> Center. The day is clear, the sky is blue, but vast clouds billow over the
> ruins where so many have died, including a great many rescue workers who
> were there when the final collapse occured.
>
> Of course we know our friends and co-workers in Washington D.C. have
> similar thoughts about the ordinary people who have been trapped in the
> parts of the Pentagon which were also struck by a jet. And we think of the
> innocent passengers on the hi-jacked jets who were carried to their doom on
> this day.
>
> We do not know at this time from what source the attack came. We do know
> that Yasser Arafat has condemned the bombing. We hesitate to make an
> extended analysis until more information is available but some things are
> clear. For the Bush Administration to talk of spending hundreds of billions
> on Star Wars is clearly the sham it was from the beginning, when terrorism
> can so easily strike through more routine means.
>
> We urge Congress and George Bush that whatever response or policy the
> U.S. develops it will be clear that this nation will no longer target
> civilians, or accept any policy by any nation which targets civilians. This
> would mean an end to the sanctions against Iraq, which have caused the
> deaths of hundreds of thousands of civilians. It would mean not only a
> condemnation of terrorism by Palestinians but also the policy of
> assassination against the Palestinian leadership by Israel, and the
> ruthless repression of the Palestinian population and the continuing
> occupation by Israel of the West
> Bank and Gaza.
>
> The policies of militarism pursued by the United States have resulted in
> millions of deaths, from the historic tragedy of the Indochina war,through
> the funding of death squads in Central America and Colombia, to the
> sanctions and air strikes against Iraq. This nation is the largest supplier
> of
> "conventional weapons" in the world - and those weapons fuel the starkest
> kind of terrorism from Indonesia to Africa. The early policy of support for
> armed resistance in Afghanistan resulted in the victory of the Taliban -and
> the creation of Osama Bin Laden.
>
> Other nations have also engaged in these policies. We have, in years
> past, condemned the actions of the Russian government in areas such as
> Chechnya, the violence on both sides in the Middle East, and in the
> Balkans. But our nation must take responsibility for its own actions. Up
> until now we have felt safe within our borders. To wake on a clear cool day
> to find our largest city under seige reminds us that in a violent world,
> none are safe.
>
> Let us seek an end of the militarism which has characterized this nation
> for decades. Let us seek a world in which security is gained through
> disarmament,international cooperation, and social justice - not through
> escalation and retaliation. We condemn without reservation attacks such as
> those which
> occured today, which strike at thousands of civilians - may these profound
> tragedies remind us of the impact U.S. policies have had on other civilians
> in other lands. We are particularly aware of the fear which many people of
> Middle Eastern descent, living in this country, may feel at this time and
> urge special consideration for this community.
>
> We are one world. We shall live in a state of fear and terror or we shall
> move toward a future in which we seek peaceful alternatives to conflict and
> a more just distribution of the world’s resources. As we mourn the many
> lives lost, our hearts call out for reconciliation, not revenge.
>
> This is not an official statement of the War Resisters League but was
> drafted immediately after the tragic events occured. Signed and issued by
> the staff and Executive Committee of War Resisters Leauge in the national
> office, September 11, 2001.
>
> Contact calls: WRL - 212 / 228.0450 also David McReynolds, 212 / 674.7268


Copyright (c) 1997-2018 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.